FC2ブログ

保険営業成功ノウハウ

トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。

【法人保険営業】保険以外の「この提案」をすれば コネや紹介なしで商工会議所を開拓 できます!

保険以外の「この提案」をすれば
コネや紹介なしで商工会議所を開拓
できます!
 
 
少し想像してみてください。
 
あなたはある私立高校の入試担当者
です。
 
一人でも多くの入学希望者を集める
ためにどんなことをしますか?
 
高校の良さや楽しさ、就職や進学率
などをアピールする!
 
こんなストレートなアピールも
もちろん悪くありません。
 
しかし私なら・・・
 
いい監督、いい選手をスカウトして
野球部を強くし
 
甲子園に出場できるように働き
かけます。
 
甲子園に出場できれば
高校は有名になり、結果として
入学希望者はたくさん集まるのでは
ないでしょうか。
 
欲しい結果を得るために
ストレートな戦術だけが
すべてではないと感じます。
 
最後の最後に結果が得られるような
戦術も有効ではないでしょうか。
 
 
 
ドリンクの売上をアップさせたい
ある飲食店経営者は
 
ドリンクをお客様に勧めるだけでは
ありません。
 
彼はメニューに辛い料理を増やしたい
のです。
 
辛ければ、当然飲み物が欲しくなり
結果的にドリンクの売上がアップした
そうです。
 
この店もストレートな戦術だけではなく
最後の最後に結果に繋がる戦術で
結果を手にしたいと言えます。
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
 
商工会議所や法人会などの
企業団体を新規開拓できれば
 
得られる成果は大きいはずです。
 
しかしコネや紹介がないから
自分には難しいとは思っていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
コネや紹介が全くない企業団体を
 
何と飛び込みから新規開拓して
 
大きな成果を手にしています。
 
 
もちろん
 
保険の話をしたり、保険を売り込んだり
することは一切ありません。
 
最初は保険の話は全くしません。
 
ストレートに契約に繋がるような
戦術をとらないわけです。
 
では中瀬氏は何をやって
飛び込みで企業団体を新規開拓する
ことに成功しているのか?
 
秘密は
 
 
「ある提案」なのです。
 
 
保険とは全く関係のない
「ある提案」を
 
企業団体にすると
 
飛び込みで訪問しても
 
即座にOKをもらえる可能性が広がり
大きなチャンスを手にできるように
なるのです。
 
もちろん最初は保険とは関係のない
「ある提案」ですが
 
最後の最後にはしっかり法人契約に
繋がります。
 
まさにストレートな戦術ではなく
最後の最後に契約に繋がる戦術で
 
中瀬氏は法人契約を手にしています。
 
 
「ある提案」とは何か?
 
インタビューで詳しく解説されて
います。
 
もちろん
飛び込みではどんなトークを使って
いるのか?なども詳しく知ることが
できます。
 
 
1件1件コツコツ法人を開拓する
ことも素晴らしいことです。
 
しかしたくさんの企業が所属する
団体を開拓でき
 
まとまった法人に1度にどばっと
アプローチすることができたら
 
あなたの手にする成果は変わるとは
思いませんか?
 
 
決して難しいノウハウではありません。
コネや紹介も不要です。
 
ほんの少しのコツを知っているか
知らないかだけの差なのです。
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
音声セミナー
新規契約の80%が追加契約です!
脱!新規開拓、追加契約を劇的に増やし
土日休んでもCOTになれる超効率保険営業術



相続保険の見込み客がメール&Faxで どんどん紹介される仕組み

相続保険の見込み客がメール&Faxで
どんどん紹介される仕組み
 
少し想像してみてください。

あなたはあるクイズ番組の責任者です。
 
普段クイズ番組に参加しない
大物俳優に出演してもらうには
どんなことをしますか?
 
「ぜひ出演してください!」と
ひたすらお願いする!
 
高いギャラを提示して主演交渉する!
 
これらも間違いではないはずですが
 
私なら・・・
 
俳優が出演している舞台や映画を
テレビで宣伝しませんか?と
投げかけ
 
番組内でプロモーションの時間を
作ることを約束します。
 
1枚でも多くの人にチケットを
売りたい!というニーズを満たす
提案をするのです。
 
結果としてクイズ番組に出演して
もらえる可能性が高くなるとは
思いませんか?
 
自分のニーズを満たすための
提案をするだけではなく
 
まず相手のニーズを満たしながら
最後に自分のニーズが満たされる
「仕組み」が重要だと感じます。
 
 
この話は保険営業に通じます。
 
 
最近、見込み客が減ってきたと
感じる・・・

将来に見込み客が枯渇するかも
しれないという不安がある・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
日本を代表するトップセールス
パーソンで見込み客獲得の達人です。
 
といっても人の何倍も動き回り
寝る間を惜しみ訪問を繰り返し
 
見込み客を確保するというスタイル
ではありません。
 
事務所に居ながら、メールやFAXで
どんどん見込み客が紹介される
「仕組み」を作り上げ
 
効率的に見込み客を入手しています。
 
 
やり方は高度で難解なものでは
ありません。
 
 
スタートは「ある業者」に
「ある研修」を提案するだけ。
 
 
これは業者のニーズを満たすもの
なので、多くの場合提案は受け入れ
られるといいます。
 
「ある研修」をすると
最終的に見込み客が紹介される
「仕組み」を作ることができる
のです。
 
詳しくはインタビューで解説されて
います。
 
「お客様を紹介してください」と
自分のニーズだけを満たそうと
するから
 
見込み客の紹介が難しくなるのです。
 
成功者は相手のニーズを満たしつつ
最後に自分のニーズを満たす
「仕組み」を作り上げています。
 
まだ依頼やお願いをして紹介を
入手しようとしますか?
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見できる
マーケティング手法




保険営業で”行くところがない”方!このセミナー営業方法なら成功できます







損保増収!損保を1000万増収する秘訣&話法





法人保険が簡単に売れてしまう 雑談があることを知っていましたか?

法人保険が簡単に売れてしまう
雑談があることを知っていましたか?
 
 
「一緒に野球を楽しみませんか?
ぜひ1度練習に参加してください!」
 
コンビニの壁に貼ってあった
少年野球チーム入団勧誘のための
ポスターにこう書かれていたと記憶
しています。
 
野球をやる子供が減少している
現在ではこのポスターを見て
 
すぐに「よし!1度練習に参加しよう」
と思う小学生は少ないはずです。
 
野球をやったことがない子供にとって
練習に参加するのは
 
高い高いハードルになると予想できる
からです。
 
一方別の少年野球チームは
練習とか入団という言葉で勧誘を
しないそうです。
 
「餅つき大会」
 
彼らが何度もやっているイベント
です。
 
子供なら誰でも無料で参加できて
チームの子供たちと一緒に
餅つきを体験でき、作った餅を
食べられる催しです。
 
たくさんの子供が集まり
 
その後、参加者の中から
チームに入団する子供が毎回いる
そうです。
 
練習や入団ではなく餅つき。
 
彼らは子供の心理的なハードルを
見事に低くしてよい結果を得ていると
考えられます。
 
 

住宅展示場にぜひお越しください! 
 
ではなく
 
「ミニ動物園をやるので遊びに来て
ください!」
 
ある住宅販売会社がこう宣伝して
いました。
 
動物園を開くのは住宅展示場の
空きスペースです。
 
間違いなくたくさんの人が集まり
販売会社は多くの見込み客を獲得
できたと予想できます。
 
顧客の心理的なハードルを見事に
下げる作戦と言っていいでしょう。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
法人にアプローチしても
社長からすぐに断られてしまう・・・
 
社長に名刺を渡しただけで
保険はたくさん入っていると
言われてしまい、話が進まない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
大田氏は
 
長年法人新規開拓で成功を続ける
日本有数のトップセールスパーソン
です。
 
大田氏が成功の大きな要因の1つは
 
社長の心理的なハードルを下げる
ことが最高にうまいのです。
 
そもそも保険営業パーソンが来た
というだけで社長は警戒するのが
普通です。
 
ハードルが高いままなのに
保険とか相続とか事業継承の話を
すれば撃沈することは明らかです。
 
 
大田氏のハードルを下げる武器は
 
誰も知らない情報や裏技的な知識
ではなく
 
雑談。
  

もちろん雑談をしないという
保険営業パーソンはいないはずです。
 
普通は雑談をしてから本題に移る
というのが常識。
 
一方
 
大田氏の場合は
 
雑談をしてから本題ではなく
 
雑談=本題。
 
雑談がダイレクトに契約に繋がって
しまうと表現していいかもしれません。
 
雑談ですから当然、社長は売り込まれ
ている感覚を持ちません。
 
売り込まれないから当然断りも
しません。
 
心理的ハードルが下がりスムーズに
成約に至るスキルなのです。
 
音声セミナーの中で特にこれはすぐに
現場で使えて強力な武器になると
確信したのが
 
トランプ大統領
マイナンバー

に関しての雑談話法です。
 
何をどう話せばいいのかインタビューで
明らかになります。 
 
がんばって法人保険を売る
のではなく
 
社長と雑談をするだけでいい・・・

これで法人契約が獲れるように
なったら
 
あなたの保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
保険の売り方はあなたはもう十分
勉強したはずです。
 
足らないのはトップセールスパーソン
の雑談ノウハウではないですか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
音声セミナー
さらばセールストーク この雑談で法人保険が売れる 
100%社長に断られないアプローチ手法




これで売れなきゃ諦めろ! TOTが語る「これ」が売れない原因だ

これで売れなきゃ諦めろ!
TOTが語る「これ」が売れない原因だ
 
少し考えてみてください。
 
試合でなかなかヒットを打つことが
できない少年がいます。
 
彼は打てるようになるために
 
ソフトバンク柳田選手モデル
のバット
 
エンゼルス大谷翔平選手が
使っているレガースやプロテクター
 
ヤクルト・山田哲人選手と
同じモデルのスパイク
 
を一生懸命貯めた小遣いで
買いました。
 
こんな少年がいたら
どんなアドバイスをしますか?
 
「打てない原因は道具じゃないよ!」
 
野球の素人でもこんな類の言葉を
掛けるのではないでしょうか。
 
打てない原因
すなわち失敗の「本当の原因」は
 
道具ではなく
 
打ち方だったり、トレーニングや
練習の仕方にあると予想できますから
 
それらの部分を改善するべきだと
私ならアドバイスします。
 
 
 
成績をアップさせるために
参考書や問題集ばかり買い漁る
友人がいました。
 
彼の部屋に行くと、
本棚には有名で売れている
参考書や問題集が
 
ズラリと並んでいました。
 
しかし彼の成績が上がることは
ありませんでした。
 
説明するまでもありませんが
どんなにいい参考書や問題集を
集めても
 
それだけでは成績向上に
繋がりません。
 
自分で勉強しない
勉強時間が足らないなど
 
成績が上がらない
すなわち失敗の「本当の原因」を
無くさなければ
 
うまくはいかないことは確実です。
 
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
 
お金や時間をかけて
セミナーや研修に参加して
一生懸命勉強しているが
 
なかなか成果に繋がらない・・・
 
こんな悔しい思いをしていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大関氏は
 
お話を伺った時点で
3期連続TOTの日本でも有数の
トップセールスパーソンです。
 
大関氏は
 
多くの保険営業パーソンは
 
道具や武器を増やすことだけに
一生懸命すぎると指摘します。
 
売れない、思ったような成果が
できないと
 
新しいノウハウ
目新しい知識
みんながやっていない提案など
 
武器や道具を増やす努力ばかり
するわけです。
 
野球少年がヒットを打つために
新しいバットやスパイクを
買うように。
 
売れない、契約が獲れない

すなわち失敗の「本当の原因」は
 
 
「全く別な部分にある」と
 
 
大関氏は断言しています。
 
それを詳しく音声セミナーの
インタビューで
解説していただきました。
 
「失敗の本当の原因」
 
これがわかれば
 
後は簡単。
 
それを取り除けばいいだけです。
 
売れない、契約が獲れない
理由・原因がなくなれば
 
その後、あなたの成績・成果が
どうなるか
 
今更説明する必要はありません。
 
それでもまだ武器や道具を
増やすことに一生懸命に
なりますか?
 
それとも「売れない本当の原因」
を無くし
 
あなたの営業を変えたいですか? 
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
保険営業で売れない原因はこれだ!
私を3期連続TOTに変えた11の非常識な成功法則



保険営業】法人保険が売れる人は保険料や返戻率より「これ」を重視する







【保険営業企業開拓成功例】DM→セミナー営業でTOTになるノウハウ








保険営業成功事例 賃料改定を切り口に法人を新規開拓する方法













今でもそしてこれからも 「この戦術」ならドクターに保険が売れる

今でもそしてこれからも
「この戦術」ならドクターに保険が売れる

 
私は日本を代表する棋士の
藤井聡太七段に将棋で勝てるかも
しれません!! 
  
と言っても私は将棋が強いわけでは
ありません。

駒の動かし方は理解していますが
小学生の頃、友達とよく対戦した
程度のスキルしかありません。
 
勝てる可能性があると言えるのは
 
本将棋ではなく
 
まわり将棋。
 
まわり将棋は将棋の駒を振って遊ぶ
双六のような将棋のゲームです。
 
これなら対戦相手が藤井七段の
ようなプロであっても
 
運次第で勝てる可能性があると
思います。
 
強い相手であっても
「戦う場所を変える」ことで
 
勝てるチャンスを作れるのでは
ないでしょうか。 
 
 
 
先日、テレビで急成長で店舗を
増やし続ける洋菓子店が紹介されて
いました。
 
洋菓子店は日本中に溢れていて
厳しい競争を続けていると言って
いいでしょう。
 
しかしこの洋菓子店は同じ土俵
では戦いません。
 
この店はチーズタルト専門店。
 
「戦う場所を変える」ことで
売上を伸ばしていると言って
いいわけです。
  
 
これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に
通じます。
 
 
ドクターは既にたくさんの保険に
加入していて新規開拓がなかなか
進まない・・・
 
ドクターの所には既に優秀な
保険営業パーソンが行っていて
競争が厳しく、契約獲得が難しい・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした鈴木氏は
 
ドクターマーケットの新規開拓で
長年成功を続ける
 
日本を代表するトップセールス
パーソンです。
 
成功の大きな要因は
 
戦わないことです。
 
鈴木氏は保険で戦いません。
 
「戦う場所を変える」ことで
成功をしています。
 
保険以外の分野で勝ち
そしてそれを保険契約に繋げる戦術。
 
これが鈴木氏の戦い方です。

実は、保険以外の場所で戦えば
まだまだ勝てる分野は多いのです。
 
その分野とは一体何か?
 
保険以外の分野で勝って
それを保険に繋げる方法は?
 
すべての答えは音声セミナーの
中にあります。
 

まだまだドクターマーケットの
新規開拓にはチャンスがある!!
 
音声セミナーを聴いて
きっとあなたはこう確信するはずです。
 
ドクターからコンスタントに契約を
獲れるようになったら
 
あなたの成績そして最後に手にする
コミッションは大きく変わると
思いませんか?
 
あなたは勝てる方法を知らないだけ
なのです。
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。


音声セミナー
2億稼げた!ドクターマーケット新規開拓術
~なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?~




【保険営業】保険が売れるセミナーと売れないセミナーの違いは1つだけ



■音声セミナー
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ






【保険営業】TOTは保険を語らず保険を売る





【保険営業法人開拓】社長の面談で「これをメモする」だけで 法人保険が簡単に売れます!

社長の面談で「これをメモする」だけで
法人保険が簡単に売れます!
 
「ビールいかがですか~」
 
大きなタンクを背負って野球場で
生ビールを売る人は

こんな言葉でビールをアピール
するのが普通でしょう。
 
一方で友人と行ったナイターで
出会った売り子の女性は
少し様子が違いました。
 
必要以上に売り込むことはなく
我々がビールを頼もうとすると
さっと近寄ってくるのです。
 
「すいません」とか「ビールください」
と声を掛けたり、手を上げる前に
我々の前に現れるのです。
 
お客様の表情や雰囲気を見ると
注文したいかどうか、
ある程度わかると
 
その女性は語っていました。
 
普通の売り子は主語が
売るモノ(ビール)や私と
言えるでしょう。
 
ビールがおいしいから
買ってください・・・
 
私が売りたいのは
このビールです・・・
 
こんな感じです。
 
しかし我々が出会ったやり手の
女性は
 
主語が完全にお客様なのです。

お客様が飲みたい・・・
お客様が欲しい・・・・
 
ビールを提供するという思考
と考えられます。
 
主語を変えるだけで
売上は大きく変わると言える
のではないでしょうか。
  
 
 
この話は法人保険営業にも
通じます。
 
 
 
法人契約をもっと増やしたいが
思い描いた結果を残せない・・・
 
いい提案や最新の情報を社長に
提供しても断られてしまうことが
ある・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
長年、法人分野で成果を出し続ける
トップセールスパーソンです。
 
成功を続ける大きな要因は
 
主語なのです。
 
普通の保険営業パーソンは
主語が売りたいプランや
私(自分)であることが多いのです。
 
私がお勧めプランは・・・
このプランは・・・
 
という類のトークが中心。
 
しかし竹下氏の場合は
 
主語が社長なのです。
 
主語を自分・プランから
社長に変えて成功しているのです。
 
 
では具体的に何をどう変えれば
いいのか?
 
実は高度なノウハウや知識は
不要なのです。
 
第一歩は
 
社長の面談の際、社長の感情をメモ
することなのです。
 
多くの保険営業パーソンは
会社の利益や売上、既契約などを
知り、メモしようとするはずです。
 
実はこれは後回しでいいのです。
 
優先すべきは
 
社長の感情。
 
社長が怒った、楽しかった
悔しかった、笑った・・・・・
 
これをメモすることで
社長が主語の営業を展開する
ことができ
 
法人保険が簡単に売れるように
なるのです。
 
詳しいやり方は音声セミナーの
インタビューで竹下氏に解説して
いただきました。
 
既契約よりも有利で得な提案を
したり
 
社長が知らないとっておきの裏技を
提供することも
 
決して間違いではありませんが
 
主語を変えるだけで法人保険が
簡単に売れるようになったら
 
あなたの営業は大きく変わるとは
思いませんか?
 
あなたはがんばりが足らないのでは
なく
 
ちょっとした法人開拓のコツを
知らないだけではないでしょうか。
 
提案を変えずに主語を変えよう!
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に
変える話法はこれだ




この音声セミナーの冒頭30分を聴くことができます。
こちら↓






まだお金持ちでないと高額保険が 売れないと考えますか? 3期連続TOTが語る売り込まないで 自然に契約単価がアップする話法

まだお金持ちでないと高額保険が
売れないと考えますか?
3期連続TOTが語る売り込まないで
自然に契約単価がアップする話法
 
 
古美術品を扱う会社では
入社したての新人を
オークションなどに参加させ
 
自分がいいと思った商品を
落札させるそうです。
 
ほとんどの新人は古美術品を
見る目がないため、
 
買った商品が売れなかったり
高い値段で買い付けたため
大きな損を出します。
 
しかしこの損を出すこと、
失敗することが大切だと言います。
 
損したり失敗することで
「相当勉強しなければならない」
ということを
 
新人が「気づく」のです。
 
「気づく」ことで黙っていても
新人はみんな勉強するそうです。
 
「勉強しなさい」「損を出すな」
と何度言っても実は新人たちには
響きません。
 
自分で「気づき」実感しないと
人は変わらないし行動も起こさない
ものです。
 
「気づかせる」ことは重要です。
 
 
 
小さな子供の口の中に入って
しまう大きさの
 
あるおもちゃは
 
誤飲事故の防ぐために
注意を喚起するだけではありません。
 
「誤飲注意!」などとおもちゃに
貼り付けても大人はわかりますが
 
そもそも幼児は全く理解できません。
 
実は
 
おもちゃに
 
なめると苦いと感じる味を
つけているのです。
 
少しでも舌に触れると
幼児は苦いと感じ
 
おもちゃをそれ以上口に
入れようとしなくなり
 
誤飲事故を防止できるわけです。
 
幼児に「気づかせる」ことで
事故を防いでいると言えるでしょう。
 
やはり「気づかせる」ことは
大切なわけです。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
契約単価をもっとアップさせたいが
 
節約志向のお客様が多くうまく
いかない・・・
 
自分がアプローチする顧客は
富裕層でないので高額保険は
売れない・・・
 
こんな悩みをお持ちではないですか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大関氏は
 
3期連続TOTの日本を代表する
トップセールスパーソンで
 
契約単価アップの達人です。
 
しかし
 
高額プランが載った設計書を
お客様の前に出して
 
うまく売り込み結果を出している
わけではありません。
 
美術品の会社とおもちゃの例
と同じで
 
お客様に「気づかせる」ことで
高額保険を導いているのです。
 
高い保険プランをうまく販売する
発想ではなく
 
お客様に保険の必要性に
「気づかせる」ことで
 
お客様自ら選んでいただくと
いう発想。
 
単価の高いプランを保険営業
パーソンが提示すると
 
「こんな保険料は払えない」と
お客様に言われ
 
保障や特約を削りながら
だんだんと保険料が安くなって
契約が決まるというパターンが
多いのではないでしょうか。
 
一方、大関氏のノウハウは
全く逆。
 
お客様が「気づき」
 
お客様が自ら選択をすることで
 
気づけば最後に単価がアップ
しているパターンが多いのです。
 
「気づかせる」ためには
どんな話をすればいいのか?
 
最初に提示するプランは
どんなものなのか?
 
お客様に選んでもらうには
どんな展開を作ればいいのか?
 
すべては音声セミナーの中に
答えがあります。
 
あなたが売り込まなくても
お客様が自ら選択をして
 
高額保険が獲得できるように
なったら・・・
 
あなたの営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
最後に手にするコミッションも
大きく変わると思いませんか?
 
高度で難解なノウハウは
不要です。
 
音声で解説されている話法や
ノウハウを真似するだけで
いいと私は確信しています。
 
お客様が「売られた!」ではなく
「選んだ!」という状況を作る
ことができれば
 
当然お客様の満足度は高くなり
ます。
 
満足度が高くなれば、当然紹介に
繋がるのです。
 
売り込まずに単価をアップさせ
しかも紹介の可能性をアップ
させるノウハウ。
 
手をのばせば、あなたのものに
なるのです。
 
それでも高額プランの売り込みを
続けますか? 
 
もっと詳しいノウハウを知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
 
音声セミナー
月払15,000円のお客様が喜んで
50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術
~こうすればあなたの営業が変わる!人生が変わる!



この音声セミナーの冒頭30分を
無料で公開しています。
こちら↓









【保険営業】今こそ待ちの営業をしよう





4文字、1秒のトークで 社長の断りを契約に繋げることができる!

4文字、1秒のトークで
社長の断りを契約に繋げることができる!


「人生とは嵐が過ぎ去るのを
待つことではない。
 
雨の中で、どんなふうに
ダンスするかを学ぶことだ。」
 
アメリカの歌手ヴィヴィアン・
グリーンの言葉です。
 
失敗や大きな壁にぶち当たることは
誰でもあることです。
 
成功者はそれにひるむのではなく
乗り越える術を持っていると言える
でしょう。
 
 
 
「私は失敗したことがない。

ただ、1万通りのうまくいかない
方法を見つけただけだ。」
 
トーマス・エジソンの有名な名言です。
 
うまくいかないことを失敗と
捉えずに、うまくいかない方法と捉え
次に進む姿は見事です。
 
偉人は自分にとって有り難くない結果を
乗り越える考えやノウハウを持っている
と思えます。
 
 
これらの話は法人保険営業に通じます。
 
 
法人にアプローチしても
社長からすぐに断られてしまう・・・
 
こんな声をよく保険営業パーソンから
耳にします。
 
断られない方法や断られないターゲットを
探し求めることも大切ですが
 
実は
 
トップセールスパーソンも
社長から断りを受けているのです。
 
成功と失敗を分けるのは
 
断られた時に
 
どう対処するか? 
どう乗り越えるか?
 
なのです。
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした鈴木氏は
 
長年法人新規開拓で結果を出し続ける
日本を代表するトップセールスパーソン
です。
 
驚異的な数字を毎年たたき出す
鈴木氏ですが
 
実は鈴木氏であっても断りを受ける
ことは珍しくありません。
 
失敗、高い壁に直面することは
よくあることなのです。
 
しかし
 
断られたら、終わりではなく
 
鈴木氏は
 
断りをたった1秒で次に繋げて
しまうノウハウを確立しています。
 
使うのは
 
ひらがな わずか4文字のトーク。
 
このトークを知っているか知らないか
だけで
 
断られた後の展開はまるで変わる
のです。
 
そのトークとは何か?
そのトークを使って
断られた後にどうやって話を進めるのか?
 
全ての答えは音声セミナーの中に
あります。
 
社長から断り
 
これが怖くなくって、話を前に進める
ことができたら
 
あなたは法人保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
断られない法人ばかりを探そうとする
から
 
訪問できる先が限定されてしまうのです。
 
もし断られてもいい、断られてもチャンスが
作れるとなったら
 
あなたが訪問できる法人は劇的に広がる
のではないでしょうか。
 
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
 
1秒、4文字のトークを知っているか
知らないかだけの差なのです。
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
このアプローチで社長はあなたの話に
夢中になる!
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ





この音声セミナーの冒頭30分を
聴くことができます。こちら↓







飛び込みなんて無駄と思っている方 今でも富裕層に相続保険が売れる 飛び込み営業術をご存知でしたか?

飛び込みなんて無駄と思っている方
今でも富裕層に相続保険が売れる
飛び込み営業術をご存知でしたか?
 
アパート経営をスタートしたものの
部屋が埋まらないという話を
最近よく耳にします。
 
実際に東京23区であっても
空室率約34%だそうです。
 
なんと3戸に1戸は空室という
計算になります。
 
一方で家賃がやや高めにも
かかわらず
 
入居者が殺到するアパートや
マンションもあります。
 
例えば
あるサファー向けアパート。
 
長いサーフボードでも収納できる
スペースがあり
 
建物の外には砂や海水を洗い流せる
シャワーが完備されています。
 
サーファーという
「ターゲットの選定」
 
そして設備を「準備」することで
集客に成功しています。
 
 
自転車愛好家向けマンションも
好調だと聞いたことがあります。
 
玄関が広く、自動車を置ける
スペースが充実し
 
建物のエレベーターも自転車を
持って乗れるように広くして
あるそうです。

これも
 
「ターゲット選定」と「準備」
 
による成功例と言えるのではない
でしょうか。
 
 
この話は保険営業に通じます。
 
 
もっと富裕層を契約者にしたいが
なかなかうまくいかない・・・

相続対策保険の契約を増やしたいが
思い描いた結果がでない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
飛込み訪問で
 
多くの富裕層を
 
現在も契約者に変えてしまいます。
 
飛込みの常識を覆すような
高い成功率の秘密は・・・
 
アパート・マンションの例と同じで
 
「ターゲットの選定」
 
そして
 
「準備」なのです。
 
決して高度なテクニックでは
ありません。
 
 
「ターゲットの選定」は
実は地図を開くだけできます。
 
「準備」は誰でも0円でもらえる
ツールを活用するだけです。
 
つまり誰でもいつからでも
すぐに始められるわけです。
 
知っているか
知らないかの差だけと
言っていいでしょう。
 
保険営業パーソンは
魔法のようなセールストークを
追い求める傾向があると
私は感じます。
 
もちろん間違いではありませんが
 
トップセールスパーソンは
 
セールストークを使うはるか前が
 
普通とは違うのです。

これを知らずに
飛込みは非効率と決めつけますか?
 
もっと詳しいノウハウを知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
 
音声セミナー
この飛込み訪問で 今、資産家・ドクターに
生命保険が売れています!



 
音声セミナー
この飛込み訪問で 今、資産家・ドクターに
生命保険が売れています!の
冒頭10分を無料公開しています。







保険営業】今法人に保険が売れまくりの人の営業手法とは?





【保険営業TOTの法人アプローチ】 社長に保険を語るな!未来を語れ!

【保険営業TOTの法人アプローチ】
社長に保険を語るな!未来を語れ!
 
現在は多くの新卒大学生が就職を
希望する、ある人気企業も
 
規模が小さく、知名度が全くない
時期があったといいます。
 
今からすると考えられませんが
そんな時期に新卒を募集しても
全く人が集まらず
 
採用できなかったそうです。
 
社長は会社の現状を語ったり
アピールしても
 
売上が大きく、知名度がある
大手企業に勝てないと判断して
 
全く別の戦術をとります。
 
それは
 
現状を語るのではなく
「未来」を語る!!
 
会社の「未来」、ビジョンに
ついて語ると

徐々に入社してくれる人が
増えていったと言います。
 
 
「未来」を語る!
 
 
この話は法人保険営業に通じます。
 
 
法人契約をもっと増やしたいが
なかなかうまくいかない・・・
 
有利でお得な提案もしても
思うような結果がでない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は

お話を伺った時点でMDRT21回
(うちTOT3回、COT13回)の
日本を代表するトップセールス
パーソンで
 
法人新規開拓の達人です。
 
といっても
 
既契約やライバルの提案よりも
有利でお得な保険プランを提示して
契約を獲得するスタイルでは
ありません。
 
小林氏が法人開拓で保険の話から
スタートさせることはありません。
 
難しい法律や税制をいきなり
語ることもありません。
 
語るのは
 
「未来」なのです。
 
もっと具体的な表現すれば
社長と一緒に
 
 
「未来」を「予想」するのです。
 
 
実はこれをすると

売り込みなしで
法人契約をゲットすることが
可能になるのです。
 
「未来」を「予想」する
 
たったこれだけでいいのです。

 
もちろん
 
「やり方」があります。
 
法人保険契約に繋がる
「未来」の「予想」の
 
「やり方」
 
が存在するのです。
 
それを小林氏に詳しく解説して
いただきました。
 
「未来」を「予想」すると
法人保険が売れてしまう方法
 
これを知らずに

有利でお得なプランで
勝負を続けますか?  
 
もっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧ください。



【保険営業】保険の話ではなく価値をアップさせる話をしよう