FC2ブログ

【保険営業】法人に売れない原因は最初の質問だ!ほぼ100%の社長がYESという 奇跡の質問術とは?

ここでは、【保険営業】法人に売れない原因は最初の質問だ!ほぼ100%の社長がYESという 奇跡の質問術とは? に関する情報を紹介しています。
【保険営業】
法人に売れない原因は最初の質問だ!
ほぼ100%の社長がYESという
奇跡の質問術とは?


本屋で小学生の女の子が
母親にこう話しかけていました。
                
「お母さん、掛け算・割り算の
勉強をしたいから本を買って
いいでしょ?」
                
母親は「勉強の本ならいいよ」
と即答。
                
女の子は喜んでドラえもんの
漫画を手にしていました。
                
実はドラえもんの漫画と
言っても

算数の基礎を楽しみながら
学べる内容のものがあります。
                
女の子はうまい「質問」で
まんまと漫画をゲットしたと
言えるでしょう。
                
もしもお母さんに漫画を
買ってもいいか?と問い
かけていたら
                
YESと言われる可能性は
低かったはずです。
                
その漫画がどんなに勉強に
なるかを後で説明しても
                
即OKの返事はもらいにくいと
予想できます。
                
漫画ではなく                
勉強についての「質問」をしたら                
お母さんはいい返事をしたのです。

最初の「質問」次第でその後の
展開は大きく変わります。

                
ハワイのショッピングセンターの
ロビーで買い物客に
                
ホテルのタイムシェアを売って
いる人の「質問」も素晴ら
しかったと記憶しています。
                
「タイムシェアはいかがですか?」
では
                
お客様は立ち止まって数百万円も
するタイムシェアの話を
聴いてくれません。
                
「行きたい店はありませんか?
ご案内します。」

と「質問」していました。
                
行きたい店の道順を案内してから
タイムシェアの話をするのです。
                
おそらくこのブースは何年も
前からずっとありますから、
結果がでていると予測できます。
                
「質問」次第で相手の反応や
結果が大きく変わるのです。

                
これら2つの話は法人新規開拓
にも通じます。


法人新規開拓がうまくいかない・・・

社長にアプローチしても
すぐに断られてしまうことが多い・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大田氏は

長年、法人新規開拓の達人で
日本を代表するトップセールス
パーソンです。               

しかし
最終的に契約をするプランは
特別ではありません。

みんなと同じです。

特別なのは

社長に投げ掛ける最初の「質問」
です。

「この質問」を投げ掛けると

ほぼ100%の社長がYESと
答えるといいます。

社長のYESを最初に引き出す
ことができれば

話が前に進むことは説明する
までもありません。

もちろん

保険や相続・事業継承について
「質問」するわけではありません。

〇〇を増やしたいかどうか
「質問」するのです。

〇〇は役員報酬でも退職金でも
ありませんが・・・

〇〇を増やす話を進めると
保険を全く売り込まなくても

自然な形で契約にたどり着いて
しまう!

というのが大田氏の得意の
パターンです。

大田氏はこのパターンで

今でも法人契約を獲り続けています。

詳しくは音声セミナーで
解説していただきました。

社長のYESをアプローチで
引き出せ

売り込まなくても自然にそれが
契約に繋がる・・・

これがあなたのパターン、日常に
なったら

あなたの営業そして結果が変わる
とは思いませんか?

最初の「質問」を知っているか
知らないかだけで

手にするコミッションは変わる
のです。

それでも保険に関しての「質問」を
続けますか?

まずはこちらお読みください
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック