イメージ戦略で保険は売れる

ここでは、イメージ戦略で保険は売れる に関する情報を紹介しています。
イメージ戦略で保険は売れる
                
夏になると怪談。
                
怪談というと稲川淳二さんを思い
浮かべる人は私だけではないはずです。
                
何度か稲川さんの怪談を聞いたことが
ありますが
                
怖い状況がすぐに頭に浮かび
話に引き込まれた記憶があります。
                
話の内容だけではなく、稲川さんの
話し方や表情が秀逸だからこそ
                
恐怖の場面を我々はすぐにイメージして
しまうのではないでしょうか。
                
全く同じ怪談でも・・・
                
もしも書かれた内容を
棒読みするだけだったり
                
出川哲朗さんがお笑い番組と同じ
テンションで語っていたら
                
イメージは頭に浮かばず、怖いとは
感じないはずです。
                
稲川さんは怖い話がうまいのだけではなくて
イメージを明確化することもうまいと
私は考えます。
                
イメージの明確化
                
トップセールスパーソンはこれがうまいのです。
                
以前インタビューした成功者は
相続に関しての話をする時
                
税金や分割、法律などの難しい話から
スタートしません。
                
お客様がイメージしやすいように
漫画「サザエさん」の話から始めるのです。
                
これでイメージを明確化してから本題に
移ります。
                
普通の保険営業パーソンは
お客様がイメージを明確にする前に
                
設計書や資料を出して説明を始めて
しまうと言っていいでしょう。
                
売ることだけではなく
お客様のイメージを明確にすることも
考えてみませんか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック