今一番おいしい生保が獲れるターゲット

生保を獲るなら、30~40歳代の両親で比較的小さな
子供がいる家族が一番いいと私はずっと考えていた。

理由は簡単。

一般的に考えて、このような家族が一番生命保険のニーズが高いと
考えていたからだ。

営業的な視点で見ても・・・
独身者はそもそも大きな死亡保障はいらないし
ある程度年配になって子供が独立するような年代も
大きな契約は期待できないと思っていた。

メインターゲットは30~40代!!!

この層に生命保険を販売することに大きな力を注いでいた。

確かにこれは間違いではない。

生命保険の本来の意味・意義からすると、この層に
ムダのない生命保険を販売することは正しい。

しかし少し視野を広げると・・・

もっとおいしいもっと生命保険が獲れる
それでいてもっともお金を持っている層を

あなたは見つけることができるのだ。

それがシルバー層・・・60歳以上の方々なのだ。

この層を積極的に攻めいている保険会社・販売者は
確実に儲かっているし、成功していると言っていいのではないか。

一つ例を挙げると毎日テレビCMで流されている通販生保。

「病気でも入れます」「60~80・・喜んで・・・」
などのキャッチフレーズを見ても、ターゲットがシルバー層で
あることは明らかだとは思わないか?

では我々保険営業パーソンが効率よく、シルバー層を
囲いこむにはどうしたらよいか??

一営業パーソンが大手生保会社のようにテレビCMを出すことはできない。

そこで活用するのが「電話」なのだ。

電話帳を使ったテレフォンマーケティングこそが
シルバー層を効率的に囲い込むための手段の一つだといえるのだ。

「今時電話なんて昼間の在宅率は年々低くなっているし
 そもそも電話帳に電話番号を載せる人は年々少なくなって
 半分くらいの人しか載せていないと聞くし・・・」

私は最初こう思った。

あなたもこう感じないだろうか???

しかし、この電話・電話帳の我々が持っている常識は見事なまでに
「シルバー層」には当てはまらない。

おじいちゃん、おばあちゃんの昼間の在宅率は驚くほど高いし
電話帳の掲載率も決して低くはない。

ここに儲けのチャンスがある!!

生命保険を獲るというと、家族揃ってまたは決定権者に会える
平日の夜か土・日というイメージを強いがそれを見事なまでに打ち砕いて
くれるわけだ。

また我々が考えている以上にシルバー層の保険への関心は高い。

毎日、毎日CMを流してくれる通販生保のおかげという
言えるかもしれない。

お金を持っていてそれでいて関心が高い
お客様をあなたはそれでも見逃すつもりだろうか???

「電話」「電話帳」を活用したシルバー層の工作の仕方は一からすべて
CDゼミナール
“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法
~今からでもできる電話帳・新規契約獲得術とは?~

の中に答えがある。

初心者や電話工作をやったことがない方でも理解できるように
わかりやすく解説しているCDなので、心配はいらない。

まだまだ獲れるチャンスは大きい。

この事実を疑う方は、今日の昼間11時頃から3時頃までに
放送される通販生保のCMを数えてほしい。

あなたの疑いや不安は確信に変わるはずだ。

“テレアポ”だけで、1ヶ月50軒の生保を獲る方法
~今からでもできる電話帳・新規契約獲得術とは?~


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


✅ニュースレターの執筆を月3万円でアウトソーシングしませんか?詳しい資料をお送りします。下記メールまたは記事内のお問合せからで「資料希望」とご連絡ください。

プロフィールの詳細はこちら


執筆・コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索