FC2ブログ

保険営業成功ノウハウ

トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。

【保険営業成功者の話法】「この話法」を使うと お客様が既契約の証券を持ってきます

【保険営業成功者の話法】
「この話法」を使うと
お客様が既契約の証券を持ってきます


ある居酒屋ではお客様との距離を縮め
売上アップを目論み従業員教育を
強化したといいます。

その一つとして経営者が指示したのが
従業員からお客様に積極的に声を
かけること。

「ご商売の景気はいかがですか?」
「お近くの会社にお勤めですか?」
なにげない一言を掛けるようにした
のですが・・・

結果は失敗。

比較的若い店員が多かったため、
なかなかこの一言がでてこなかった
のです。

そこで次に取った手段は

こちらから

声をかけるのではなく

「むこうから」つまりお客様から
声を掛けてもらう仕組みを
作りました。

仕組みは非常に簡単。

従業員の名札に
「名前」「出身地」「趣味」を
書いただけ。

これらを見たお客様は、
注文の時などに気楽に従業員に
話しかけてくれるようになった
そうです。

「北海道出身なんだ~。
俺もそうだよ」

「スキューバが趣味?
いつもどこで潜るの?」

「あなたは、うちの娘と
同じ名前だね!」という感じで。

結果として客単価がアップし
売上も増加したといいます。


こちらからではなく
「むこうから」


これで成功を続けているのが
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏です。

「保険の見直しをしませんか?」

こんな言葉をお客様にかけても

なかなかYESをもらえない・・・
すぐに断られてしまう・・・

こんな悔しい思いをして
いませんか?

竹下氏は保険の見直しで
断られることがありません。

といっても

うまく見直しを提案するわけでは
ありません。

こちらからではなく
「むこうから」の状況を簡単に
作ってしまうのです。

見直しを投げ掛けるのではなく


お客様が自ら既契約の証券を
持参して

「ぜひ見てください」と
言わせてしまうトークが

存在するのです。

詳しくは音声セミナーの
インタビューで解説して
いただきました。


お客様が既契約の証券を
持って来て

あなたに見て欲しいとお願い
する場面を想像してみてください。

話が進めることができない・・・
すぐに断られる・・・
契約が獲れない・・・

こんな悩みは吹き飛んでしまう
とは思いませんか?

決して高度で難解なノウハウ
ではありません。

知ってるか知らないかだけの
差だと私は思います。


お客様に
お願いする旧来型の営業

お客様から
お願いされる営業か

選ぶのはあなたです。

詳しくはこちら↓をご覧ください。


「この話法」を使うと
お客様が既契約の証券を持ってきます


【保険営業法人アプローチ】2億稼ぐ人の法人開拓の武器はホームページだった!!

【保険営業法人アプローチ】
2億稼ぐ人の法人開拓の武器は
ホームページだった!!

甲子園のある常連高校は

選手の技術やチームの戦術そして
練習量などが他高校よりも
抜き出ていることは間違い
ありませんが

もう1つ他より優れている部分が
あると高校野球通の知人から
聞かされたことがあります。

それは対戦チームを試合前に
徹底的に調査すること!

投手の特徴、打者の力量、
チームの作戦など

かなり綿密に調べるというのです。

技術や体力だけでなく

相手を知ること

すなわち「準備」が
如何に大切かがよくわかります。


この話は法人新規開拓にも通じます。


法人新規開拓でのアプローチが
うまくいかない・・・

社長にアプローチしても
すぐに断られします・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した鈴木氏は

長年、法人新規開拓に成功し続ける
日本を代表するトップセールス
パーソンです。

成功の大きな要因の1つは
「準備」なのです。

この「準備」が他の営業パーソン
とは全く違います。

鈴木氏が「準備」」の手段と
するのがホームページ。

訪問する(これから開拓する)
法人の業種などの基本情報を
チェックすることは

みんなやっているはずです。

一方、鈴木氏はこれだけに
とどまらず

掲載されている情報から
企業や社長の抱えている問題点を
予測してしまうのです。

問題点が予測できたら
後は簡単になります。

問題解決でアプローチすれば
いいだけです。

想像してください。

自分が毎日頭を悩ます問題点を
解決してくれると言う営業パーソンが
あなたの前に現れたら、

話を聴いてみようとなるとは
思いませんか?


ホームページから問題点を
予測する「準備」のノウハウとは?

その問題点を解決するアプローチ
とは?

そして問題解決から法人契約に
繋げる方法とは?

成功事例を挙げながら
CDで詳しく解説されています。

この「準備」のノウハウが
あなたのスキルになったら

コネや紹介なしで
飛び込み訪問からでも

法人を新規開拓できるように
なると確信しています。

飛び込みでよければ
訪問できる先は無限と言って
いいのではないでしょうか。

法人見込み客の枯渇に怯える
こともなくなるはずです。

成功への一歩は
トップセールスパーソンの
「準備」を知ることからです。
                
詳しくはこちら↓をご覧ください。

2億稼ぐ人の法人開拓の武器は
ホームページだった!!


■トップセールスはみんな「これ」をやっている

■トップセールスはみんな「これ」を
 やっている

少し考えてください。
                
あなたは居酒屋の経営者です。
                
お酒(ドリンク)の売上をアップさせよう
とした場合、あなたなら何をしますか?
                
お客様に
「次のお飲み物はいかがでしょうか。」
と声を頻繁に掛けさせる
                
ドリンクの値段を下げる
                
他にはない特別なお酒を用意する
                
どれも間違いではないでしょう。
                
一方知人の居酒屋経営者は
                
ストレートにお酒自体をアピールしたり
変えるだけではありません。
                
おつまみや料理の辛さを調整しました。
                
お客様がおいしいと感じ
しかもドリンクが飲みたくなる辛さを探して
                
ドリンクの売上アップに繋げたそうです。
                
売りたいものを直接売込むだけが
すべてではありません。
                
味(辛さ)とう「ワンステップ」が
あることで
                
効率的に売上を伸ばせることもあるの
です。
                
タイヤメーカーのミシュラン。
                
タイヤを買ってください!と
ただストレートに宣伝するだけでは
ありません。
                
レストランガイドを発行して
みんながお店まで車で出かけることを
狙った話は有名です。
                
おいしい店に車で出かければ
当然タイヤはすり減ります。
                
結果としてタイヤの売上に
繋がるわけです。
                
これも有効な「ワンステップ」
戦術と言っていいでしょう。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
トップセールスパーソンは保険をうまく
売り込んで結果を出しているわけでは
ないのです。
                
みんな保険以外の「ワンステップ」が
うまいのです。
                
保険以外の「ワンステップ」を考えて
いますか?

【保険営業トップセールスのノウハウ】もうセールストークは学ぶな!4つの●●●●を知れば保険は売れる

【保険営業トップセールスのノウハウ】
もうセールストークは学ぶな!
4つの●●●●を知れば保険は売れる



プロ野球の監督として数々の実績を
残した野村克也氏は

投手力を軸とする堅い守備で守り勝つ
「守り」の野球を理想としていると

あるインタビューで答えていたと
記憶しています。

ヒットやホームランをガンガン
打って「攻め」で勝つというより

0点に相手を抑えれば
すなわち「守り」を重視すれば

絶対に負けないという考え方と
言えるでしょう。


有名な戦国武将も敵の領地を
攻めることに長けているだけでは
ないと考えます。

敵が攻撃してもなかなか攻める
ことができない

難攻不落の城を築くことも重視
します。

「守り」にも力を注ぐわけです。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


有利で得な提案をしても
思うような成果がでない・・・

アプローチの段階で
断られてしまうことが多い・・・

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

長年、結果を出し続ける
トップセールスパーソンです。

成功を継続できる大きな要因の
1つは

「守り」なのです。

多くの保険営業パーソンは
契約を獲得するために

セールストークや提案を
学ぼうとします。

正しいことですが

これは

いわば「攻め」のノウハウ。

竹下氏は

「守り」

つまり話の「聴き方」が
特別なのです。

契約に繋げる、話を前に進める
「聴き方」が存在することを

あなたは知っていましたか?

セミナーや研修で学べるのは
大抵「攻め」ばかりです。

売れる人、
トップセールスパーソンは

お客様の話の「聴き方」が
特別なのです。

インタビューで解説されている
「守り」のノウハウの中で

特に現場で使えば、すぐに結果に
繋がると確信したのは

「4種類のあいづち」。

お客様の話にあいづちを打つ
ことは

きっとあなたもやっているはず
ですが

実は

そのあいづちには4種類が
あって

それを使いこなすと

保険契約に繋げるチャンスが
広がるのです。

それでもあなたは「攻め」
一辺倒ですか?

詳しくはこちら↓をご覧ください。

もうセールストークは学ぶな!
4つの●●●●を知れば保険は売れる


【保険営業】Yahoo!で検索ができればもう見込み客に困りません

【保険営業】
Yahoo!で検索ができれば
もう見込み客に困りません

                
イチローが所属していたチームの
あるコーチが
                
「イチローの練習を見れば
正確な時刻がわかる、時計はいらない」
                
と話していたことを記憶しています。
                
イチローは毎日決まった時間に決まった
練習を「繰り返し」実践するのです。
                
これは練習に限らず
起きる時間や食事の時間や食事の
メニューまで「繰り返し」だそうです。
                
イチローの成功の大きな要因の1つ
だと言っていいのではないでしょうか。
                

スコアのいいゴルファーはスイング
までの動作がいつも同じ
                
すなわち「繰り返し」だと聴いた
ことがあります。
                
テレビでトッププロのラウンドを
見るとその「繰り返し」が
一目瞭然です。

                
これら2つの話は保険営業に通じます。

                
見込み客の確保が
思ったようにできない・・・
                
今後もずっと見込み客を
獲得できるか心配・・・
                
こう感じたことはありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は
                
見込み客に困ることが全くないと
いいます。
                
「ある方法」を「繰り返し」やるだけで
見込み客に困らないノウハウを
確立しているからです。
                
といっても
                
高度で難解な方法ではありません。
                
「ある方法」とは
誰でもいつからでもスタートできます。
                
実は「ある方法」とは
                
ヤフーやグーグルで検索することから
スタートするだけなのです。
                
少し極端な言い方かもしれませんが
                
検索さえできれば
見込み客にもう困らないのです。
                
今までの人脈や成績、友達や親戚の
多さはまるで関係ありません。
                
検索エンジンを操作できれば
                
誰でもすぐに始められる
見込み客獲得術なのです。
                
しかも何度でも「繰り返し」
実践できます。
                
見込み客が少なくなったら
また検索からスタートして
                
「ある方法」を「繰り返す」
だけでいいのです。
                
今週も来週も1か月後も・・・
その先も
訪問できる見込み客がいたら
                
果たして契約に困ることが
あるでしょうか?
                
詳しくはこちら↓をご覧ください。

Yahoo!で検索ができれば
もう見込み客に困りません

■売れない人と売れる人との決定的な違いとは?

■売れない人と売れる人との
 決定的な違いとは?
                
クラシックのアメ車が趣味の友人が
います。
                
30年とか40年前くらい前の
現在日本で走っている車とは
比べものにならない程
                
とてつもない長く、大きい
オープンカーを彼は所有しています。
                
エルビスプレスリーが
乗っていたような車と
私は勝手に表現しています。
                
燃費ももちろんよくありません。
                
1リットルで3キロ程度しか
走りません。
                
乗り心地も決していいとは
いえません。
                
古い車だから「走り」も
優れているわけでもありません。
                
エンジン音もびっくりする
くらいうるさいです。
                
さらに車自体値段が
ものすごく高いのです。
国産高級車が変える程です。
                
メンテナンス費用も決して
安くありません。
                
しかし彼は大満足しています。
                
彼の
                
「価値観」に合った車だからです。
                
もしテレビCMで盛んに宣伝
されているハイブリット車を
ディーラーの営業パーソンが
売りに来ても決して彼は絶対に
買わないでしょう。
                
どんなに燃費がよくて
最高の値引きで安くても。
                
彼の「価値観」に合っていない
のですから
条件がどんなによくても
彼には響かないはずです。
                
この話は保険営業に通じます。
                
いいプラン、最高の保険を
提案しているのに契約にならない・・・
                
多くのお客様から「検討中」と
言われてしまう・・・
                
こんなことに悩んだことは
ありませんか?
                
提案やテクニックに問題が
あるのではなく
                
お客様の「価値観」に
合っていない!ことが
大きな原因だと私は考えます。
                
アメ車の話と似ています。
                
以前お話を伺った
トップセールスパーソンは

保険料や返戻率メリットを
中心に話を進めるのではなく
                
お客様の「価値観」を
中心に保険営業を組み立てます。
                
まだ最高の提案を追い求めますか?
                
それともお客様の「価値観」を中心の
営業を組み立てますか?

【保険営業成功の秘訣】ここだけ変えれば契約に困らなくなる

【保険営業成功の秘訣】
ここだけ変えれば契約に困らなくなる


ゴルフのスコアアップに成功した
知人がいます。

しかし練習量や練習の仕方を変えて
いません。

スイングや道具も変えていません。

変えたのは
「考え方」だと断言しています。

ティーショットはドライバーで打って
まっすぐ、できるだけ遠くへ飛ばす
ことが理想・・・しかしなかなか
思うようにいかないので
がんばって練習する!

以前はこう考えていたそうですが
この「考え方」を変えました。

テレビ番組でサッカー元日本代表の
中田英寿さんがドライバーを全く
使わず

好スコアを出す姿を見たのが
きっかけです。

ドライバーでまっすぐ遠くに
飛ばす理想を求めるのではなく

とにかくスコアを縮めることを
考えるようになったといいます。

そして中田さんと同じで
ドライバーを使わないで
すべてアイアンで打つようにすると

好スコアが連発するように
なったそうです。

やり方を変えることも重要ですが
「考え方」を変えることも大切
ということを

この事から実感しました。


これは保険営業にも通じます。


2019年は飛躍の年にしたい!

こう強い思いを胸に
セミナーや研修に参加して

一生懸命勉強するという保険営業
パーソンは多いはずです。

ノウハウ、やり方を習い
今までと変えることは
もちろん素晴らしいことですが

まずやるべきは

「考え方」を変えることだと
今回紹介するCDでインタビューした
大関氏は語ります。

大関氏は3期連続TOTの日本を
代表するトップセールスパーソン
です。

自身の成功の大きな要因は
「考え方」だと分析しています。

では成功者、TOTの「考え方」
とはどんなものなのか?

それをインタビューで詳しく
お話していただきました。

ノウハウややり方を変える
ことは簡単ではありません。

何度も勉強して何度もトライして
身につくまでに繰り返しチャレンジ
する必要があるでしょう。

ある程度の時間が必要だと
考えます。

一方「考え方」であれば
一瞬で変えられます。

成功をつかむチャンスを
一瞬で手にできると表現できる
かもしれません。

ノウハウややり方はもう十分
勉強してきていませんか?

今、足らないのは成功者の
「考え方」を知ることだとは
思いませんか?


詳しくはこちら↓をご覧ください。

ここだけ変えれば契約に困らなくなる

■まだ売ることだけが目標ですか??

■まだ売ることだけが目標ですか??

ある大手デパートが店内の改装を
行いました。
                
狙いは顧客の滞在時間を
増やすことです。
                
多くの小売店はどうやって売るか
ばかりに注力していますが
                
実はお客様の滞在時間が増えれば
それに比例して買い物の金額も
自然に増加するといいます。
                
同じようなことをスーパー銭湯でも
聞いたことがあります。
                
何度もお風呂に入ることで
入場料の元を取ると考えている
顧客は少なくないはずですが
                
滞在時間が伸びることは店に
好都合です。
                
滞在時間に比例して
飲み物、食べ物の売上が伸び
結果としてお店の利益が上がるからです。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
どうしたら保険が売れるか?
これを追い求めることは間違いでは
ありませんが・・・
                
以前インタビューした
トップセールスパーソンの発想は
少し違いました。
                
どうしたらお客様と長く話すことが
できるか?
(どうしたら滞在時間を増やせるか?)
                
どうしたら何度もお客様と会うことが
できるか?
                
彼はこう考えます。
                
長く滞在できて複数回会えれば
保険は最終的に売れる可能性は
高まるはずです。
                
あなたの目標は売ることだけですか?

【保険営業見込み客入手】事務所に居ながら相続保険の見込み客がどんどん紹介される仕組み

【保険営業見込み客入手】
事務所に居ながら相続保険の
見込み客がどんどん紹介される仕組み

少し想像してみてください。

あなたはあるクイズ番組の責任者
です。

普段クイズ番組に参加しない
大物俳優に出演してもらうには
どんなことをしますか?

「ぜひ出演してください!」と
ひたすらお願いする!

高いギャラを提示して主演交渉する!

これらも間違いではないはずですが

私なら・・・
俳優が出演している舞台や映画を
テレビで宣伝しませんか?と
投げかけ

番組内でプロモーションの時間を
作ることを約束します。

1枚でも多くの人にチケットを
売りたい!というニーズを満たす
提案をするのです。

結果としてクイズ番組に出演して
もらえる可能性が高くなるとは
思いませんか?

自分のニーズを満たすための
提案をするだけではなく

まず相手のニーズを満たしながら
最後に自分のニーズが満たされる
「仕組み」が重要だと感じます。


この話は保険営業に通じます。


最近、見込み客が減ってきたと
感じる・・・

将来に見込み客が枯渇するかも
しれないという不安がある・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は日本を代表するトップセールス
パーソンで

見込み客獲得の達人です。

といっても人の何倍も動き回り
寝る間を惜しみ訪問を繰り返し

見込み客を確保するというスタイル
ではありません。

事務所に居ながら、メールやFAXで
どんどん見込み客が紹介される
「仕組み」を作り上げ

効率的に見込み客を入手しています。


やり方は高度で難解なものでは
ありません。

スタートは「ある業者」に
「ある研修」を提案するだけ。

これは業者のニーズを満たすもの
なので、多くの場合提案は受け入れ
られるといいます。

「ある研修」をすると
最終的に見込み客が紹介される
「仕組み」を作ることができる
のです。

詳しくはインタビューで解説されて
います。

「お客様を紹介してください」と
自分のニーズだけを満たそうと
するから

見込み客の紹介が難しくなるのです。

成功者は相手のニーズを満たしつつ
最後に自分のニーズを満たす
「仕組み」を作り上げています。

まだ依頼やお願いをして紹介を
入手しようとしますか?

詳しくはこちら↓をご覧ください。


事務所に居ながら相続保険の
見込み客がどんどん紹介される仕組み

【保険営業TOTノウハウ】3期連続TOTは設計書の使い方が違う

【保険営業TOTノウハウ】
3期連続TOTは設計書の使い方が違う


横浜DeNAベイスターズファンの
知人とお酒を飲む機会がありました。

日米通算で381セーブをあげた
ハマの大魔神こと佐々木主浩さんは

プロ野球に入ったら頃
先発投手を任されていたそうです。

試合の中盤から終盤で打ち込まれる
ことが多く

いい結果を残すことができなかった
といいます。

そこで当時の指揮官は、リリーフ
転向を指示しました。

このことが後の大成功に繋がる
わけです。

選手の「使い方」、
使う「タイミング」で

結果が大きく変わることを
実感しました。


この話は保険営業に通じます。


既契約やライバルの提案より
お得で有利なプランを提示しても
なぜか契約にならないことが
多い・・・

プレゼンするとお客様が頷き
納得している様子だが
なぜかクロージングすると
「検討します」と言われてしまう・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した大関氏は

3期連続TOTの日本を代表する
トップセールスパーソンです。

驚くべきは成約率の高さ。

プレゼンした顧客が

契約に至らない・・・
「検討します」と言われてしまう・・・

こんなケースが極めて少なく
多くの場合で契約に至るのです。


成功の秘密は


「使い方」と「タイミング」

これが秀逸なのです。


プレゼンの際、
設計書をお客様の前に出しながら
説明する!

これが一般的ではないでしょうか。

一方、大関氏のやり方は全く違う
のです。


設計書を出すタイミング

そして

設計書の使い方

この2つが特別。

多くの保険営業パーソンは
この2つを知らないから
保険が売れないのではないか

と私は強く感じました。

トークや提案ノウハウ、
最新の知識や情報などを

セミナーや研修会に参加して
勉強することにみんな一生懸命
ですが

成功者の設計書の使い方や
タイミングを勉強したことが
ありますか?

詳しくはこちら↓をご覧ください。

3期連続TOTは設計書の使い方が違う

【保険営業開業医開拓ノウハウ】保険の見直しでドクターマーケットを今でも開拓し続ける成功者

【保険営業開業医開拓ノウハウ】
保険の見直しでドクターマーケットを
今でも開拓し続ける成功者

大谷165キロ
藤浪160キロ
菊池157キロ

近年、日本人投手が
投げたストレートの最高速度です。

さすがに160キロを投げられる
投手は稀ですが

150キロで程度であれば
プロ野球にはゴロゴロいます。

一方で以前見たテレビ番組に
出演していた

日本を代表する打者と言っていい
鳥谷、糸井、中田は

120キロに満たないストレートに
空振り連発。

いい当たりのヒットをほとんど打つ
ことができませんでした。

150キロの世界で活躍する打者が

120キロに満たないストレートに
きりきり舞いなわけです。

実はこの時の投手は
ソフトボールの金メダリストの上野。

説明するまでもありませんが
ソフトボールの投手は
プロ野球の投手とは
全く「投げ方」が違います。

ですから120キロに満たない
ストレートであっても

プロ野球の一流打者を
打ち取ることができるのです。


この話は保険営業に通じます。


ドクターマーケットを開拓したいが

うまくいかない・・・
コネや紹介がないからスタート
させることができない・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?


今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は

コネや紹介などが全くなしで
飛び込み訪問で

ドクター、病院を新規開拓し
コンスタントに成果を挙げています。

驚くことに
武器は「保険の見直し」です。

今でもこのやり方をやり通し
巨額のコミッションを稼ぎ続けて
います。

「今時、まさか!!」と
思った方は少なくないはずです。

中瀬氏はいわば「投げ方」が
みんなとは違うのです。

120キロのストレートで
プロの打者から三振の山を築く
上野投手と同じです。

訪問の時間
受付への声の掛け方
ドクターに掛ける最初の一言

など

「保険の見直し」という
ど真ん中のストレートを
有効にするノウハウがあるのです。

多くの保険営業パーソンは
高度な知識や情報を学び

他にはない提案やアプローチを
目指すのではないでしょうか。

もちろんこれは正しいのですが

誰にも負けない170キロの
ストレートを投げようとする努力に
似ていると感じます。

もっと簡単に
もっと単純に

ドクターに保険は売れるのです。

「投げ方」・・・
すなわち、やり方次第で。

知っているか
知らないかだけで

最終的に手にするコミッションには
大きく変わると考えています。

詳しくはこちら↓をご覧ください。
保険の見直しでドクターマーケットを
今でも開拓し続ける成功者



■稼ぐ人のトーク術

■稼ぐ人のトーク術
                
まだ泳げない(泳いだ経験がない)
幼児や子供の多くは
                
水に顔をつけてすぐに目を開ける
ことはできません。
                
しかし子供向けの水泳教室では
「がんばって目を開けましょう」
とは指導しないといいます。
                
水の中に落ちて沈んでいる
きれいな石を拾うゲームをします。
                
一定時間内どれだけ拾えるか
競争するのです。
                
こうすることで子供は
                
「知らず知らずのうちに」
                
水中で目を開けることを
覚えるそうです。
                

柔らかいカラーボールを上空に投げて
子供が落ちてくるボールをヘディングする!
(頭に当てる)
                
実はこれ
                
低学年の小学生を指導する友人が
実際にやっている野球の練習です。
                
子供は楽しく、喜びながら
これを繰り返すといいます。
                
この遊びをすることで
                
「知らず知らずのうちに」
                
ボールの落下点に正確に行けるようになり
フライが捕れるようになるそうです。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
保険営業でも
「知らず知らずのうちに」が重要だと
考えます。
                
トップセールスパーソンは
これがうまいものです。
                
うまく売り込む発想も間違いでは
ありませんが
                
気づけば、保険が必要になっている
展開を考えてみませんか?

【保険営業契約単価アップ方法】月1.5万円払うお客様が喜んで5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術

【保険営業契約単価アップ方法】
月1.5万円払うお客様が喜んで
5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術


寒い夜はあったか~い毛布に
くるまって寝れば快適!!

私はずっとこうしてきました。

しかし

毛布は上にかけてくるまる
よりも

下に敷いた方が暖かい!!と
あるテレビ番組で紹介されて
いました。

毛布は上よりも下。

今までの常識とは全く「逆」な
わけです。


同じ番組で

ストレッチは運動前ではなく
運動後が効果的!と紹介されて
いました。

これも今までの常識とは「逆」
です。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


単価の高い契約を獲りたいが
なかなかうまくいかない・・・

節約志向のお客様が多く
既契約より保険料を安く提案
しないと契約に至らない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声でインタビュー
した大関氏は

3期連続TOTの日本を代表する
トップセールスパーソンで

契約単価アップの達人です。

しかし

高い保険料のプランを設計して
お客様を説得するやり方では
ありません。

高い保険料のプランを提示しつつ
お客様からの・・・・

保険料が高い
払うことができない

などいう要望によって
どんどん保険料を下げて契約に至る!

こんなケースが多くはありませんか?

大関氏のノウハウは
全く「逆」なのです。

お客様から
「あれも必要」「これも必要」と
要望されて

その通り設計していくと
結果的に契約単価が上がって
しまう方法なのです。

ポイントは「必要」という言葉。

多くの場合「必要です」という
言葉は

保険営業パーソンの口から出る
のではないでしょうか。

一方、大関氏は
お客様に「必要」と言っていただく
のです。

実はこんな展開を作ることは
難しくありません。

知っているか知らないかだけの差
だと言っていいかもしれません。

音声セミナーで語られている
通りに進めれば

単価アップは難しくないと
感じるはずです。

高い保険料の設計書を作り
声を枯らして、この保険・保障は
必要だと説得する必要はないと
確信しています。

音声セミナーで学べるノウハウを
実践できれば

お客様が「あれも必要」「これも必要」
とおしゃっていただけるのですから。

単価はがんばって上げるものではなく
上がってしまうものだと

音声セミナーを聴けば
きっとあなたは気づくはずです。

詳しくはこちら↓をご覧ください。


月1.5万円払うお客様が喜んで
5万円以上のプランを選ぶ奇跡の提案術






■セールストークより●●を変えてみよう

■セールストークより●●を変えてみよう
                
ピッチャーの投げた球でバッターの
バットがへし折られる!
                
普通のバッターは屈辱的な負けと
感じるはずです。
                
一方、イチローは                
投球を体の近くまで引き付けることが
できたので次のヒットの可能性が上がる!                
と考えるそうです。
                
確かにどんなにいいスイングをしても
ボールが来る前に振ってしまっては
永久にヒットは打てません。
                
「引き付ける事」が重要なのです。
                
ボクシングでも5mも6mも相手と
距離を取っていたら
                
パンチは絶対に当たりません。
                
一撃で倒すパンチ力があっても
「相手との距離を縮める事」
「相手を引き付ける事」ができなければ                
宝の持ち腐れです。
                
これら2つの話は保険営業のトークの
スキルに通じます。
                
多くの保険営業パーソンは
セミナーなどで提案や営業トークを
学びます。
                
正しいことですが                
これはパンチ力やスイングの速さを
磨くことに似ています。
                
パンチ力やスイングの速さを
活かすためには
                
「相手を引き付ける事」
「相手との距離を縮める事」が
不可欠です。
                
保険営業も同じです。
                
トップセールスパーソンは
売る技術もうまいのですが
                
それ以上に「相手を引き付ける」
技術が秀逸です。
                
武器となるのは雑談です。
                
単なる雑談ではなく、
計算された雑談をするケース
が多いのです。
                
売るための営業トークではなく
トップセールスパーソンの
雑談に注目してみませんか?

■売れる人は提案を変えず「これ」を変える

■売れる人は提案を変えず「これ」を変える
                
起業から順調に業績を伸ばす
工務店の社長がいました。
                
その社長は営業が得意でした。
                
自社の商品の良さやお得さを
アピールしてどんどん契約を獲得して
いきました。
                
しかしある時期に業績が伸び悩みます。
                
そこでやり方を大きく変えたのです。
                
社長が講師となりセミナーを開き
                
欠陥住宅を選ばないポイントや
いい工務店の選び方などを講義した
のです。
                
以前はその社長はお客様に対して
一営業パーソンという関係だったと
言っていいはずです。
                
一方、セミナーを開いてから
                
お客様に対して先生という関係に
変わったのです。
                
「お客様との関係を変える」ことで
                
無理に売り込まなくても契約が
獲れるようになったといいます。
                
さらに以前のようなお客様からの
値引きの要求も少なくなったそうです。
                
この話は保険営業に通じます。
                
以前インタビューした
トップセールスパーソンは
                
「お客様との関係を変える」ことで
長年驚く程の結果を出し続けています。
                
お客様にとって
保険営業パーソンは保険を売り込む人
という関係であることが普通でしょう。
                
これを彼は営業パーソンは売込む人
ではなく
                
お客様が今抱える問題を一緒に
解決する人に変えるのです。
                
問題をお客様と共有して
その解決策を一緒に考えていくと
                
手段の1つとして保険が必要になる
                
・・・こんな流れをすぐに作り
契約を連発させています。
                
提案やトークを変えることも正しいですが
「お客様との関係を変える」ことも
重要だとは思いませんか?

【保険営業紹介入手方法】同じ契約者から毎年繰り返し「紹介」が入手できる方法をご存知ですか?

【保険営業紹介入手方法】
同じ契約者から毎年繰り返し「紹介」が
入手できる方法をご存知ですか?


少し前に、あるテレビ番組で紹介
されていたシャワーは

なんと水道と繋がれていないもの
でした。

タンクに入れた30リットルの水で
100回分のシャワーでできるの
です。

汚れた水をろ過して「再利用」する
システム。

一部の被災地などでこのシャワーは
既に使用されていて、今後ますます
普及することが期待されています。

「再利用」の大切さを実感しました。


宇宙飛行士の方が
宇宙ではおしっこ・汗を
「再利用」すると話していました。

「再利用」して飲料水にするのです。

水が貴重な宇宙では「再利用」が
重要なわけです。


これら2つの話は保険営業に
通じます。


紹介をもっともっと増やしたいが
なかなかうまくいかない・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は

紹介獲得の達人です。

今までの常識では考えられない
紹介入手のノウハウを確立
しています。


お客様の満足度が
一番高まっている契約時を逃したら
紹介を獲得することは難しい・・・


私はずっとこう信じていました。
竹下氏のノウハウを知るまでは。

竹下氏は契約時だけではなく

既契約者から何度でも繰り返し
紹介を入手するノウハウを
作り上げたのです。

成功のポイントは

「再利用」。

契約時の満足度を「再利用」して
紹介を繰り返し獲得しています。

詳しいやり方、トークは
インタビューで解説されています。

同じ契約者から何度も
場合によっては毎年でも

お客様を繰り返し紹介されたら

あなたが手にする成果は変わる
とは思いませんか?

満足度の「再利用」

あなたはこれを知らないだけで
本来なら得られる成果・紹介を
失っていると言ってもいいかもしれません。

詳しくはコメント欄↓をご覧ください。

同じ契約者から毎年繰り返し「紹介」が
入手できる方法をご存知ですか?


【保険営業で法人に売れない方】「自動運転」を語ると 売り込まずに法人保険が売れる秘密

【保険営業で法人に売れない方】
「自動運転」を語ると
売り込まずに法人保険が売れる秘密


「勉強しなさい!」

こう何度言っても全く言う事を
聞かず、勉強をする気がなかった
知人の息子さんは

最近、毎日勉強をするようになり
成績も急上昇しているといいます。

勉強をやる気になった大きな理由は
将来宇宙関連の仕事をしたいという
目標・目的が明確になったことです。

目標・目的を達成するためには
勉強して大学院まで行くことが
必須であることがわかったのです。

勉強すること自体が目的ではなく
勉強が目的を達成するための
「手段」となったわけです。


あるトレーナーから聴いた
話ですが
                   
ダイエット自体を目的として
スポーツクラブに通う人は
途中で挫折する人がとても多い
そうです。
                   
ダイエットに成功する人は
ダイエットが「手段」で
別の目的がある人だと言います。
                   
痩せて彼氏や彼女を作りたい・・・
デブと笑った友達を見返したい・・・
痩せて既製品のかわいい洋服を
着たい・・・など。


これら2つの話は
法人保険営業に通じます。


法人新規開拓でもっと成果を
出したいが思う描いた結果が
でない・・・

法人にアプローチしても
すぐに断られしまう・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は

法人新規開拓のスペシャリスト
です。

お話を伺った時点でMDRT21回
(うちTOT3回、COT13回)の
日本有数のトップセールスパーソン。

といっても有利でお得な保険プラン
をストレートに売り込んで結果を
出しているわけではありません。

保険を売ることを目的にして
営業を組み立てていません。

保険を「手段」にする
プロフェッショナルなのです。

法人新規開拓で苦戦している
人の多くは

保険を売ることが目的になって
しまっているのではないでしょうか。

社長やドクターの目的を達成
する話をしていくと

どうしても手段の1つとして
保険が必要になってしまう流れを
小林氏は簡単に作ってしまいます。

難しく感じるかもしれませんが

実は簡単な話法を知ってさえいれば
この展開をコンスタントに作りだす
ことはできるのです。

一番お勧めなのは

インタビューで詳しく解説されている
「自動運転」話法。

ニュースなどで取り上げられることが
多く、社長のみならず多くの人が
関心を持っている「自動運転」。

実はこれを「ある方法」で語る
だけでいいのです。

これで社長の目的を達成する
ための「手段」が保険という
展開を

いつでも簡単に作ることが
可能になります。

それでも保険を売り込みますか?

それとも保険を手段化して
もっと効率的に法人契約を手に
したいですか?
          
詳しくはこちら↓をご覧ください。

「自動運転」を語ると
売り込まずに法人保険が売れる秘密

【保険営業MDRT21回の技】20年間法人初回面談を成功させる たった1枚の紙

【保険営業MDRT21回の技】
20年間法人初回面談を成功させる
たった1枚の紙
                   
「世の中興奮することはいっぱい
ありますけれど一番興奮するのは
歯医者さんに行った時!」
                   
「間違いないね」
                   
お笑い芸人サンドウィッチマンの
漫才は

このやり取りで始まることが多い
のです。
                   
歯医者の部分が不動産屋になったり
ハンバーガーショップになることも
あります。
                   
この1つのやり取りだけで会場の
お客様は大抵笑います。
                   
面白い芸人は「つかみ」が
うまいわけです。
                   
                   
「名前は大木(おおき)ですが
体はとても小さい大木です。」
                   
以前名刺交換をした方が
こんなフレーズを使っていました。
                   
一発でその人の事を覚えて
しまいました。
                   
「つかみ」がうまい人と
言えるでしょう。
                   
                                      
これらの話は
法人新規開拓に通じます。
                   
                                      
保険の話をする前に
社長から断られてしまう・・・・
                   
法人の初回面談がなかなか
うまくいかない・・・
                   
こんな悩みを抱えていませんか?
                   
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
                   
法人初回面談のスペシャリスト
と言えます。
                   
ほぼ100%の成功率で
断られることがありません。
                   
といっても
最初から難しい話をする
わけではありません。
                   
保険も相続も事業継承も
財務も・・・語りません。
                   
成功を続ける秘密は・・・
                   
「たった1枚の紙」なのです。
                   
保険や金融、税金とは
まるで関係のない内容の紙を
社長やドクターに渡し
                   
それについて少し語るだけ。
                   
たったこれだけすると
「つかみ」はOKになります。
                   
社長やドクターが話を聴く
態勢ができると
表現していいかもしれません。
                   
セミナーや研修などで学べるのは
保険の売り方が中心です。
                   
大切なことですが
セミナーなどで勉強した売り方も
相手が聴いてくれて発揮できます。
                   
売れる人は、

売る技術もすごいですが
                   
聴かせる技術
「つかみ」のノウハウも秀逸なのです。
                   
「たった1枚の紙」で
初回面談を100%成功に導く方法を
知りたくはないですか?

詳しくこちら↓をご覧ください。

20年間法人初回面談を成功させる
たった1枚の紙



【保険営業法人アプローチトーク】

【保険営業法人アプローチトーク】
契約者貸付を社長に「こう」語ると
法人新規開拓が成功します!

「うわ~ふわふわ!」
「全然味が違う!」

タレントたちがこう絶賛している
様子をテレビでみました。

彼らは大根1本をすべて
おろしたものを使用した
みぞれ鍋を食べていたのです。

驚くほどおいしいと感じて
いるのは、そのおろされた大根。

といっても
大根自体は特殊なものでは
ありません。

特別なのは「調理」の仕方。

実は純銅のおろし金を
使用して作った大根おろし
なのです。

大根をおろすためのグッズは
100均でも手に入る時代
ですが

その純銅おろし金は
1つなんと8856円。

熟練の職人が1つ1つおろし
金の刃を起こし作っている
ものです。

細かく切るように大根が
おろせるので

辛味がでにくく、ふんわり
甘い大根おろしが作れる
そうです。

同じ大根であっても
「調理」の仕方次第で

すなわち「プロセス」次第で

おいしさが大きく変わるわけ
です。


この話は法人保険営業に
通じます。


法人新規開拓でもっと成果を
だしたいが、うまくいかない・・・

社長にどんなことを話していいか
迷ってしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

法人新規開拓の達人で

長年成果を出し続ける日本を代表
するトップセールスパーソンです。

しかし

誰も知らない情報や知識、
見たこともない裏技的提案を
社長に話し

契約を獲得するわけでは
ありません。

特別なのは
いわば「調理」の仕方

「プロセス」なのです。

大根おろしの話と同じです。

インタビューで語られていて
今すぐ現場で使うことができると
確信したのは

契約者貸付を語り
法人新規開拓をするノウハウです。

今さら、そんなこと語って
法人の新規契約なんて獲れる
わけがない!

こう感じる方も多いはずです。

しかしこれは大根はおろせば
みんな同じだよ!と言っている
ことに似ていると感じます。

調理の仕方で

すなわち「プロセス」を変えれば

十分、契約者貸付が法人新規開拓
の強力な武器になることを

CDを聴けばあなたは理解するはず
です。

法律、税制、制度など難しく
専門的なことを語ることも
間違いではありませんが

トップセールスパーソンは
もっともっと簡単なことで
成功を続けているのです。

何だ、法人新規開拓って簡単!

インタビューを聴けば
あなたはこう感じるかもしれません。

法人新規開拓を成功させる
契約者貸付の語り方を知りたくは
ないですか?
                  
詳しくはこちら↓をご覧ください。


契約者貸付を社長に「こう」語ると
法人新規開拓が成功します!


【保険営業トップセールスの技】凡人は保険、成功者は札束を提案する

【保険営業トップセールスの技】
凡人は保険、成功者は札束を提案する

                  
海外に行った時、現地の人向けの
レストランCMで
                  
驚きのフレーズを耳にしました。
                  
「子供の食事代はすべて無料!」
                  
子供の年齢やオーダーできるものなど
ある程度の条件があるかもしれませんが
                  
日本ではまず目にない
思い切った提案だと感じました。
                  
レストランにとって
当然子供の食事分は完全に赤字の
はずです。
                  
しかし子供が来れば
当然大人も一緒に来店します。
                  
大人がある程度注文すれば
十分採算が合うということでは
ないでしょうか。
                  
「家族みんなで来てください。」
と店の売上に直接繋がる
宣伝をするだけがすべてではありません。
                  
子供の食事無料のような
「売上には直結しない提案」も
有効なわけです。
                  
                  
DIYを始めたいと考える友人は
子供と一緒にある講座を受けるそうです。
                  
時間は2時間程度で
                  
参加費はなんと無料!!
                  
材料費が数百円かかるだけです。
                  
実はこの講座を主催しているのは
あるホームセンターです。
                  
店内のスペースが使われます。
                  
教える先生の人件費などを
考えると講座自体は赤字でしょう。
                  
しかし講座でDIYに興味を
持った参加者は
                  
間違いなくこのホームセンターで
道具や材料を買うと予測できます。
                  
このケースも無料の講座という
「売上に直結しない提案」が
後の店の利益に繋がる例と
言っていいでしょう。
                  
                  
これら2つの話は
法人保険営業に通じます。
                  
                  
有利な保険提案を社長にしても
「検討します」と言われてしまう
ことが多い・・・
                  
もっと法人契約を増やしたいが
思い描いた結果がなかなかでない・・・
                  
今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏は
                  
法人新規開拓で長年結果を出し
続ける現役のトップセールスパーソン。
                  
大田氏の強力な武器の1つは
                  
「売上に直結しない提案」です。
                  
インタビューでは
直接保険を提案するのではなく
                  
保険契約の原資を作る提案が
複数紹介されています。
                  
しかも

手間と時間をかけずに

原資を作り出す方法ばかりです。
                  
短時間しかも労力を掛けずに
                  
いわば社長の前に
                  
「札束が積まれる方法」
                  
を提案するのです。
                  
こんな提案に興味を持たない
社長が果たして存在するでしょうか??
                  
保険営業パーソンからみれば
まさに「売上に直結しない提案」
ですが
                  
大田氏は
                  
これを保険契約に移行させる方法も
確立しています。
                  
単価の高い契約を提案して
何とか費用を捻出してくれるように
お願いすることも間違いではありません。
                  
しかし
                  
契約の原資を作る提案をして
それを保険契約に導くやり方も
あるのです。
                  
あなたはこれを知らずに
法人新規開拓を続けますか?

詳しくこちら↓をご覧ください。
凡人は保険、成功者は札束を提案する

■これを逆にするとトップセールスになれる

■これを逆にするとトップセールスになれる
                
サッカーの本田圭佑選手は
                
「課題は伸びしろ」
だとあるインタビューで語っていました。
                
欠点、弱点は普通は嫌なもので
目を背けたくなるはずです。
                
しかし本田選手は全く「逆」。
                
自分の弱い点は自分のスキルや能力を
アップさせることができる部分だと
考えています。
                
お客様からのクレーム。
                
ビジネスする側から見れば
普通は嫌なものでしかありません。
                
一方、ある成功者は
ビジネスをよくするアイデアと
                
クレームを考えるようになってから
クレームがうれしくなったと語っています。
                
これも「逆」の発想の例と言って
いいでしょう。
                
これら2つの話は
法人保険営業に通じます。
                
以前インタビューしたトップセールスは
逆で成功を続けています。
                
普通の保険営業パーソンは社長や
経営者に
                
どうやって質問するかを考えます。
                
彼はどうすれば質問されるかを
考えます。
                
また普通は、見積もりやプレゼンの
許可を取ろうとがんばります。
                
しかし彼の場合は、社長に
「詳しい見積もりが欲しい」と
言わせるように営業を組み立てるのです。
                
全く「逆」で営業を考えてみませんか?


【保険営業】日経平均を語るだけで 相続対策保険を売るテクニック

【保険営業】
日経平均を語るだけで
相続対策保険を売るテクニック


お笑いコンビ・くりぃーむしちゅーの
有田哲平さん。

プロレス好きで有名です。

多くのプロレスファンの愛読する
「週刊プロレス」を

創刊の1983年から
すべて購入しているそうです。

有田さんにとってプロレスは
単なる趣味のはずですが

そこからものまねのネタに
「広がって」います。

彼がする長州力や高田延彦の
ものまねは何度見ても
おもしろいと感じます。

また少し前ですが
アマゾンプライムで
「有田と週刊プロセスと」
という番組を見ました。

プロセス好きが番組MC、
冠番組まで「広がる」わけです。


この話は保険営業に通じます。


相続対策保険をもっと売りたいが
思うような結果がでない・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した竹下氏は

相続対策保険獲得の達人。

特に社長・経営者をターゲットに
して結果を出し続けています。

秀逸な点は

「広がる」テクニックなのです。

「相続対策はお済ですか?」という
類のストレートなトークは使用
しません。

竹下氏のトークは「広がる」なの
です。

社長は、世間話・雑談をしている
つもりなのですが・・・

それが知らず知らずのうちに
相続対策の話に「広がる」!!

これがCDで詳しく解説されている
竹下氏のテクニックです。

特に今すぐ現場で使えると
確信しているのが
「日経平均」話法です。

毎日報道される「日経平均」。

これに全く関心を示さない
社長・経営者はいないと言って
いいのではないでしょうか。

実は「日経平均」を

「ある方法」で

社長・経営者と語ると

「広がる」のです。

もちろん相続対策の話に
「広がる」のです。

詳しくはインタビューで
明らかになります。

無理に相続を語ろうとするから
社長や経営者に断られるのです。

「広がる」テクニックがあれば
断られることなく

自然な形で相続の話に行きつき
契約を至ると考えています。

それでもまだ相続保険を
売り込みますか?
                  
詳しくはこちら↓をご覧ください。

日経平均を語るだけで
相続対策保険を売るテクニック


【保険営業開業医新規開拓術】この一言で病院受付でもう断られない!飛び込みドクター開拓術

【保険営業開業医新規開拓術】
この一言で病院受付でもう断られない!
飛び込みドクター開拓術


「すいません、道がわからないので
教えてもらえませんか?」

ある外国人が日本人の女性を
ナンパする時、

片言の日本語でこう声を
掛けるそうです。

かなりの確率で足を止めて
話してくれるといいます。

「今、暇ですか?」
「お茶に行きませんか?」

もしもこんなストレートな
投げかけをしたら成功率は
格段に下がるに違いありません。

最初の「一言」で

相手の答えも変わり
結果も変わるわけです。

この話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。

ドクターの開拓をやろうと思っても
うまくいかない・・・

勇気を持って病院を訪問しても
受付で断られてしまい
ドクターになかなか会えない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した中瀬氏は

ドクターマーケット開拓の
スぺシャリストで

お話を伺った時点でCOT9回の
トップセールスパーソンです。

驚くことに中瀬氏は
コネや紹介が全くない状況で
病院をいきなり飛込み訪問して
ドクターを契約者に変えて
しまうのです。

成功を続ける大きな要因の1つは

最初の「一言」。

これが秀逸なのです。

中瀬氏の場合

病院の受付で「一言」を
発するだけで

面談の成功率はほぼ100%
だといいます。

つまり断られることがなく
ドクターに確実に会って
しっかり話ができるわけです。

飛び込みで訪問しても
ドクターに毎回会い
話をすることがコンスタントに
できたら・・・

あなたの営業は変わるとは
思いませんか?

もちろんこの「一言」は
保険の見直しや相続や税金の
ことを質問するわけではありません。

受付、ドクターがYESという
「一言」が存在するのです。

詳しくこちら↓をご覧ください。

この一言で病院受付でもう断られない!
飛び込みドクター開拓術

■保険営業は明確化が9割

■保険営業は明確化が9割
                
少し前の出来事ですが
朝起きると少しだるい感じがして
体温を測りました。
                
37度2分の微熱。
                
軽い風邪だと考え病院へ行きました。
                
診察で私の症状を詳しく聞いた
ドクターは
                
念のためインフルエンザの検査をすると
言います。
                
結果は陽性!
                
インフルエンザにかかっていても
高熱になるとは限らないそうです。
                
インフルエンザ治療薬の説明があり
処方箋をいただき
                
薬局に寄って私は帰宅しました。
                
ここで少し考えてください。
                
微熱が出て病院に行って
もしいきなり薬の説明をされたら
                
あなたはどう思いますか?
                
たとえ、その薬が最高の品質で
とても安くても
                
どんな病気かわからないのに
いきなり薬の説明はおかしいと
感じるはずです。
                
今回の私の場合で言えば
インフルエンザの検査という病名を
はっきりさせる
                
すなわち「問題を明確化させる」
段階があって
                
「問題を解決する手段」である
薬の説明が有効になるのです。
                
ゴルフショップの店員が
来店したお客様に
                
いきなり高額なドライバーを勧めても
売れる確率は低いでしょう。
                
できる店員は、お客様のゴルフの
悩みを聴きだします。
                
スライスしてしまう・・・
飛距離がでない・・・
                
お客様の「問題を明確化」するわけです。
                
そしてその悩みを「解決する手段」として
ドライバーを提示ます。
                
こうすることで売れる可能性は
ぐっと高まるに違いありません。
                
まず「問題の明確化」
その後「問題を解決する手段の提供」
                
保険営業のトップセールスパーソンも
これがうまいものです。
                
問題の明確化の前に
手段ばかりを売り込んでいませんか?

【保険営業TOTの法人アプローチ】社長に保険を語るな!未来を語れ!

【保険営業TOTの法人アプローチ】
社長に保険を語るな!未来を語れ!

現在は多くの新卒大学生が就職を
希望する、ある人気企業も

規模が小さく、知名度が全くない
時期があったといいます。

今からすると考えられませんが
そんな時期に新卒を募集しても
全く人が集まらず

採用できなかったそうです。

社長は会社の現状を語ったり
アピールしても

売上が大きく、知名度がある
大手企業に勝てないと判断して

全く別の戦術をとります。

現状を語るのではなく
「未来」を語る!!

会社の「未来」、ビジョンに
ついて語ると

徐々に入社してくれる人が
増えていったと言います。

「未来」を語る!


この話は法人保険営業に通じます。


法人契約をもっと増やしたいが
なかなかうまくいかない・・・

有利でお得な提案もしても
思うような結果がでない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は

お話を伺った時点でMDRT21回
(うちTOT3回、COT13回)の
日本を代表するトップセールス
パーソンで

法人新規開拓の達人です。

といっても

既契約やライバルの提案よりも
有利でお得な保険プランを提示して
契約を獲得するスタイルでは
ありません。

小林氏が法人開拓で保険の話から
スタートさせることはありません。

難しい法律や税制をいきなり
語ることもありません。

語るのは

「未来」なのです。

もっと具体的な表現すれば
社長と一緒に

「未来」を「予想」するのです。

実はこれをすると

売り込みなしで
法人契約をゲットすることが
可能になるのです。

「未来」を「予想」する

たったこれだけでいいのです。

もちろん

「やり方」があります。

法人保険契約に繋がる
「未来」の「予想」の

「やり方」

が存在するのです。

それを小林氏に詳しく解説して
いただきました。

「未来」を「予想」すると
法人保険が売れてしまう方法

これを知らずに

有利でお得なプランで
勝負を続けますか?
                          
詳しくはこちら↓をご覧ください。

社長に保険を語るな!未来を語れ!

【保険営業成功者の話法】リビングニーズは語り方次第で新規開拓の武器になります!

【保険営業成功者の話法】
リビングニーズは語り方次第で
新規開拓の武器になります!                

子供向け教材DVDの中に
太陽と地球の大きさについて
説明する部分がありました。

太陽は地球よりかなり大きい。

太陽の直径は約139万キロで
地球は約1万キロ。

こんな表現に続いて・・・・・

「太陽をスイカの大きさに例えると
地球はスイカの種よりも小さい!」

子供向け教材ですが
私はこの比喩表現に

太陽の大きさと地球の小ささを
(今更ながら)
強く実感してしまいました。

単に大きいと伝えることや
実際の大きさ(直径など)を
聴いただけなら

私はここまで実感しなかった
はずです。

スイカとスイカの種

この「伝え方」が秀逸だと
感じました。

「伝え方」次第で相手の感じ方は
大きく変わるものです。

これは保険営業に通じます。

セミナーや研修で勉強した
情報や知識をお客様に伝えても

反応がイマイチで結局契約に
繋がらない・・・

こんな悔しい思いをしていませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した杉山氏は

みんなが昔から知っている常識を
武器に変えて契約に繋げてしまう
ノウハウを確立しています。

インタビューを聴けば

保険営業は「伝え方」次第である
ことをあなたは実感するに違い
ありません。

今すぐに現場で使えると
確信したのが

「リビングニーズ」話法。

この特約を知らない保険営業パーソン
はいないはずです。

何を今更・・・と感じ方も多いで
しょう。

しかし

「伝え方」次第で

今でも武器になるのです。

詳しくはインタビューで解説
していただきました。

CDではこの他にも
常識、当たり前を武器にする
方法が学べます。

自己紹介

保険金の受取人

こんな当たり前が新規開拓の
切り札になるのです。

「伝え方」次第で。

あなたの手の中には
既に成功するための武器が
あるのです。

その「伝え方」を
知っているか知らないかだけの
差なのです。

詳しくこちら↓をご覧ください。

リビングニーズは語り方次第で
新規開拓の武器になります!

■トップセールスが保険を売るための話より優先させる話とは?

■トップセールスが保険を売るための話より
優先させる話とは?
                
健康診断でメタボと言われ
家族からも痩せるように
忠告されている知人の経営がいます。
                
しかし彼は聴く耳を全く持ちません。
                
ほぼ毎日、外にお酒を飲みに行き
お酒の後のラーメンが彼の大好物です。
                
こんな人に
                
炭水化物を取らないダイエットの良さや
ライザップの素晴らしさを語っても
                
意味がありません。
                
そもそも痩せる気が全くないのですから。
                
ダイエットの方法を語るのではなく
                
肥満がいかにリスクがあるか
そのリスクが会社経営にどんな影響を
及ぼすのかなどを伝え
                
彼に「何とか痩せなければいけない」
と思わせて
                
初めてダイエットの手段の話が有効と
なります。
                
この話は法人新規開拓に通じます。
                
保険の話題を出すと
社長にすぐに断られてしまう・・・
こう悩んでいませんか?
                
こんな悩みを抱える
多くの保険営業パーソンは
                
トークや提案がよくないと考え
一生懸命勉強します。
                
間違いではありませんが
                
これは痩せる気がない人に
ダイエットの方法を語ることに
似ていると私は考えます。
                
優先させるべきは
                
ダイエットの同じで
                
本人をその気にさせることです。
すなわち社長を聴く気にさせること。
                
トップセールスパーソンは
                
売るノウハウ以上に
                
社長を聴く気にさせるノウハウを
持っています。
                
売るための話だけではなく
聴く気にさせる話をしていますか?

【保険営業紹介獲得ノウハウ】

【保険営業紹介獲得ノウハウ】
この2つの提案をするだけで
税理士からの紹介が自動化される!

                
先日あるテレビ番組で
激安スーパーが取材されていました。
                
その店の目玉商品の1つは・・・
                
「国産牛カルビつかみどり500円」
                
店を訪問した
ある女性タレントが挑戦すると
                
約500グラムを獲得!
                
そのお店では通常100gのカルビが
398円で売られています。
                
500gというと
約2000円になりますから
                
約1600円の得をしたと紹介
されていました。
                
この商品だけ見ればお店は大赤字です。
                
しかしこのお店は目玉商品以外の商品
                
すなわちお店がしっかり儲けられる
商品も買わせる「仕組み」があると
予測できます。
                
お得なものを買いたい
できるだけ安く買いたいなどという
                
お客様の「ニーズを満たし」ながら
                
最後にはしっかり利益を上げる
「仕組み」があるということでしょう。
                
                
ほとんどのスマホゲームは無料でスタート
できて遊ぶことができます。
                
しかしゲームで使うアイテムなどを
買ってもらう「仕組み」があり
                
ゲーム会社は巨額の利益を上げています。
                
これも利用者の「ニーズを満たし」ながら
最後に収益を上げる「仕組み」の
一例と言ってはずです。
                
                
これら2つの話は法人保険営業にに
通じます。
                
                
税理士から紹介をもらいが
なかなかうまくいかない・・・
                
こう感じることはありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は
                
税理士から紹介をコンスタントに獲得して
大きな成果を出し続けています。
                
といっても
                
紹介をお願いしたり依頼したりは
一切しません。
                
お願いや依頼ではなく
                
大田氏がまずやることは
                
税理士の「ニーズを満たす」ことです。
                
そして税理士の「ニーズを満たす」と
最後に法人保険契約に繋がってしまう
「仕組み」を確立しています。
                
激安スーパーやスマホゲームと
やり方は似ています。
                
もっと具体的に表現すれば
税理士が喉から手が出るほど
欲しい「2つの事」が達成
される提案をすると
                
ほぼ自動的に法人が紹介され
契約に繋げられる「仕組み」が
あるのです。
                
CDを聴けばこの「仕組み」が
あなたのスキルになります。
                
この「仕組み」は高度で
難解なものではありません。。
                
知っているか知らないかだけと
表現していいかもしれません。
                
あなたはまだ紹介を依頼しますか?
                
それとも紹介を自動化させる
「仕組み」を学びますか?
                             
詳しくはこちら↓をご覧ください。

この2つの提案をするだけで
税理士からの紹介が自動化される!



【保険営業目標達成】土日を休みながら2019年の目標を達成できる方法

【保険営業目標達成】
土日を休みながら
2019年の目標を達成できる方法

               
サトウの切り餅。
                
関東の人間は切り餅と言えば四角が
常識です。
                
一方、少し前までCMでよく
宣伝されていたサトウの切り餅は
                
なんとスティックタイプ。
                
こうすることで食べやすくなり
料理のレシピも広がるのではない
でしょうか。
                
形を変えるという「わずかな差」
ですが

売上という結果は大きく変化すると
予測できます。
                
                
「ツーシーム」という変化球を
知っていますか?
                
バッターから見ると、その球は
ストレートに見えます。
                
しかし手元でほんの少しだけ
変化するのです。
                
メジャーリーグでも活躍した
元広島カープの黒田博樹投手は
                
このツーシームがアメリカで
活躍するきっかけになったと
言われています。
                
バッターが打てると思って
バットを振ると少し変化し、

バットの芯に当たらず凡打に
なります。
                
この小さな変化・・・
「わずかな差」が
結果を分けるのです。
                
                
これら2つの話は
保険営業に通じます。
                
                
目標数字を達成したいが
なかなかうまくいかない・・・

今年こそ思い描いた成果を
出したいが、何をすべきか迷って
しまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDで
インタビューした中瀬氏は
                
お話を伺った時点でCOT9回の
トップセールスパーソンです。

目標数字を達成する達人と
言っていいでしょう。

といっても中瀬氏は人の何倍も
働いて結果を出しているわけでは
ありません。
                
活動時間が普通の営業パーソン
と比べて異常に短いと言える
でしょう。
                
平日は基本的に夕方5時以降
の訪問はしません。
                
なおかつ土日は完全に休みです。
                
これでCOT9回。
                
この超効率営業の秘密は

既契約者からの

追加契約です。
                
これだけで目標数字の
8割を達成してしまう
月も少なくありません。
                
しかし実は難しい
ノウハウは不要です。
                
普通の保険営業パーソンが
短期でやっていることを
                
中瀬氏は長期にしている
だけです。
                
短期を長期、
この「わずかな差」だけ
なのです。
                
この部分を変えるだけで
あなたも超効率営業術を
手にすることができるのです。
                
詳しくこちら↓をご覧ください。

土日を休みながら
2019年の目標を達成できる方法

■保険が売れる雑談、売れない雑談

■保険が売れる雑談、売れない雑談
                
アイドルは雲の上の存在

これは昔の話なのかもしれません。
                
先日、あるテレビ番組で特集されていた
秋葉原で人気のアイドルユニットは
                
ツイッターなどのSNSでファンと
頻繁にやり取りする様子が
映し出されていました。
                
頻繁にコンサートに来てくれる
ファンの名前と顔を覚える努力も
しているといいます。
               
アイドルとファンとの垣根が低くなった
と言えるのではないでしょうか。
               
               
選挙の時期にニコニコ動画に
候補者や政党の代表者が出演し
討論する番組を何度か目にしました。
               
ご存知の方も多いと思いますが
オンエアー中に視聴者が自由に
意見を書き込めます。
               
場合によってはその書き込みに
出演者が応えるケースもあります。
               
視聴者の本音を政治家にダイレクトに
ぶつけられ、それに対するリアクションを
すぐにもらえる
               
これも垣根が低くなった例でしょう。
               
               
これらの話は保険営業にも通じます。
               
               
以前インタビューした
トップセールスパーソンは
               
垣根を低くする名人でした。
               
普通の営業パーソンは雑談をして
場を和ましてから、本題(保険)の
話をします。
               
一方、彼は雑談が自然な形で
保険に繋がってしまいます。
               
雑談→保険ではなく
雑談=保険。
               
雑談とトークの垣根が
驚く程低いのです。
                              
成功者の営業トークだけではなく
成功者の雑談に注目してみませんか?