【保険営業相続マーケット開拓術】富裕層から契約を連発させる「ある話」

ここでは、【保険営業相続マーケット開拓術】富裕層から契約を連発させる「ある話」 に関する情報を紹介しています。
【保険営業相続マーケット開拓術】
富裕層から契約を連発させる「ある話」
                
店の入り口に小さなショーウインドウが
あるお店がありました。
                
以前は店主が売りたい商品を
中心にディスプレイしていました。
                
しかしある時期からショーウンドウを変えて
来店数が増え売上がアップしたといいます。
                
どんな事をしたか予想がつきますか?
                
実は商品を並べるのではなく
                
お店のターゲットとなる顧客が
興味を持つ映像を流したのです。
                
ショーウインドウで足を止める
お客様が増えそれに売上も比例しました。
                
最初のショーウインドウの目的は
お客様に売る事です。
                
次にやったことは
売るのではなく、お客様の足を
止めることが目的。
                
何を目的にするかが重要ということです。
                
一生懸命勉強したにも関わらず
希望の学校に入れなかった友人がいます。
                
彼は真面目な性格で教科書の
1ページから丁寧に時間を掛けて
暗記をしていました。
                
学力は高かったのですが
入試は突破できなかったのです。
                
一方で受験のシーズンに入る秋まで
遊んでいながら
                
みんなが羨むような学校に受かった
別の友人がいます。
                
彼がやったことは教科書の1ページ
から勉強をすることではありません。
                
希望校の過去の入試から勉強を
スタートさせ
                
テストに出そうな部分だけを徹底的に
勉強したのです。
                
最初の友人は学力をアップさせる
ことが目的
                
2番目の友人が合格することが目的
と言っていいはずです。
                
目的を何にするかによって
結果が変わる例と言えるのでは
ないでしょうか。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
富裕層から相続対策保険の契約を
取りたいけれど、うまくいかない・・・
                
こう感じることはありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は
                
普通とは目的を変えて
                
驚く程の成果を富裕層から
挙げ続けています。
                
普通の保険営業パーソンは
保険販売に繋がる話をします。
                
一方大田氏は
                
富裕層の資産を明らかにして
総合的にコンサルティングをすることに
繋がる話をします。
                
資産全体をコンサルすることになれば
その一部である保険契約を獲ることは
簡単になります。
                
保険を売るための話ではなく
                
富裕層が資産を明らかにしたくなる話・・・
                
富裕層が資産のコンサルをしてもらい
たくなる話・・・
                
が存在するのです。
                
あなたはこれをご存知ですか?
                
勉強会や研修で習えるのは
保険販売に繋がる話でしょう。
                
間違いではありませんが
                
トップセールスパーソンは
目的が違います。
                
それでも
あなたはまだ保険の話をしますか?
                
詳しくは↓
今から1か月以内に
富裕層と保険契約できるノウハウ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック