FC2ブログ

【法人保険営業】クロージング不要で法人保険が売れる amazon話法をご存知ですか?

ここでは、【法人保険営業】クロージング不要で法人保険が売れる amazon話法をご存知ですか? に関する情報を紹介しています。
「勉強しなさい!」
                   
こう何度注意しても全く子供が勉強を
しないと嘆く友人がいます。
                   
一方、別の友人の子供はあることを
してから
 
今まで自ら勉強をしなかった
子供が変わりつつあるといいます。
                   
それは将来の夢を子供と話して
夢を達成するためにどうすれば
いいかを
 
一緒に考えてみたそうです。
                   
自分の夢のためには、専門的な事が
勉強できる大学に行くことや理系
科目を頑張ることが
 
必須であることを子供が理解したと
いいます。
                   
勉強する事自体が目的なのか
                   
それとも「目的」を達成するための
「手段」が勉強なのか
                   
この違いで結果は大きく変わると
いうことではないでしょうか。
                   
                   
 
バナナを大ヒットさせよ!
                   
 
こんな指令がきたら、
あなたならどう売りますか?
                   
スーパーなどでいつでもどこでも
安く買えるバナナを今の時代
大ヒットさせるのは難しいと
感じるかもしれませんが
                   
どの店からもバナナが売り切れた
時期がありました。
                   
秘密は
 
テレビで紹介された
 
バナナダイエットです。
                   
痩せたい人がスーパーや
八百屋に殺到したわけです。
                   
この場合もバナナ自体を
売り込んで売ったわけでは
ありません。
                   
痩せるという「目的」の
「手段」がバナナだったと
言えるでしょう。
                   
                   
これら2つの話は
法人保険営業に通じます。
                   
                   
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
 
法人新規開拓で驚くほどの
成果を出し続けています。
                   
この20年間
法人保険が売れに売れている
のです。
                   
その結果が
インタビューした時点で
MDRT21回うち
COT13回TOT3回です。
                   
しかし法人保険を売ることを
「目的」にした
営業スタイルではありません。
                   
法人保険が売れていますが、
売り込みはしないのです。
                   
小林氏は勉強とバナナの話
と同じで
                   
保険を「手段」にしてしまう
プロなのです。
                   
目的の達成するため
問題を解決するため
悩みを解消するため
                   
この「手段」が保険という
流れを見事に作ってしまうのです。
                   
といっても難しく高度な
ノウハウではありません。
                   
小林氏はこの流れを簡単に
作る話法をいくつも
インタビューで伝授してくれます。
                   
すぐに使えて、誰でもできると
感じたのは
 
 
「amazon」話法。
                   
 
 
身近な話題なので社長とも
会話が弾むはずです。
                   
amazonを「ある方法」で
語ると・・・
 
保険を「手段」にすることが
簡単にできるようになります。
                   
保険が手段になれば
あなたは無理に保険を
売り込む必要がなくなります。
                   
社長が目的のための
「手段」を迷いなく選ぶ・・・
 
この行為が契約となるはずです。
                   
無理な売り込み
強引なクロージング
 
これらを全くしないで
法人契約がコンスタントに
獲れるようになったら               
 
あなたの保険営業は
大きく変わるとは思いませんか?
 
保険ではなく
amazonを語りましょう!!
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック