FC2ブログ

【保険営業終身保険の売り方】これで社長に大型終身保険が売れる!

ここでは、【保険営業終身保険の売り方】これで社長に大型終身保険が売れる! に関する情報を紹介しています。
これで社長に大型終身保険が売れる!
 
 
少し考えてください。
 
 
あなたが古本屋を経営していたとします。
 
ブックオフやアマゾンなど並み居る
競合に勝つために
 
どんな戦略を立てるでしょうか?
                
 
 
扱う本のカテゴリーを絞って
専門店化する
                
 
新刊本を豊富に揃える
                
 
古く珍しい本ばかりを売る
                
 
他店よりも安く売る
                
 
仕入れを工夫して利益率を上げる
                
 
 
私ならこんな普通の考えしかできない
でしょう。
                
 
一方、先日テレビに出演していた
古本店の店主は
 
 
全く違う方法でお客様にアプローチ
していました。
 
 
インテリア。
                

 
インテリアとして古本をお客様に
売っているのです。
                
 
外国の古書で装丁がオシャレなものを
中心に仕入れ販売しています。
 
 
例えばロシア語の古本。
                
 
 
これを読むために買う人は非常に
限られます。
 
 
ロシア語を勉強し読める人しか
買わないからです。
 
 
一方、ロシア語の本をインテリア
として売れば、

 
客層は劇的に広がるとは
思いませんか?
 
 
部屋をおしゃれにしたい女性
 
 
カフェやレストランの経営者
                
 
海外の家具を販売している店にも
売れるかもしれません。
 
 
ロシア語を一文字も知らない人で
あっても
 
ビジネスのターゲットに
変えてしまうことができるわけです。
 
 
 
お客様へのアプローチ次第で
売上は変わります!
 
 
 
 
これは保険営業でも同じです。
 
 
 
今回紹介するCDでインタビュー
した染宮氏は
 
 
アプローチノウハウの達人です。
 
 
 
例えば社長に
終身保険を売る場合。
 
 
 
お葬式代や死後の整理資金の
準備のため、
 
または返戻率の話を中心する
のが一般的です。
 
 
一方、染宮氏は
 
 
全く違うアプローチを
インタビューで語ってくれた
のです。
 
 
 
今でも売れる。
いや今からでも売れる。
                
 
 
これがその方法を学んだ
率直な感想です。
                
 
得か損か、有利か不利かで
アプローチする売り方も
 
 
もちろん悪くありません。
                
 
 
しかしロシア語の本を
読むものではなく
 
 
インテリアとして売る
アプローチと同じように・・・
 
 
工夫次第でライバルに
勝てるのです。
 
 
すべてはCDで
明らかになります。
 
 
社長からコンスタントに
大型終身保険が獲れたら
 
 
あなたの営業そして
最後に手にするコミッションは
変わるとは思いませんか?                
 
 
■詳しくはこちらをご覧ください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック