FC2ブログ

【保険営業契約単価アップ方法】月1.5万円払うお客様が喜んで5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術

ここでは、【保険営業契約単価アップ方法】月1.5万円払うお客様が喜んで5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術 に関する情報を紹介しています。
【保険営業契約単価アップ方法】
月1.5万円払うお客様が喜んで
5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術


寒い夜はあったか~い毛布に
くるまって寝れば快適!!

私はずっとこうしてきました。

しかし

毛布は上にかけてくるまる
よりも

下に敷いた方が暖かい!!と
あるテレビ番組で紹介されて
いました。

毛布は上よりも下。

今までの常識とは全く「逆」な
わけです。


同じ番組で

ストレッチは運動前ではなく
運動後が効果的!と紹介されて
いました。

これも今までの常識とは「逆」
です。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


単価の高い契約を獲りたいが
なかなかうまくいかない・・・

節約志向のお客様が多く
既契約より保険料を安く提案
しないと契約に至らない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声でインタビュー
した大関氏は

3期連続TOTの日本を代表する
トップセールスパーソンで

契約単価アップの達人です。

しかし

高い保険料のプランを設計して
お客様を説得するやり方では
ありません。

高い保険料のプランを提示しつつ
お客様からの・・・・

保険料が高い
払うことができない

などいう要望によって
どんどん保険料を下げて契約に至る!

こんなケースが多くはありませんか?

大関氏のノウハウは
全く「逆」なのです。

お客様から
「あれも必要」「これも必要」と
要望されて

その通り設計していくと
結果的に契約単価が上がって
しまう方法なのです。

ポイントは「必要」という言葉。

多くの場合「必要です」という
言葉は

保険営業パーソンの口から出る
のではないでしょうか。

一方、大関氏は
お客様に「必要」と言っていただく
のです。

実はこんな展開を作ることは
難しくありません。

知っているか知らないかだけの差
だと言っていいかもしれません。

音声セミナーで語られている
通りに進めれば

単価アップは難しくないと
感じるはずです。

高い保険料の設計書を作り
声を枯らして、この保険・保障は
必要だと説得する必要はないと
確信しています。

音声セミナーで学べるノウハウを
実践できれば

お客様が「あれも必要」「これも必要」
とおしゃっていただけるのですから。

単価はがんばって上げるものではなく
上がってしまうものだと

音声セミナーを聴けば
きっとあなたは気づくはずです。

詳しくはこちら↓をご覧ください。


月1.5万円払うお客様が喜んで
5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック