• ■こうすれば他社と比較されない客が欲しいと思った商品やサービスを提供するというビジネスのスタイルは今後ますます競争が激化すると私は考えている。例えばあなたがどうしてもあるメーカーの大画面のテレビが欲しかったとしよう。何も考えずにふらっと入った街の電気屋さんですぐに買うだろうか?おそらく家電量販店を何件か見たり、コンピュータや携帯を使ってネットで安くてしかもサービスがいい店を探すのではないか。必ず「... 続きを読む
  • ■ライバルに圧勝する保険営業ノウハウノンアルコールビールで先頭を走るキリンは少し前になるが新しい商品を発売した。「休日のAlc 0.00%」という商品だ。CMなどで使われているコピーは「休肝日をぜひ。休肝日にぜひぜひ」。今までノンアルコールビールは車の運転時などビールを飲みたくても飲めないシチュエーションでのビールの替わりという位置づけだった。一方「休日のAlc 0.00%」は健康診断での数値の悪さを理由に医者な... 続きを読む
  • ■プロセス革命自分が予想していた事、自分が当たり前だと考えていた事が覆った時・反対のことが起こった時、人は驚き感動するのではないか。先日行われたサッカーワールドカップでも本番前の試合で連敗し多くの人が予選リーグ敗退を予想していたからこそ、全く逆のことが起こり、日本中が感動したのだろう。自分がこんなものだろうと思っていたラーメンの味が、予想外においしかった時、感激し人に話したくなる。保険営業でも同じ... 続きを読む
  • 以前、私は自分のスーツをある紳士服の生地屋でセミオーダーしていた。値段は7~8万円前後。着心地が非常にいいものだった。ある時、その店の営業の方からこんな話を聞いた。「うちから、ある有名紳士服メーカー○○に生地を卸しています。全く同じ生地で作ったスーツが、そこではうちの値段の3倍になるんですよ」ちょっと驚きだ。同じ形、同じ生地で作られたスーツに○○ブランドのマークが内ポケットに付くだけで値段が3倍になる... 続きを読む
  • 録音時間58分の大ボリューム無料音声セミナープレゼント保険営業で勝ち残るための差別化戦略... 続きを読む
  • 保険代理店ネットマーケティング戦略セミナー~ネットから生命保険を獲得するノウハウ[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • この3つだけやれば契約が獲れる!保険営業最終ノウハウNO5[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • 保険営業成功ノウハウ「クロージングをしない保険トップセールス」[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • ■FP資格よサヨナラ自慢じゃないが私がFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ったのは相当早い時期だ。まだ保険会社がFP取得を大々的に勧める前の時期。専門の学校にナント半年通った。当時25万円以上のお金がかかったと記憶している。FPの資格を取得し知識をたくさん持てば保険契約がたくさん獲れると思っていた。今までより大きな契約が獲れると信じていた。たくさんの手数料がもらうことができると考えていた。... 続きを読む
  • 保険営業成功ノウハウ「法人生保工作・開拓のキーワード」[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • 保険営業成功ノウハウ「見込み客を集客するホームページの切り口」[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • ■そうだったのか!保険営業トーク枕が自分に合っているかどうかで眠りの質は決まるという。先日テレビに出演していた枕の専門医はこんなことを言っていた。「1日6時間眠るとしてそれが1年で365日、人生で80年つまり6時間×356日×80年で人生の20年は睡眠です。それでも眠る環境を気にしませんか?」私は思わずなるほど!その通りと言ってしまい、自分の枕を見直そうと決めた。もしもこの先生がいきなりこんな枕がい... 続きを読む
  • 保険営業成功ノウハウ「生命保険営業パーソンの役目とは」[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • 保険営業成功ノウハウ「待てば契約が獲れる」[アメーバビジョン]... 続きを読む
  • 先日お会いした保険代理店の方は少しやる気を失い将来を悲観していました。自分が長年信用し販売を続け実績を残してきた保険会社がネット生保事業に力を入れることに納得がいかないのです。自分がお客様に提案する保険よりも何割か安い保険がネットで売られている・・・これでは保険営業パーソンから買う人はいなくなってしまうとその代理店は言うのです。こんな現象は今後もっと頻繁に起こるとは思いませんか?保険会社も生き残る... 続きを読む
  • ■これで客は勝手に高額保険を選ぶ先日テレビ番組であるスーパーに勤務する生鮮食品販売のカリスマの女性が紹介されていた。ある日新鮮でおいしい「たこ」が大量に入荷した。ここで少し考えて欲しい。もしあなたが販売の責任者でこの「たこ」を1つでも多く売ろうとした時どんな方法を考えるだろうか?できるだけ値段を安くする・・新鮮でおいしいことをアピールするようなキャッチを考える・・店頭で試食をさせる・・どれも間違い... 続きを読む
  • ■生保は順番とタイミング目の前に高級な魚がある。これを全く同じ道具と調味料を使って味付け料理する。超一流料亭で腕を振るうベテランの板前と料理をほとんどしたことのない人では果たして同じようにおいしい味になるだろうか?魚も同じ。加える調味料の量まで寸分たがわず一緒。普通に考えれば、同じ味にあるはずだが・・・・あなたももう予想がつくとおり、間違いなくベテランの板前の料理がおいしいものとなるはず。なぜ違い... 続きを読む
  • ■ 保険営業はコーチング10年後も生き残る保険営業パーソンに不可欠なのは正しい保険をうまく説明するテクニックではなくお客様に必要で欲しい保険を言わせるテクニック。ティーチングではなくこれからは保険営業もコーチングの時代なのだ。今までは保険営業パーソンは頭を悩ませお客様が満足してくれそうなプランを考え提案することが不可欠だった。しかしこれからはそんなことは不要だ。あなたはお客様が必要だ、欲しい!と言っ... 続きを読む
  • ■がんばらないでも売れる保険営業テクニック先日会った保険営業の方はこんなことを言っていた。「お客様と保険(生保)のことを話すことはできるのだが なかなか成約までいかない」私は以前読んだ本に書いてあったことをふと思い出しその話をその方にした。(本のタイトルは記憶にないのだが・・・)アメリカで伝説のセールスパーソンといわれた方とあるインタビュアとの会話。インタビュア「あなたは伝説のセールスパーソンと言... 続きを読む
  • ■これで契約単価が5倍になる!先日「雑学王」というクイズ番組でこんな問題が出されていた。「字がうまく書けるように練習するノートというのが発売されたが売れ行きは思わしくなかった。ところがある商品の隣にこのノートを置いて売った途端に売上5倍になったという。ある商品とは?」正解は「履歴書」「なるほど」と思える問題なのだがここには生命保険営業で成功するためのヒントが隠されているのだ。多くのビジネスパーソンは... 続きを読む
  • 少子高齢化、インターネット販売・通信販売の台頭来店型店舗の増加、不況、デフレ、多業種からの参入など保険業界に関係する様々な事情から保険を売ることが昔に比べて難しくなったと言われているが・・・私はこう断言したい!商品セールスではなくてニードセールスを身につければ現在も今後も10年後も生命保険契約を獲り続けることができる。そもそも商品セールスとはどんなものか?商品ありきの販売方法だ。営業パーソンがお客... 続きを読む
  • ■これでできる紹介連鎖「なんと言えば生保の紹介をもらえるのか?」「どんなタイミングで紹介を依頼すればいいのか?」「たくさんの紹介をもらうためにはどうすればいいのか?」以前の私はいつもこんなことを考えていた。保険営業パーソンにとって「紹介」は継続的に成績を上げていく上で最も大切なものと言っていいと思う。だから多くの紹介を効率的にもうらうためにはどうすればいいのか?を考えることは当たり前のことだと信じ... 続きを読む
  • ■貯金を保険に簡単にかえるノウハウ「不景気で将来不安だからお金を貯めている」「老後の年金が当てにならないから自分で準備しようと考えている」「いつリストラになるかわからないからしっかりと貯金しないと」こんな声を最近よく聞かないか?場合によってはこんな理由で保険を掛けている時期じゃないとお客様から言われるかもしれない。以前の私ならこんなお客様に対して「それなら銀行で貯めた方がいいでしょう」「こんな投資... 続きを読む
  • 今ダイエットをしている私の友人がいる。食事療法、サプリメントダイエット、ダイエット食品、健康器具・・・とにかくいろいろな方法を試しているという。(なかなか効果がでないので、こうなっていると予想できるのだが)なぜ彼は急にダイエットを始めたのか??答えは簡単。久々に受けた健康診断で「太りすぎ」のほか様々な数値が通常の人より高いことを医者から指摘されたから。それまでは家族から痩せたほうがいいと言われても... 続きを読む
  • ■高額保険販売ノウハウ少し前になるが夕方の報道番組が不況でも売上を上げ続ける実演販売人達に密着していた。あるカリスマ販売人は5,000円以上もするお掃除クロスをたまたま通りかかった中年男性に販売していた。クロスというとかっこいいが要するに汚れがよく落ちるぞうきんだ。そのぞうきんを掃除用品を買いに来たわけでもない、しかも普段は家の掃除とは無縁に見えるおじさんになんなく売ってしまうのだ。もちろん押し売り... 続きを読む
  • ■客が高い保険を自ら選ぶ日勉強嫌いでいくら注意しても自分から全くやろうとしない友人の息子が突然自ら「塾に行きたい」「塾で勉強したい」と先日言い出したという。塾が無料で開く体験授業に本人が参加しすっかりやる気になったのだ。その塾とは普通に国語や算数を教える塾ではない。今小学生に大人気の「理科の実験」をする塾なのだ。なぜ国語や算数の塾は行きたくないのに実験の塾は行きたくなるのか?私なりの解釈だが普通の... 続きを読む
  • 旅行の目的地が決まっていない段階で航空チケットを売り込まれたらあなたはすぐに買うだろうか?その航空チケットがどんなに安くてどんなに割引が大きくても買わない。目的地によっては新幹線で行った方がいいかもしれないし、場合によっては車や徒歩を使った方が便利なこともあるからだ。当たり前のことだが旅行は目的地を決めるのが一番。乗り物は楽しい部分も否定しないが目的地までの手段なのだ。これは生命保険営業でも同じ。... 続きを読む
  • ■保険業界で淘汰されないためのセールスノウハウ以前夕方の番組でスーパーの値下げ競争の現場が報道されていた。直線距離にして100mしか離れていない某地方都市にあるライバル2店が「値下げバトル」毎日繰り広げている。毎朝、ライバル店のチラシをチェックする。相手の目玉商品を見つけると、値下げを断行!!赤字覚悟で勝負に出る。ライバルも負けていない。開店と同時に相手の店を偵察し値段をチェック。相手が値下げした... 続きを読む
  • 先日、弊社のCDゼミナール「究極の単価アップ営業術」を購入したある保険営業パーソンからたいへんうれしいメールをもらったので抜粋して紹介したい。「CDを営業中の車の中で何度も聴いています。私の今までの営業方法はお客様が既に加入している生命保険と比べてどんな提案ができるかばかりを考えていました。しかしCDを聴いてそれが間違いだとわかりました。今は何かと比べるのではなくお客様の隠れたニーズをどれだけ満た... 続きを読む
  • 生保は順番とタイミング トップセールスから学ぶ保険営業ノウハウ[アメーバビジョン]... 続きを読む

内田拓男

プロフィール

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com