FC2ブログ

【保険営業法人アプローチ】トランプ大統領を「こう」語ると 法人保険が売れる!

ここでは、【保険営業法人アプローチ】トランプ大統領を「こう」語ると 法人保険が売れる! に関する情報を紹介しています。
【保険営業法人アプローチ】
トランプ大統領を「こう」語ると
法人保険が売れる!


子供向けの歴史番組を先日
目にしました。
                
実はこの番組の登場人物は
人間ではありません。
                
猫なのです。
                
戦国武将も
貴族も
将軍も・・・
                
すべて猫。
                
漫画で描かれた猫を登場させ
わかりやすく歴史を解説します。
                
解説というよりも猫の漫画を
通しての「翻訳」と私は
感じました。
                
難しい古文書を出して
大学教授風の大人が
専門用語を並べて説明しても
                
子供は歴史に興味を持たない
はずです。
                
子供がもっと知りたいと関心を
引き付けるために
                
歴史という事実を
                
子供向けにいわば「翻訳」していると
言っていいのではないでしょうか。

                
友人の息子さんは最近算数が
大好きになり、成績もアップ
したといいます。
                
きっかけは塾や参考書では
ありません。
                
ドラえもんの漫画です。
                
算数を一からわかりやすく
解説するドラえもんの漫画が
あるそうです。
                
これも難しい算数の「翻訳」
でしょう。

                
これら2つの話は
法人新規開拓に通じます。

                
社長に事業継承や相続の話を
しても関心を持ってもらえない・・・
                
社長にアプローチしても
いきなり断られてしまうことが
ある・・・
                
こんなことに悩んでいませんか?
                
今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏は
                
効率的に法人新規開拓に
成功し続けるトップセールス
パーソンです。
                
社長に保険をうまく売り込んでいる
わけではありません。
                
売るのがうまいのではなく
「翻訳」がうまいのです。
                
大田氏は
                
相続、事業継承、保障
資産形成などなど

お金の専門家ではない社長が
ややこしいと思う事を
                
わかりやすく「翻訳」します。

といっても難しい話題は
1つも出しません。
                
大田氏は
ニュースで報道されていて
社長が関心のある話題を
「翻訳」の武器にしてしまいます。

トランプ大統領

彼の話題を耳にしない日はないと
言っていいのではないでしょうか。

連日ニュースで報道されています。

実は

「ある方法で」

トランプ大統領を語ると
最終的に法人保険にたどり着いて
しまうのです。

やり方はCDで詳しく解説されて
います。

保険や相続の話題を出すから
社長は断るのです。

一方トランプの話題を出して
いきなり断られることは
考えられません。

断られず話をスタートでき
しかも最後は法人契約に至る・・・

このノウハウであなたの営業
そして法人開拓は
変わるとは思いませんか?

トランプ話法以外にも

CDでは
パナマ文書話法や
マイナンバー話法なども
詳しく解説されています。

これらのノウハウも知れば
あなたの法人新規開拓での
「翻訳」の武器になるのです。

それでも保険の話題で
アプローチしますか?

それともトランプを語り
もっと楽に契約を獲得しますか?               

詳しくはこちら↓をご覧ください。

トランプ大統領を「こう」語ると
法人保険が売れる!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック