ここでは、 に関する情報を紹介しています。
■こうすれば高額契約が簡単になります

車が大好きな知人がいます。

彼は学生時代に
アルバイトをして
新車を購入しました。

自分は家賃18000円の
ボロアパートに住んで

車を停めるために

なんと月々3万5000円の
駐車場を借りていたそうです。

家賃の倍もする駐車場を
借りてまで車を持つ・・・

常識では考えられませんが

人は自分が本当に「必要」だ
と思いものには

お金を使うということでは
ないでしょうか。


AKBの総選挙のために
投票権の付いたCDを

100万円分

買ったという人が
インタビューされていました。

同じCDに100万円を
ポンと払えるとは

彼はお金持ちに違いないと
考えるのが普通でしょう。

しかし

彼は一般企業で働く
普通のサラリーマンです。

手取りは約20万円
だと語っていました。

月々20万円の手取りの人で
あっても

本当に「必要」だと
感じるものには

例え100万円であっても
喜んでお金を払うということ
でしょう。



これら2つの話は
保険営業に通じます。



医療保険やがん保険は
獲れても
単価の高い契約が獲れない・・・

節約志向のお客様が多く
既契約よりも安いプランでないと
うまくいかない・・・

こう感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大関氏は

単価アップの達人です。

といっても

お金持ちや富裕層ばかりを
ターゲットにしているわけでは
ありません。

ごくごく普通のお客様で
あっても

高単価契約を獲得できる
ノウハウを確立しています。

もちろん

高い保険料のプランを

声を枯らして説得したり
売り込んだりはしません。

お客様が
大切な部分にスポットを当てて

車とAKBの例と同じで

お客様自身に

「必要!」

と言わせる方法なのです。

多くの保険営業パーソンは

「このくらいの保障は・・・

必要です!」と

自らの口から言ってしまいます。

こうだから

最終的に契約単価をアップ
させることが困難になるのでは
ないでしょうか。

売れる人は

「必要だ」と言うのではなく

言わせます。

セミナーや研修で

学べるのは

大抵、言う技術ばかりです。

トップセールスパーソンの
言わせる技術を学んだことが
ありますか?

言わせることで

同じ仕事の量で単価が3倍に

なったら

あなたの営業

そしてあなたの人生は変わる
とは思いませんか?

詳しくは↓
音声セミナー
月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術







■Yahooで検索ができれば見込み客に困りません

イチローが所属していたチームの
あるコーチが

「イチローの練習を見れば
正確な時刻がわかる、時計はいらない」

と話していたことを記憶しています。

イチローは

毎日決まった時間に決まった練習を
「繰り返し」実践するのです。

これは練習に限らず
起きる時間や食事の時間や
食事のメニューまで

「繰り返し」だそうです。

イチローの成功の大きな要因の1つ
だと言っていいのではないでしょうか。


スコアのいいゴルファーは

スイングまでの動作が
いつも同じ

すなわち「繰り返し」だと
聴いたことがあります。

テレビでトッププロのラウンドを
見ると

その「繰り返し」が一目瞭然です。



これら2つの話は保険営業に通じます。



見込み客の確保が
思ったようにできない・・・

今後もずっと見込み客を
獲得できるか心配・・・

こう感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

見込み客に困ることが全くないと
いいます。

「ある方法」を

「繰り返し」やるだけで

見込み客に困らないノウハウを

確立しているからです。

といっても

高度で難解な方法では
ありません。

「ある方法」とは

誰でも

いつからでもスタートできます。

実は

「ある方法」とは

ヤフーやグーグルで
検索することから
スタートするだけなのです。

少し極端な言い方かもしれませんが

検索さえできれば

見込み客にもう困らないのです。

今までの人脈や成績、友達や親戚の
多さはまるで関係ありません。

検索エンジンを操作できれば

誰でもすぐに始められる
見込み客獲得術なのです。

しかも

何度でも

「繰り返し」実践できます。

見込み客が少なくなったら

また検索からスタートして

「ある方法」を「繰り返す」だけで
いいのです。

今週も来週も
1か月後も・・・その先も
訪問できる見込み客がいたら

果たして契約に困ることが
あるでしょうか?

詳しくは↓
1か月に97人紹介を入手するノウハウ 





■売れる人の目標は契約ではありません

創部間もない野球部を
甲子園に導いた

ある高校の監督の
打撃指導は

非常に特徴的です。

生徒にヒットを打つことを
目標とさせません。

ヒットではなく

ゴロを打つことを
徹底させているのです。

ゴロを打つことが一番の目標。

こうすることで

ヒットを打てなくても

相手のエラーなどで
出塁できる可能性が高まり

結果として点数が取れると
いいます。

多くの指導者はヒット打つことを
血眼になって教えます。

しかし打撃が得意な高校生でも
ヒットを打てる確率は

わずか3割程度です。

7割は失敗に終わります。

確率が低いヒットを目標とするよりも

少しの努力で実現可能なゴロを
目標にすることで

好結果を得やすくなったと言って
いいのではないでしょうか。


「目標次第で
結果が変わる!!」



これは法人新規開拓に通じます。



法人契約が獲れない・・・

法人新規開拓で
思ったような成果がでない・・・

こう悩んでいませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

長年、法人新規開拓で
驚くような成果を出し続けています。

成功の大きな要因の1つは

「目標」。

私が特に驚いたのは

初回面談の「目標」です。

多くの保険営業パーソンは

法人保険契約を「目標」にするに
違いありません。

一方

鈴木氏の場合

契約を初回面談の「目標」と
しません。

全く

「別のこと」を目標とするの
です。

「別のこと」を目標にすると

初回面談の成功率は

格段にアップします。

初回面談が成功すれば

結果的に契約に近づくのです。

ヒットやホームランで大量点を
いきなり狙うのではなく

ゴロを目標にして甲子園で出た
チームと戦術は似ています。

あなたの初回面談の目標は
何ですか?

トップセールスパーソンの

保険以外の

「別の目標」を知りたくないですか?


詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!







■この「最初の一言」でドクターに売れる

少し想像してみてください。

今、交際相手はいませんが
すぐにでも結婚をしたい
男性がいます。

あなたら
彼にどんなアドバイスをしますか?

プロポーズのやり方を
まず教えるという人はいないと思います。

これは相手がいて
初めて有効になることでしょう。

まずは相手を見つけること
すなわち結婚に繋がる
「チャンスを作る」事が先決です。

お見合いパーティーに参加する・・・

出会いの可能性が広がるサイトに
登録するなど・・・

「チャンスを作る」事が
第一歩だと私ならアドバイスします。



この話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。



ドクターから契約を獲りたいけれど
なかなかうまくいかない・・・

こう感じたことは今までにありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

コンスタントにドクターから契約を
獲得しています。

といっても

保険の売り方は普通です。

みんなと変わりません。

提案するプランも特別という
わけではありません。

大きな違いは

ドクターとの
「チャンスの作り方」なのです。

勉強会や研修会で習えることは
ドクターに保険を売るノウハウが
中心でしょう。

もちろん重要なことですが

これはいわばプロポーズのやり方
です。

プロポーズを練習する前に

結婚相手を見つけることが
重要であるように

ドクターマーケットでも

大切なことは

「チャンスを作る」事なのです。

中瀬氏は

この達人です。

実は

ドクターがあなたと会いたい
会わないと損してしまうと
思わせる

すなわち「チャンスを作る」
ための

「最初の一言」

があります。

この「最初の一言」を知っているか
知らないかだけで

大きな大きな差が出ます。

飛込みでドクターを訪問した場合
いきなり会える確率はどのくらいだと
思いますか?

私は経験上

3人に1人
いや4人1人の

ドクターに会えれば
上出来だと考えていました。

一方

中瀬氏の場合は

ほぼ100%。

コネや紹介なしで

この数字をたたき出しています。

ポイントは

「最初の一言」です。

「保険のご案内に来ました。」
「相続対策はお済ですか?」

では撃沈すること間違いないです。

面談率ほぼ100%にする、
チャンスをいつも作れる

「最初の一言」を
知りたくはないですか?

詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!







■保険を語らず、保険を売るノウハウ

先日、カー用品店に行くと
あるサービスが宣伝されていました。

「タイヤホテル」

冬の時期は
使わない夏用タイヤを

夏の時期は
冬用のタイヤを

廉価で預かってくれる
サービスです。

タイヤはかさばるし、置き場所に
困るという声をよく聞きますから

多くの人が抱える
「問題を解決する」提案と
言っていいのではないでしょうか。

タイヤを預かれば

取付えやメンテナンス
そして販売(買い替え)

すなわち別の収益に繋がり
やすくなることは明らかです。

「新しいタイヤはいかがですか?」
「タイヤの取り付けを安くやります!」
などといきなり売り込むよりも

「問題を解決する」ことを
切り口にすることで

より大きな利益を効率的に
手にできていると予測できます。


入塾の案内をチラシなどで
出している学習塾がありました。

反応率は年々下がっていた
そうです。

ある時期から
チラシの切り口を変えることで

反応率をアップさせることに
成功させました。

単に入塾を促す

内容ではなく

次回の定期テストの点数を
アップさせる

短期または無料の講座を
案内したのです。

なかなか上がらない
中間・期末テストの点数を
アップさせるという

まさに

「問題を解決する」提案で

多くのレスポンスを得ました。

この講座に参加した生徒は
一定の割合で入塾したそうです。



これら2つの話は
法人保険営業に通じます。



法人新規開拓で思い描いた結果が
出せない・・・

社長からすぐに断りを受けてしまう・・・

こう感じることはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

継続的に法人契約を獲得して
います。

しかし

直接保険を売り込む
スタイルではありません。

タイヤと塾の例と同じで

「問題を解決する」ことが

切り口なのです。

といっても

いきなり社長に

「あなたの抱える問題を解決
いたします!」

と提案するわけではありません。

こんな投げかけをしても
撃沈することは間違いありません。

売れる人は
アプローチが違います。

社長から

お願いします!
詳しい資料を見たい!

と言わせるような


アプローチ術が

存在するのです。


このアプローチを知れば

あなたは「問題解決」で
法人を訪問できるようになります。

保険の話を聴きたい社長は
あまりいませんが

問題を抱え、悩んでいる社長は
日本中に溢れていますから

訪問先は

劇的に増える

と言っても過言ではないはずです。

ノウハウはCDで
すべて語られています。

さらに

鈴木氏の

問題解決を
保険契約に繋げる方法

も見事です。

こちらもインタビューでやり方を
知ることができます。

これを知らずに
法人新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!






■紹介営業の達人は「この職業」を狙う

食べ歩きが好きな友人が
先日訪れた店は

なんと!

ポテトサラダ専門店。

ポテトサラダが大好きな彼女は
大満足したそうです。

サラダ専門店でも珍しいのでは
ないでしょうか。

さらにポテトサラダに「特化」している
店を今まで私は聞いたことがありません。

おそらく多くのファンがいると
予測できます。


そんな彼女が今度行く予定の
別の店は

驚くことに

レバー専門店。

肉料理ではなく
牛肉専門でもなく

レバーに「特化」した店なのです。


何でもやります!というスタンスも
もちろん間違いではありませんが

「特化」は

厳しい競争を勝ち抜く有効な
戦略の1つではないでしょうか。



これら2つの話は保険営業に通じます。



依頼してもなかなか紹介がもらえない・・・

契約に繋がる紹介のもらい方がわからない・・・

こう悩んだことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

多くの紹介を獲得して

しかも

その紹介を

単価の高い契約に繋げるノウハウを
確立しています。

成功の秘密は

「特化」

です。

「紹介をお願いします!」
「お友達をご紹介ください!」

と投げかけるのではなく

ある職業に

「特化」して
たくさんの紹介を獲得しています。

この職業に特化して紹介を促すことで

紹介がでやすくなり

しかも契約単価アップに繋がります。

さらに

この職業の市場は大きいのです。


こんな職業に特化した
紹介獲得術をあなたはご存知でしたか?

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!






■今でも飛込みでドクターに売れる秘密

自分がデザインした洋服で
自分のブランドを立ち上げる!

学生時代の友人の1人は
これを夢見て、専門学校に行き

その後アパレルメーカーに
入社しましたが

思い描いた結果を出せません
でした。

TAKEO KIKUCHI
JUNKO KOSHINO
ISSEY MIYAKEなど

1980年代に一世を
風靡したいわゆるDCブランドの
一部です。

自分の名前がそのままブランドに
なるような人はごくごくわずか。

とんでもない競争を勝ち抜いた
限られた人だけでした。

しかしこれが今変わりつつあります。

手書きで好きに書いた洋服の
デザインをアップロードすると

それを製品にして販売の代行まで
してくれるサイトがあるのです。

何とこれらをすべて10万円~。

自分のブランドが10万円~で
できてしまいます。

何年も学校に通い、苦しい下済みを
経験しなくても

「簡単に」ブランドを立ち上げることが
可能になりました。


今まで「難しい」が「簡単に」なって
います。


いつかは自分の店を出したい!
これも多くの人が抱く夢の1つでしょう。

以前はこの夢を達成することは
「難しい」ものでした。

お店を出すためには、多額の費用と
労力が不可欠だったのです。

しかし今はネットを活用すれば
これが「簡単に」なります。


無料!

自分のショップを
立ち上げるまで30秒!


あるネットショップのサイトでは
こんな宣伝を目にしました。

自分のお店が0円
しかも1分もかからず
開店できるのです!!

これも「難しい」を「簡単に」した
例と言えるでしょう。



これら2つの話は保険営業に
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

まさに「難しい」を「簡単に」にする
達人です。

特に私が感動したのは

ドクターマーケットの新規開拓に
ついて。

ドクターになかなか会えない・・・

会えても保険契約に至らない・・・

こう嘆く保険営業パーソンは
少なくありません。

ドクターマーケットの新規開拓は
「難しい」ものだとずっと考えて
いました。

しかし中瀬氏の話を聴けば
その考えは間違いだったと
気づくはずです。


飛込みで訪問しても
ドクターとの面談率はほぼ100%

いきなり保険の話題でアプローチして
契約に繋がることが多い!


インタビューで中瀬氏が語った
ドクターマーケットの新規開拓を
「簡単に」する一部です。

「なんだ、それだけをすればよかったのか」
私は思わずこうつぶやいてしまいました。


あなたはまだ「難しい」を続けますか?

それとも「簡単」を学び
もっと効率的にドクターマーケットを
新規開拓しますか?


詳しくは↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!






■設計書を作る前に「これを」作れ!

社内で使う紙を極力減らす試み
(ペーパーレス化)を目標とした会社が
ありました。

あなたがこの会社の社長なら
どうやってそれをスタッフに徹底させますか?


コピー用紙を裏表使うように
注意する・・・

メモやノートで記録を残すのではなく
すべて必要なことはPCなどに
入れるように指導する・・・・

とにかくペーパーレス化が進むように
部下に指示し続ける・・・・

普通ならこんなことを考えるでしょう。

一方

この会社の社長は全く違うやり方で
ペーパーレス化に成功しました。


ナント

すべての机の引き出しを
捨ててしまったのです!!


引き出しがなければ、ノートや紙を
しまう場所がありません。

ですから

すべての記録や仕事をPCで行う
ようになり

ペーパーレス化は短期間で進み
その会社は今それが当たり前に
なったそうです。

目的達成のためにがんばることは
大切なことですが

今回紹介したような会社のように

「仕組み」

を作れば

効率的に目的に辿り着く
こともあるのです。


ファミリーレストランで売っている
子供向けおもちゃは

結構売れていて利益率も高く
お店の収益源になっている
そうです。

といっても

ファミレスの店員は
「おもちゃはいかがですか?」とは
売り込みません。

親がレジで会計をする時に
子供の目線におもちゃを並べる

満席の際、座って待つ席の
前におもちゃの棚を置くなど

売れてしまう「仕組み」があると
言っていいでしょう。



これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

ドクターーマーケットから長年
契約を獲得し続けています。

しかし

ドクターに保険を売り込む技術が
うまいわけではありません。

うまいのは

「仕組み」を作ることなのです。

売り込まなくても・・・
無理に保険の話題を出さなくても・・・

保険が必要になってしまう
保険契約に行きついてしまう

「仕組み」を作り

成果を出し続けています。

決して高度で難解な方法では
ありません。

やり方を知りさえすれば

誰でも

いつからでも

実践できるノウハウだと考えています。

「仕組み」というと大袈裟なことと
感じる方もいるかもしれませんが

実は

「ある事を繰り返す」だけなのです。

「ある事を繰り返す」だけの

とてもシンプルな「仕組み」で

ドクターに保険を売ることが

簡単になると表現していいでしょう。

まだ設計書を作り
ドクターに保険を売り込みますか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術






■法人に売れない人と売れる人の差

甲子園で優勝経験のある
名門高校野球部出身の人が

インタビューに答えている動画を
見ました。

普段の練習内容を聴くと
驚くことに特別なものはありませんでした。

普通の高校と大差はないのです。

特別なのは

毎日練習するグランドだと
語っていました。

甲子園球場と
ほぼ同じ広さだそうです。

グラウンドの広さと野球のうまさは
直接関係ないように思えますが

選手の甲子園に対する
意識が変わったり

グランドの大きさに慣れることで

好結果に繋がりやすくなると
予測できます。

いずれにしても

「ほんの少しの差」が

勝負を分けるということでしょう。


お酒も食事も全く減らすことなく
ダイエットに成功した友人がいます。

彼がやったことは

食事の時間を意識することだけ
です。

就寝3時間前までには済ませる
ようにしたのです。

たったこれだけのことで
ウエストも体重も落ちたといいます。

食事する時間という

「ほんの少しの差」が
結果を左右する例と言っていいでしょう。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人アプローチがうまくいかない・・・

社長にすぐに断りを受けてします・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

法人アプローチの達人です。

保険ではなく問題解決で
アプローチをします。

この方法でアプローチ
することは

決して特別でないかも
しれません。

鈴木氏が

特別なのは

「問題解決をする理由」です。

なぜ保険ではなく
問題解決なのか?

その理由を簡潔に一言で
社長に伝えます。

これを聴いた社長は
すぐに納得して話が前に進む
のです。

やることは問題解決で
みんなと同じです。

しかし「理由」という
「ほんのわずかな差」が

成功と失敗をわけるのです。

トップセールスパーソンが
社長に伝える「理由」を
知りたくはないですか?

詳しくはこちら↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!





■非課税枠をこう語るだけで相続保険が売れる

食品関係の会社の社長とお酒を飲む
機会がありました。

彼はいわゆる老舗の3代目の経営者ですが
今まで長年成功してきたビジネスに安住する
気は全くありません。

会う度に、斬新で他にはないビジネスモデルを
考えていて話してくれます。

斬新で特別なビジネスモデル・・・

確かに素晴らしい発想です。

しかし先日テレビで見た業績好調な
食品会社のビジネスには驚きました。


その会社の主力商品は白米。


普通の米を炊いてお店に出荷する・・・
これで売上を伸ばしています。

回転寿司店などは店内で
味が同じ米を大量に炊き続ける
ことが難しい場合が多く

炊いた米を毎日買ってくれる
といいます。

普通に炊いた米自体は
斬新でも特別でもありませんが

どこに売るか
すなわち「使い方次第」なのです。


少年野球の全国大会で優勝した
チームの監督のインタビューを読んだ
ことがあります。

その監督は投手にほとんど
全力投球させません。

投手は山なりの遅い球を
中心に打者に投げます。

しかしいいコースに投げれば
それ程ヒットは続かないし

将来がある投手が怪我をする
リスクも回避できると

その監督は話していました。

遅い球でも「使い方次第」
なのです。



これら2つの話は
相続対策保険を売る
場合にも通じます。


相続対策保険が売れない・・・

どんな話をすれば富裕層が
興味を持つかわからない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDで
インタビューした大田氏は

コンスタントに
相続対策保険の契約を
獲得しています。

といっても

特別で

誰も知りえない情報で

差別化しているわけでは
ありません。

大田氏は

誰でも知っている情報、知識を

相続対策保険を売る武器に
変えてしまいます。

白米や遅い球の話と同じで
「使い方次第」なのです。


「生命保険金の非課税枠」


この保険営業パーソンなら
誰でも知っている常識が

大田氏の切り札の1つです。

セミナーや研修で学べるのは
最新で専門的な情報が中心です。

もちろん間違いではありませんが

トップセールスパーソンは

みんなが前から知っている情報で

楽々保険を売っています。

情報は「使い方次第」なのです。

「生命保険金の非課税枠」を
語り

相続対策保険が売れるノウハウを
あなたは知りたくはないですか?

詳しくは↓
不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!






■「ある決まった一言」で社長の前に座れます

新人の年から5年連続
セ・リーグの盗塁王。

しかも3年連続60盗塁以上。

元阪神タイガースの赤星憲広さんの
輝かしい記録です。

盗塁は

足の速さやスタートの良さで決まる
と考えることが一般的でしょう。

一方、赤星さんは

準備が8割

と以前語っていました。

投手の癖や配球、牽制球の傾向
などを研究する・・・

グランドに出る「前のテクニック」が
赤星さんは優れていると言って
いいのではないでしょうか。



この話は法人保険営業に
通じます。



法人新規開拓で
思ったような成果が出せない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は

コンスタントに法人契約を獲得
しています。

成功の大きな要因の1つは

赤星さんと同じで

「前のテクニック」なのです。

中瀬氏は

飛込みで

法人を訪問しても

ほぼ確実に

社長の目の前に座ることができる
テクニックを確立しています。

といっても

決して高度で難解なテクニックでは
ありません。

中瀬氏が実践していることは

社長に

「ある決まった一言」を

投げかけるだけです。

「ある決まった一言」で

社長の前に座れる可能性が
アップします。

多くの保険営業パーソンは

トップセールスパーソンの

どんな保険を売ったか?
どんなトークで売ったか?ばかりを

真似ようとします。

もちろん間違いではありませんが

売れる人は

保険を語る

はるか「前のテクニック」が特別な
なのです。

「ある決まった一言」を知りたくは
ないですか?

毎日毎日
社長の前に座れて話ができたら

法人契約に苦戦することが
果たしてあるでしょうか?

詳しくはこちら↓
この飛込み訪問で
今、資産家・ドクターに生命保険が売れています!






■なぜあの人は社長に100%断られないのか?

先日、風邪の治療のため
病院の内科の待合室で順番を
待っていると

別の診療科から子供、赤ちゃんの
大きな泣き声が聞こえてきました。

1人ではなく、複数の子が
泣いている様子。

その日は予防接種をする日だった
のです。

大人でも少し痛く感じる注射針は
赤ちゃんや子供にとっては天敵とも
言えるでしょう。

しかし

注射は痛いものという常識が
変わるという記事を読んだことがあります。

あるベンチャー企業が開発した・・・

金属製ではなく植物性樹脂でできた
注射針は

人の皮膚を刺して血を吸う蚊の針が
モデルだといいます。

痛みは感じにくいそうです。

蚊が人に針を刺しても
人は痛みを感じないように

「知らないうちに」

予防接種が終わっている
時代がすぐに来るかもしれません。


知人が大腸の内視鏡検査を
したといいます。

検査までの準備が大変だったり
検査自体もつらいというイメージが
ありましたが・・・

彼は「知らないうちに」終わったと
言います。

実はカメラ付カプセルを口から
飲み込むと

腸内の画像が送られてくるという
検査を選んだのです。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



保険の話をする前に
社長から断られてしまう・・・

法人アプローチがうまくいかない・・・

こんなことに悩んでいませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏は

アプローチで

社長から断られることが

ほぼ100%ありません。

アプローチが成功すれば
契約の可能性がぐんとアップする
ことは言うまでもありません。

注射と検査の話と同じで
「知らないうちに」の達人なのです。

大田氏と面談した社長は

保険の営業を掛けられている
保険を売り込まれている
という感覚は持ちません。

「知らないうちに」
契約にたどり着いてしまうイメージです。

秘密は

大田氏の雑談テクニックです。

大田氏の雑談は

営業、販売との垣根・ハードルが
恐ろしく低いのです。

「単なる雑談」

そして

「保険契約に繋がる雑談」が

存在することを

あなたは知っていましたか?

多くの保険営業パーソンは
高度な売り方を追い求めます。

もちろん間違いではありませんが
成功者は

雑談が特別なのです。

それでもまだがんばって保険を
売込みますか?

それとも「知らないうちに」
契約を獲得したいですか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法







■もう営業トークを変えるな!

一般的な会社では、外出中の従業員に
取引相手やお客様から電話があった場合

メモを残すかメールをするか
携帯電話に連絡し

口頭で伝えることが多いでしょう。

「13時10分○○様から電話が
ありました。電話をくださいとのことです。
連絡先は・・・」

いずれにしてもこんな表現になるに
違いありません。

一方、ある業績のいい会社では
このやり方は一切していないそうです。

お客様との電話のやり取りを録音して
外出中の従業員に直接聞かせる
方法を取っています。

結局、お客様から電話が欲しいと
いう事実が伝わることは

メモやメール場合と同じですが・・・

お客様の「電話が欲しい」という
声を聴くことで

お客様の感情や状況を即座に
把握することができます。

いかにも怒っている「電話が欲しい」
なのか

喜びに溢れていてお礼が言いたい
ような「電話が欲しい」なのか

声を聴くことで電話をする前に判断でき
それなりの準備ができるわけです。

文字や言葉だけから得られる
情報は限られています。

それ以外の態度や声のトーン、仕草
表情などから得る情報が思ったより
大きいもの。



この話は保険営業にも通じます。



トップセールスパーソンの

営業トークや言葉は

特別でないケースが多いのです。

何を話すかも重要ですが

それ以上に

どう話すかが大切です。

同じ芝居で同じセリフを
表現するのでも

感動させられる役者と
そうではない所謂大根役者がいます。

保険営業もこれに似ています。

しかしみんなが注目するのは
トークばかりです。

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の話を聴けば

トーク以外の部分を変えれば

営業が変わる!

そして結果が変わる!ことを

あなたは知ることになるでしょう。

現場ですぐに使えると感じたのが

竹下氏の「あいづちと仕草」に
関するノウハウです。

これらのノウハウを駆使すれば

今までと同じトーク

今までと同じアプローチが

あなたの強力な武器になり得ます。

それでもトークばかりを追い求めますか?

詳しくはこちら↓
“あいづちと仕草”を変えれば
生命保険は売れる!





■保障を語らず1日20件の保険契約

大型量販店の出店や
ネット販売の台頭で

苦戦をしている電機店2代目
経営者がいます。

十数坪の広さしかない彼の店では
とても品揃えや価格で太刀打ち
できないと諦め気味な発言が
多いのです。

確かに品揃えや価格で対抗すれば
勝負にならないことは明らかです。

しかし別のやり方はまだまだあると
私は考えています。

パソコンの部品を自分で購入して
自作のパソコンを作ることが趣味の
友人がいます。

彼がよく行く電機店は
東京・秋葉原にある本当に
小さな小さな電機店です。

もちろん量販店やネットのような
品揃えはありません。

パソコンの限られれた部品だけに
特化して商品を揃えています。

パソコンを自分で組み立てる人、
自ら修理をする人だけに顧客を
絞って

商品も特定の部品だけに
特化してその部品の品揃えだけを
充実させているのです。

全国から顧客が集まるそうです。

この店は

「選択と集中」で

勝ち残っていると言っていいでしょう。



この話は保険営業にも通じます。



セミナーや研修にたくさん出席し
勉強しているのに、思い描いた
成果に届かない・・・

相続も事業継承も
ドクターマーケットも
飛込みも・・・

いろいろトライしているが
なかなか目標を達成できない・・・

こんな思いをしたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
松井氏は

長年、驚くほどの成果を継続的に
出し続けています。

成功の大きな要因の1つは
「選択と集中」。

松井氏は資産運用に特化し
生命保険契約を効率的に
挙げ続けています。

保障や最新の特約、保険料の高い
安いなどの話をすることはまずありません。

保険の見直しも法人の退職金
プランや相続対策プランを
提案することもほとんどありません。

資産運用の話に
徹底的に集中することで

驚く程の件数の契約を
獲得しています。

といっても
「お金が増えます」
「銀行よりも利率がいいです」
という類の売り方ではありません。

損得の話ではなく
金融や経済の話をします。

金融や経済を語ると
最終的に生命保険が売れる方法を
あなたはご存知でしたか?

詳しくは↓
1日20件の保険契約を
獲得する超効率営業ノウハウ