FC2ブログ

保険営業成功ノウハウ

トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。

【保険営業】働く時間を増やさずに 今の10倍の見込み客の入手が 可能になる方法

働く時間を増やさずに
今の10倍の見込み客の入手が
可能になる方法
 
重さ100キロの石。
 
プロレスラー並みの力がある大人
でも一人でこれを動かすことは
簡単ではないはずです。
 
普通の人であれば3人がかりで
やっと!ではないでしょうか。
 
しかし

100キロの石もわずか5キロの
力で動かすことが可能だそうです。
 
レバレッジ(てこの作用)を
活用すれば。
 
5キロの力であれば、子供でも
100キロの石を動かすことは
可能になるはずです。
 
小さな力で大きな成果を出す
ためには
 
レバレッジは有効です。
 
 
これは保険営業にも通じる話です。
 
 
行動量を増やす
訪問数をアップさせる
長い時間働く
 
成果を出すためには有効でしょう。
 
一方で今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
レバレッジ戦術で成果をあげ続けて
います。
 
レバレッジの武器は
 
動画。
 
 
動画を投稿するだけで
数多くの見込み客を獲得しています。
 
驚くような行動量
数多くの訪問数
長い労働時間
 
動画マーケティングで
これらを凌駕する成果をあげる
ノウハウを確立しています。
 
小さな力で継続的に数多くの
見込み客を入手できる
マーケティング手法と言っていいでしょう。
 
といっても特別な内容の動画を
投稿する必要はありません。
 
あなたが今既に知っていることで
OKなのです。
 
保険についても語る必要は
ありません。
 
さらに
スタートするにはお金もかかりません。
 
やった方がいいという事ではなく
5G時代がせまった今
 
やらないと確実に大きな損失だと
確信しています。
 
どんな動画をどこに投稿すれば
見込み客を獲得できるのか?
 
すべての答えは音声セミナーの
インタビューで竹下氏に
語っていただきました。
 
成果をあげるために
あなたは今以上に働くだけですか?
 
それとも小さな力で大きな成果が
期待できる動画マーケティング・・・
レバレッジ戦略を
 
あなたのスキルにしますか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。


音声セミナー
0円!簡単にできる!
動画マーケティングで
見込み客・新規契約・追加契約・
法人契約・紹介、すべてを獲得する方法



【保険営業】比較されないでどんどん保険が売れる 方法に興味はありますか?

比較されないでどんどん保険が売れる
方法に興味はありますか?
 
 
先日、打ち合わせをした
若手起業家は腕時計をしていません
でした。
 
時計はしないのか?質問すると
 
「必要ありますか?」と逆に質問
されてしまいました。
 
時間はスマホで確認すれば
事が足りると語っていました。
 
スマホはガラケーの売上を奪った
だけではなく
 
腕時計の売上を奪ったと
考えられます。
 
同じようにスマホはカメラやビデオ
カメラ、そして携帯音楽プレーヤー
などの売上も奪ったと言えるでしょう。
 
限られた同業のマーケットで
勝つことも重要ですが 
 
視野を広くして
他業種のマーケットから売上を奪う
発想も大切だということを実感
しました。
 
 
この話は保険営業に通じます。
 
 
他社がした提案に勝つ!
 
既契約よりいい条件を出して
契約を奪取する!
 
もちろんこんな考えも正しい
ですが
 
成功者はスマホのような戦略で
売上を伸ばしています。
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした松井氏は
 
まさにスマホ的発想で
契約を獲り続けています。
 
ライバルは保険だけではありません。
 
というよりも
 
他社や既契約と比較して
保険を売ろうとしていません。
 
銀行や証券に預けているお金を
保険に変えるノウハウを確立
しています。
 
保険だけのマーケットより
マーケットの規模ははるかに
大きいことは
 
説明するまでもありません。
 
保険という限られたマーケット
に固執ぜずに
 
はるか大きなマーケットから
売上を奪っていると表現できる
かもしれません。
 
もちろん
 
お金が増えますよ!的な
提案をするわけではありません。
 
全く別のやり方があるのです。
 
詳しくは音声セミナーの
インタビューで松井氏に語って
いただきました。
 
難しいノウハウは不要。
 
松井氏がお客様に語るのは
極めてベーシックなことばかり。
 
金利とは何か?
経済とは何か?
国債とは何か?
 
など。
 
教科書の1ページに書いてある
ようなことを
 
「ある方法」で語るだけで
 
銀行や証券にあるお客様のお金を
保険に変換することは可能になる
のです。
 
答えはすべて音声セミナーの中に
あります。
 
あなたのすぐ横には
競争とは無縁の巨大なマーケットが
あるのです。
 
やり方次第でその巨大な市場から
あなたは契約を生み出すことが
可能です。
 
やり方は知っているか知らないか
だけの差だけです。
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー 「捨てる!」で1人が1500人分の成果を出せる!
1日20件の保険契約を獲得する超効率営業ノウハウ


【法人保険営業】MDRT21回の人が設計書を出す前に必ずやる事





【保険営業飛び込み成功例】飛び込み訪問でドクター・富裕層・法人を新規開拓する方法







【保険営業セミナー】ニーズ喚起術 契約が取れない人と取れる人の差とは







【法人保険営業】この100円グッズで 20年以上経営者・ドクターに保険を  売り続けています!

この100円グッズで
20年以上経営者・ドクターに保険を 
売り続けています! 
 
 
賃貸物件を扱う某不動産業者は
あることを徹底的に実践するように
なってから
 
内覧をしたお客様の成約率が格段に
アップしたそうです。
 
条件を変えたり値引きをした
わではありません。
 
やったことは物件の掃除を徹底に
して、部屋の匂いに気を使っただけ。
 
床がホコリが溜まっていて
空室特有の嫌な臭いがする物件を
私は何度も内覧したことがありますが
 
これらを解決しただけ。
 
「簡単なアイデア」で好結果が
でることは少なくないと感じます。
 
 
 
ラーメン店では
リピーターを作ることが
成功の鉄則と言っていいでしょう。
 
麺やスープにこだわり
味で違いを出して
リピーターを獲得しようとするのが
普通のラーメン店です。
 
これも正しいのですが
ある繁盛ラーメン店は
全く別のリピーター対策を
しているといいます。
 
それが何か想像がつきますか?

実は・・・
 
麺の量。
 
あえて麺の量を標準的なもの
よりもほんの少し減らしている
そうです。
 
満腹にならないことで
お客様はもの足らない感じがして
また食べたい!となりやすくなると
いいます。
 
麺を減らすという
「簡単なアイデア」が差別化の
武器になることもあるのです。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。 
 
 
トップセールスパーソンは
何か特別な事をして差別化していると
考えている人は多いものです。
 
しかし今回紹介すう音声セミナーで
インタビューした小林氏は
 
「簡単なアイデア」で差別化して
 
経営者・ドクターに保険を
売りまくっています。
 
使うものは
 
100円で買うことができるあるもの。
 
これを経営者・ドクターの前に
出して、ほんの1分程度語るだけ。
 
これを既に20年以上続けています。
 
言い方は悪いですがワンパターンです。
 
しかしこれをするだけで
 
経営者やドクターは関心を示し
詳しい話をする態勢が整うというのです。
 
相手が関心を持って聴く気になれば
 
後は
 
あなたが今している話をするだけ。
 
これだけでいいのです。
 
みんなうまくいかないのは
関心を示し聴く態勢ができていない
のに
 
相続がどうとか、事業継承について
考えているかなどと語りかけてしまう
からではないでしょうか。
 
小林氏はこのやり方で
(お話を伺った時点で)MDRT21回
(うちCOT13回、TOT3回)
の実績。
 
100円グッズが武器でこの結果です。
 
もちろんあなたもすぐに真似することが
できます。
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
私は20年間同じアプローチで経営者・
ドクターに保険を売り続けています!
~ここを変えるだけであなたもTOTになれる~

保険営業パーソンはもう話すな! 思ったように保険が売れないのは 4つのあいづちを知らないからです。

保険営業パーソンはもう話すな!
思ったように保険が売れないのは
4つのあいづちを知らないからです。
 
企業向けサービスを提供する会社
を経営者する友人は
 
会社に飛び込みで営業パーソンが
来ると
 
どんな業種の方でも必ず社長室に
通して話を聴くといいます。
 
狙いは勉強のため。
 
普段は営業する、商品を売る側
ですが
 
「逆」の立場
 
すなわち売られる側、お客様側を
体験することで
 
さまざまなことに気づくといいます。
 
気づいたことを自社の業務に反映
させています。
 
「逆」が業績アップの源に
なっているわけです。
 
 
 
ある個別指導の塾では
先生が生徒に勉強を教えるだけ
ではありません。
 
先生の指導で生徒が理解したら
今度は「逆」になって
生徒が先生に教えるそうです。
 
教えることで生徒の理解が
深まるといいます。
 
この場合も「逆」がポイントです。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
お客様に折角いい情報を
提供してもそれで終わってしまい
契約に至らないことが多い・・・
 
お得で有利なプランを提案しても
お客様の反応が悪く、成果に
繋がらないことがある・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
先進的な取り組みで業界を常に
リードする
 
日本を代表するトップセールス
パーソンです。
 
驚くべきはその成約率の高さ。
 
いい情報を伝えるだけで
終わったしまった・・・
 
いい提案しても契約にならない・・・
 
こんなことはほとんどありません。
 
といってもみんなとは全く違う
保険プランを提案しているわけでは
ありません。
 
セールストークも大差はありません。
 
特別な点は
 
「逆」という部分です。
 
 
ほとんどの保険営業パーソンは
 
何を言うか
どんな提案をするか
 
に力を入れます。
 
 
竹下氏の場合は全く「逆」。
 
お客様の話を
どう聴くかに力を入れています。
 
実は
 
お客様の話の聴き方次第で
簡単に保険は売れるのです。
 
話し方や言い方
そしてセールストーク
 
セミナーや研修で嫌という程
勉強します。
 
間違いではありませんが
 
保険が売れる聴き方というものが
存在します。
 
あなたはこれをご存知ですか?
 
詳しくは音声セミナーのインタビューで
解説されています。
 
 
特に
 
すぐ現場で使えて、効果抜群だと
確信したのが
 
「4つのあいづち」の部分。
 
4つのあいづちを知り
使いこなすとそれが大きな武器に
なるのです。
 
聴き方、あいづちのノウハウが
あなたのスキルになれば
 
少し乱暴な言い方ですが
 
あなたは無理に売り込んだり、
必要以上にしゃべることが
いらなくなると表現できる
かもしれません。
 
お客様の話の聴き方や
お客様の話に対するあいづちで
差別化できるのですから。 
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法



【保険営業ドクターマーケット開拓】ドクター開拓ならここで差別化しなさい



【生命保険営業】金銭消費貸借契約を提案して 相続・退職金・自社株対策 すべての保険を総取りする方法

金銭消費貸借契約を提案して
相続・退職金・自社株対策
すべての保険を総取りする方法
 
 
大減量のダイエットに成功した方の
エピソードが先日テレビで紹介されて
いました。
 
ダイエットをする決意がなかなか
できない妹に
 
痩せたがいいよ
食べ物をもっとセーブしなよ
 
と姉はストレートな提案をするのでは
なく 
 
洋服店に連れて行き、妹が大好きな
エビちゃんと同じサイズの服を試着
させたそうです。
 
結果は・・・
服は頭しか通らなかったといいます。
 
これがきっかけになって妹は
ダイエットを決意し成功します。
 
目的を達成するためには
必ずしもストレートな提案をするだけが
全てではないということでしょう。
 
 

「もっと英語を勉強しなさい!」
普通の親はこう子供に言うでしょう。
 
一方、ある人は自分が先に海外の
目的地に行って
 
子供を1人で日本から海外に
来させたそうです。
 
子供は途中で入った
ファーストフード店で
注文したものが出てこなかったり・・
 
タクシーで行きたい目的地が
伝わらなかったり・・・
 
英語を話せないととダメという
ことに気づき、日本に帰ってから
一生懸命勉強をスタートしたと言います。
 
これもストレートな提案だけで
すべてではない例と考えていいでしょう。
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
相続対策、自社株対策、退職金対策
など
 
社長にストレートな提案をしても
反応が悪くなったと感じませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした亀甲氏が
得意とするのは
 
ストレートな提案ではありません。
 
保険とは一見関係のない提案で
ありながら
 
最後はしっかり法人契約に繋がって
しまう提案です。
 
特に有効だと確信したのが
インタビューで詳しく語られている
 
「金銭消費貸借契約」の提案。
 
このノウハウを駆使すると
相続や自社株、退職金対策など
総取りできるチャンスが生まれる
のです。
 
 
「その話は何度も聴いたよ!」
 
今回紹介するノウハウがあなたの
スキルになれば
 
社長のこんな言葉を聞かなくて
済むようになると考えています。
 
売りたい保険をストレートに提案
して、簡単に売れた時代は終わった
とは思いませんか?
 
トップセールスパーソンは
売りたいものを売る提案ではなく
 
売りたいものが最後に売れる提案
ノウハウを持っています。
 
高度で難解なノウハウではなく
知っているか知らないかだけの差
と表現していいと思います。
 
それでもまだ相続や自社株対策の
提案を続けますか? 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。


音声セミナー
1億稼げた!法人生保新規開拓術
ライバルが提案しない
このスペシャルプランで差別化しよう




【法人保険営業】税制の変化はピンチではなくチャンス 変化を法人保険契約に変える方法

税制の変化はピンチではなくチャンス
変化を法人保険契約に変える方法
 
4月1日に新元号「令和」の発表が
あった直後に
 
令和というタイトルの新曲を
YouTubeにアップしたアーティストが
ある番組で紹介されていました。
 
「新曲をリリースするから紹介して
ください」と普通にお願いしても
なかなか取材はされないはずです。
 
このアーティストは元号が変わると
いう大きな変化をチャンスに
変えたと言えるでしょう。
 
どんな変化であってもその裏には
必ずチャンスがあるものです。
 
 
カセットテープ。
 
今時誰も使わない時代遅れのもの
と考えていましたが
 
カセットテープが今若者の間で
人気になっているそうです。
 
これをチャンスと捉え
昔ながらのラジカセを高値で
売っている業者がいるといいます。
 
どんな変化であっても
その裏にはチャンスあるものです。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
業界が激震した税制の変化で
今後保険が売りにくくなる・・・

こう感じていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大田氏の発想は
 
まるで違います。
 
変化をチャンスと捉えて
法人契約を連発させています。
 
実は
 
税制の変化は実はチャンス
なのです。
 
 
「ある売り方」さえ知っていれば。
 
 
詳しい売り方、ノウハウを
音声セミナーで詳しく解説して
いただきました。
 
変化の裏には必ずチャンスが
あります。
 
大切なことは、そのやり方を
知っているかどうかなのです。
 
税制が変わり困ったと感じる
保険営業パーソン。
 
税制の変化をチャンスに変え
今以上にコミッションを増やす
保険営業パーソン。

どちらになるかは
あなたが一歩を踏み出すか
どうかだけです。
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
音声セミナー
逆転の法人アプローチ話法 
売れない人は保険、相続、事業継承を語り
売れる人はマイル、ワンルーム、足場を語る



【保険営業目標達成の秘訣】1億稼ぐ!法人生保新規開拓術






保険営業で売れない方 3つの行動だけで生命保険が売れる!







【保険営業】こう消費税をお客様に伝えると 簡単に保険が売れてしまいます!

こう消費税をお客様に伝えると
簡単に保険が売れてしまいます!
 
以前、田舎を歩く番組である農家が
インタビューされていました。
 
自宅と所有する畑と山を合わせると
持っている土地は 
 
何と、東京ドーム約2個分!
 
と紹介されていたと記憶しています。
 
「すご~い!」これが私の率直な
感想でした。
 
調べてみると東京ドームの広さは
約4.7ヘクタールだそうです。
 
つまり2個分というと
約9.2ヘクタールになります。
 
「9.2ヘクタールの土地の所有」
ともし紹介されていたら
 
間違いなくピンときません。
 
「伝え方次第」で相手の感じ方は
変わると実感しました。
 
 

中食に力を入れるスーパーが
CMでこうアピールしていました。
 
「忙しいあなたを応援したい。」
 
おいしいです!
便利です!
安いです!

などと伝えることも悪くはないですが
このキャッチコピーは秀逸だと感じ
ました。
 
この例も「伝え方次第」なわけです。
 
 
 
これら2つの話は保険営業に通じます。
 
 
 
消費税増税。
 
これを大きなチャンスに変える
保険営業パーソンと
 
そうでない営業パーソンがいるのでは
ないでしょうか。
 
「消費税がアップしたので
家計や保険の見直しをしませんか?」
 
こんな類のトークでは実は
チャンスを作ることは難しいのです。
 
 
ではどう伝えれば
チャンスを作ることができるのか?
 
 
それを詳しく解説してくれたのが
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏です。
 
成功の大きなポイントは
 
見直しをしませんか?と
保険営業パーソンが質問する
展開ではなく
 
お客様から質問される展開を
作ることです。
 
保険営業パーソンが
 
「ある方法」で消費税を語ると
 
お客様が質問したくて仕方がなくなる!
 
こんな展開を作ることができる
のです。
 
あなたが見直しを投げ掛ける
のではなく
 
お客様が見直しをお願いするので
それを実践する
 
こんな流れをあなたも作ることが
可能です。
 
消費税アップの「伝え方次第」で。
 
詳しいやり方はすべて音声の中に
あります。
 
あなたはそれを実践するだけで
いいのです。
 
難しいノウハウは不要です。
 
知っているか知らないかの差だけ
と言っていいはずです。
 
それでもまだ見直しを勧めますか?
 
それとも見直しをお願いされますか?
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。


音声セミナー
設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ
保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と
言わせることができる



【保険営業ネットマーケティング】 保険が売れてしまうメールの送り方

【保険営業ネットマーケティング】
保険が売れてしまうメールの送り方
 
コンビニで一番売上が大きいものは
弁当と飲料水だそうです
                
この2つの商品が並んで売られる
ことはまずありません。
                
あえて売り場を離すのです。
                
もちろん理由はお客様に
店内を歩いてもらうため。
                
歩くことで、お客様は他の商品を
目にして”ついで買い”をする
可能性が高くなります。
                
私もお茶と弁当だけを買う予定なのに
デザートなどをつい買ってしまった
経験を何度もしています。
                
弁当と飲み物一緒の場所に売られていて
                
レジで「デザートはいかがでしょうか?」
と店員に勧められたら
                
私は同じ行動を起こさなかったに
違いありません。
                
売るもの自体も大切ですが
「お客様への見せ方」も重要なのです。
                
 
 
よく見かける格安うどん店も
仕組みは似ています。
                
ほとんどの店はセルフサービスで
うどんを注文して自分でお盆に載せた後
                
レジに向かう途中にうどんにトッピング
する揚げ物やおにぎり、いなり寿司
などが並んでいます。
                
かけうどん自体の値段は
2百円~3百円程度ですが
                
”あれも欲しい””これも”と
選んでいるうちに
                
600円~800円程度に
なってしまうことも多いのです。
                
800円の天ぷらうどんを
最初から売り込まれていたら
同じ結果にならないのかもしれません。
                
「お客様への見せ方」は重要です。
                
 
 
これは保険営業でも同じです。
                
 
 
商品や提案するプランで差別化する!
間違いではありません。
                
一方今回紹介する音声セミナーで
インタビューした奥田氏は
                
それだけに頼りません。
                
「お客様への見せ方」を工夫して
例え条件で劣っていても
ライバルに勝つノウハウを
確立しています。
                
特にお客様へのメールの送り方、
見せ方のノウハウはピカイチです。
                
あなたはこれを意識したことが
ありますか?
                
実はこの見せ方を変えるだけで
成約率を大きくアップさせることが
できるのです。
                
コンビニやうどん店と同じで
計算されたノウハウがそこには
あります。
                
お客様に会って何をどう話すか?
                
多くの保険営業パーソンは
セミナーや勉強会などでこれを
一生懸命学びます。
                
しかし売れる人は
会う前のメールで大きく差別化
してしまうのです。
                
インタビューの中で
特に驚いたメールノウハウを
挙げると・・・
                
・お客様が見ない資料を送ると
成約率がアップする!
                
・メールの改行を変えれば保険は売れる!
                
・一番反応がよいフォローメールを
 送る時間
                
・紹介を確実に契約に繋げるメール
「CC」の使い方
                
・100%契約が獲れないメールの文面
                
・保険の相談や質問メールには
 こんな文章を返信せよ
                
・しつこくならない、失敗しない
 絶妙のメール頻度
                
保険営業パーソンにとって
ネットやメールは営業ツールとして
今後ますます重要になることは
確実です。
                
これを知らずに営業を続けますか?
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
メール1通で保険が売れる!
非常識なメールノウハウとネット集客法




【保険営業】ちびまる子から学ぶ相続保険の売り方




【保険営業】見込み客を自動的に集客できた仕組み




【保険営業】ワンルームマンションを こう語るだけで相続対策保険が売れる

ワンルームマンションを
こう語るだけで相続対策保険が売れる
 
「また”ふあふあ”で遊びた~い」
 
空気で膨らませた大型の遊具で
初めて遊んだ、まだ小さかった
友人の息子さんは
 
エア遊具が大好きになって
何度もこうねだり、

友人は息子さんと一緒に
何度も足を運んだそうです。
 
エア遊具を初めて体験した場所は
遊園地でもデパートの屋上でも
ありません。
 
実はJリーグのあるチームの
スタジアム。
 
きっかけはエア遊具でしたが
今は息子さんは今は大きくなり
 
Jリーグのそのチームのファンになり
自分をサッカーをプレイしています。
 
サッカーチームが幼い子供に 
サッカーを好きになってください!  
試合を見に来てください!
 
とアピールしてもすぐに結果に
繋がらないことは明らかです。
 
まずはスタジアムが楽しい、
面白いと子供に感じてもらい
 
何度も来てもらうことが重要
ではないでしょうか。
 
何度も来てもらううちに
ファンになったりサッカーを
好きになってもらう・・・・
 
こんなストーリーを描ける
チームがファンを増やせると
感じます。
 
ストーリー
 
これは保険営業でも重要です。
 
相続対策保険をもっと売りたいが
思え描いた結果がでない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大田氏は
 
相続対策保険獲得の達人です。
 
成功の大きな要因が
 
「ストーリー」なのです。
 
うまくいかない営業パーソンは
ストーリーを描かずに
 
いきなりクライマックスにして
しまうと比喩できるでしょう。
 
つまり保険を売るための話を
先行させてしまいます。
 
一方、大田氏は

クライマックス・・・最後の最後に
保険が売れてしまうスト-リーを
作り上げます。
 
音声セミナーで詳しく語られている
ワンルームマンションから
 
話をスタートさせ
 
クライマックスで相続対策保険が
売れるストーリーは秀逸です。
 
決して難しいノウハウでは
ありません。
 
インタビューで語られている
ストーリーをそっくりそのまま
真似するだけでも効果は大だと
考えます。
 
ふあふあハウスで子供に遊んで
もらい・・・最後にファンになって
もらうサッカーチームのような戦略が
 
保険営業でも必要だとは思いませんか?
 
売りたいものをアピールして売れた
時代はとうに終わりを告げていると
言っていいはずです。
 
今こそトップセールスパーソンの
ストーリーを真似しませんか。
 
相続対策保険が欲しいなら
 
保険ではなく
 
ワンルームマンションを語れ!
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
逆転の法人アプローチ話法 
売れない人は保険、相続、事業継承を語り
売れる人はマイル、ワンルーム、足場を語る



【保険営業】私は「ここ」を変えてTOTになれた

私は「ここ」を変えてTOTになれた

 
ある大手企業で管理職をやっている
友人と話す機会がありました。
 
上司から仕事や部下の育成について
さまざまな批判・指摘を受けるそう
です。
 
また部下からは会社の体制や指針に
関して不満を言われることがあると
いいます。
 
上司と部下との板挟み、両者からの
プレッシャーでうんざりしている
様子がとても印象的でした。
 
不満や批判・・・
 
普通であれば嫌になるのが
当然ですが
 
サッカーの本田圭佑選手は
以前こう語っていました。
 
「批判はうれしい。僕に期待して
いなかったら、批判する必要が
ないから。」
 
「考え方」次第で同じ批判で
あっても「うれしい」になる
わけです。
 
 
 
会社の商品やサービスに
関してのクレーム。
 
ある経営者はこれが嫌で
仕方がありませんでした。
 
できれば避けて通りたいもので
大きなストレスの要因の1つ
と考えていたのです。
 
ところが今は
クレームはチャンスだと
捉えています。
 
その経営者はクレームを
会社のサービスの向上や
新商品開発の大きなヒント
だと考えているのです。
 
クレームも
避けたいものとするか、
チャンスと捉えるか
 
「考え方」次第なわけです。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビュー大関氏は
 
お話を伺った時点で
3期連続TOTの
 
日本でも有数のトップセールス
パーソンです。
 
大きな飛躍のきっかけは
 
 
「考え方」を変えたことです。
 
 
何をどう変えればいいのか?
答えはすべて音声の中にあります。
 
セミナーや研修会に参加して
一生懸命勉強しても
 
なかなか思い描いた成果に
繋がらない・・・
 
こんな悔しい思いをして
いませんか?
 
知識や情報そして
セールススキルを学ぶことも
とても重要なのですが
 
それらだけをただ勉強する
だけでは、
 
結果を継続的に出すのは難しい
 
これが大関氏の考えです。
 
知識や情報、スキルを活かす
ためには
 
「考え方」を変えることが
第一歩だというのです。
 
あなたはトップセールスパーソン
のスキルやトークだけではなく
 
「考え方」をしっかり
学んだことがありますか?
 
成果に繋がらなかったのは
頑張りが足らないからではない・・
 
「考え方」を知らないだけだと
音声を聴けばきっとあなたは気づき
 
営業活動が大きく変わると
私は確信しています。
 
まだトークやノウハウばかりを
勉強し続けますか? 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。



音声セミナー
保険営業で売れない原因はこれだ!
私を3期連続TOTに変えた11の
非常識な成功法則



【生命保険営業】見込み客からどんどん連絡が入る! 0円の集客の武器を持ちませんか?

見込み客からどんどん連絡が入る!
0円の集客の武器を持ちませんか?
 
 
賃貸住宅を契約する際
敷金・礼金、前家賃や仲介手数料を
含めて賃料の5~6か月分が必要!
 
これが今までの常識ではないで
しょうか。
 
一方、ある会社が提供する
賃貸サービスは
 
敷金0円・礼金0円、
さらに仲介手数料も0円。
 
さらにさらに部屋には生活する
ための家財道具がそろっています。
 
つまり必要な電化製品などを買う
お金も0円で済むのです。
 
しかも契約はわざわざ不動産会社
までいかなくてもスマホで
完結することができるのです。
(交通費も0円)
 
技術の進歩などで今まで高かった
ものが0円になっていく
または0円に近づいていくことは
この例以外にも増えていくと
思います。
 
 
この話は保険営業に通じます。
 
 
見込み客をもっと集めたいが
うまくいかない・・・
 
これから先、見込み客を入手
し続けることができるか不安・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
保険営業のトップセールス
パーソンでありながら
 
見込み客を効率的に集客する
ことに成功している優秀な
マーケッターでもあります。
  
 
顧客を集めたり
見込み客を集客したり
セミナー参加者を募る場合
 
DMやネット広告、折込チラシ、
地域誌への広告など
 
お金をかけて集客するのが
今までの常識と言えるでしょう。
 
一方、竹下氏は
 
見込み客の集客を0円で成功
させているのです。
 
「動画」を活用することで!!
 
 
竹下氏の「動画」での
集客ノウハウが
 
素晴らしいと感じた点は3つ
あります。
 
1つ目は・・・
 
単に資料が欲しいという顧客ではなく 
相談したいという非常に見込度の
高い顧客を集客できる点。
 
2つ目は・・・
 
動画は当然ネットを活用するの
ですが、ネットを使っても
地域を限定して集客することが
できる点です。
 
つまり自分のテリトリーに
絞って集客が可能になるわけです。
 
そして3つ目は
費用はかからない、0円という
部分。
 
0円ですからやり方さえわかれば
すぐに実行できるのです。
 
 
もちろん
 
どこに、どんな動画を出すかが
ポイントです。
 
詳しくは音声セミナーで竹下氏に
解説していただきました。
 
ちなみに竹下氏のノウハウでは
 
動画では一切保険のことは
語りません。
 
ですから所属・取引する会社など
から許可などを取る必要がありません。
 
 
0円で見込み客の心配がなくなり・・・
 
さらにあなたのテリトリー内の・・・
 
相談にのってほしいという
非常に見込度の高い顧客が
集客できたら・・・
 
あなたの保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。


音声セミナー
0円!簡単にできる!動画マーケティングで
見込み客・新規契約・追加契約・法人契約・
紹介、すべてを獲得する方法



【保険営業】ネットもチラシも不要! 事務所に居ながら相続保険の 見込み客を集客できる方法

ネットもチラシも不要!
事務所に居ながら相続保険の
見込み客を集客できる方法
 
90件が0件に激減!!
 
サービスエリアのトイレの個室に
スマートフォンや財布を置き忘れる
人は少なくなかったそうです。
 
私もトイレに座る時、ポケットに
入っているスマホなどをトイレに
設置されている小物置きにおく
ことはよくあります。
 
そのままトイレを出てしまい
置き忘れる・・・
 
こんなケースが90件あった
某サービスエリアは
 
これを0件にすることに成功した
とある番組で紹介されていました。
 
どんなことをしたのか
予想できますか?
 
「わすれもの注意!」と大きな
貼り紙をする
 
私なら注意を喚起することぐらい
しか思い浮かびませんが・・・
 
このサービスエリアがやったことは
全く違います。
 
トイレのロックと小物置きを
一緒にする!
 
つまり小物置きを上にあげないと
ロックが解除されない「仕組み」に
したのです。
 
これで置き忘れが0件になったの
です。
 
「仕組み」は重要です。
 
 
これは保険営業に通じます。
 
 
相続対策保険の契約をもっと
増やしたいが
思うようにいかない・・・

相続対策が必要な
資産家や富裕層の見込み客を
なかなか見つけることができない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミなーで
インタビューした竹下氏は
 
相続対策保険のスペシャリスト。
 
長年、驚くほどの成果を挙げ続ける
日本有数のトップセールスパーソン
です。
 
成功を続ける秘密は
 
「仕組み」なのです。
 
インタビューで詳しく解説されて
いる相続対策保険の見込み客を
獲得する「仕組み」は見事です。
 
事務所に居ながら
 
FAXやメールで見込み客がどんどん
紹介される「仕組み」を竹下氏は
作り上げています。
 
この「仕組み」が素晴らしいのは
会ってもいいという見込み度が
低い人が紹介されるのではなく
 
”ぜひ相談したい”という
見込度の高いお客様が紹介される
点です。
 
ネットに広告を出したり
お金をかけてチラシをまく方法では
ありません。
 
 
多くの優良な見込み客を持つ
 
 
●●と提携するのです。
 
 
税理士などの士業の先生から紹介を
いただく方法ではありません。
 
●●と提携している保険営業
パーソンはまだ少数。
 
それでいて●●の顧客は今後
少なくとも20年は増え続ける
ことは確実です。
 
 
あなたはまだがんばるだけですか?

それとも手を伸ばせば届く
「仕組み」を手に入れますか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見できる
マーケティング手法



【保険営業ドクターマーケット開拓マニュアル】2億稼げた飛び込み話法とは






【法人保険営業】保険以外の「この提案」をすれば コネや紹介なしで商工会議所を開拓 できます!

保険以外の「この提案」をすれば
コネや紹介なしで商工会議所を開拓
できます!
 
 
少し想像してみてください。
 
あなたはある私立高校の入試担当者
です。
 
一人でも多くの入学希望者を集める
ためにどんなことをしますか?
 
高校の良さや楽しさ、就職や進学率
などをアピールする!
 
こんなストレートなアピールも
もちろん悪くありません。
 
しかし私なら・・・
 
いい監督、いい選手をスカウトして
野球部を強くし
 
甲子園に出場できるように働き
かけます。
 
甲子園に出場できれば
高校は有名になり、結果として
入学希望者はたくさん集まるのでは
ないでしょうか。
 
欲しい結果を得るために
ストレートな戦術だけが
すべてではないと感じます。
 
最後の最後に結果が得られるような
戦術も有効ではないでしょうか。
 
 
 
ドリンクの売上をアップさせたい
ある飲食店経営者は
 
ドリンクをお客様に勧めるだけでは
ありません。
 
彼はメニューに辛い料理を増やしたい
のです。
 
辛ければ、当然飲み物が欲しくなり
結果的にドリンクの売上がアップした
そうです。
 
この店もストレートな戦術だけではなく
最後の最後に結果に繋がる戦術で
結果を手にしたいと言えます。
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
 
商工会議所や法人会などの
企業団体を新規開拓できれば
 
得られる成果は大きいはずです。
 
しかしコネや紹介がないから
自分には難しいとは思っていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
コネや紹介が全くない企業団体を
 
何と飛び込みから新規開拓して
 
大きな成果を手にしています。
 
 
もちろん
 
保険の話をしたり、保険を売り込んだり
することは一切ありません。
 
最初は保険の話は全くしません。
 
ストレートに契約に繋がるような
戦術をとらないわけです。
 
では中瀬氏は何をやって
飛び込みで企業団体を新規開拓する
ことに成功しているのか?
 
秘密は
 
 
「ある提案」なのです。
 
 
保険とは全く関係のない
「ある提案」を
 
企業団体にすると
 
飛び込みで訪問しても
 
即座にOKをもらえる可能性が広がり
大きなチャンスを手にできるように
なるのです。
 
もちろん最初は保険とは関係のない
「ある提案」ですが
 
最後の最後にはしっかり法人契約に
繋がります。
 
まさにストレートな戦術ではなく
最後の最後に契約に繋がる戦術で
 
中瀬氏は法人契約を手にしています。
 
 
「ある提案」とは何か?
 
インタビューで詳しく解説されて
います。
 
もちろん
飛び込みではどんなトークを使って
いるのか?なども詳しく知ることが
できます。
 
 
1件1件コツコツ法人を開拓する
ことも素晴らしいことです。
 
しかしたくさんの企業が所属する
団体を開拓でき
 
まとまった法人に1度にどばっと
アプローチすることができたら
 
あなたの手にする成果は変わるとは
思いませんか?
 
 
決して難しいノウハウではありません。
コネや紹介も不要です。
 
ほんの少しのコツを知っているか
知らないかだけの差なのです。
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
音声セミナー
新規契約の80%が追加契約です!
脱!新規開拓、追加契約を劇的に増やし
土日休んでもCOTになれる超効率保険営業術



相続保険の見込み客がメール&Faxで どんどん紹介される仕組み

相続保険の見込み客がメール&Faxで
どんどん紹介される仕組み
 
少し想像してみてください。

あなたはあるクイズ番組の責任者です。
 
普段クイズ番組に参加しない
大物俳優に出演してもらうには
どんなことをしますか?
 
「ぜひ出演してください!」と
ひたすらお願いする!
 
高いギャラを提示して主演交渉する!
 
これらも間違いではないはずですが
 
私なら・・・
 
俳優が出演している舞台や映画を
テレビで宣伝しませんか?と
投げかけ
 
番組内でプロモーションの時間を
作ることを約束します。
 
1枚でも多くの人にチケットを
売りたい!というニーズを満たす
提案をするのです。
 
結果としてクイズ番組に出演して
もらえる可能性が高くなるとは
思いませんか?
 
自分のニーズを満たすための
提案をするだけではなく
 
まず相手のニーズを満たしながら
最後に自分のニーズが満たされる
「仕組み」が重要だと感じます。
 
 
この話は保険営業に通じます。
 
 
最近、見込み客が減ってきたと
感じる・・・

将来に見込み客が枯渇するかも
しれないという不安がある・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
日本を代表するトップセールス
パーソンで見込み客獲得の達人です。
 
といっても人の何倍も動き回り
寝る間を惜しみ訪問を繰り返し
 
見込み客を確保するというスタイル
ではありません。
 
事務所に居ながら、メールやFAXで
どんどん見込み客が紹介される
「仕組み」を作り上げ
 
効率的に見込み客を入手しています。
 
 
やり方は高度で難解なものでは
ありません。
 
 
スタートは「ある業者」に
「ある研修」を提案するだけ。
 
 
これは業者のニーズを満たすもの
なので、多くの場合提案は受け入れ
られるといいます。
 
「ある研修」をすると
最終的に見込み客が紹介される
「仕組み」を作ることができる
のです。
 
詳しくはインタビューで解説されて
います。
 
「お客様を紹介してください」と
自分のニーズだけを満たそうと
するから
 
見込み客の紹介が難しくなるのです。
 
成功者は相手のニーズを満たしつつ
最後に自分のニーズを満たす
「仕組み」を作り上げています。
 
まだ依頼やお願いをして紹介を
入手しようとしますか?
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見できる
マーケティング手法




保険営業で”行くところがない”方!このセミナー営業方法なら成功できます







損保増収!損保を1000万増収する秘訣&話法





法人保険が簡単に売れてしまう 雑談があることを知っていましたか?

法人保険が簡単に売れてしまう
雑談があることを知っていましたか?
 
 
「一緒に野球を楽しみませんか?
ぜひ1度練習に参加してください!」
 
コンビニの壁に貼ってあった
少年野球チーム入団勧誘のための
ポスターにこう書かれていたと記憶
しています。
 
野球をやる子供が減少している
現在ではこのポスターを見て
 
すぐに「よし!1度練習に参加しよう」
と思う小学生は少ないはずです。
 
野球をやったことがない子供にとって
練習に参加するのは
 
高い高いハードルになると予想できる
からです。
 
一方別の少年野球チームは
練習とか入団という言葉で勧誘を
しないそうです。
 
「餅つき大会」
 
彼らが何度もやっているイベント
です。
 
子供なら誰でも無料で参加できて
チームの子供たちと一緒に
餅つきを体験でき、作った餅を
食べられる催しです。
 
たくさんの子供が集まり
 
その後、参加者の中から
チームに入団する子供が毎回いる
そうです。
 
練習や入団ではなく餅つき。
 
彼らは子供の心理的なハードルを
見事に低くしてよい結果を得ていると
考えられます。
 
 

住宅展示場にぜひお越しください! 
 
ではなく
 
「ミニ動物園をやるので遊びに来て
ください!」
 
ある住宅販売会社がこう宣伝して
いました。
 
動物園を開くのは住宅展示場の
空きスペースです。
 
間違いなくたくさんの人が集まり
販売会社は多くの見込み客を獲得
できたと予想できます。
 
顧客の心理的なハードルを見事に
下げる作戦と言っていいでしょう。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
法人にアプローチしても
社長からすぐに断られてしまう・・・
 
社長に名刺を渡しただけで
保険はたくさん入っていると
言われてしまい、話が進まない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
大田氏は
 
長年法人新規開拓で成功を続ける
日本有数のトップセールスパーソン
です。
 
大田氏が成功の大きな要因の1つは
 
社長の心理的なハードルを下げる
ことが最高にうまいのです。
 
そもそも保険営業パーソンが来た
というだけで社長は警戒するのが
普通です。
 
ハードルが高いままなのに
保険とか相続とか事業継承の話を
すれば撃沈することは明らかです。
 
 
大田氏のハードルを下げる武器は
 
誰も知らない情報や裏技的な知識
ではなく
 
雑談。
  

もちろん雑談をしないという
保険営業パーソンはいないはずです。
 
普通は雑談をしてから本題に移る
というのが常識。
 
一方
 
大田氏の場合は
 
雑談をしてから本題ではなく
 
雑談=本題。
 
雑談がダイレクトに契約に繋がって
しまうと表現していいかもしれません。
 
雑談ですから当然、社長は売り込まれ
ている感覚を持ちません。
 
売り込まれないから当然断りも
しません。
 
心理的ハードルが下がりスムーズに
成約に至るスキルなのです。
 
音声セミナーの中で特にこれはすぐに
現場で使えて強力な武器になると
確信したのが
 
トランプ大統領
マイナンバー

に関しての雑談話法です。
 
何をどう話せばいいのかインタビューで
明らかになります。 
 
がんばって法人保険を売る
のではなく
 
社長と雑談をするだけでいい・・・

これで法人契約が獲れるように
なったら
 
あなたの保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
保険の売り方はあなたはもう十分
勉強したはずです。
 
足らないのはトップセールスパーソン
の雑談ノウハウではないですか?
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。
音声セミナー
さらばセールストーク この雑談で法人保険が売れる 
100%社長に断られないアプローチ手法




これで売れなきゃ諦めろ! TOTが語る「これ」が売れない原因だ

これで売れなきゃ諦めろ!
TOTが語る「これ」が売れない原因だ
 
少し考えてみてください。
 
試合でなかなかヒットを打つことが
できない少年がいます。
 
彼は打てるようになるために
 
ソフトバンク柳田選手モデル
のバット
 
エンゼルス大谷翔平選手が
使っているレガースやプロテクター
 
ヤクルト・山田哲人選手と
同じモデルのスパイク
 
を一生懸命貯めた小遣いで
買いました。
 
こんな少年がいたら
どんなアドバイスをしますか?
 
「打てない原因は道具じゃないよ!」
 
野球の素人でもこんな類の言葉を
掛けるのではないでしょうか。
 
打てない原因
すなわち失敗の「本当の原因」は
 
道具ではなく
 
打ち方だったり、トレーニングや
練習の仕方にあると予想できますから
 
それらの部分を改善するべきだと
私ならアドバイスします。
 
 
 
成績をアップさせるために
参考書や問題集ばかり買い漁る
友人がいました。
 
彼の部屋に行くと、
本棚には有名で売れている
参考書や問題集が
 
ズラリと並んでいました。
 
しかし彼の成績が上がることは
ありませんでした。
 
説明するまでもありませんが
どんなにいい参考書や問題集を
集めても
 
それだけでは成績向上に
繋がりません。
 
自分で勉強しない
勉強時間が足らないなど
 
成績が上がらない
すなわち失敗の「本当の原因」を
無くさなければ
 
うまくはいかないことは確実です。
 
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
 
お金や時間をかけて
セミナーや研修に参加して
一生懸命勉強しているが
 
なかなか成果に繋がらない・・・
 
こんな悔しい思いをしていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大関氏は
 
お話を伺った時点で
3期連続TOTの日本でも有数の
トップセールスパーソンです。
 
大関氏は
 
多くの保険営業パーソンは
 
道具や武器を増やすことだけに
一生懸命すぎると指摘します。
 
売れない、思ったような成果が
できないと
 
新しいノウハウ
目新しい知識
みんながやっていない提案など
 
武器や道具を増やす努力ばかり
するわけです。
 
野球少年がヒットを打つために
新しいバットやスパイクを
買うように。
 
売れない、契約が獲れない

すなわち失敗の「本当の原因」は
 
 
「全く別な部分にある」と
 
 
大関氏は断言しています。
 
それを詳しく音声セミナーの
インタビューで
解説していただきました。
 
「失敗の本当の原因」
 
これがわかれば
 
後は簡単。
 
それを取り除けばいいだけです。
 
売れない、契約が獲れない
理由・原因がなくなれば
 
その後、あなたの成績・成果が
どうなるか
 
今更説明する必要はありません。
 
それでもまだ武器や道具を
増やすことに一生懸命に
なりますか?
 
それとも「売れない本当の原因」
を無くし
 
あなたの営業を変えたいですか? 
 
 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をご覧ください。

音声セミナー
保険営業で売れない原因はこれだ!
私を3期連続TOTに変えた11の非常識な成功法則



保険営業】法人保険が売れる人は保険料や返戻率より「これ」を重視する







【保険営業企業開拓成功例】DM→セミナー営業でTOTになるノウハウ








保険営業成功事例 賃料改定を切り口に法人を新規開拓する方法