未分類

ここでは、未分類 に関する情報を紹介しています。
【保険営業マーケティング成功例】
今保険が売れるマーケットは「ここ」にあった!
                
釣り好きの友人がいます。
                
1匹でも多く魚を釣るために
釣りをする日に欠かさずやることがあると
いいます。
                
それは・・・
                
懇意にしている餌販売店に寄ることです。
                
餌を買うことと同時に、その日どの「場所」
で魚が釣れているか情報を得るのです。
                
最新ですごい釣り竿やリールを持っていて
釣りのテクニックを持っていても
                
そもそも魚がいない「場所」に糸を垂らして
も、釣れないことは明らかにです。
                
彼は「場所」を重視するわけです。
                
サーフィンが趣味の経営者から同じような
ことを聞いたことがあります。
                
海に入る前に、WEBカメラや
よく行くサーフショップに寄って
                
その日、いい波が立っている「場所」の
情報を入れるそうです。
                
どんなにテクニックがあって
いいボードを使っていても
                
波が全く立っていない海ではそれを発揮
することはできません。
                
サーフィンも「場所」が重要なのです。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
思ったように売れない・・・
                
目標を達成できない・・・
                
こう感じることはありませんか?
                
結果を出すために、セミナーや研修会に
参加してノウハウや知識、情報を得る!
                
多くの人はこうします。
                
もちろん間違いではありませんが
                
あなたが手掛けるマーケットは
                
いわば
そもそも魚が少ない、波が立っていない
ということはありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューで
竹下氏は
                
保険が売れる場所、マーケットを発見し
大きな結果を今残しています。
                
このマーケットは巨大です。
                
今後20年間はますます大きくなる
ことは確実でしょう。
                
しかもこのマーケットを手掛けている人は
まだまだ少ないのです。
                
魚がたくさんいて、今後も魚が増えるにも
かかわらず、釣り人が少ない場所が
                
あなたの目の前にあるのです。
                
竹下氏の素晴らしい点は
単にマーケットを見つけただけではなく
                
そこからの保険契約の取り方まで
確立していることです。
                
あなたはノウハウや知識、情報という
武器ばかりを増やすことに時間を
費やしてしまっていませんか?
                
それらと同じくらい重要なのは
「場所」・マーケットなのです。
                
今保険が売れる、しかも手付かずの
マーケットを知りたくはないですか?
                
詳しくは↓
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見
できるマーケティング手法


【保険営業見込み客入手方法】
見込み客を20年先まで大量に発見できる
                
先日、あるショッピングセンターに行くと
駐車場の車止めを越え、ガードレースを
なぎ倒した軽自動車が停まっていました。
                
年配の女性によるブレーキとアクセルの
踏み間違いによる事故です。
                
同じような事故をコンビニの駐車場でも
見たことがあります。
                
ドライバーが踏み間違えないように
気を付けることも重要ですが
                
誤発進抑制装置などの
事故が起こらない「仕組み」を普及
させる方が
                
事故を減らすためには、より有効だと
感じます。
                
がんばることも素晴らしいのですが
「仕組み」を作ることも同じくらい
重要ではないでしょうか。
                
スタッフ同士のコミュニケーションは会社に
とってはとても重要です。
                
しかし「積極的にコミュニケーションを
取りなさい!」と社長が命令するだけでは
                
なかなかうまくいかないはずです。
                
できる経営者はスタッフが自然にコミュニ
ケーションするような「仕組み」を作ります。
                
ある会社では、自分の席を決めずに
自由に働く席を選択できるいわゆる
フリーアドレスを採用しました。
                
これで部署が違う人同士が自然に話す
ようになったそうです。
                
また社内で運動会を復活させた会社も
あります。
                
部署に関係なく、チームを組んで戦うと
自然な形でコミュニケーションできるように
なったといいます。
                
「仕組み」を作ることで得たい結果を
得られた例と言っていいでしょう。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
今後も見込み客を獲得し続けることが
できるか不安・・・
                
見込み客が枯渇することが心配・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は
                
見込み客入手の達人です。
                
なんと事務所にいても毎日、見込み客が
入手できる「仕組み」を作り上げ
                
大きな成果を挙げているのです。
                
会ってもいいというお客様ではなく
相談したい、解決策を知りたいという
かなり見込み度の高いお客様の情報が
                
メールやFAXでコンスタントに入る
「仕組み」です。
                
事務所にいながら、毎日こんなチャンスの
大きい見込み客を獲得できたら
                
あなたの営業は変わりませんか?
                
売る技術はセミナーや研修でもう既に
あなたはたくさん学んでいるはずです。
                
今足らないのは、見込み客を集める
「仕組み」を学ぶことではないですか?
                
詳しくは↓
CDセミナール
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見
できるマーケティング手法
保険営業の成功者は「これ」がうまい
                
「意中の相手と恋人になりたいなら
まずはものの貸し借りから始めなさい。」
                
なかなか彼女ができない男性に
ある専門家がこうアドバイスしました。
                
本やCDを借りる時
まず借りる時に1度会えます。
                
そして返す時にまた会えます。
                
会うことでチャンスが広がるのです。
                
いきなり恋人になることよりも
まずは何度も会うことを考える方が
近道なわけです。
                
この考え方は保険営業でも
参考になります。
                
多くの営業パーソンは保険を売ること
ばかり考え
                
売り込み・説得しようとがんばります。
                
これは自分のことを好きかどうかも
わからない異性に
                
いきなり指輪を渡しプロポーズするぐらい
強引なことではないでしょうか。
                
貸し借りで何度も会う場面を
作るように
                
保険営業パーソンはいきなり売る
ことではなく
                
「話を聞きたい」とお客様が言って
自分の目の前に座るには
どうすればいいのかを
                
考えなくてはならないはずです。
                
お客様に売る技術と
お客様を目の前に座らせる技術
                
は全く違います。
                
成功者はお客様を目の前に座らせる
技術に長けています。
【保険営業トップセールスの話法】
社保の高さを嘆くと保険が売れてしまう!
                
学生時代、スピード違反で免停に
なったことが1回だけありました。
                
普段はスピードを出さない運転を
心がけていましたが
                
その日は速く走っているという感覚が
全くなかったのです。
                
というのも私が警察に車を停められた
場所は
                
高速道路を出てすぐの直進が続く道。
                
2時間高速で走った後でしたので
いつもなら速いと思うスピードを
「感じない状態」だったのです。
                
野球試合で次に打席に立つ打者は
大抵実際に使うバットよりも
重いバットで素振りしています。
                
重いバットを数回振ることで
力が急につくことはありません。
                
普通のバットの重さを
「感じない状態」にするために
                
わざわざ思いバットを振るのです。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は
                
法人新規開拓で
                
面談相手の社長から
                
嫌な顔をされたり、断られることが
まずありません。
                
いい提案をするから、こうなるのでは
ありません。
                
保険の営業、保険の売込みと
                
社長が全く「感じない状態」を作る
ことがうまいのです。
                
大田氏の武器は雑談です。
                
例えば
社会保険料の高さに関する雑談。
                
多くの社長は日ごろからこれを実感
していますから
                
この雑談は盛り上がります。
                
しかしこの話題が最後には
法人契約にたどり着いてしまいます。
                
もちろん社長は売り込まれている
感覚は全くありません。
                
高速道路の後スピードを感じない
重いバットを振った後、重さを感じない
                
これらの「感じない状態」と似ています。
                
セミナーなどで学べることは
うまく売り込む事ではないでしょうか。
                
間違いではありませんが
今回習得できるのは
                
売込みと最後まで
「感じさせない」ノウハウです。
                
社長が売込みと感じなければ
当然断りません。
                
断られない
                
これで法人新規開拓がうまくいかない
ということが果たしてあるでしょうか?
                
詳しくは↓
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法