FC2ブログ

【保険営業】「令和」を語ると法人保険が売れる 法人保険が売れる今のチャンスを見逃すな!

ここでは、【保険営業】「令和」を語ると法人保険が売れる 法人保険が売れる今のチャンスを見逃すな! に関する情報を紹介しています。
【保険営業】
「令和」を語ると法人保険が売れる
法人保険が売れる今のチャンスを
見逃すな!

お弁当の売上を上げたいお店が
ありました。
                
弁当のおいしさを追究したり
値段を安くしたりして工夫を
しましたが
                
思ったような売上にはなりません
でした。
                
そこで全く別の部分を変えたの
です。
                
お弁当自体を変えるのではなく
                
お弁当を買ってすぐ食べられる
イートインスペースを作った
のです。
                
すると売上がアップしました。
                
お弁当を売りたいから、
お弁当を変える!

これが全てではないわけです。
                
                
あるドラッグストアが
売りたい洗剤の売上を
                
目立つように陳列したり
ポップを貼ってアピールするを
全くしないで
                
伸ばした話を聞いたことが
あります。
                
実は
普通に陳列棚に並べただけです。
                
しかし並べ方を工夫しました。
                
内容量がほぼ同じで
値段の高い別の商品を
                
売りたい洗剤の隣に置いたのです。
                
多くのお客様は2つの商品を
比較して店が売りたい洗剤を
手にしたそうです。
                
売りたいものを直接アピール
するだけが
すべてではないわけです。
                
                
この話は法人保険営業に通じます。
                

法人開拓をもっと進めたいが
思い描いた成果を出せない・・・

法人にアプローチしても
すぐに断られてしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?
               
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
                
法人新規開拓に成功し続け

お話を伺った時点で
MDRT21回(うちCOT
13回TOT3回)の
日本を代表する
トップセールスパーソンです。

法人開拓の達人ですが                
アプローチで社長に保険の話を
しようとしません。
                
保険を売りたいから、保険を
語るわけではないのです。
                
小林氏が

積極的に社長と語るのは
保険ではなく「未来」に
ついてです。

保険とは関係ないとも思える
「未来」を語れば
                
実は簡単に法人契約にたどり
着くことができるのです。

新元号「令和」が決まり

今は
これからの時代・・・「未来」
に注目が集まっていると
言えるのではないでしょうか。

つまり

法人保険を売る最高のチャンスが
到来している!と考えます。

「未来」をどう語ればいいのか?
それをどうやって保険に繋げるか?

答えはすべて音声セミナーの
インタビューの中にあります。
                
残念ながことですが、保険に
興味がある社長はほとんどいません。
                
それにもかかわらず、保険を
直接売り込もうとするから、
撃沈するのです。
                
一方「未来」についてなら
どうでしょうか?
                
事業の将来、業界の未来、
10年後の社会・・・
                
これらに興味がない社長は
いないと言っていいはずです。
                
今回、小林氏が語るノウハウが
あなたのスキルになれば
                
社長に興味がある話をするだけで

法人新規開拓ができてしまうように
なると言っても過言ではありません。
                
あなたはまだ保険を売りたいから
保険を語りますか?
                
それとも「令和」「未来」を語り
楽に法人契約を手にしたいですか?
                                
まずはこちらをお読みください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック