FC2ブログ

【保険営業飛び込み】節税話法はまだまだ使える!あの成功者は飛び込みで富裕層にいきなり税金を語り保険を売っている

ここでは、【保険営業飛び込み】節税話法はまだまだ使える!あの成功者は飛び込みで富裕層にいきなり税金を語り保険を売っている に関する情報を紹介しています。
【保険営業飛び込み】
節税話法はまだまだ使える!
あの成功者は飛び込みで富裕層に
いきなり税金を語り保険を売っている


「プレゼンで使う書類を忘れたので
お客様と会っているレストランまで
届けて欲しい。」と

ご主人に依頼された奥様がいます。

書類を持って指定された
レストランの個室のドアを開くと

ナント!花束を持ったご主人が
立っていて

「誕生日おめでとう」と言った
そうです。

あるラジオ番組で紹介されていた
実話です。

普通に「おめでとう」と伝えた
場合と

比べものにならないくらい
奥様は感動したに違いありません。

書類を持ってきて欲しいと言われ
レストランに行く

行為があったからこそ

「おめでとう」の言葉が
際立ったのではないでしょうか。

平凡な事でも
ある行為を挟むことで
スペシャルになりうるのです。


中学生の投手でも投げられる
100キロのストレートは
野球経験者であれば
速いと感じないでしょう。

しかし
最初に70キロの球を
投げられた後

2球目に100キロの球が
来れば、多くの人は速いと
感じます。

平凡な球も
遅い球を挟むことで
武器になりうるのです。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


税金や節税を語っても
これからは保険は売れない・・・

こう考えていませんか?

今回紹介するCDで
インタビューした中瀬氏は

富裕層に飛込みで訪問して
驚く程の結果を出し続けて
いる日本を代表する
トップセールスパーソンです。

お話を伺った時点で
COT9回。

飛び込みでの
アプローチの武器は

節税、税金。

飛び込みで初対面の顧客に
雑談なしで

いきなり節税や税金を
語るそうです。

ど真ん中のストレート
勝負と比喩していいでしょう。

普通の保険営業パーソンなら
百発百中で断られて終わり!
のはずです。

しかし中瀬氏はこのど真ん中
トークで長年

契約を獲り続けています。

このトークを有効にする

2つの秘密が

あります。

1つは
ターゲットの選定。

中瀬氏は飛び込みで新規開拓を
しますが

手あたり次第しらみつぶしに
訪問するスタイルでは
ありません。

富裕層でしかも税金の対策
などをしていないターゲットを
見つけ出すノウハウを確立
しています。

2つ目は
訪問までにやる準備。


無料で誰でもどこでも
いつからでもできることですが


これを3回やることで


飛び込み訪問での初回面談率が
飛躍的にアップするといいます。

3割~5割!

中瀬氏の飛び込みでの面談率
です。

面識がなくコネも紹介でもなく
いきなり訪問した場合の
面談率としては

奇跡的に高いと私は感じました。


お誕生日のサプライズや
100キロストレートの
話と同じで

これら2つを挟むことで

言い尽くされた営業トークを
スペシャルにしてしまいます。


研修などに参加して
多くの保険営業パーソンは

誰も使っていないトークや
最新のトークを

追い求めます。

もちろんこんな姿勢も
間違いではありませんが

昔から言い尽くされた

節税・税金トークで
あっても

キラートークに変える
ことができます。

飛び込みで会える!
しかも会える

そしていきなり節税や
税金を語り

保険が売れたら

あなたの営業そして成果を
大きく変えることができる
とは思いませんか?

まずはこちらを読むことから
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック