FC2ブログ

未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【保険営業飛び込み成功例】
富裕層が関心を示す0円チラシとは?


先日、あるお城を見に行きました。

本丸近くは道が狭く急こう配で
お城に到着する頃には汗だく!!

いわゆる山城です。

戦国大名が領土内に元々あった山を
天然の要塞として利用したと
言えるでしょう。

単なる山が「使い方を変える」
ことで

敵が攻めにくい、鉄壁の守りの
城になったわけです。



これといった観光名所がない田舎。
                
人を呼ぶことは難しいと
考えるのが普通でしょう。
                
一方、以前テレビ番組で紹介されて
いた自治体は”単なる田舎”を
宝の山に変えています。
                
映画やドラマなどのロケ地として
アピールして成功しているのです。
                
電線や建物が全くない田舎は
時代劇や昔の場面を撮影するのに
ピッタリだといいます。
                                
お金を掛けて新しい施設を作ら
なくても

今あるものの「使い方を変える」
だけでうまくいくこともあるのです。


これら2つの話は
保険営業に通じます。


富裕層や資産家の顧客を増やしたいが
うまくいかない・・・

相続対策保険の契約を
もっと獲りたいが思うような成果を
出せない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は

富裕層・資産家開拓のエキスパート
です。

相続対策保険を始め、たくさんの契約
をコンスタントに獲り続けています。
             
成功の大きな要因は
「使い方を変える」ことなのです。

中瀬氏の武器の1つは

0円のチラシ。

実は誰でもいつでも無料でもらえる
チラシです。

これを「使え方を変える」ことで
富裕層・資産家開拓の

切り札にしてしまっているのです。

このツールは「ある使い方」を
すると

なんと飛び込みで富裕層・資産家を
いきなり訪問しても

3割~4割の面談率!

さらにチラシは富裕層が強烈に
関心を示す内容なので

雑談や前置きなしに
すぐに保険や相続の話ができると
いいます。

しつこいようですが
このチラシは0円なのです。

思い描いた成果を手にできない
のは・・・

できないというよりも
「使い方」を知らないだけ
なのかもしれません。

トップセールスパーソンが
長年使って結果を残している
チラシ

そしてその「使い方」を
知りたくはないですか?

詳しくは
まずはこちら↓をお読みください。
富裕層が関心を示す0円チラシとは?

【保険営業ドクターマーケット開拓】
ドクター開拓ならここで差別化しなさい


漫画「ドカベン」で山田太郎率いる
明訓高校とブルートレイン学園が対戦
する場面があります。

ブルートレイン学園は

電車ブルートレインの特徴と同じで
(寝台車なので)夜に強く
(特急なので)足が速いのです。

試合の進行をわざと遅らせ
薄暗くなるのを待ちます。

薄暗くなったことで明訓高校の
エラーが続くと、俊足を活かし
逆転に成功します。

さらにナイター照明がつくと
照明と投球が重なりボールが
見えにくくなる魔球を投手が
投げて

明訓を翻弄するという内容
だったと記憶しています。

最強と言われる明訓高校と
ガチンコ勝負するのではなく

暗くなったグランド・ナイター
で勝負する!

すなわち「戦う場所を変えて」
勝とうとした戦術は見事だと
思います。



ネットの本の販売。

アマゾンが市場を席巻している
ように感じます。

一方で「戦う場所を変えて」
好調な売上を維持している
ケースもあります。

漫画を全巻販売のみする
サイトはその典型でしょう。

アマゾンとガチンコで勝負しても
勝つことは難しいはずです。

しかし「戦う場所を変えれば」
本の販売でもまだまだチャンスが
あるのではないでしょうか。


これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓
にも通じます。


ドクターを開拓したいが
うまくいかない・・・

既に別の営業パーソンが
いて入り込む余地がない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した鈴木氏は

ドクターマーケットの
スペシャリストです。

長年にわたりドクターから契約を
コンスタントに獲り続けています。

成功の大きな要因の1つは

「戦う場所を変える」戦術です。

既契約より有利でお得な保険
提案をして契約を獲得するという
発想はありません。

保険で戦うのではなく

「戦う場所を変えて」

もっと楽にそして簡単に勝てる
方法が存在するのです。

インタビューCDでは
その成功事例が豊富に紹介されて
います。

病院の時計の位置からの
新規開拓成功例。

看護師の人材不足の話題から
の成功例

看護師の私語の話からの
契約獲得事例

特にこの3つは必聴です。

あなたはそれでも保険で戦い
続けますか?


詳しくはこちら↓をお読みください
ドクター開拓ならここで差別化しなさい
【保険営業成功者の質問方法】
社長が必ずYESという成功者の質問術


「きのこの山たけのこの里
国民総選挙2018」が行われたと
いうニュースを情報番組で目にしました。

「きのこ党」か「たけのこ党」
もしくは「どっちも党」か
インターネットで投票するものです。

結果は僅差で「たけのこ党」の勝利!

非常にすばらしいプロモショーン
だと私は感じました。

きのこの山、たけのこの里
おいしいですから買ってください!

とアピールしても昔からある
これらの商品に消費者は強い関心
を持たないのではないでしょうか。

きのこの山とたけのこ里どっちが
好きですか?それとも両方好きですか?

これだからいいのでしょう。

普通のプロモーションは
買うか買わないかを問いかけて
いると言えます。

一方、このプロモーションは
どちらが好きか(もしくは両方好きか)
を問いかけています。

何を問いかけるかで
答えが変わり

結果も変わる!わけです。


これは法人保険営業にも通じます。


もっと法人新規開拓を進めたいが
うまくいかない・・・

初回訪問で
社長に断られてしまう・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した鈴木氏は

法人新規開拓の達人です。

長年、驚異的な成果を出し続けている
日本でも有数のトップセールスパーソン
です。

しかし
特別な提案や特別な営業トークで
成功しているわけではありません。

特別なのは

何を問うか、質問の技術です。

特に初回面談で社長にする質問
ノウハウは圧巻です。

多くの保険営業パーソンは
自分の話を聴きたいか聴きたくないか

もしくは

保険に関連する話(相続や税金、法律
など)の話を聴きたいかどうかを

社長に問いかけてしまいます。

もちろん間違いではありませんが
鈴木氏の質問は違います。

多くの社長がYESという質問を
するのです。

初回面談で社長のYESを引き出す
ことができれば・・・

その後の展開がどうなるか
ここで説明するまでもありません。

あなたはまだ保険に関連した質問
を続けますか?

それともトップセールスパーソンの
質問術を学びますか?
                
詳しくは
まずはこちら↓をお読みください。
社長が必ずYESという成功者の質問術