未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【セミナー営業で保険を売る方法】
保険契約にならないセミナーとなるセミナー
の決定的な1つの差とは?

メタボと診断され、医師から痩せる
ようにいつもアドバイスされながら
                  
何年間も痩せられなかった友人が
ダイエットに成功しました。
                  
実は食事や大好きなお酒は
全く制限していません。
                  
変えたことは「たった1つ」。
                  
夕食を食べる時間です。
                  
寝る4時間前までに食事を終わらせる
ようにしたといいます。
                  
本当にこれだけだと話します。
                  
「たった1つを変えるだけで
結果が劇的に変わる」ことが
あるものです。
                                    
家庭ごみを店のごみ箱に捨てて
しまう人が多く
悩んでいるコンビニ経営者がいました。
                  
貼り紙をしたり、悪質なケースは
店員に注意をするように徹底しましたが
効果はありませんでした。
                  
しかし最近、あることで家庭ごみが
減っているといいます。
                  
実はやったことは「たった1つ」。
                  
店のごみ箱を外から店内に移動させた
だけです。
                  
これも「たった1つを変えるだけで
結果が劇的に変わる」例と言って
いいでしょう。
                                    
これら2つの話は保険営業に通じます。
                  
セミナーを開いているが、保険契約に
なかなか繋がらない・・・
                  
セミナー営業にこれからチャレンジ
したいがどうすればいいのかわからない・・・
                  
こんな悩みを抱えていませんか?
                  
今回紹介するCDでインタビューした
遠藤氏は
                  
セミナー営業のプロフェッショナルです。
                  
保険契約に直結するセミナーノウハウを
確立しています。
                  
実は失敗するセミナーにはある共通点が
あると言います。
                  
それは・・・
                  
セミナーが「お客様を満足させる内容」
になっているということなのです。
                  
満足させることは悪いことでは
ありませんが

実はこれだけでは契約には繋がらないと
遠藤氏は断言しています。
                  
ではどんなセミナーを開けば契約に繋がり
コミッションを増やすことができるのか?
                  
ダイエットとコンビニの話と同じで
「たった1つ変えるだけで
結果を劇的に変わる」のです。
                  
たった1つとは・・・
                  
「お客様を満足させる内容」

ではなくて
                  
「お客様を行動させる内容」に
変えるだけです。
                  
本当にこれだけで結果が大きく
変わります。
                  
具体的に何をどうすればいいのか?
                  
答えはすべてCDのインタビューの
中にあります。
                  
セミナー参加者が「うんうん」
「なるほど」と満足しながら
保険契約にならないセミナー
                  
セミナー終了後、個別に相談
したいと参加者の行列ができ
多くの保険契約が獲得できるセミナー
                  
あなたがどちらを選びますか?
                  
詳しくはこちら↓を今すぐクリック
5人集客すればセミナーで保険が売れる!

価値の演出で差別化しよう

アルバイトを募集してもなかなか
人が集まらずに苦労していた
農家の方がいました。

通常の作業は家族で何とかこなせる
のですが、収穫の時期はどうしても
人手が必要になるそうです。

厳しい力仕事の割に高くない時給・・
アルバイトをする人が敬遠する
理由も理解できます。

唯でさえ利益が少ない農業で
今以上の条件を出すのは難しいと
嘆いていました。

あなたがもし農家の方の立場なら
どんな策を考えますか?

私なら・・・
農家のアルバイトではなく
農業体験というイベントにして
告知します。

普段はビジネスパーソンだったり
既に仕事をリタイアした人たちで
農業に興味を持っている方は
少なくありません。

こんな人たちに1日農業を
体験してもらうのです。

イベント参加は無料で農家で採れた
新鮮なものを昼食で食べられる特典が
付けば参加する人はいるのではない
でしょうか?

こうすれば無料で人手を確保できる
チャンスが生まれると予想します。

さらに・・・将来、農業で独立
したい人を集めることも面白いのでは?

今まで培ってきた農業の知識を伝える
とともに現場で実際の作業をしてもらう
という勉強の講座(コース)にすれば

ひょっとしたら参加者からお金を
いただきながら作業もしてもらえる
かもしれません。

アルバイトか
1日体験のイベントか
独立のための勉強会なのか

演出の仕方によって相手が感じる
「価値」は大きく変わり

結果も劇的に変化します。

これは保険営業でも同じです。

トップセールスは売ることがうまいと
いうよりも「価値の演出」がうまいと
考えます。

「万が一」といきなり連発しても
お客様は大きな「価値」を感じないはず
です。

売るノウハウを追求することも重要ですが
お客様が思わず手を出したくなるような
「価値の演出」を考え

営業を組み立ててみてはいかがしょうか。
【保険営業法人見込み客発見方法】
Facebookをこう使えば法人見込み客に
困らない!

洋服が好きでいつもファッションに
気を使っている女性の友人がいます。

先日会ったとき彼女はかっこいい
Tシャツを着ていました。

当然、ブランド品だと思って
メーカーを尋ねると

なんとユニクロ。

あえて男性用のTシャツを選ぶとの
こと。

男性用を着こなすことで
ユニクロでもかわいく見えると
話していました。

高い洋服を選ぶことがすべてではないと
いうことでしょう。

「使い方次第」でおしゃれに見える
わけです。


収納が少ない賃貸の部屋。

普通の人から敬遠される傾向が
強いはずです。

しかし知人は先日あえて収納が
少ない部屋を選び引っ越しました。

収納があると荷物が増えるので
収納がない物件を希望したのです。

断捨離したいと考えている人は
少なくありませんから

収納が少ない部屋も「使い方次第」で
人気の物件になり得ると感じました。

オーナーは収納が少ない部屋ではなく
自然に断捨離ができる部屋と
アピールすれば

チャンスは広がるかもしれません。

これら2つの話は法人保険営業に
通じます。

法人開拓でもっと成果を挙げたいが
訪問先がなかなか確保できない・・・

今後法人見込み客が枯渇しないか
心配・・・

こう感じることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

法人見込み客をコンスタントに確保し
COT9回。

成功の要因の1つは

Facebook。

知人とのコミュニケーションツール
として利用している方が多いに違い
ありません。

しかし
Facebookも「使い方次第」なのです。

「使い方次第」で法人見込み客を
確実に、しかもコンスタントに獲得
できるようになるのです。

もっと具体的に表現すれば
法人や経営者の紹介が入手できる
ようになります。

といっても

お願いや依頼を不要です。

これらを全くしなくても
法人の見込み客を紹介されるように
なるのです。

Facebookの「使い方次第」で。

決して高度で難解なノウハウでは
ありません。

「たった1つの事」を
Facebookに記載すればいいだけです。

詳しくはCDで詳しく語っていただき
ました。

まだ紹介をお願いして法人見込み客を
確保しようとしますか?

詳しくはこちら↓
Facebookを使えば法人の紹介が激増します
【保険営業TOTのアプローチ話法】
amazonをこう語ると大型法人保険が売れる
                
山や川だけしかない田舎。
                
これと言った特長がなく、名所もない
地域に人を呼ぶことは難しいと
考えるのが普通でしょう。
                
一方、以前テレビ番組で紹介されて
いた自治体は

”単なる田舎”を宝の山に
変えています。
                
映画やドラマなどのロケ地として
アピールして成功しているのです。
                
電線や建物が全くない田舎は
時代劇や昔の場面を撮影するのに
ピッタリだといいます。
                
撮影となれば、スタッフや出演者の
宿泊や食事などが伴い地元が潤います。
                
また映画公開後やドラマ放送後に
ロケ地を見に来る観光客が増える
ことも期待できるそうです。
                
お金を掛けて新しい施設を作らなくても
今あるものの「使い方を変える」だけで
うまくいくこともあるのです。
                                
ある経営者は、本社ビルの上層階の
社長室まで、エレベーターを使わずに
常に階段で移動するといいます。
                
足を使うことで健康を維持する事が
目的です。
                
普通は単なる移動手段である階段も
「使い方を変える」ことで、全く別の
ものになり得るわけです。
                                
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
                                
今回紹介する音声セミナーでインタビュー
した小林氏は
                
法人新規開拓のスペシャリストです。
                
法人やドクターが主な契約者で
インタビューの時点で
MDRT21回、うちCOT13回
TOT3回です。
                
といっても
誰も知らない、使わない武器で成功して
いるわけではありません。
                
みんなが当たり前のように
知っているもの、武器の
「使い方を変える」ことで
                
契約を獲得し続けています。
                
例えば音声セミナーで
語られている小林流「飲み会」は
秀逸です。
                
単にお酒を飲んで親睦を深めるだけが
目的ではありません。
                
飲み会も「使い方を変える」ことで
契約単価を大幅にアップさせることが
可能になるのです。
                
少子高齢化の話題。
                
雑談で社長と話すと保険営業パーソンは
少なくないでしょう。
                
小林氏は単なる雑談ではなく
「使い方を変えて」
これを法人契約の武器にしてしまいます。
                
どんなトークで少子化を語ればいいのか?
答えは音声セミナーにあります。
                
アマゾン。
                
何かと話題の会社です。
                
実はこれも「使い方を変える」ことで
法人契約を生み出す武器にすることが
できるのです。
                
アマゾンの話題から面談相手の社長が
経営する話題にスイッチし
                
保険契約が必要だと強く実感させる
流れは見事としか言いようがありません。
                
すべてはインタビューで明らかになります。
                
新しい武器、新しい情報・知識をえようと
勉強することは素晴らしいことです。
                
しかし差別化の源を
既にあなたは手にしているのです。
                
それに気づくかどうか・・・
成功の分かれ道だと言っていいでしょう。
                
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をお読みください
音声セミナー
私は20年間同じアプローチで
経営者・ドクターに保険を売り続けています!