FC2ブログ

保険営業成功ノウハウ

トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。

【保険営業】10人に3~5人会える富裕層飛び込み術 一番簡単に相続対策保険が売れる方法

10人に3~5人会える富裕層飛び込み術
一番簡単に相続対策保険が売れる方法
 
 
日本代表。
 
スポーツをやったことがある人なら
誰もが憧れる存在です。
 
例えばサッカー日本代表の本田や
長友のような存在になるためには、
 
途轍もない努力と運そして実力が
不可欠なはずです。
 
一方、スポーツを始めた初日に
日本代表になってしまったお笑い
芸人さんの話を聞いたことがあります。
 
そのスポーツとはモルック。
 
フィンランド発祥の木の棒を投げて
木のピンを倒す競技だそうです。
 
日本では競技人口が少なく
日本代表になる条件は世界大会が
行われるフランスまで行ける資金が
あることだったといいます。
 
サッカーのようなスポーツで
厳しい競争に勝ち抜き日本代表に
なることももちろん素晴らしいの
ですが
 
一方で、フランスまでの旅費が
払えれば日本代表になれるスポーツも
あるわけです。
 
「戦わずに勝つ」やり方もあるの
です。
 
 
 
秋葉原に今からメイド喫茶の店を
出すとしたら、大変です。
 
厳しい競争に勝たなければ
生き残れません。
 
その一方でロシアではまだ1件しか
メイドカフェがないと以前聞いた
ことがあります。
 
現在は増えている可能性もありますが
激戦区の秋葉原と比べれば
 
まだまだ「戦わずに勝つ」チャンスが
高いと感じます。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
富裕層・資産家にもっともっと
相続対策保険を売りたいが
思うようにいかない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
お話を伺った時点でCOT9回
のトップセールスパーソンです。
 
顧客の多くは富裕層で
コンスタントに相続対策保険を
獲得し続けています。
 
しかし
 
ライバルや既契約と戦って
勝って成果をあげているわけでは
ありません。
 
中瀬氏は「戦わずに勝つ」達人と
言っていいはずです。
 
富裕層・資産家でありながら
全く何も相続対策をしてない顧客を
 
超効率的にアプローチして成果に
繋げるノウハウを確立しています。
 
「戦わずに勝つ」ための中瀬氏の
武器は
 
飛び込みです。
 
富裕層に飛び込み訪問で
アプローチして
 
昔も今ももちろん今日も結果を
出しているのです。
 
今時飛び込みなんて時代遅れ!
飛び込みをしても会ってくれる
わけがない!
 
こう考えるのはやり方を知らない
だけのです。
 
中瀬氏の飛び込み方法は
手あたり次第、片っ端から
飛び込みをする方法ではありません。
 
飛び込むターゲットの決め方が
確立されています。
 
この方法を知れば、
 
相続対策を全くしていない
富裕層へアプローチすることが
できるようになります。
 
それから
 
飛び込みをするまでの準備の
ノウハウも中瀬氏は作り上げて
います。
 
この準備をするかしないかで
飛び込んだ時のお客様の反応は
大きく変わるのです。
 
ターゲッティングそして準備。
 
これら2つによって
中瀬氏の飛び込みでの面談率は
3~5割。
 
10件訪問したら3人から5人の
富裕層と面談することができる
わけです。
 
この数字は一般的な飛び込み訪問と
比べると奇跡的に高いと言って
いいはずです。
 
ターゲットの決め方そして準備の
仕方
 
そしてもちろん実際に富裕層に
会ってからのトークも
 
詳しく一から音声セミナーの
インタビューで解説いただきました。
 
 
既契約や強力なライバルに勝って
成果を手にすることももちろん
素晴らしいでしょう。
 
しかしその一方で
 
あなたのそばには相続対策なんて
全くしていないし、ライバルも
訪問してない顧客が
 
数多く存在するわけです。
 
それを効率的に探し出す方法を
知っているか知らないかだけの差で
 
結果が大きく変わると言っていい
でしょう。
 
飛び込みでいつでも富裕層に
アプローチできる
 
飛び込みでも3~5割という
高確率で面談をして話ができる
 
こうなったら、見込み客がいない
とか契約が獲れないということで
苦しむことが果たしてあるでしょうか?
 
あなたは今回のノウハウを知らない
ことで今まで本来であれば顧客に
できた富裕層を何人も見逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損を続ける必要はない
のです。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
この飛込み訪問で 今、資産家・ドクターに
生命保険が売れています!




【保険営業】この1点だけを変えるだけで セミナーで保険がバカ売れすることを 知っていましたか? 

この1点だけを変えるだけで
セミナーで保険がバカ売れすることを
知っていましたか? 
  
自転車通学1時間。
 
これがつらくてつらくて仕方がない
学生時代の友人がいました。
 
確かに片道1時間で往復2時間の
道のりは楽ではありません。
 
しかしこの状況は大きく変わります。
 
自転車通学の目的を変えたのです。
 
最初は高校に行くことだけが目的
でしたが、
 
部活のための足腰や心肺機能を
鍛える目的と位置付けたのです。
 
走るスピードを変えたり
家から学校までのタイムを計ったり
 
彼の自転車通学はトレーニングに
変わり、嫌だとかつらいという
感情は無くなったといいます。
 
目的を変えるとすべてが変わる
ことはあると感じます。
 
 
 
英語を勉強するものの
なかなか上達しない友人が
突然、短期間で英語をマスター
したことがありました。
 
これも目的が変わったからです。

以前は、英語を勉強する目的は
とにかく英語を話せるようになる
ため。
 
一方英語をマスターできた時の
目的は
 
好きになったオーストラリア人
の女性と付き合うため、デート
するため、コミュニケーションを
とるためだったのです。
 
目的を変えることが大きな
きっかけになることがあると
実感しました。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
セミナー営業にチャレンジしたが
成果に繋がらなかった・・・
 
こんな悔しい思いをした経験が
ありませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした遠藤氏は
セミナー営業のスペシャリスト。
 
自らセミナー営業から驚くほどの
保険契約を獲得した経験を持ち
 
現在はセミナーコンサルタント
として大活躍しています。
 
 
セミナーの目的は保険を売る
こと!
 
 
保険営業パーソンにとって
当たり前の常識だと考えていましたが
 
これが苦戦する大きな理由なのです。
 
実はこの保険を売るというセミナー
の目的を変えるだけで
 
セミナー営業は好循環し始めます。
 
参加の8割以上がセミナー後に
個別面談を望み・・・
 
あなたがわざわざお客様を訪問
しなくても、お客様が事務所や
指定する場所に足を運んでくれ・・・
 
そしてもちろん最後には
保険契約に繋がる!
 
こんな奇跡のような好循環を
あなたも作ることができるのです。
 
セミナー営業の目的を変える
だけで。
  
保険を売る目的ではなく
 
お客様との関係性を変える事を
目的にする
 
 
やる事はたったこの1つだけ。
  
 
保険を売る人と売られる人
という関係ではなく
 
問題を解決したい人と
それができる人
 
という関係に変えると表現して
いいでしょう。
 
お客様との関係を変える前に
保険の話をしたり、売り込んで
しまうから
 
うまくいかないのです。
 
では関係を変える目的のために
あなたがセミナーで伝えることは?
 
実は難しいことは1つもありません。
 
知っているか知らないかだけの差
なのです。
 
詳しいノウハウは音声セミナーの
インタビューで遠藤氏に語って
いただきました。
 
このノウハウがあなたのスキルに
なれば
 
セミナーで
 
自分の問題に気づき、早く解決
したいと願う人と
 
それを解決できる人という関係が
 
参加者とあなたの間にすぐに作れる
ようになると考えています。
 
目の前にこんな顧客ばかりが
いたら
 
見込み客が枯渇するとか
契約が獲れないということが
果たして起こるでしょうか?
 
あなたは保険が売るための
真のセミナー営業ノウハウを
知らないだけなのです。
 
いい情報、他では聞けない話を
してもお客様は満足するかも
しれませんが、契約には至らない
のです。
 
セミナー営業ノウハウを
知らないだけで
本来なら契約になった顧客を
たくさん見逃してきてしまったと
言っていいかもしれません。
 
もうこんなもったいない事を
する必要はありません。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ


【保険営業】売れない人はこれを知らない 顧客を1秒でファンにできる名刺。 たった2つフレーズで次回アポに 繋げる名刺交換。

売れない人はこれを知らない
顧客を1秒でファンにできる名刺。
たった2つフレーズで次回アポに
繋げる名刺交換。
 
業績が低迷していた飲食店が
あることをやって売上が劇的に
アップしたという話を先日友人から
聞きました。
 
今以上においしい料理の提供
値下げ
新しいメニューの開発
インスタでの宣伝
 
実はどれも違います。
 
やったことはもっと「前」のこと
なのです。
 
それは掃除。
 
経営者も含めてスタッフ全員で
開店前に店やトイレを徹底的に
毎日掃除したそうです。
 
お店がきれいになったことは
明らかですが、それ以上に
みんなが細かいことに気づく
ようになりお店が変わって
いったといいます。
 
 
 
ある世界的なテニスプレーヤーが
飛躍したきっかけとなったのは
 
練習の仕方やボールの打ち方を
変えたことではありません。
 
変えたのはもっともっと「前」。
 
実は食事です。
 
食事を変えたことで体力や
体のキレやスタミナそして
考え方まで変わったそうです。 
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
 
法人開拓で思い描いた結果が
でない・・・
 
こんな時、多くの保険営業パーソンは
売り方を変えようとします。
 
新しいセールストーク・提案ノウハウ
を求めセミナーなどに参加するわけ
です。
 
もちろん間違いではありませんが
成功者はもっと「前」が違うの
です。
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした杉山氏も「前」が
 
みんなと圧倒的に違うのです。
 
特に私が素晴らしい、現場ですぐに
使うべきと思ったノウハウを
今回は2つ紹介します。

 
1つ目は名刺に関してのノウハウ。
 
名前や所属する会社の情報、
電話やメール。
 
これが印刷されているのが
普通の名刺でしょう。
 
杉山氏はもう1つ、普通の人が
入れない情報を印刷しています。
 
受賞歴や実績、資格ではありません。
 
そしてなぜこの情報を入れているか
をお客様に伝えるそうです。
  
これを情報を見て、理由を聞いた
お客様は、杉山氏のファンになって
しまうのです。
 
どんな情報を入れて、お客様に何と
説明しているのか、音声セミナーの
インタビューで詳しく解説いただき
ました。
 
保険や提案を語るはるか「前」に
お客様をファンにさせる名刺術を
あなたは知っていましたか?


2つ目は名刺交換のノウハウ。
 
杉山氏は
 
たった2つのフレーズで自分を
印象づける方法を確立しています。
 
時間にすれば2~3秒程度。 
 
これができれば名刺交換した
相手はあなたが印象に残るはずです。
 
もちろん印象づけて終わりでは
ありません。
 
このノウハウを駆使すると
名刺交換をした相手とアポイントが
格段に取りやすくなるのです。
 
単なる名刺交換と
アポイントに繋がる名刺交換が
ある事をあなたはご存知でしたか?
 
名刺交換をチャンスそしてアポイント
に繋げることが簡単にできたら
 
見込み客の枯渇に怯えることが
果たして起こるでしょうか?
 
少し極端な言い方ですが
見込み客が少なくなったら
名刺交換ができる場に行けば
またチャンスは作れるのですから。
 
 
あなたはこの2つのノウハウ
・・・名刺そして名刺交換の
方法を知らないだけで
 
今まで本来なら獲得することが
できた契約や見込み客の多くを
逃してきてしまったと言える
かもしれません。
 
もうこんな損失をする必要は
ありません。
 
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
この行動を繰り返すだけで10年間
生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!





【法人保険営業】税制が改定されても法人保険が売れる人の戦術。





【法人保険営業】社長から見積をお願いされる話法を ご存知ないですか?

社長から見積をお願いされる話法を
ご存知ないですか?
 
高校野球で評価の高い好投手
との対戦。
 
普通ならどうにかして打とうと
考えるはずです。
 
一方で好投手を予選で攻略して
甲子園を決めたあるチームは
 
「発想」が違います。
 
いきなりヒットやホームランを
狙うのではなく
 
彼らは5回までに相手投手に
80球投げさせることを目標に
したのです。
 
早打ちしないで、ボール球を見逃し、
決め球はできるだけファウルする・・・
 
これらで投球数が多くなった
相手投手は試合後半で疲れ、
本来の投球ができずに
 
このチームは得点を奪い、
試合に勝つことができました。
 
「発想」を変えることは重要です。
 
 
 
自動販売機の飲み物の売上を
アップさせた経営者の話を
聞いたことがあります。
 
自販機の売上を上げるというと
値下げや他にはない商品を売る
という思考が一般的でしょう。
 
しかしこの経営者の「発想」は
違います。
 
どうしたら売れるかではなく
 
どうしたら自販機の前で立ち
止まってもらえるかを考えた
のです。
 
立ち止まってもらう1つの
手段が
 
自販機のそばに灰皿の設置
すること。
 
タバコを吸える場所は
少なくなってきていて
灰皿も減っているので
こうしたそうです。
 
立ち止まりタバコを吸いながら
自販機を利用してくれる人が増え
売上がアップしたといいます。

売ろうとするか
立ち止まらせようとするか
 
やはり「発想」は大切です。
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます
 
 
 
バレンタインショックの後
思ったように法人契約が獲れない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
大きな変化の影響を全く受けずに
法人保険をコンスタントに売り
続けています。
 
成功の大きな要因の1つは
 
「発想」。
 
みんなと「発想」が違うのです。
 
普通の保険営業パーソンと圧倒的に
違う点を今回は2つ挙げます。
 
1つ目は質問。
 
ほとんどの保険営業パーソンは
社長にどんな質問をすれば
初回面談やアプローチなどが
スムーズに進むか考えるはずです。
 
しかし竹下氏の「発想」は違います。
 
いい質問をしてがんばって売ろう
ではなく
 
社長からどんどん質問されるには
どうすればいいかを考え実践し
成果に繋げています。
 
少し想像してみてください。
 
法人新規開拓で
あなたが質問しなくても
社長がどんどん質問してきたら
 
すぐに断られるとか売れない
ということが果たして起こる
でしょうか?
 
実はこんな展開を作ることは
難しくありません。
 
やり方を知っているか知らないか
だけの差なのです。
 
音声セミナーのインタビューで
そのやり方を詳しく語って
いただきました。
 
2つ目は見積。
 
「次回、見積をお持ちしてよろしい
でしょうか?」
 
普通はこうでしょう。
 
一方、竹下氏は絶対にこう言いません。
 
「発想」が違います。
 
がんばって見積の持って行く許可を
もらう発想ではなく
 
社長から見積をお願いされる展開を
作るという「発想」。
 
実はこの展開を作ることは決して
難しいことではありません。
 
「ある話法」を知っているか
知らないかだけなのです。
 
社長自らが見積が欲しいと言う
場面を思い浮かべてください。
 
次の訪問で予約場合によっては
契約になってしまうことも全く
不思議ではないと思いませんか?
 
詳しいノウハウは音声のインタビュー
で一から竹下氏に解説いただきました。
 
 
社長からどんどん質問される
見積を社長から依頼される
 
これらのノウハウを知らないことで
本来なら契約に至ったチャンスを
あなたはいくつも逃してきてしまった
と言っていいかもしれません。
 
もうこんな損をする必要は
ないのです。
  
 
 
単に音声を買うのではなく
トップセールスパーソンの
経験を買う!
 
今回紹介する音声セミナーを
買う大きな意味をこう考えて
います。
 
成功者は自分のノウハウを確立する
までに気の遠くなるようなトライ&
エラーを重ねてきています。
 
あなたも全く同じような経験をする
こともいいのですが
 
音声セミナーを聴くことで
この部分の経験を飛ばすことが
できるのです。
 
飛ばす・・・成功までの時間が
短縮されるということです。
 
経験を買う、いや時間を買うと表現
していいかもしれません。
 
ソフトバンクの孫さんも
0から事業を始めることよりも
既にある事業をする会社を買収する
ケースが圧倒的に多いはずです。
 
会社を買うというよりも
実績・経験を買っていると言って
いいのではないでしょうか。
 
保険営業も同じです。
 
今、成功者・トップセールスの
経験を学ばなければ、
 
あなたは彼らと同じ失敗をして
時間を浪費することになりかね
ません。
 
音声ではなく
彼らの経験と実績にほんの少し
投資をしませんか?
 
 
社長から質問されるノウハウ
社長から見積を依頼されるノウハウ
 
音声セミナーで勉強できるこの2つが
あなたのスキルになれば
 
あなたは必要以上にがんばる必要が
なくなると言えるでしょう。
 
質問されたらそれに答えるだけで
いいし
 
見積を依頼されれば、見積を持って
行くだけでよくなるからです。
 
高度で難解なノウハウでは
ありません。
 
やり方を勉強しているかどうか
だけです。
 
あなたはこれらのノウハウを
知らないことで
 
本来であれば契約者にできた
法人を見過ごしてきてしまった
と言っていいかもしれません。
  
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に変える話法はこれだ