FC2ブログ

保険営業成功ノウハウ

トップセールスパーソンから学んだ保険営業成功ノウハウを紹介します。

【法人保険営業】紹介革命!毎日経営者と会える、 見込み法人が途切れないノウハウ

紹介革命!毎日経営者と会える、
見込み法人が途切れないノウハウ
  
紙に描かれた鶏をハサミで切り取り
糊代を貼り合わせと・・・
 
結構立派な立体的な鶏が完成します。
 
ある小学生が雨の日にやっていた
工作です。
 
母親がネットで「ペーパークラフト
 無料」と検索して、見つけたそう
です。
 
このサービスを0円で提供している
のはキャノン。
 
私も使っているプリンタのメーカー
です。
 
鶏を印刷する際に当然プリンタを
使います。
 
サイトにたどり着いた人すべてが
キャノンのプリンタを使っている
とは限りませんが
 
このサービスはカラーでプリンタを
使ってもらう「仕組み」の1つだと
考えられます。
 
インクをどんどん使ってください! 
とただアピールすることも時には
大切ですが
 
「仕組み」の重要性に気づいた
出来事でした。
 
 
 
「あの店はソースを何度つけても
いいから、おすすめだよ!」
 
串揚げ片手にビールを飲むことが
何よりも楽しみの友人がこう言って
いました。
 
串揚げ店と言えば、普通ソーズの
二度づけは禁止ですが
 
その店は何度つけてもOK。
 
お客様のサービスのためにやって
いると考えられる一方で
 
売上をアップさせる「仕組み」が
あるのではないかと私は予想します。
 
ソースを何度もつければ
当然喉が渇きます。
 
喉が渇けばドリンクを飲みたくなり
結果として売上が上がる・・・
 
あくまで私の勝手な予測ですが
「仕組み」の大切さを感じました。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
法人開拓をもっとしたいが
訪問できる先がなかなか見つからない
 
法人の見込み客の確保に不安が
ある
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大田氏は
 
MDRT終身会員の日本を代表する
トップセールスパーソンです。
 
訪問先・法人見込み客に困る
ことがありません。 
 
といっても寝る間を惜しみ
駆け回り、訪問先・法人見込み客を
見つけているわけではありません。
 
大田氏の強力な武器の1つは
 
税理士からの紹介。
 
普通は税理士の先生と仲良くなり
うまく紹介を依頼して成果に
繋げるのが一般的でしょう。
 
大田氏のやり方は
 
全く違うのです。
 
お願いなし。
依頼もなし。
 
紹介を「仕組み」化するノウハウを
確立しています。
 
この「仕組み」を知ることができれば
紹介を依頼しなくても
 
税理士は顧問先や顧問先の
取引先などに自ら働きかけ
 
最終的にあなたは経営者・社長と
コンスタントに会えるようになると
考えています。
 
しかも仮に今税理士を今一人も
知らなくても大丈夫。
 
この「仕組み」を活用できれば
飛び込みであっても税理士と提携
することが可能になり
 
紹介を入手できるようになると
確信しています。
 
「仕組み」の作り方は
音声セミナーのインタビューで
大田氏に一からわかりやすく
解説いただきました。
 
毎日、経営者と会える
法人の見込み客の心配がなくなる
 
こんな風になったら、あなたが営業は
大きく変わり
 
最後に手にする成果も大きな変化を
遂げるとは思いませんか?
 
決して難しいノウハウでは
ありません。
 
知っているか知らないかだけの
差と言っていいはずです。
 
あなたはこの「仕組み」を知らない
だけで
 
本来なら手にできたはずの紹介・
法人見込み客をいくつも逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損失は止めなくては
なりません。
 
あなたはまだ紹介獲得のための
トークを学ぶだけですか?
 
それともMDRT終身会員が
今も実践する「仕組み」を
あなたのスキルにしますか?
 
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法




【保険営業】1か月で97人の紹介入手できた 一番簡単にMDRTになる方法

1か月で97人の紹介入手できた
一番簡単にMDRTになる方法
 
 
短期間でチームを強化して
甲子園常連校に育てた高校野球の
監督が特集されている動画を見ました。
 
特別な練習。
特別な指導法。
 
これらを予測しましたが
その期待は裏切られます。
 
練習や指導法は至ってシンプルで
他の高校と大差はありません。
 
しかし他校とは「少しだけ変えて」
いる部分があります。
 
それは現状や目標をすべて数値化
している点です。
 
ヒットを打てるようになるという
漠然とした目標ではなく
 
スイングスピードを今の〇キロから
▽キロにアップするというように
数値化するのです。
 
走塁をががんばって盗塁を増やす
のではなく
 
塁間を〇秒で走る!と数値化。
 
これで選手のスキルはぐんぐん
伸びるといいます。
 
大きく変えることも重要ですが
「少しだけ変える」ことのすごさを
実感しました。
 
 
繁盛飲食店を作るというと
素人の私はまずメニューや
味などを他にはないものにしなければ
ならないと考えてしまいます。
 
大きく変えることばかりに注力する
はずです。
 
一方、以前テレビで紹介されてた
行列ができる店がこだわっている
のが
 
店の入口に掛ける
 
のれんの長さ。
  
長すぎても、短すぎてもダメで
顧客が入店しやすいのれんの長さが
あるそうです。
 
「少し変える」だけで結果は
大きく変わるということでしょう。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
紹介をもっともっと増やしたいが
思い描いた結果がでない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした杉山氏は
紹介入手の達人です。
 
1か月で97人の紹介を獲得したり
1人のお客様から20人の紹介を
入手したり
 
非常識な実績を持っています。
 
誰も使わない、特別な紹介依頼
話法があるに違いないと考えましたが
 
それは大きな間違いでした。
 
トークや話法自体はみんなと
大きく変わりません。
 
ある部分を「少し変える」ことで 
普通では考えられないような
結果を出し続けているのです。
 
 
「少し変えている」部分は3つ
あります。
 
 
1つ目は見込み客からも紹介を
入手している点です。
 
紹介は契約者からでないともらえない
というのは幻想なのです。
 
契約にならなくても紹介を獲得する
ことは可能なのです。
 
詳しいやり方は音声セミナーで
杉山氏に語っていただきました。
 
 
 
2つ目はメールを活用する点です。
 
紹介を入手する手段は口頭や電話だけ
という方がほとんどのはずです。
 
しかしこれにメールを絡めることで
紹介のハードルを下げることができ
入手できる可能性がぐんとアップ
するのです。
 
どんなメールを
どう使えばいいのか?
 
インタビューで杉山氏に解説して
いただきました。
 
 
それから3つ目。
 
紹介獲得の戦術を再現性がある
ものにしている点です。
 
紹介が連鎖することが理想ですが
うまくいくケースは稀と言って
いいでしょう。
 
紹介が途切れてしまうことも
珍しくありません。
 
杉山氏はそんな時、また一から
やり直せる、つまり繰り返し
紹介が入手できる方法を確立
しています。
 
行き先や見込み客に困ったら
また最初に戻って繰り返せば
紹介が入手できる仕組みを
作り上げました。
 
詳しくは音声セミナーで
明らかになります。
 
 
高度で難解なノウハウは1つも
ありません。
 
知っているか知らないかだけの
差なのです。
 
あなたはこれらの紹介獲得
ノウハウを知らないことで
 
本来であれば入手できた紹介や
見込み客を何人も何件も見逃して
きてしまったと言っていいかも
しれません。
 
大きく変えるのではなく
「少し変える」だけでいいのです。
  
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
1か月に97人紹介を入手するノウハウ
~こうすれば紹介だけでMDRTを獲得できる~



【保険営業紹介】まだ知らないの? 依頼なし、お願いなしで 経営者が次々紹介される方法

まだ知らないの?
依頼なし、お願いなしで
経営者が次々紹介される方法
 
 
フリーマーケットで3人の子供が
小さい頃読んだ絵本を売っている
友人がいます。
 
最初は1冊100円で売りました。
 
ある程度売れたのですが、
1冊だけ買う顧客も多く対応や
お釣りの受け渡しなどが大変
だったため
 
その後のフリマでは3冊セットのみ
(300円)で販売したそうです。
 
すると1回目より売上アップ!
 
さらに3回目は3冊セットに加えて
5冊セットで買ってくれたら
1冊無料でプレゼントという売り方
をしました。
 
するとほとんどの顧客が5冊購入。
 
客単価は上がり
対応やお釣りの負担も軽減し
 
全体の売上も1回目と比べると
格段にアップしたといいます。
 
「簡単なアイデア」で結果が
大きく変わることを実感しました。
 
 
 
アパート・ワンルームの空室率が
上がっているというニュースを
時々耳にしますが
 
以前、テレビで紹介されていた
ワンルームマンションは常に満室。
 
誰かが退室するとすぐに入居者が
見つかるそうです。
 
といっても特別な機能が付いている
マンションではありません。
 
私も若い頃、住んだことがある
バストイレ付のワンルーム。
 
ただ違う点は今までの物件よりも
小さいということだけ。
 
生活できるスペースは3畳程度
しかないありません。
 
小さいですから、同じ敷地に
今までのワンルームマンションより
多くの部屋を作ることができますから
賃料も若干安めなのです。
 
入居を集めるというと難しいという
イメージがありますが
 
小さくするという
「簡単なアイデア」が武器になる
わけです。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
 
経営者の紹介を増やしたいが
 
思ったような結果がでない・・・
 
税理士や既契約者の社長に
依頼しても「いい人がいたら」と
言われ、それで終わっていまう・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
紹介入手の達人です。
 
経営者・法人の紹介をコンスタントに
獲得して、お話を伺った時点で
COT9回です。
 
しかも中瀬氏のすごい点は
 
「ご紹介をぜひお願いします」
 
「どなたかご紹介をいただけませんか?」
 
などという依頼やお願いを
 
一切しない点。
 
紹介を全くお願いしないで
経営者・社長の紹介を次々獲得して
しまうのです。
 
実は難しいノウハウは一切必要
ありません。
 
「簡単なアイデア」で紹介を入手
しまくっているのです。
 
武器の1つは
Facebook。
 
Facebook無料で誰でもいつから
でもスタートできます。
 
ここに
 
誰でもできる
 
「ある簡単な投稿」
 
をするだけ。
 
これだけ。これで終わり。
 
実は「簡単なアイデア」で経営者・法人
の紹介は獲得できるのです。
 
経営者・法人の紹介がコンスタントに
ゲットできる状況を想像してみて
ください。
 
行くところがない・・・
見込み法人がいない・・・
契約が獲れない・・・
 
こんな不安や心配から解放される
とは思いませんか?
  
お金を掛けてFacebookに広告を出す
必要はもちろんありません。
 
友達の数ももちろん関係ありません。
 
あなたはこの「簡単なアイデア」を
知らないだけなのです。
 
知らないことで本来なら入手できた
経営者・法人の紹介を今まで
数多く見逃してきてしまったと
言っても過言ではありません。
 
詳しい紹介入手のノウハウ
Facebookへの投稿方法などは
音声セミナーのインタビューで
詳しく解説されています。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
新規契約の80%が追加契約です!
脱!新規開拓、追加契約を劇的に
増やし土日休んでもCOTになれる超効率保険営業術




【生命保険営業】もうアポなんていりません! 紹介なしコネなしでも いつでもドクターに会える秘密

もうアポなんていりません!
紹介なしコネなしでも
いつでもドクターに会える秘密
 
 
「何かお探しですか?」
 
デパートの衣料品売り場で
店員からこんな声をよく掛けられた
記憶があります。
 
売り込まれる!と感じた私は
その場からフェードアウト。
 
あなたもこんな経験が1度や2度
ありませんか?
 
あるカリスマ女性店員は
「最初の一言」が違うと
聞いたことがあります。
 
「そのスカートかわいいですね」
「そのイヤリング素敵ですか」
 
売り込みではなく、顧客がこだわり
を持っていると予想される物や事に
ついてスポット当てて会話のきっかけ
にするのです。
 
本当にこだわりを持っている
ものであれば、当然会話が弾み
結果として販売に繋がるといいます。
 
「最初の一言」は重要なわけです。
 
 
 
「お店に来て!」
 
普通のキャバクラ嬢はメールやLINEで
来店の催促をします。
 
一方、できるキャバクラ嬢は
「最初の一言」が違います。
 
「ちょっと嫌なことがあったんだ・・・
相談にのってほしいな」
 
こんな類の連絡に思わず来店して
しまった友人を知っています。
 
来店ではなく相談。
 
やはり「最初の一言」は大切です。
 
 
これは保険営業にも通じます。
 
 
ドクターマーケットを開拓したいが
 
コネや紹介がないからできない・・・
 
今まで何度かチャレンジしたが
受付で断られてしまった・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
お話を伺った時点でCOT9回の
トップセールスパーソンです。
 
ドクターマーケットの新規開拓も
得意としています。
 
コネなし!
紹介なし!
 
中瀬氏はこれで成功しています。
 
驚くことに飛び込み訪問から
ドクターから契約を獲り続けて
いるのです。
 
しかし
 
特別な提案をするわけではありません。
 
みんなと同じです。
 
特別なセールストークを駆使する
わけでもありません。
 
これもみんなと変わりません。
 
特別なのは
 
「最初の一言」
 
なのです。
 
面識や紹介がない病院を訪問して
受付に普通にアプローチすれば
 
間違いなく
「結構です」「アポを取ってください」
と断わられるのが常識ではないでしょうか。
 
一方
 
中瀬氏の場合は全く違う展開に
なります。
 
「どうぞ、そちらでお待ちください。」
とお客様として丁重に対応していただける
そうです。
 
いきなり断られる確率は
なんとほぼ0%。
 
飛び込み訪問でありながら
中瀬氏の場合、ほぼ100%の確率で
 
ドクターと座ってしっかり面談ができる
といいます。
 
「最初の一言」がみんなとは違うから
です。
 
「最初の一言」とは何か?
どんなタイミングで訪問すればいいのか?
ドクターに会えたらどんな話が有効なのか?
 
これらの答えはすべて音声セミナーの
インタビューの中にあります。
 
想像してみてください。
 
飛び込みで受付で断られることなく
丁重に対応され、ドクターといつでも
面談することができたら・・・
 
契約が獲れない
見込み客の枯渇が心配
 
こんな不安とはオサラバでき
(ドクターですから)それなりの
高額契約が期待できるとは思いませんか?
 
高度で難解なノウハウではありません。
 
知ってるか知らないかだけの差
なのです。
 
あなたはこのノウハウを知らない
ことで
 
本来なら獲得できたドクターの
保険契約をいくつもいくつも見逃して
きてしまったと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損をする必要はありません。
 
ちょっとした「一言」・ノウハウの
違いで、今の状況を大きく変えることが
できると私は考えています。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
この飛込み訪問で 今、資産家・ドクターに
生命保険が売れています!



【法人保険営業】法人保険が売れない最大の原因 これを知らないからトークや提案を セミナーで学んでも売れるようにならない?!

法人保険が売れない最大の原因
これを知らないからトークや提案を
セミナーで学んでも売れるようにならない?!
 
味に絶対の自信があるものの
集客に苦労している飲食店が
ありました。
 
店主がやったことは、人が多く集まり
地元のレストランや農家などが
出店するマーケット(イベント)に
参加することです。
 
お店の料理を安く提供して
まずは味やお店を知ってもらう
ことに力を入れたのです。
 
何度か繰り返してマーケットに
参加していくと、
 
ファンが増え、次第にお店にも来店
してもらえるケースが増え 
集客の悩みが解消したそうです。
 
どんなにおいしい料理を作っても
そもそもそれを誰も知らなければ、
一生繁盛店にはなりません。
 
知ってもらうという「前提」が
不可欠なわけです。
 
しかしこの「前提」を吹っ飛ばして
ただ美味しい料理を作ることに力を
入れてしまう店主が多いと感じます。
  
 
 
九九を習う前の小学校1年生に
微分・積分を教えることは不可能
なはずです。
 
どんなに教え方がうまくても
たとえテレビによく出る予備校の
人気数学講師であっても理解させる
ことはできないに違いありません。
 
微分・積分を理解するためには
九九や掛け算・割り算など
小学校・中学校で習う勉強が
「前提」になるからです。
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
法人保険が思ったように売れない・・・
 
がんばってセミナーに参加して
勉強しても法人開拓が成功しない・・・
  
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
うまくいかない最大の原因は
「前提」なのです。
 
こう教えてくれたのが今回紹介する
音声セミナーでインタビューした
日本代表するトップセールスパーソン
の鈴木氏です。
 
セミナーで勉強すること
みんなががんばって磨いている技術は
 
社長があなたの前に話を聴く態勢で
座ってくれれば有効です。
 
しかし
 
そもそも社長があなたの前に座っても
くれない、話も聴いてくれないという
ことはないですか?
 
毎日3人の社長にそれぞれ1時間ずつ
しっかり話ができているのに
 
法人保険が全く売れないという
保険営業パーソンに私は今まで
会ったことがありません。
 
法人開拓がうまくいかない営業
パーソンは
詳しい話をする前に断られてしまう、
話も聴いてくれないという状況なの
ではないでしょうか。
 
保険を売る技術ももちろん大切
ですが
 
保険を売る「前提」となる技術
 
つまり社長をあなたの目の前に
座らせる技術が最高に重要なのです。 
 
「社長を座らせる技術」
 
これを鈴木氏に一から解説いただき
ました。
 
鈴木氏のノウハウがすごい部分は
この技術は飛び込みで法人を訪問
した場合でも有効である点です。
 
実際に鈴木氏は飛び込みから
数多くの法人を開拓してきました。
 
特別な提案や特別なトークが
武器だったわけではありません。
 
特別だったのは
 
いきなり訪問した法人の社長で
あっても目の前に座らせる技術
です。
 
もちろん保険の話は不要です。
 
それはあなたの前に社長が座って
からすればいいだけです。
 
「前提」が最高に重要なのに
あなたはこの「前提」を省略し
売りたい保険の話をしてしまって
いるのではないですか?

音声セミナーを聴けばもう
大丈夫です。
 
保険を売るための「前提」を
コンスタントに作ることが
できるようになるからです。
 
 
コネや紹介がなくて飛び込みで
訪問した法人の社長であっても
 
あなたの目の前に話を聴く態勢で
座らせることができるように
なったら
 
あなたの法人開拓は大きく変わる
とは思いませんか?
 
契約の心配や法人見込み客の枯渇に
怯えることもなくなりますし
 
あなたが最終的に手にするものも
増えると想像できませんか?
 
決して高度で難解なノウハウでは
ないのです。
 
知っているか知らないかだけの
差と言っていいでしょう。
 
あなたはこの「前提」のノウハウを
知らないだけで
 
本来であれば顧客にすることが
できた法人をいくつもいくつも
見逃してきてしまったと言って
いいかもしれません。
 
もうこんな損失をする必要は
ないのです。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
このアプローチで社長はあなたの話に夢中になる!
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ



【保険営業】10人に3~5人会える富裕層飛び込み術 一番簡単に相続対策保険が売れる方法

10人に3~5人会える富裕層飛び込み術
一番簡単に相続対策保険が売れる方法
 
 
日本代表。
 
スポーツをやったことがある人なら
誰もが憧れる存在です。
 
例えばサッカー日本代表の本田や
長友のような存在になるためには、
 
途轍もない努力と運そして実力が
不可欠なはずです。
 
一方、スポーツを始めた初日に
日本代表になってしまったお笑い
芸人さんの話を聞いたことがあります。
 
そのスポーツとはモルック。
 
フィンランド発祥の木の棒を投げて
木のピンを倒す競技だそうです。
 
日本では競技人口が少なく
日本代表になる条件は世界大会が
行われるフランスまで行ける資金が
あることだったといいます。
 
サッカーのようなスポーツで
厳しい競争に勝ち抜き日本代表に
なることももちろん素晴らしいの
ですが
 
一方で、フランスまでの旅費が
払えれば日本代表になれるスポーツも
あるわけです。
 
「戦わずに勝つ」やり方もあるの
です。
 
 
 
秋葉原に今からメイド喫茶の店を
出すとしたら、大変です。
 
厳しい競争に勝たなければ
生き残れません。
 
その一方でロシアではまだ1件しか
メイドカフェがないと以前聞いた
ことがあります。
 
現在は増えている可能性もありますが
激戦区の秋葉原と比べれば
 
まだまだ「戦わずに勝つ」チャンスが
高いと感じます。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
富裕層・資産家にもっともっと
相続対策保険を売りたいが
思うようにいかない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした中瀬氏は
 
お話を伺った時点でCOT9回
のトップセールスパーソンです。
 
顧客の多くは富裕層で
コンスタントに相続対策保険を
獲得し続けています。
 
しかし
 
ライバルや既契約と戦って
勝って成果をあげているわけでは
ありません。
 
中瀬氏は「戦わずに勝つ」達人と
言っていいはずです。
 
富裕層・資産家でありながら
全く何も相続対策をしてない顧客を
 
超効率的にアプローチして成果に
繋げるノウハウを確立しています。
 
「戦わずに勝つ」ための中瀬氏の
武器は
 
飛び込みです。
 
富裕層に飛び込み訪問で
アプローチして
 
昔も今ももちろん今日も結果を
出しているのです。
 
今時飛び込みなんて時代遅れ!
飛び込みをしても会ってくれる
わけがない!
 
こう考えるのはやり方を知らない
だけのです。
 
中瀬氏の飛び込み方法は
手あたり次第、片っ端から
飛び込みをする方法ではありません。
 
飛び込むターゲットの決め方が
確立されています。
 
この方法を知れば、
 
相続対策を全くしていない
富裕層へアプローチすることが
できるようになります。
 
それから
 
飛び込みをするまでの準備の
ノウハウも中瀬氏は作り上げて
います。
 
この準備をするかしないかで
飛び込んだ時のお客様の反応は
大きく変わるのです。
 
ターゲッティングそして準備。
 
これら2つによって
中瀬氏の飛び込みでの面談率は
3~5割。
 
10件訪問したら3人から5人の
富裕層と面談することができる
わけです。
 
この数字は一般的な飛び込み訪問と
比べると奇跡的に高いと言って
いいはずです。
 
ターゲットの決め方そして準備の
仕方
 
そしてもちろん実際に富裕層に
会ってからのトークも
 
詳しく一から音声セミナーの
インタビューで解説いただきました。
 
 
既契約や強力なライバルに勝って
成果を手にすることももちろん
素晴らしいでしょう。
 
しかしその一方で
 
あなたのそばには相続対策なんて
全くしていないし、ライバルも
訪問してない顧客が
 
数多く存在するわけです。
 
それを効率的に探し出す方法を
知っているか知らないかだけの差で
 
結果が大きく変わると言っていい
でしょう。
 
飛び込みでいつでも富裕層に
アプローチできる
 
飛び込みでも3~5割という
高確率で面談をして話ができる
 
こうなったら、見込み客がいない
とか契約が獲れないということで
苦しむことが果たしてあるでしょうか?
 
あなたは今回のノウハウを知らない
ことで今まで本来であれば顧客に
できた富裕層を何人も見逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損を続ける必要はない
のです。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
この飛込み訪問で 今、資産家・ドクターに
生命保険が売れています!




【保険営業】この1点だけを変えるだけで セミナーで保険がバカ売れすることを 知っていましたか? 

この1点だけを変えるだけで
セミナーで保険がバカ売れすることを
知っていましたか? 
  
自転車通学1時間。
 
これがつらくてつらくて仕方がない
学生時代の友人がいました。
 
確かに片道1時間で往復2時間の
道のりは楽ではありません。
 
しかしこの状況は大きく変わります。
 
自転車通学の目的を変えたのです。
 
最初は高校に行くことだけが目的
でしたが、
 
部活のための足腰や心肺機能を
鍛える目的と位置付けたのです。
 
走るスピードを変えたり
家から学校までのタイムを計ったり
 
彼の自転車通学はトレーニングに
変わり、嫌だとかつらいという
感情は無くなったといいます。
 
目的を変えるとすべてが変わる
ことはあると感じます。
 
 
 
英語を勉強するものの
なかなか上達しない友人が
突然、短期間で英語をマスター
したことがありました。
 
これも目的が変わったからです。

以前は、英語を勉強する目的は
とにかく英語を話せるようになる
ため。
 
一方英語をマスターできた時の
目的は
 
好きになったオーストラリア人
の女性と付き合うため、デート
するため、コミュニケーションを
とるためだったのです。
 
目的を変えることが大きな
きっかけになることがあると
実感しました。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
セミナー営業にチャレンジしたが
成果に繋がらなかった・・・
 
こんな悔しい思いをした経験が
ありませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした遠藤氏は
セミナー営業のスペシャリスト。
 
自らセミナー営業から驚くほどの
保険契約を獲得した経験を持ち
 
現在はセミナーコンサルタント
として大活躍しています。
 
 
セミナーの目的は保険を売る
こと!
 
 
保険営業パーソンにとって
当たり前の常識だと考えていましたが
 
これが苦戦する大きな理由なのです。
 
実はこの保険を売るというセミナー
の目的を変えるだけで
 
セミナー営業は好循環し始めます。
 
参加の8割以上がセミナー後に
個別面談を望み・・・
 
あなたがわざわざお客様を訪問
しなくても、お客様が事務所や
指定する場所に足を運んでくれ・・・
 
そしてもちろん最後には
保険契約に繋がる!
 
こんな奇跡のような好循環を
あなたも作ることができるのです。
 
セミナー営業の目的を変える
だけで。
  
保険を売る目的ではなく
 
お客様との関係性を変える事を
目的にする
 
 
やる事はたったこの1つだけ。
  
 
保険を売る人と売られる人
という関係ではなく
 
問題を解決したい人と
それができる人
 
という関係に変えると表現して
いいでしょう。
 
お客様との関係を変える前に
保険の話をしたり、売り込んで
しまうから
 
うまくいかないのです。
 
では関係を変える目的のために
あなたがセミナーで伝えることは?
 
実は難しいことは1つもありません。
 
知っているか知らないかだけの差
なのです。
 
詳しいノウハウは音声セミナーの
インタビューで遠藤氏に語って
いただきました。
 
このノウハウがあなたのスキルに
なれば
 
セミナーで
 
自分の問題に気づき、早く解決
したいと願う人と
 
それを解決できる人という関係が
 
参加者とあなたの間にすぐに作れる
ようになると考えています。
 
目の前にこんな顧客ばかりが
いたら
 
見込み客が枯渇するとか
契約が獲れないということが
果たして起こるでしょうか?
 
あなたは保険が売るための
真のセミナー営業ノウハウを
知らないだけなのです。
 
いい情報、他では聞けない話を
してもお客様は満足するかも
しれませんが、契約には至らない
のです。
 
セミナー営業ノウハウを
知らないだけで
本来なら契約になった顧客を
たくさん見逃してきてしまったと
言っていいかもしれません。
 
もうこんなもったいない事を
する必要はありません。
 
詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ


【保険営業】売れない人はこれを知らない 顧客を1秒でファンにできる名刺。 たった2つフレーズで次回アポに 繋げる名刺交換。

売れない人はこれを知らない
顧客を1秒でファンにできる名刺。
たった2つフレーズで次回アポに
繋げる名刺交換。
 
業績が低迷していた飲食店が
あることをやって売上が劇的に
アップしたという話を先日友人から
聞きました。
 
今以上においしい料理の提供
値下げ
新しいメニューの開発
インスタでの宣伝
 
実はどれも違います。
 
やったことはもっと「前」のこと
なのです。
 
それは掃除。
 
経営者も含めてスタッフ全員で
開店前に店やトイレを徹底的に
毎日掃除したそうです。
 
お店がきれいになったことは
明らかですが、それ以上に
みんなが細かいことに気づく
ようになりお店が変わって
いったといいます。
 
 
 
ある世界的なテニスプレーヤーが
飛躍したきっかけとなったのは
 
練習の仕方やボールの打ち方を
変えたことではありません。
 
変えたのはもっともっと「前」。
 
実は食事です。
 
食事を変えたことで体力や
体のキレやスタミナそして
考え方まで変わったそうです。 
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
 
法人開拓で思い描いた結果が
でない・・・
 
こんな時、多くの保険営業パーソンは
売り方を変えようとします。
 
新しいセールストーク・提案ノウハウ
を求めセミナーなどに参加するわけ
です。
 
もちろん間違いではありませんが
成功者はもっと「前」が違うの
です。
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした杉山氏も「前」が
 
みんなと圧倒的に違うのです。
 
特に私が素晴らしい、現場ですぐに
使うべきと思ったノウハウを
今回は2つ紹介します。

 
1つ目は名刺に関してのノウハウ。
 
名前や所属する会社の情報、
電話やメール。
 
これが印刷されているのが
普通の名刺でしょう。
 
杉山氏はもう1つ、普通の人が
入れない情報を印刷しています。
 
受賞歴や実績、資格ではありません。
 
そしてなぜこの情報を入れているか
をお客様に伝えるそうです。
  
これを情報を見て、理由を聞いた
お客様は、杉山氏のファンになって
しまうのです。
 
どんな情報を入れて、お客様に何と
説明しているのか、音声セミナーの
インタビューで詳しく解説いただき
ました。
 
保険や提案を語るはるか「前」に
お客様をファンにさせる名刺術を
あなたは知っていましたか?


2つ目は名刺交換のノウハウ。
 
杉山氏は
 
たった2つのフレーズで自分を
印象づける方法を確立しています。
 
時間にすれば2~3秒程度。 
 
これができれば名刺交換した
相手はあなたが印象に残るはずです。
 
もちろん印象づけて終わりでは
ありません。
 
このノウハウを駆使すると
名刺交換をした相手とアポイントが
格段に取りやすくなるのです。
 
単なる名刺交換と
アポイントに繋がる名刺交換が
ある事をあなたはご存知でしたか?
 
名刺交換をチャンスそしてアポイント
に繋げることが簡単にできたら
 
見込み客の枯渇に怯えることが
果たして起こるでしょうか?
 
少し極端な言い方ですが
見込み客が少なくなったら
名刺交換ができる場に行けば
またチャンスは作れるのですから。
 
 
あなたはこの2つのノウハウ
・・・名刺そして名刺交換の
方法を知らないだけで
 
今まで本来なら獲得することが
できた契約や見込み客の多くを
逃してきてしまったと言える
かもしれません。
 
もうこんな損失をする必要は
ありません。
 
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
この行動を繰り返すだけで10年間
生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!





【法人保険営業】税制が改定されても法人保険が売れる人の戦術。





【法人保険営業】社長から見積をお願いされる話法を ご存知ないですか?

社長から見積をお願いされる話法を
ご存知ないですか?
 
高校野球で評価の高い好投手
との対戦。
 
普通ならどうにかして打とうと
考えるはずです。
 
一方で好投手を予選で攻略して
甲子園を決めたあるチームは
 
「発想」が違います。
 
いきなりヒットやホームランを
狙うのではなく
 
彼らは5回までに相手投手に
80球投げさせることを目標に
したのです。
 
早打ちしないで、ボール球を見逃し、
決め球はできるだけファウルする・・・
 
これらで投球数が多くなった
相手投手は試合後半で疲れ、
本来の投球ができずに
 
このチームは得点を奪い、
試合に勝つことができました。
 
「発想」を変えることは重要です。
 
 
 
自動販売機の飲み物の売上を
アップさせた経営者の話を
聞いたことがあります。
 
自販機の売上を上げるというと
値下げや他にはない商品を売る
という思考が一般的でしょう。
 
しかしこの経営者の「発想」は
違います。
 
どうしたら売れるかではなく
 
どうしたら自販機の前で立ち
止まってもらえるかを考えた
のです。
 
立ち止まってもらう1つの
手段が
 
自販機のそばに灰皿の設置
すること。
 
タバコを吸える場所は
少なくなってきていて
灰皿も減っているので
こうしたそうです。
 
立ち止まりタバコを吸いながら
自販機を利用してくれる人が増え
売上がアップしたといいます。

売ろうとするか
立ち止まらせようとするか
 
やはり「発想」は大切です。
 
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます
 
 
 
バレンタインショックの後
思ったように法人契約が獲れない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
 
大きな変化の影響を全く受けずに
法人保険をコンスタントに売り
続けています。
 
成功の大きな要因の1つは
 
「発想」。
 
みんなと「発想」が違うのです。
 
普通の保険営業パーソンと圧倒的に
違う点を今回は2つ挙げます。
 
1つ目は質問。
 
ほとんどの保険営業パーソンは
社長にどんな質問をすれば
初回面談やアプローチなどが
スムーズに進むか考えるはずです。
 
しかし竹下氏の「発想」は違います。
 
いい質問をしてがんばって売ろう
ではなく
 
社長からどんどん質問されるには
どうすればいいかを考え実践し
成果に繋げています。
 
少し想像してみてください。
 
法人新規開拓で
あなたが質問しなくても
社長がどんどん質問してきたら
 
すぐに断られるとか売れない
ということが果たして起こる
でしょうか?
 
実はこんな展開を作ることは
難しくありません。
 
やり方を知っているか知らないか
だけの差なのです。
 
音声セミナーのインタビューで
そのやり方を詳しく語って
いただきました。
 
2つ目は見積。
 
「次回、見積をお持ちしてよろしい
でしょうか?」
 
普通はこうでしょう。
 
一方、竹下氏は絶対にこう言いません。
 
「発想」が違います。
 
がんばって見積の持って行く許可を
もらう発想ではなく
 
社長から見積をお願いされる展開を
作るという「発想」。
 
実はこの展開を作ることは決して
難しいことではありません。
 
「ある話法」を知っているか
知らないかだけなのです。
 
社長自らが見積が欲しいと言う
場面を思い浮かべてください。
 
次の訪問で予約場合によっては
契約になってしまうことも全く
不思議ではないと思いませんか?
 
詳しいノウハウは音声のインタビュー
で一から竹下氏に解説いただきました。
 
 
社長からどんどん質問される
見積を社長から依頼される
 
これらのノウハウを知らないことで
本来なら契約に至ったチャンスを
あなたはいくつも逃してきてしまった
と言っていいかもしれません。
 
もうこんな損をする必要は
ないのです。
  
 
 
単に音声を買うのではなく
トップセールスパーソンの
経験を買う!
 
今回紹介する音声セミナーを
買う大きな意味をこう考えて
います。
 
成功者は自分のノウハウを確立する
までに気の遠くなるようなトライ&
エラーを重ねてきています。
 
あなたも全く同じような経験をする
こともいいのですが
 
音声セミナーを聴くことで
この部分の経験を飛ばすことが
できるのです。
 
飛ばす・・・成功までの時間が
短縮されるということです。
 
経験を買う、いや時間を買うと表現
していいかもしれません。
 
ソフトバンクの孫さんも
0から事業を始めることよりも
既にある事業をする会社を買収する
ケースが圧倒的に多いはずです。
 
会社を買うというよりも
実績・経験を買っていると言って
いいのではないでしょうか。
 
保険営業も同じです。
 
今、成功者・トップセールスの
経験を学ばなければ、
 
あなたは彼らと同じ失敗をして
時間を浪費することになりかね
ません。
 
音声ではなく
彼らの経験と実績にほんの少し
投資をしませんか?
 
 
社長から質問されるノウハウ
社長から見積を依頼されるノウハウ
 
音声セミナーで勉強できるこの2つが
あなたのスキルになれば
 
あなたは必要以上にがんばる必要が
なくなると言えるでしょう。
 
質問されたらそれに答えるだけで
いいし
 
見積を依頼されれば、見積を持って
行くだけでよくなるからです。
 
高度で難解なノウハウでは
ありません。
 
やり方を勉強しているかどうか
だけです。
 
あなたはこれらのノウハウを
知らないことで
 
本来であれば契約者にできた
法人を見過ごしてきてしまった
と言っていいかもしれません。
  
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に変える話法はこれだ



【保険営業医療マーケット開拓】えっ知らないの?看護師不足を こう語るとドクターマーケットの 新規開拓が簡単にできます

えっ知らないの?看護師不足を
こう語るとドクターマーケットの
新規開拓が簡単にできます
  
リフォーム会社の経営者から
相談を受けたことがありました。
 
ネットやチラシの反応率が下がって
新規の顧客が獲得しにくくなって
いるとのこと。
 
ネットやチラシを見てみると
「安くて良心的なサービスの
リフォームはいかがですか!」
という切り口だったのです。
 
もちろんこれはこれで間違いでは
ありませんが
 
私は全く別に「問題」を切り口に
することを助言しました。
 
例えば・・・親の空き家「問題」を
抱えている人は私の周りに
結構います。
 
こんな方にこの「問題」を解決
することでアプローチするのは
どうでしょうか。
 
家を壊して更地にして売る
賃貸住宅にする
家を売る
 
など解決策はいろいろ考えられますが
賃貸したり、売る場合
リフォームしてからというケースが
出てくると予想できます。
 
仮に空き家に関してはビジネスに
ならなくても相談をしてくる世代は
ある程度の高い年齢層でしょうから
 
相談者に対してもバリアフリー
などのリフォームを売るチャンスが
広がると考えられます。
 
いずれにしてもただ商品やサービスを
アピールするだけではなく
 
顧客が抱える「問題」でアプローチ
することで突破口が見えてくると
私は考えます。
 
 
 
ハワイのホテルやコンドミニアムを
1週間単位で所有できる権利・・・
「タイムシェア」を販売する会社の
CMを見ました。
 
タイムシェアはいいですよ!
今がお買い得ですよ!
 
こんな切り口のアピールが
一般的ですが
この会社のCMはまるで違いました。
 
「荷物預かりサービス」
 
ハワイリピーターで日本からハワイに
行くたびに大きな荷物を運ぶのは
大変、面倒だと考える人のために
 
有料で荷物を長期間預かるサービスを
宣伝しているのです。

ハワイリピーターが抱える「問題」
が切り口と言えるのではないでしょうか。
 
荷物を預けるハワイリピーターは
確実にタイムシェアの見込み客に
なるはずです。
 
数百万円もするタイムシェアを
いきなり売り込むよりも

まず荷物の「問題」の解決を
提案してその後販売に繋げる
戦術の方が
 
成果が期待できると私は
予測します。
 
  
これら2つの話はドクターマーケット
の新規開拓に通じます。
 
 
病院を訪問すると話をする前に
すぐに断られてしまう・・・
 
ドクターはたくさんの契約に加入
していて、優秀な営業パーソンが
担当している場合が多く、付け入る隙が
見つからない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした鈴木氏は
 
長年ドクターマーケットを開拓
し続ける日本代表するトップ
セールスパーソンです。
 
といっても特別な提案をしたり
特別なセールストークを駆使して
契約を獲得しているわけでは
ありません。
 
提案もセールストークも
みんなと変わりません。
特別ではないのです。
 
特別なのは
 
アプローチ。
 
保険またはそれに如何にも
繋がりそうな話題でアプローチする
ことはありません。
 
ドクターの「問題」が切り口なの
です。
 
例えば看護師の不足の「問題」。
 
この「問題」を抱えている病院は
少なくありません。
 
というよりもほとんどすべての
病院・ドクターがこの「問題」に
頭を抱えていると言ってもいいかも
しれません。
 
鈴木氏はこれを切り口にしています。
 
この「問題」を切り口にして
解決策を提案して
 
最後の最後に保険契約を導く
ノウハウを確立しているわけです。
 
何をどうすればいいのか?
 
アプローチトークから解決策の
提案そして保険契約の導き方まで
 
音声セミナーのインタビューで
詳しく解説されています。
 
 
 
スタッフ・人材教育。
 
これもほとんどのドクター・病院が
抱える「問題」と言っていいはずです。
 
この「問題」を切り口にアプローチ
して契約を獲得するノウハウも
 
インタビューで詳しく語られて
います。
 
こちらも注目です。
 
保険でアプローチ、保険を売ろう
とするから
 
既契約や担当する保険営業パーソン
と比較されていまい、断られて
しまうのではないでしょうか。
 
「問題」を切り口にすれば
全く別の展開を作ることができるに
違いありません。
 
「保険は結構です」と断るケースは
多いですが
 
「問題解決は嫌いです」とか
「問題は放置に限ります」という
 
ドクターはまずいないからです。
 
つまり現在よりも格段に断られにくく
なると予想できます。
 
訪問できる病院も劇的に増えるとは
思いませんか?
 
保険を売ろうとするから訪問先が
狭まるのです。
 
問題を抱える病院ならあなたのすぐ
傍にたくさんあるからです。
 
決して難解で高度なノウハウでは
ありません。
 
やり方を知っているか知らないだけ
なのです。
 
あなたはこのノウハウ・アプローチを
知らないだけで
 
本来なら手にできていたドクターの
契約をいくつもいくつも逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もう大きな大きな資源性のある
ドクターマーケットの契約をみすみす
見過ごす損をする必要はありません。
 
 
 
単に音声を買うのではなく
トップセールスパーソンの
経験を買う!
 
今回紹介する音声セミナーの買う
大きな意味をこう考えています。
 
成功者は自分のノウハウを確立する
までに気の遠くなるようなトライ&
エラーを重ねてきています。
 
あなたも全く同じような経験をする
こともいいのですが
 
音声セミナーを聴くことで
この部分の経験を飛ばすことが
できるのです。
 
飛ばす・・・成功までの時間が
短縮されるということです。
 
経験を買う、いや時間を買うと表現
していいかもしれません。
 
ソフトバンクの孫さんも
0から事業を始めることよりも
既にある事業をする会社を買収する
ケースが圧倒的に多いはずです。
 
会社を買うというよりも
実績・経験を買っていると言って
いいのではないでしょうか。
 
保険営業も同じです。
 
今、成功者・トップセールスの
経験を学ばなければ、
 
あなたは彼らと同じ失敗をして
時間を浪費することになりかね
ません。
 
音声ではなく
彼らの経験と実績にほんの少し
投資をしませんか?
  
 
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
2億稼げた!ドクターマーケット
新規開拓術~なぜ私はたった1人で
コネなし接待なしでも成功できたのか?~



【保険営業】富裕層に面白いくらい売れる提案術

■富裕層に面白いくらい売れる提案術

「朝なかなか起きられない・・」
 
こんな視聴者の悩みに応える番組
を目にしました。
 
あるコメンテーターは朝起きたら
いきなり窓を開けて外の空気を
入れたらどうかとアドバイスして
いました。
 
別の方は起きなければならない
時間よりさらに1~2時間前に
目覚まし時計をセットして、
時間を掛けてゆっくり目を覚ます
ことを助言。
 
一方
コメンテーターのお坊さんは
 
朝だけという「一部分」を変えて
起きようとするのではなく
 
食事や睡眠、運動、寝る前の習慣、
など
 
生活「全体」を変えることを
提案していました。
 
部分最適より全体最適という
ことでしょう。
 
 
この話は保険営業に通じます。

以前インタビューした富裕層を
中心に長年契約を獲得し続ける
トップセールスパーソンの
 
成功の大きな要因の1つは
保険の話をしないことです。
 
保険を語るのではなく
資産について語るのです。
 
朝起きる話と同じで
保険という「一部分」を
語るのではなく
 
資産という「全体」を語り
成果に繋げています。

資産「全体」をコンサルする
ことができれば

その「一部分」ともいえる
保険は自然にコンサルする
流れになります。

部分最適ではなく全体最適で
契約を獲り続けていると言って
いいでしょう。
 
自宅に近くにある全国チェーンの
家電量販店は
 
以前は家電が安いことばかりを
宣伝していたと記憶しています。
 
しかし今は、家を売ることや
リフォームに力を入れていると
感じます。
 
家が新しくなれば・・・
そこに置く家電も新しいものが
欲しくなるということではない
でしょうか。
 
これも部分最適ではなく
全体最適の例と言えるはずです。
 
あなたはまだ保険だけを
提案し続けますか?
 
■■無料音声セミナープレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓

■無料プレゼント■
 
音声セミナーをご希望の方はこちらから
LINE@の友だち追加(登録)をしてください。

 
音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。 

【保険営業】集客不要、会場も不要だけど 参加者の80%以上が個別相談に進み 保険が売れまくるセミナー営業術

集客不要、会場も不要だけど
参加者の80%以上が個別相談に進み
保険が売れまくるセミナー営業術
 

秀吉は敵を攻める前に商人を送り込み
米を普通よりも高値で買い占めさせた
という話を聞いたことがあります。
 
秀吉はこれだけではなく
敵が戦になった時に米を蓄えられない
状況を作る手を打ったのです。
 
これが大きな打撃となり秀吉は
貴重な自軍の兵を失うことなしに
降伏に追い込んだといいます。
 
武力で真向勝負だけではない秀吉の
「知恵」は見事だと感じます。
 
 
日本シリーズでイチローを抑える
ことができないと考えた野村監督は
 
イチローはインコースが弱点という
情報をマスコミに話したそうです。
 
実はこの情報は真っ赤な嘘。
 
弱点ではありませんでしたが
この情報によってイチローは
試合でインコースを意識し
思い通りの力が出せなったのです。
 
強打者を抑えるのはスピードボール
や鋭い変化球だけがすべてではない
ことがわかります。
 
「知恵」が強力な武器になることが
あるのです。
 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
セミナー営業をやって契約を獲得
したいが、集客費用面が不安で
チャレンジできない・・・
 
過去にセミナー営業にチャレンジ
したがうまくいかなかった・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした遠藤氏は
セミナー営業のスペシャリスト。
 
セミナーから数多くの保険契約を
獲得して、その成功実績を基に
 
現在では全国のビジネスパーソンに
セミナー営業ノウハウを指導する
コンサルタントとして活躍しています。
 
がんばって集客する
立派な会場をお金を掛けて借りる
 
こんなセミナー営業の常識を
打破するノウハウを遠藤氏は
確立。
 
集客なし
会場なし
そして費用なし
 
これでセミナーが開催でき
しかも参加者の8割以上が
個別相談に進ませるノウハウを
作り上げました。
 
がんばること
人より長く働くことも素晴らしいの
ですが
 
遠藤氏のノウハウはまさに「知恵」
を駆使したものと言っていいでしょう。
 
知り合いもいない
コネもない
そして費用もかけられない
 
例えこんな状況であっても逆転を
可能にするセミナー営業術なのです。
 
詳しいノウハウは音声セミナーの
インタビューで一から語っていただき
ました。
 
また
 
セミナーで実際に話す内容についても
インタビューでは伝授されます。
 
これが「知恵」の塊と言っていい
でしょう。
 
一般的にはセミナーでは参加者である
お客様が満足する内容を伝えることが
常識です。
 
しかし遠藤氏は
 
満足する内容を伝えてはいけない!
と言います。
 
満足する内容ではなく
 
行動したくなる内容を語ると
保険契約を獲得できるようになる
のです。
 
「なるほど」とうんうん頷きながら
お客様が満足しているものの・・・
 
なぜか契約に繋がらないセミナー。
 
こんなセミナーが世の中には
溢れかえっています。
 
これは間違いなのです。
 
お客様が動きたくなる、相談
したくてたまらなくなるように
させる
 
話す内容が存在するのです。
 
もちろん何をどう伝えれば
いいのか遠藤氏に音声セミナーで
語っていただきました。
 
セミナー営業はこれから大チャンス!
 
あなたは遠藤氏の話を聴けば
こう思うはずです。
 
努力が足らないのではなく
正しい、契約が獲れるセミナー術を
あなたは知らないだけなのです。
 
知らないということだけで
本来であれば、契約が獲得できた
チャンスをいくつもいくつも見逃して
きてしまったと言っていいかも
しれません。
 
もうこれからはこんな損をし続ける
必要はありません。
 
 
 
「移動するだけで、待っているだけで
保険営業のスキルがアップする」
 
音声セミナーで勉強する最高の
メリットだと私は確信しています。
 
セミナーや研修のために貴重な
営業時間を割くということも
時には重要ですが
 
成功者、トップセールスパーソンは
タイムマネジメントに優れています。
 
移動時間や隙間時間を無駄にしない
わけです。
 
音声セミナーはちょっとした空き時間
や電車などでの移動時間を
 
あなた専用のセミナー、コンサルティング
の時間に変えてくれます。
 
 
多くの保険営業パーソンは
知識を得ることは貪欲です。
 
素晴らしいことですが
今回の音声セミナーで学べることは
 
知識ではなく「知恵」です。
 
集客もしなくても参加者が集まり
費用をかけて会場を借りなくても
 
セミナーが開ける
 
さらにその参加者の8割が
あなたに相談をしたいと言って
いただけたら
 
あなたの営業はそして最後に手に
できる成果は大きく変化するとは
思いませんか?
 
それでもあなたはがんばるだけですか?
 
それとも知恵を知り
集客なし、会場なし、費用なしで
セミナーを開催して契約をとりまくり
ますか?
  
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
5人集客すればセミナーで保険が売れる!
先生と呼ばれながら契約を獲得するノウハウ


【保険営業】この常識を語るだけで保険は売れる!

■この常識を語るだけで保険は売れる!
 
食品関係の会社の社長とお酒を飲む
機会がありました。
 
彼はいわゆる老舗の3代目の経営者
ですが
 
今まで長年成功してきたビジネスに
安住する気は全くありません。
 
会う度に、斬新で他にはない
ビジネスモデルを考えていて
話してくれます。
 
斬新で特別なビジネスモデル
 
素晴らしい発想です。
 
しかし以前テレビで見た業績好調な
食品会社のビジネスには驚きました。
 
その会社の主力商品は白米です。
 
普通の米を炊いてお店に出荷する
・・・これで売上を伸ばしています。
 
回転寿司店などは店内で味が
同じ米を大量に炊き続けることが
難しい場合が多く
 
炊いた米を毎日買ってくれると
いいます。
 
普通に炊いた米自体は
斬新でも特別でもありませんが
 
「使い方次第」で武器になる
わけです。
 
この話は保険営業に通じます。
 
以前インタビューした
トップセールスの武器の1つは
 
保険金の非課税枠。
 
業界に入って1日目に習うような
ことをお客様に伝え
 
今でも契約を獲得し続けています。
 
常識であっても
「使い方次第」で差別化の武器に
なるのです。
 
斬新や特別な情報や知識ばかり
ではなく
 
売れる人の「使い方」をもっと
学んでみませんか。
 
■■無料音声セミナープレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓

■無料プレゼント■
音声セミナーをご希望の方はこちらからLINE@の
友だち追加(登録)をしてください。


音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。 

【保険営業】これができないと  保険販売が難しくなります!

■これができないと
 保険販売が難しくなります!
 
「スパイクを脱ぐことになった・・・」

あるプロサッカー選手に関しての
ニュースの中にこんな表現がありました。

もちろん本当にスパイクを脱いだ
ことがニュースになったわけでは
ありません。

この場合のスパイクを脱ぐとは
引退することの「別表現」です。


外資系企業の人事部に長年在籍した
方の話を聴いたことがあります。

成果が出せない社員に退職を促す
面談を何度も経験したそうです。

「後進に道を譲ってもらえませんか」

こんな類のフレーズをよく使うと
いいます。

できれば自ら辞めてもらえませんか?
の「別表現」と考えられます。


これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 

トップセールスパーソンは
「別表現」がうまいものです。
 
以前インタビューした法人開拓の
達人は

保険の見直しではなく資産の棚卸
と「別表現」して成果を出して
いました。
 
別の紹介獲得のスペシャリストは
「友人知人を紹介をください」を

「このメールを送ってもよろしい
ですか?」と別表現。
 
知人・友人にあるメールを送る
許可をもらい、その後電話を
します。
 
これで紹介を入手しています。
 
何を伝えるかを追い求める
営業パーソンが多い中
 
成功者はどう伝えるかで
差別化しているわけです。


■■無料音声セミナープレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓

■無料プレゼント■
音声セミナーをご希望の方はこちらから
LINE@の友だち追加(登録)をしてください。

 
音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。 

【保険営業法人開拓】この動画を投稿すると 個人にも法人にも保険が売れる ことを知りませんか? 

この動画を投稿すると
個人にも法人にも保険が売れる
ことを知りませんか? 
  
あなたもミクシィという会社を
きっと知っているはずです。
 
若い世代にミクシィは何の会社か?
と聞くと、モンストと答えるのでは
ないでしょうか。
 
しかしミクシィが創業した時は
WEB製作者向け求人情報サイトを
運営するのが主な事業です。
 
その後、SNS「mixi」を
大ヒットさせました。
 
そして今はゲームアプリ関連が
主力の事業と言えます。
 
時代の変化に応じて
ビジネスのやり方を「変える」
ことは大切だと感じます。
 
 
 
先日、ご飯を食べている時
テレビニュース番組に出演していた
陣内貴美子さんを
 
元オリンピックのバドミントンの
選手だと知らない若いビジネス
パーソンがいました。
 
「木原さん、ソラジロー」と
呼ぶニュースの人だと思っていた
そうです。
 
陣内さんはやる事を少しずつ
「変える」ことで、アスリートを
引退しても見事に生き残っている
と言っていいかもしれません。

 
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
 
 
先行きは不安だ・・・
 
今後も契約を獲り続けることが
できるかとても心配・・・
 
こんな声を保険営業パーソンから
よく耳にします。
 
私は今後も業界で生き残っていく
ためには、1つしかないと考えて
います。
 
「変わる」「変わり続ける」
 
そんな変化を続け、見事に成果を
出し続けているのが今回紹介する
音声セミナーでインタビューした
竹下氏です。
 
竹下氏の契約獲得の強力な武器の
1つは
 
動画です。
 
いち早く動画マーケティングに
取り組み結果を残しています。
 
つまり新規契約に繋げ続けて
います。
 
今回は竹下氏の動画マーケティ
ングの特徴を3つ挙げたいと
思います。
 
1つ目は
 
保険を全く語らない点です。
 
だから許可を取ったりコンプラの
問題に触れるリスクも低いのです。
 
保険以外を動画を語っても
 
見込み客を集客したり
既契約者から追加契約を獲得する
ノウハウを既に確立しています。
 
費用も特別な装置も要りません。
 
スマホ1台あれば誰でもいつから
でもすぐにスタートできる方法
なのです。
 
詳しくは音声セミナーで詳しく
解説されています。
 
 
特徴の2つ目は
 
地域密着戦術が可能な点。
 
動画をネットに投稿して
保険営業に活用しようとすると
 
どうしてもテリトリーが広がって
しまう傾向が強いのではないで
しょうか。
 
一方、竹下氏の動画マーケティング
は地域密着営業が可能。
 
狙った地域の顧客を集めるノウハウ
を作り上げているのです。
 
詳細は音声のインタビューで
語っていただきました。
 
 
そして3つ目の特徴。
 
それは個人客だけではなく
法人開拓にも活用できる点です。
 
動画やネットを使うというと
法人開拓には無理と決めつけて
しまうのは
 
やり方を知らないだけです。
 
動画を使って法人新規開拓
できる方法が語られています。
 
 
5G時代が到来して
知っていた方がいいノウハウと
いうよりも
 
知らないと多いな損失に
なりかねないノウハウだと感じて
います。
 
動画マーケティングのノウハウを
知らないことで
 
本来であれば、あなたの顧客・契約者
にすることでできた個人・法人客を
あなたは逃してきてしまったと
言っていいかもしれません。
 
時代は変化します。
 
売り方も「変わる」ことが不可欠
だと思いませんか?
 
ダーウィンは
 
「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
 
唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。」
 
と言っています。
 
あなたはずっと今のやり方の
ままですか?
 
それとも変化をして
ずっと生き残りますか?

もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
0円!簡単にできる!動画
マーケティングで見込み客・新規契約・
追加契約・法人契約・紹介、すべてを獲得する方法


【法人保険営業】バレンタインショックの後 トップセールスは「この方法」で 法人保険を売り続けている!

バレンタインショックの後
トップセールスは「この方法」で
法人保険を売り続けている!
   
 
若い頃、あるお店のキャバ嬢を
好きになって、ずいぶんお金を
使った友人がいます。
 
結局、お店だけのお付き合いで
何も進展はありませんでしたが
 
彼は頻繁に店に通い、時間とお金を
使ってしまったのです。
 
彼が入れあげたきっかけになった
のはメルアドです。
 
キャバ嬢から渡される名刺には
通常、携帯電話番号やメルアド
などが印刷されていますが
 
「これ、お店用メルアドだから」
と言われ、別のメルアドを名刺に
手書きで書かれ、それを渡された
そうです。
 
彼は「自分だけは特別な客!」と
思ってしまったのです。
 
手書きで書かれたメルアドも
間違いなくビジネス用(お店用)
だったと予想できますが・・・
 
彼はこれをきっかけに頻繁を
連絡しお店に通ってしまったの
です。
 
ビジネス的な視点で考えると
このキャバ嬢は彼との
「関係を変える」ことを匂わせ
 
売上に繋げたと言えるのでは
ないでしょうか。
 
単なるお客とキャバ嬢という
関係ではなく
 
一人の女性と男性という関係を
イメージさせ売上をアップさせた
と私は考えます。
 
お店に来てください!
今暇だからお店で会いたい!
 
などとストレートに売り込むだけ
では、なかなか売上に繋がらない
ことを理解していたと思われます。
 
うまく売り込む、熱心にアピール
することも間違いではありませんが
 
「関係を変える」ことが結果的に
ビジネスに繋がると感じます。
 
 
 
ネットでも近くのスポーツ店でも
買えるグローブやバットやスパイクを
1時間掛けてわざわざ遠くのお店まで
買いに行く親子がいます。
 
なぜこうするのか?
 
秘密は店員です。
 
店員に元プロ野球選手がいて
彼らが野球を教えてくれる
お店主催の野球教室に参加した
ことがきっかけだといいます。
 
単なる野球道具を売る人と
売られる人という関係ではなく
 
野球のアドバイスをくれる人と
アドバイスを受ける人という
関係。
 
この場合も「関係を変える」
ことで売上に繋げていると
感じます。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
バレンタインショックの後に
法人保険が売れなくなった・・・
 
こんな声をよく耳にします。
 
あなたもこう感じていませんか?
 
制度や法律などが変わり販売に
影響がでることは今後もあるはず
です。
 
一方で時代の変化に全く翻弄される
ことなしに法人保険を売り続けて
いるトップセールスパーソンもいます。
 
それが今回紹介する音声セミナーで
インタビューした鈴木氏なのです。
 
既契約やライバルがした提案した
プランよりも
 
有利でお得な提案を法人を開拓する
という考えは全くありません。
 
提案を変えて勝つ発想ではないのです。
 
変えるのは
 
「関係」、社長との「関係」。
 
保険を売られる人と保険を売る人と
いう関係ではなく
 
経営者とパートナーという関係に
変えて結果を出し続けています。
 
キャバ嬢とスポーツ店の例と同じで
「関係を変える」ことで売上
つまり契約に繋げているわけです。
  
といっても初回訪問で
「私はあなたのパートナーになります」
と訴えても撃沈することは間違い
ありません。
 
経営者とパートナーになる
つまり「関係を変える」
 
「やり方」が
 
存在します。
 
その「やり方」を音声セミナーでは
鈴木氏に詳しく解説いただきました。
 
どんな話をどんな順番で
そして何をアピールすれば
パートナーになれるか?
 
あなたは理解し真似することができる
ようになると考えています。
 
あなたが法人開拓で思い描いた成果を
手にできないのは、この「やり方」
を知らないからなのではないでしょうか。
 
知らないことで、本来であれば獲得
できた法人契約をいくつも逃してきて
しまったと言っていいかもしれません。
 
もうこれからはこんな損を法人開拓で
しなくて済みます。
 
提案を変える
セールストークを変える
持っている知識や情報を変える
 
これらの多くのセミナーや研修で
学べることは間違いではありませんが
 
あなたに足らないのは「関係を変える」
方法・ノウハウではないですか?
 
経営者が絶大な信頼を置いて
何でも相談できる相手に
 
あなたがなれたら
 
すなわち社長との「関係を変える」
ことができたら
 
保険が売れないとか断られると
いうことが果たして起こるでしょうか。
 
税制や法律、制度がどんなに変わっても
関係が変わっていれば
 
恐れる必要はなく成果を出し続ける
ことができると確信しています。
 
少し極端な話ですが、この世の中に
今の保険というものが存在しなく
なったとしても
 
経営者とパートナーという関係を
作ることができたら
 
あなたは何らかの収益を得る
ことが可能になると思います。
 
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー 
このアプローチで社長はあなたの話に
夢中になる!すぐに使える
中小法人新規開拓ノウハウ


音声セミナーの冒頭30分を無料公開↓




■■無料音声セミナープレゼント■■

■■無料音声セミナープレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓を今すぐクリック

■無料プレゼント■
音声セミナーをご希望の方はこちらから
LINE@の友だち追加(登録)をしてください。

 
音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。


■トップセールスパーソンが
設計書を出す前に必ず伝えて事とは?
 
ユーキャンのCMソングにもなった
スキマスイッチの大橋卓弥さんが
 
ソロで唄う「はじまりの歌」(作詞
大橋卓弥)の歌詞が好きです。
 
「うまくいかなくて苦しくて 
涙が溢れ出したら
ほら一つ前に進めたという証~」
 
という部分が非常にいいです。
 
新しいチャレンジや目標や夢を
達成するためのトライで
全くうまくいかない・・・
 
普通は悲しく落ち込む状況と
感じる人が多いでしょう。
 
絶望し涙が出ても不思議では
ありません。
 
しかし「視点」を変えると
(見方を変えると)
 
この状況は試行錯誤の途中で
確実に前に進んでいて
 
目的や目標に近づいているとも
考えることができる・・・
 
こんなメッセージがこの歌に
込められていると感じます。
 
 
バッターがピッチャーの投げた球を
打ってバットをへし折られると
 
完全な投手の勝ちでバッターの
屈辱的な負けと捉える見方が
多いです。
 
しかし天才バッターのイチローは
この状況を
 
「投球を体の近くまで引き付ける
ことができたので
次のヒットの可能性が上がる」
と話していました。
 
バットが折られる状況を屈辱的な
負けと捉えるか
 
それともヒットの可能性と感じるか
 
「視点」、見方次第です!
 
 
これは保険営業でも通じる話です。
 
 
以前インタビューした
トップセールスパーソンは
 
保険やプランを初めから
説明することをまずしません。
 
商品やプランをお客様に売り込む
のではなく「視点」を話します。
 
「視点」を理解すれば、お客様の
自分で判断できるようになります。
 
「なるほど、そうだったのか」
こんな言葉がお客様の口から
でるようになるのです。
 
当然、お客様は正しい選択をします
つまり契約に至ります。
 
それに加えて新しく教わった
「視点」を
誰かに伝えたくなります。
 
つまり紹介に繋がるのです。
 
 
保険ではなく視点を伝えて
みませんか。
 


【法人保険営業】法人に保険が売れないのは 「これ」を知らないだけです! MDRT21回の成功者が20年以上使う 成功率100%の100円法人アプローチ術

法人に保険が売れないのは
「これ」を知らないだけです!
MDRT21回の成功者が20年以上使う
成功率100%の100円法人アプローチ術
  
サッカー日本代表の合宿の様子を
ニュースで見たことがあります。
 
その映像の中で鬼ごっこのような
ことをしたり、おんぶをして逃げ
回る姿を何度も見かけた記憶が
あります。
 
素人の私にとってサッカーとは
程多い遊びにしか見えません。
 
サッカーに詳しい友人にこのことを
質問すると
 
「おそらく遊びだよ」という答えが
返ってきました。
 
普段は全く違うチームに所属する
選手が、
 
仲良くなり、心理的な「距離を縮める」
ための手段の1つだというのです。
 
確かに全く知らない、しゃべった
こともない人といきなりパスを回し
すぐに監督が思い描いた戦術を
実現するのは、かなり難しいと
サッカーをあまり知らない私でも
理解できます。
 
戦術がどうだ、パスがこうだと
いう前に
 
相手と「距離を縮める」ことが
重要ということでしょう。
 
 
 
 
ある男性は大好きな女性がいます。
 
しかし男性のことを好きかどうか
わからないし、まだ付き合っても
いません。
 
こんな状況で彼がいきなり
プロポーズの練習を始めたら
どう思いますか?
 
「おいおい、まずやることが
あるだろ!」と私ならつっこみます。
 
やるべきことはプロポーズの
練習ではなく
 
デートに行くとか、お付き合いする
すなわち相手との「距離を縮める」
ことが先決ではないでしょうか。
 
 
これら2つの話は
法人保険営業に通じます。
 
 
法人にアプローチしても
すぐに断られてしまう・・・
 
いい提案やいい情報を提供しても
社長の反応はイマイチということが
多い・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
 
お話を伺った時点でMDRT21回
(うちCOT13回、TOT3回)
の日本を代表するトップセールス
パーソンで
 
時代の変化に関係なく法人保険を
売りまくっています。
 
驚くことに、面談するまでに
6か月間も待っていただくことも
あるそうです。
 
まさに行列ができる保険代理店
なのです。
 
成功を続ける大きな要因の1つは
アプローチなのです。
 
アプローチのやり方が
 
普通の保険営業パーソンとは
全く違うのです。

小林氏のアプローチ術は 
 
成功率がほぼ100%。
 
失敗したり断わられた記憶がない
そうです。
 
しかもそのアプローチを
ナント20年以上続けているのです。
 
20年以上全く同じアプローチで
契約を獲得し続けている・・・
 
時代の変化や面談する社長のタイプ
などに応じて、その都度アプローチを
変えなければならないと信じていた
私の常識はガラガラと音を立てて
崩れ去りました。
 
といっても
 
小林氏しか知らない情報や知識、
裏技的な提案でアプローチする
わけではありません。
 
小林氏のアプローチ術の最大の
特徴は
 
 
売るためのアプローチではなく
 
 
「距離を縮める」アプローチを
していることです。
 
ほとんどの保険営業パーソンは
法人保険を売るためのアプローチを
繰り返してしまいます。
 
だから社長はNOなのです。
 
これは自分のことを好きかどうか
わからない相手にプロポーズを
していることに似ていると
私は感じます。
 
一方、小林氏は全く違います。
 
いわばいきなりプロポーズは
しません。
 
デートしたりお付き合いするように
 
社長との「距離を縮める」ことを
目的としたアプローチを実践して
います。
 
初対面の社長と「距離を縮める」
というと難しく感じるかもしれませんが
 
それはやり方を知らないだけです。
 
小林氏が20年以上使うアプローチ
の武器は
 
 
あるポスター。
 
 
実はたった100円で売っている
ものです。
 
これを社長にプレゼントして
ほんの数分、場合によっては
1分程度社長と話すだけ。
 
たったこれだけのことで
社長との「距離を縮める」
ことができるといいます。
 
詳しいやり方は音声セミナーの
インタビューで語っていただき
ました。
 
あなたは、
売るためのアプローチではなくて
 
この「距離を縮める」アプローチを
知らないだけ、本来であれば獲れていた
法人契約をいくつもいくつも見逃して
きたと言っていいかもしれません。
 
もうこんな損をし続けることは
ないのです。
 
社長との「距離が縮まり」
あなたの話を聴く態勢で社長が
目の前に座っている
 
こんな状況をコンスタントに作る
ことができたら
 
すぐに断られるとか保険が売れない
ということが果たして起こるでしょうか?
 
セミナーや研修会などで学べる
ノウハウは、社長との距離が縮まり
 
あなたの話を聴く状況ができた後
なら、とても有効なものばかりだと
感じます。
 
今あなたに必要なのは売り方そのもの
よりも、こんな場面・状況の作り方
ではありませんか?
 
実はノウハウさえ知ってしまえば
簡単に小林氏のやり方を真似できると
考えています。
 
知っているか知らないかだけの差
と言っても過言ではありません。
 
100円、1分、成功率100%
こんな社長との距離を縮める
アプローチが存在しても
 
まだいい情報や最新の知識で
アプローチを続けますか? 
 
もっと詳しいノウハウが知りたい方は
今すぐこちら↓をクリック

音声セミナー
私は20年間同じアプローチで経営者・ドクターに
保険を売り続けています!
~ここを変えるだけであなたもTOTになれる~



【保険営業】もう保険の見直しを提案するな! お客様に見直しをお願いさせる話法が ある事を知りませんか?

もう保険の見直しを提案するな!
お客様に見直しをお願いさせる話法が
ある事を知りませんか?
 
「これ以上ウエストが大きいものは
ありませんからね。」
 
友人が働いている会社から支給
される作業着を渡される時
総務の人からこう言われたそうです。
 
彼は自分が太っていることを
強く「実感」したと言います。
 
今までも奥様からダイエットしろと
言われたり、健康診断を通じて
痩せるように指摘されることは
ありましたが
 
全く行動を起こしませんでした。
 
しかし自分で「実感」して
彼は今ダイエットに励んでいます。
 
他人から言われても
人は変わらない・・・
 
自分で「実感」すると変われるし
動けるということでしょう。
 
 
 
古美術品を扱う会社では
入社したての新人を
オークションなどに参加させ
自分がいいと思った商品を
落札させるそうです。
 
ほとんどの新人は古美術品を
見る目がないため、
 
買った商品が売れなかったり
高い値段で買い付けたため
大きな損を出します。
 
しかしこの損を出すこと、
失敗することが大切だと言います。
 
損したり失敗することで
「相当勉強しなければならない」
ということを
 
新人が「実感」するのです。
 
「実感」することで黙っていても
新人はみんな勉強するそうです。
 
勉強しなさい!損を出すな!
と何度言っても実は新人たちには
響きません。
 
自分で「実感」しないと
人は変わらないし行動も起こさない
ものです。
 
 
「実感」
 
これは保険営業でも成功の
キーワードになります。
 
消費税がアップされ家計の支出が
増えることは間違いありません。
 
ですから家計や保険の見直しを
する必要がある!!
 
こう考えて保険や家計、資産の
見直しを提案するという
保険営業パーソンは多いはずです。
 
しかし
 
お客様の反応はイマイチで
保険の見直しになかなか
繋がらない・・・
 
だから結果が残せない・・・
 
こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏の話を
聴けば
 
こんな悩みは吹っ飛びます。
 
つまり竹下氏は消費税の話題から
保険の見直しに繋げるノウハウを
確立しています。
 
もちろんただ単に保険の見直しを
提案するわけではありません。
 
 
お客様に
 
強烈に
 
「実感」させる
 
消費税アップの伝え方が存在します。
 
みんなが見直しを提案してもうまく
いかないのは、
 
お客様の「実感」不足なのです。
 
ダイエットと美術品の例と同じで
「実感」させすれば、
 
お客様は黙っていても行動を
起こすのです。
 
あなたが無理に見直しをアピール
しなくても
 
お客様から依頼・お願いされる
展開を作ることができるのです。
 
ちなみに「実感」させる強力な
武器は
 
変換。
 
詳しいやり方は音声セミナーの
インタビューで竹下氏に語って
いただきました。
 
変換で「実感」させる
 
あなたはこのノウハウを知らない
だけで、本来なら手にできた契約を
いくつもいくつも逃してきたのです。
 
もうこんな損をすることはないの
です。
 
あなたが見直し、見直しと
訴えなくても
 
お客様から保険や家計、資産の
見直しをお願い、依頼されるように
なったら
 
あなたの保険営業は大きく変わる
とは思いませんか?
 
見直しを提案してもYESがもらえない
というストレスから解放されるだけ
ではなく
 
最後に手にする成果も多く変化する
と想像できませんか。
 
このノウハウ以外にも音声セミナー
で学べるスキルは満載です。
 
音声セミナーで勉強できることの
ほんの一部を挙げると・・・
 
・節約の話をしながら
 最後に高額保険を売るテクニック
 
・この雑談をすると
 法人新規開拓ができます
 
・保険が売れる人は特約や保険料ではなく
 干ばつを語る
 
・お客様の年収や既契約よりも
 「この質問」を優先させるだけで
 保険は売れる
 
・保険を売るためのトークと
 お客様を座らせるトークの違い
 
・紹介の依頼を全くしないで
 紹介を劇的に増やす方法とは?
 
・91.87%の参加者が個別相談を希望する
 奇跡のセミナーテクニック
 
 
「お客様の年収や既契約よりも
この質問を優先させるだけで保険は売れる」
という部分は必聴。
 
竹下氏は最優先でする質問が
あります。
 
既契約でも今支払ってる保険料でも
年収でもありません。
 
保険やお金に関しての質問では
ありませんが
 
この質問を知っているか知らないか
で大きな差がつくのです。
 
つまり知らないと契約を逃すことが
多し、知っていれば契約にたどり
つける可能性が劇的にアップする
と言えるでしょう。
 
詳しくはインタビューで明らかに
なります。
 
 
繰り返し聴くことができる!
 
音声での学習の大きなメリットの1つ
だと確信しています。
 
1度聴いてすべてを理解してすぐに
実践できる人は稀です。
 
何度も聴くことで自然な形で
あなたの中にノウハウやスキルが
定着していくと考えています。
 
 
 
消費税アップによる負担増。
 
本来なら保険営業パーソンはこの
変化をチャンスに変えられていいはず
です。
 
しかし実際は、チャンスを掴んでいる
方はごくごく少数ではないでしょうか。
 
それはセールストークや提案する
プランが悪いのではなく
 
お客様に「実感」させていただくやり方
を知らないだけだと感じます。
 
がんばりが足らないのではなく
知らないだけ。
 
知らないことで本当ならば手にできた
成果を取りこぼしてきたと言っていい
かもしれません。
 
もうこんなチャンスをみすみす見逃す
必要はありません。
 
勇気を持って一歩を踏み出しませんか?
 
まずは今回紹介してきた

音声セミナー「干ばつや消費税の話をすれば
保険は売れてしまう!世間話で数千万円稼ぐ
究極のトークテクニック」の
 
冒頭30分を無料で公開していますので
こちらを聴くことからスタートしてください。
 
たった30分ですが大きなヒントが
満載です。
 
詳しくはこちら↓

冒頭30分無料公開
音声セミナー
干ばつや消費税の話をすれば保険は売れてしまう!
世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック

 

音声セミナー
干ばつや消費税の話をすれば保険は売れてしまう!
世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック




【保険営業】売れない人は保険料で差別化 売れる人は「これで」差別化

売れない人は保険料で差別化
売れる人は「これで」差別化

スターバックスのコーヒーが
大好きな友人がいます。
                
コーヒーの味が他の店よりも
ダントツでいいと語り
                
仕事が休みの日も含めて
ほぼ毎日、365日お店に通います。
                
彼は売っているコーヒーが好きで
コーヒー店に毎日行きます。
                
一方、素人の自宅を訪れ
インタビューする、あるテレビ番組に
出演していた男性は
                
コーヒーが全く好きでもないのに
毎日、ある喫茶店に通い続けた
と話していました。
                
その店で出すコーヒーの味は
普通です。
                
値段が特別安いわけでも
ありません。
                
しかし彼は連日足を運んだのです。
                
実は
                
お店で働く女性を好きになって
会うために毎日お店に通ったのです。
                
その女性が今の奥さんです。
                
スタバに通う彼はコーヒーという
「商品」で店を選び通いますが
                
テレビに出演していた男性は
                
「商品」ではなく
                
「人」で店を選んだわけです。
                
                
この話は保険営業に通じます。
                
                
保険料や返戻率など条件で
ライバルに負けてしまうことがある・・・
                
提案でなかなか差別化できない・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
以前インタビューした
トップセールスパーソンは
                
保険営業を「人」ビジネスにする
達人でした。
                
保険料や返戻率、特約など
条件すなわち「商品」で
                
常に勝ち続けることが
非常に難しいことを理解しています。
                
提案や商品の力だけで
差別化しようとしないのです。
                
 
保険は誰から買うかが重要!
                
 
これを理路整然と語り
お客様に納得してもらいます。
                
ですから保険料や返戻率などの
条件で負けても勝負に勝てます。
                
つまり契約に至ります。
                
勉強会や研修などで習えることは
提案や商品で勝つ戦術ばかりです。
                
もちろんこれも必要なことですが
                
「人」で差別化する営業ノウハウを
考えてみませんか。 
 
■■無料プレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓

■無料プレゼント■
音声セミナーをご希望の方はこちらからLINE@の
友だち追加(登録)をしてください。


音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。 

【保険営業】トークや提案を変えずに 「これ」を変えると売れるようになる

トークや提案を変えずに
「これ」を変えると売れるようになる

試合でコントロールが定まらない
投手を見て
 
ある解説者がこう語っていました。
                  
「球が荒れていて打者は狙い球を
絞れず打ちにくいですね。」
                  
コントロールが悪いというと
普通はピッチャーにとって
よくない状態でしょう。
                  
しかし「ほんの少し発想を転換すれば」
荒れ球で打ちにくい投球ができると
なるわけです。
                  
「ほんの少しの発想を転換する」
だけで物事はうまくいき始めることは
少なくないと私は考えます。
                  
                 
 
テストで0点!
                  
普通なら最悪の結果です。
                  
これも「ほんの少し発想を転換すれば」
前向きに捉えることができるのではない
でしょうか。
                  
1問も正解がないではなくて
 
もっとも点数をアップさせやすい
好機とするのはどうでしょう。
                  
100点満点で99点の人は1点しか
伸ばすことができませんが、
 
0点の人は100点分伸ばす
チャンスがあるのです。
                                                     
 
これら2つ話は保険営業に通じます。
                                    
 
多くのトップセールスパーソンは
成功できた大きな要因が
「ほんの少し発想を転換したこと」
だと指摘します。
 
ある法人開拓の達人は
社長との初回面談の目的を保険を
売ることから
 
2回目の面談に繋げることに変える
だけで全く結果が変わってくると
断言していました。
 
何度も社長と会うことができれば
チャンスが生まれるという考え方
です。
 
 
別の成功者は効率よく契約を獲る
という考えを捨て
 
1人のお客様と深く深くお付き合い
することを心掛けただけで、
成果が出るようになったと言います。 
 
多くの人は、成功者のトークや提案を
真似しようとします。

もちろん間違いではありませんが
「考え方」にもっと注目してみるのは
いかがでしょうか。   
 
■■無料プレゼント■■
 
アイブライトのLINE@に
友だち追加・登録をしていただいた
全員に1時間21分の音声セミナーを
プレゼントいたします。

いい提案をしてクロージングしても
お客様からいい返事がもらえない
「検討します」と言われ契約にならない
 
だからクロージングがストレス!
 
こんな悩みを抱えていませんか?

実は「ある方法でプレゼン」する
だけで契約になってしまうノウハウ
 
つまりクロージングをしなくても
結果が出る方法があるのです。
 
多くの人はこのやり方を
知らないから
 
思ったような結果が出せないと
感じます。

詳しくは無料音声セミナーで
解説されています。

ご希望の方はこちら↓

■無料プレゼント■
音声セミナーをご希望の方はこちらからLINE@の
友だち追加(登録)をしてください。


音声を聴くことができるURLを自動返信で
お送りいたします。 

【法人保険営業】このトランプ大統領の雑談で 法人保険が簡単に売れます! ただの雑談と売れる雑談の 決定的な違いとは?

このトランプ大統領の雑談で
法人保険が簡単に売れます!
ただの雑談と売れる雑談の
決定的な違いとは?
  
 
西武ラインオンズ・森友哉選手。
 
2019年のパリーグの首位打者
です。
 
170センチというプロ野球選手と
してはかなり小柄な体格ですが
 
ヒットも長打も打てるバッティングは
とても魅力的です。
 
少年野球や高校野球で森選手に憧れ
バッティングフォームを真似している
選手を最近よく目にします。
 
普通の打者より低くどっしりとした
フォーム。
  
しかし本当に森選手のようになりたい
なら、フォームだけではなく
 
「もっと前」も真似しなければ
ならないはずです。
 
森選手は小学生の頃から夕食後、
毎日1~2時間続けた練習がある
といいます。
 
お父さんがホームセンターで買って
きたバドミントンのシャトルを打つ
ことです。
 
シャトルはしっかりとしたスイングを
して、いい角度でシャトルにバットを
当てないと飛ばないそうです。
 
これで今の打撃の礎ができたと
以前インタビューで語っていました。
 
練習のやり方や考え方、フィジカル的な
トレーニング方法など
 
フォームより「もっと前」のことの
方をむしろ真似すべきだと感じます。
 
 
 
評判の野菜を育てる農家の方と話す
機会がありました。
 
どんな風に育てればおしい野菜を
作れるのか?質問すると
 
育て方は普通、みんなと変わらない
という答えが返ってきました。
 
差が出るのは育てることよりも
「もっと前」だと言うのです。
 
土、土壌。
 
この質をどう野菜に適したものに
作り上げるかに全力を傾けると
いうのです。
 
やはり「もっと前」が大切なわけ
です。
 
 
これら2つの話は法人保険営業に
通じます。
 
 
以前よりも 
法人保険が売れにくくなった・・・
 
社長にどんな提案をすればいいか
迷ってしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした大田氏は
 
時代や業界の変化に流されずに
ずっと法人契約をコンスタントに
獲得し続ける
 
MDRT終身会員、TOT1回
COT4回のトップセールス
パーソンです。
 
多くの保険営業パーソンは
 
法人に今売れている人が
 
どんな契約を獲っているのか?
どんな提案をしているのか?
 
に注目します。
 
もちろん間違いではありませんが
 
大田氏が最終的に提案する保険は
みんなと大差はありませんし
契約するプランも普通。
 
間違いなくあなたも何度も法人に
提案しているプランで
 
大田氏はラクラク契約を手に
し続けているのです。
 
 
では何が違うのか?
 
 
大田氏の大きく違う点は
2つあると認識しています。
 
 
1つは「もっと前」です。
 
保険を語る「もっと前」が秀逸
なのです。
 
平たく言えば雑談のテクニックが
素晴らしいのです。
 
雑談がみんなと違うし、優れている
にもかかわらず
 
みんなが学ぼうとするのは
セールストークだったり提案ノウハウが
中心ではないでしょうか。
 
しかし売れる人は、保険を売る
「もっと前」が考え抜かれています。
 
育て方より土壌を重視する農家の方と
似ています。
 
音声セミナーのインタビューでは
他では勉強することができない
雑談のテクニックを大田氏に
語っていただきました。 
 
特に今すぐ使えて効果抜群だと
感じたのが
 
トランプ大統領に関しての雑談
です。
 
毎日のニュースで報道されない日は
ないと言ってもいいトランプ大統領。
 
トランプを
 
「ある方法」で語ると(雑談すると)
 
簡単に大きなチャンスを作ることが
できることをあなたは理解する
でしょう。
 
あなたは今までにトップセールス
パーソンの売り方ではなく
 
雑談の仕方をしっかり学んだことが
ありますか?
 
ない?
 
ならば思い描いた結果を法人開拓で
出せないのは当然と言ってもいいかも
しれません。
 
あなたは売るための雑談を知らない
だけで、本来であれば、獲得できた
法人契約をいくつもいくつも逃して
きてしまったのです。
 
大田氏の雑談の大きな特徴は
面談相手である社長が売り込みと
全く感じずに
 
本題に話を進めることができると
いうことです。 
  
普通の営業パーソンは雑談をして
場が和んでから、本題を語ろうと
しますが
 
大田氏の場合は雑談=本題なのです。
 
詳しいノウハウはすべて音声で
明らかになります。 
 
雑談=本題になりますから
無理に売り込む必要がなくなります。
 
売り込む相手を見つけようとするから
法人の訪問先が狭まるのです。
 
雑談するだけでよければ、訪問できる
法人は劇的に広がるとは思いませんか?
 
保険契約を導くだけではなく
見込み客獲得も楽になるのが
今回紹介されている
雑談テクニックだと考えています。
 
 
大田氏がみんなと大きく違う
2点目です。
 
道順。
 
法人契約にたどり着くまでの道順が
考え抜かれたものになっています。
 
法人契約が欲しい人は
どうしても法人保険の話をしようと
します。
 
一方、大田氏はこうしません。
 
トランプの雑談をしてたどり着く
のは、社長個人の資産のコンサルです。
 
資産のコンサルをすれば
その一部ともいえる保険契約にも
たどり着くのです。
 
さらに社長の資産や保険のコンサルが
できれば
 
法人の資産や保険に関しても
チャンスが生まれるわけです。
 
いきなり法人保険を語るのではなく
 
雑談をしてあえて個人を切り口に
しながら
 
最後は法人にもたどり着くという
道順は見事です。
 
具体的な方法はすべて音声セミナー
のインタビューで語っていただき
ました。
 
法人保険が売りにくくなった時代に
マッチしたやり方です。
 
このノウハウを知らないことは
大きな損失になると強く感じました。
 
 
音声セミナーで勉強できることの
ほんの一部を挙げると・・・
 
・トランプ大統領のこの雑談をすると
 社長の個人資産を丸裸にできます
 
・外貨建て保険がバカ売れしている
 雑談とは?
 
・マイナンバーのこの雑談をすると
 保険の見直しに繋がることを
 ご存知ですか?
 
・パナマ文書のこの雑談で
 法人保険が売れる
 
・大型契約が欲しいなら
 この社会保険料の雑談です!
 
・今、オリンピックの雑談をしないと
 大損します
 
・銀行の振込手数料の高さを嘆くと
 法人保険は売れる
 
・この孫の雑談で
 相続対策保険は簡単に売れる
 
 

「この孫の雑談で相続対策保険は
簡単に売れる」という部分は必聴。
 
こんなに簡単に相続対策保険で
売れるんだ!!
 
このノウハウを聴いた時の私の
率直な感想です。
 
「相続対策はお済ですか?」
 
この類の投げ掛けでいい結果が
でないことは明らかです。
 
自分が亡くなった後の話なんて、
今から考えたくもない!
 
こうお客様が感じても不思議では
ありません。
 
しかし、保険営業パーソンは
相続を切り口にして失敗を繰り返して
しまうわけです。
 
しかし孫の雑談なら話の展開は
まるで変わります。
 
孫がいるにも関わらず
孫を嫌いというご高齢者はほとんどいない
と言っていいのではないでしょうか。
 
みんな喜んで孫の話をするわけです。
 
もちろん、この喜ばれる雑談を
 
「ある方法」で語ると
 
相続対策に繋げることができるのです。
 
詳しくは音声のインタビューで
大田氏に伝授していただきました。
 
相続対策保険が売れない・・・
話題を出しても断られてしまう・・・
 
これはこの雑談を知らないだけです。
 
あなたは知らないことで何度も
チャンスを逃してきてしまったと
言っていいかもしれません。
 
もう機会損失をしなくてよくなる
わけです。
 
 
 
トップセールスは時間の使い方が
うまいものです。
 
彼らは移動時間や待ち時間を
無駄にしないで
 
事務作業や勉強時間に変えています。
 
音声セミナーは効率的な時間を
生み出す、勉強できる最高の武器
だと考えます。
 
わざわざ予定を開けて活動を
落とさなくても
 
あなたの移動時間や隙間時間を
勉強の時間に変えられるからです。
 
時間があればイヤホンを耳に入れ
音声を聴く!
 
しかも音声であれば繰り返し
聴くことが簡単で自然な形で
あなたの中に成功者のノウハウや
考え方が定着しやすいと感じます。
 
勇気を持ってほんの少し投資を
しませんか?
 
例え音声を聴いて1件しか契約が
獲れなくてもあなたの手にする
コミッションは音声への投資を上回る
はずです。 
 
 
 
単なるの雑談と保険が売れる雑談。 
トップセールスパーソンはこの違い
に気づいています。
 
うまくいかない人はこれに気づかず
セールストークや提案ノウハウ
ばかりを追い求めます。
 
成熟社会では売る行為や売る商品
自体で圧倒的な差をつけることが
難しくなったと言えるのではない
でしょうか。
 
大きな差は「もっと前」です。
 
あなたはこれを知らないだけです。
 
知らないだけで本当な手にできた
コミッションを見過ごしてきた
のではないですか。
  
まずはこちら↓のリンクを
クリックして
音声セミナーに関してのページを
読むことからスタートしてください。
音声セミナー
さらばセールストーク この雑談で法人保険が売れる 
100%社長に断られないアプローチ手法



【保険営業】このメルマガを送るだけで お願いも依頼もなし、紹介という 言葉を全く使わずに紹介を入手できる!

このメルマガを送るだけで
お願いも依頼もなし、紹介という
言葉を全く使わずに紹介を入手できる!
  
700人分のアンケートの
集計と分析。
                
ある会社では担当者が丸2日かけて
これを行ってきたそうです。
                
しかし現在はこれがたったの
10分で終わるようになったのです。
                
AIを導入して。
                
何でもかんでも人がすべてやる
という時代は終わりを告げたと
言っていいかもしれません。
                
うまく「道具」を使いこなせるか
どうかが成功の鍵となるのではない
でしょうか。
                
                
 
スマホやデジカメで撮影した写真の
データがたくさんたまってしまって
いるという方は少なくないと思います。
                
いざ何かに使おうとしても選ぶことが
大変という経験はありませんか?
                
この面倒な写真選びをAIが
行ってくれて、アルバムまで作成して
くれるサービスがあるそうです。
                
1枚1枚確認しながら写真を選ぶ
ことも悪くはありませんが
                
便利な「道具」を使えば
それを一瞬で終えてしまうことが
できるわけです。
                
                
 
これら2つの話は保険営業に
通じます。
                
                
 
紹介を増やしたい!
だけど思い描いた結果を出せない・・・

紹介を依頼しても
「いい人がいたらね」と言われ
それで終わってしまう・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
 
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした竹下氏は
                
紹介獲得の達人で

日本を代表するトップセールス
パーソンです。
                
竹下氏のノウハウの大きな特徴は
                
紹介獲得が
                
面談時や契約時だけに
限定されない所です。
                
実は
                
竹下氏はメルマガで紹介を
獲得してしまうノウハウを
確立しています。
                
AIという便利で最新の
「道具」を活用して効率を
よくするだけが
すべてではありません。
                
無料で誰でも、いつからでも
使うことができる
 
「メルマガ」という「道具」
も使い方次第で
                
武器にすることができるのです。
                
といっても

メルマガには紹介を依頼したり、
お願いする文章を書く必要は
全くありません。
 
しかも「紹介」という文字さえ
書かなくていいのです。
 
お願いや依頼なし、さらに紹介
という言葉を使わないでも
                 
 
「お客様が思わず紹介したくなる
文章の書き方」 
 
 
が存在します。
                
また竹下氏は長年の試行錯誤から
紹介が出やすいメルマガの
送付日時も掴んでいます。
                
文章の書き方、送り方その他の
ノウハウはすべて
 
音声のインタビューで
竹下氏に解説していただきました。
               
 
メルマガを送るだけで
紹介が獲得できる!
                
 
これが日常になったら、
いかがでしょうか?
                
見込み客の枯渇や
紹介がなかなかもらないという
悩みや不安が吹っ飛ぶとは
思いませんか?
                
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
                
あなたはこのノウハウを今まで
知らなかっただけなのです。
 
単に知らないというだけで
本来ならば得られたはずの
数多くの紹介を獲得するチャンスを
逃し続けてきたと言えるかも
しれません。
 
これから先はこんな機会損失は
もうしなくていいのです。
 
メルマガ紹介獲得ノウハウの他にも
音声セミナーで語られているノウハウ
・スキルは満載です。
 
 
今回音声セミナーで勉強できることの
ほんの一部を挙げると・・・

・こうすれば
 10年前に契約した顧客でも
 毎年紹介を獲得できます 
 
・医療保険やがん保険の話を
 100%死亡保障に繋げられる話法
 
・紹介が出るカレンダー配りと
 出ないカレンダー配り
 その決定的な違いとは?
 
・この話法で見直しを提案しなくても
 お客様が既契約の証券を持ってきます
 
・死亡保険金の受取人について
 こう語るだけえ法人を新規開拓できる
 
・契約単価を劇的にアップさせる方法を
 伝授します
 
・こう消費税を語るだけで
 死亡保障や学資保険が簡単に売れる
 
 
 
「医療保険やがん保険の話を100%
死亡保障に繋げられる話法」という
部分は必聴です。
 
ネットや通販CM・広告の影響もあって
医療保険やがん保険のお客様の関心は
高まっていると言えます。
 
資料が欲しい、話を聴きたい
見積が欲しい
 
こんな事を言われる機会があるはず
です。
 
しかし
医療保険・がん保険の契約だけを
いただいて終わりというケースが
多いのではないでしょうか。
 
こうなると契約単価は当然上げられ
ないわけです。
 
しかしこの解決策を竹下氏が
音声セミナーで伝授してくれます。
 
がん保険や医療保険の話を
100%死亡保障に繋げる話法が
あるのです。
 
ポイントは
 
あなたが「死亡保障についても
見直しませんか?」などと投げ
掛けないことです。
 
言わない!質問しない!
これでいいのです。
 
がん保険や医療保険に関心を
持ったお客様から
 
死亡保障について
 
言わせる、質問させる方法が
存在します。
 
詳しくは音声のインタビューで
伝授されます。
 
あなたが死亡保障の話題を無理に
出して売り込む必要はなくなります。
 
お客様からどんどん質問される
ようになるからです。
 
あなたはこのやり方を知らない
だけなのです。
 
知らないことで本当ならいただけた
死亡保障などの高単価の契約を
見過ごしてきたと言っていいでしょう。
 
もうこんな損はしなくて済みます。
 
 
 
売れているトップセールスパーソンは
やはり行動しています。
 
行動量が多いわけです。
 
行動量を確保するために多くの成功者が
実践しているのが、移動時間やちょっと
した待ち時間の活用です。
 
音声セミナーであれば、わざわざ時間を
割き、営業活動をストップさせなくても
 
車の中や電車の中、お客様を待っている
時間を個別のセミナーの時間に
変えられると考えています。
 
また何度も繰り返し聴けることも
音声の大きなメリットだと感じています。
 
 
 
あなたが頭を下げて紹介をお願い
しなくても、メルマガを出すだけで
 
電話が掛かってきたりメールが送られ
紹介がゲットできる!
 
これを日常にすることができたら
あなたの保険営業そして最後に手に
するコミッションは大きく変わる
とは思いませんか?
 
あなたはこれを教えられていない
だけです。
 
教わっていないことで
本来なら獲得できた紹介獲得と
いう成果を見過ごしてきてしまった
のではないですか。
 
それでもまだ紹介を依頼し続ける
だけですか?
 

まずはこちら↓のリンクを
クリックして
音声セミナーに関してのページを
読むことからスタートしてください。
 

音声セミナー 
この2つの非常識ノウハウだけで数千万円稼げる
1件の医療保険を相続などの大型案件に変える!
単価を50倍にする方法
10年前に契約した顧客から毎年紹介を獲得し
続けるトーク術