FC2ブログ

【保険営業行き詰まりを打破!】知らないだけで8割の契約が消失

ここでは、【保険営業行き詰まりを打破!】知らないだけで8割の契約が消失 に関する情報を紹介しています。
【保険営業行き詰まりを打破!】
知らないだけで8割の契約が消失
                
繁盛しているパン屋さんがありました。
                
店内にはイートインスペースがあって
パンを購入した人には無料でコーヒーを
提供していたのです。
                
お客様には好評でしたが
このサービスには経費がかかり
収益を圧迫しています。
                
あなたが店主ならこの状況を打破する
ためにどんな手を打ちますか?
                
思い切ってコーヒーを有料にする・・・
                
経費と割り切って同じサービスを
無料で続ける・・・
                
この店主が取った策は
どちらでもありません。
                
コーヒーを提供する紙カップの大きさを
小さくして、顧客満足度をキープしながら
経費を削減することに成功しました。
                
1杯あたりは「ほんの小さな違い」ですが
それが1週間、1か月、1年と
積み重なると「大きな結果の違い」を
生むものです。
                
                
調味料の「味の素」の売上が
不振に陥った時
                
調味料がでる穴の大きさを大きくして
1回に出る量を増やして
売上を回復させたという話は有名です。
                
1回に穴から出る量は「ほんの小さな違い」
ですが、それが「大きな結果の違い」になった
わけです。
                
                
この話は保険営業に通じます。
                
                
今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は
                
狩猟型と表現されることが多い
生保営業を
                
農耕型、養殖型に変えた革命者です。
                
1人の顧客と契約したら
また別の顧客を探し続けるという
生保営業の常識を180度変えて
しまったのです。
                
1度契約した顧客から生涯にわたり
何度も何度も契約をいただくスタイルを
確立しています。
                
驚くことに目標数字の8割が
この追加契約で
達成してしまう月が少なくないといいます。
                 
成功の要因の1つは
                 
生保提案の「ほんの小さな違い」です。
                 
普通の保険営業パーソンは
既契約者からの追加契約は
ある意味ラッキーなもので
プラスアルファではないでしょうか。
                 
一方中瀬氏の場合は
提案の時点から追加契約を
見込んでいるのです。
                 
逆に言えば
後々追加契約が獲れる
新規契約の提案術が存在します。
                 
「ほんの小さな違い」ですが
これがのちの「大きな大きな結果の違い」に
繋がります。
                 
毎月毎月、8割の目標数字が追加契約で
埋まっていく姿を想像してください。
                 
目標は簡単に達成できるとは思いませんか?
                 
新規開拓で上げる数字はわずか2割で
いいのですから、余裕を持って営業に臨める
とは考えられませんか?
                 
しかも中瀬氏が作り上げた追加契約獲得
ノウハウのターゲットは
                 
資産家、富裕層です。
                 
当然契約単価も驚くほど高いものに
なります。
                 
大きく変える必要はありません。
                 
提案の「ほんの少し違い」だけです。
                 
このノウハウ知らないだけで
目標の8割の数字を失っていると表現して
いいかもしれません。
                 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をお読みください。
                
脱!新規開拓
追加契約を劇的に増やし土日休んでも
COTになれる超効率保険営業術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック