FC2ブログ

保険営業トップセールスのマーケティング術

ここでは、保険営業トップセールスのマーケティング術 に関する情報を紹介しています。
保険営業トップセールスのマーケティング術
                
少し前のことでですが、電車から降りると
突然、雨が降ってきました。
                
仕方がなく駅前のコンビニへ直行。
                
少し高いと感じたのですが、入口付近に
置いてあった420円のビニールの傘を
購入しました。
                
説明するまでもありませんが、私は傘を
コンビニの店員に売り込まれたわけでは
ありません。
                
もちろんクロージングもされていません。
                
しかし100円ショップでも売っている
ような傘を420円出して買ったわけ
です。
                
傘がないと困る、傘が絶対必要!
                
こんな「ニーズが高まった」状態の顧客で
あれば
                
商品やサービスは高くても
簡単に売れるということでしょう。
                
1時間程度で登れる山の山頂の
自動販売機では
                
500mlのペットボトルの飲料水が
200円で売っています。
                
コンビニで定価で買っても
140~150円程度。
                
安売りのスーパーで買えば100円前後
で買えることもあるものです。
                
しかし1時間歩き喉が渇いている
すなわち「ニーズが高まっている」顧客は
この200円の飲料水を購入します。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は
                
コンスタントに相続対策保険の契約を
獲得し続けています。
                
といっても
                
がんばって保険を売り込んでいるわけでは
ありません。
                
竹下氏は「ニーズが高まっている」顧客を
集めることがうまく、そのノウハウを確立
しています。
                
「ニーズが高まっている」お客様であれば
雨の日の傘と山頂の飲料水と
同じことが起こるのです。
                
がんばってニーズを喚起することも
正しいことですが
                
実は「ニーズが高まっている」顧客を
ほぼ自動的に集客できる方法があります。
                
詳しくはCDのインタビューで明らかに
なります。
                
相談したい、何とか解決して欲しい
こんなお客様と毎日会うことができたら
                
あなたは数字や目標達成に悩むことが
果たしてあるでしょうか?
                
詳しくは↓
CDセミナール
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見
できるマーケティング手法

  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック