あなたの生保顧客のターゲットは間違っている?~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~

生保、損保契約を獲るためのセールスノウハウ・販売スキルを語ります。保険営業で契約を獲得すること、稼ぐこと、成功するたけの答えがすべてあります。



あなたの生保顧客のターゲットは間違っている?
~保険営業トップセールスパーソンの契約獲得ノウハウ・販売スキル~




あなたはどんな顧客なら一番生命保険を売りやすいだろうか?


つまり、あなたが生保のターゲットとしている顧客層はどんな
世代だろうか?




私はずっと比較的子供が小さい、若い年代の家族をターゲット
として考えてきた。



子供2人、奥さんがいて、ご主人が30歳~40歳代。
(実際に契約者はこんな家族構成が多かった)



この層が一番保険ニーズがある。(つまり万が一の保障が大切)



子供がいないもっと若い世代やもっと年配の世代だと
大きな保障はいらないケースが少なくない。

だから結果として大きな保障や保険料の契約が獲りにくいと
考えていたからだ。




しかし、一方では、私がメインのターゲットとしていた層は
住宅費や教育費などがかさみ、保険を払う余裕がないという
場合も多かった。


”入りたいけど・・・保険料を払う余裕がない”

という残念な言葉を私は何度となく耳にした。



あるおいしいおいしいターゲットの存在に気づくまでは・・・




もし、以下のようなターゲットへの販売手法があったとしたら

それでも若い世代に保険を売ることにこだわるだろうか?





・単価が格段に高くなる


・提案すると即決するケースが多い


・紹介が出やすい


・他社の保険と比べない



もうお分かりの方、お気づきの方も多いと思うが・・・
これは比較的年配層へのある販売手法のこと。



今この年代がチャンスなのだ!!!


以前の私は、失礼かもしれないが・・・年配の方には
保険資源がないと判断していた。


しかし、これが大きな間違いなのだ。


ある手法を使えば、これをあなたのメインターゲットにする
ことができるのだ!!!


すぐ獲れて・・・単価も高く・・・紹介も出やすく・・・
他社と比べない・・・


年配層に有効なこんな販売手法があるのだ。



その販売手法はCDゼミナール

こうすれば損保系代理店が生保をガンガン取ることができる!
 ~多種目率87%の驚異のテクニックとは?~


の中にすべてある。


このCDであなたの視野は広がり

そして

契約量、単価も増えるはずと確信している。


今回の記事が少しでもヒントになった、参考になったという方は
こちらをクリックお願いします。
↓↓↓
人気blogランキングへ


関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ