NGワード は「いかがでしょうか?」

shaking-hands-g22311ecda_640.jpg

以前の営業現場での出来事です。

私は自分が提案する保険にすごく自信がありました。

お客様が現在払っている保険料より今回の提案するプランは安くしかも解約返戻金も高かったのです。

現在加入している保険会社の営業パーソンとは個人的な繋がりも強くありません。

自信を持って一生懸命、わかりやすく説明、プレゼンをしました。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

説明が終わり私は当然よい返事がもらえると思いこう質問しました。


「今回提案したプランはいかがでしょうか?」


するとお客様から予想外の恐ろしい答えが返ってきました。


「検討します」


なぜ?なぜ?なぜ??

その当時はなぜダメなのか?なぜ契約しないのか?が全く理解できませんでした。
(結果的にこのお客様は契約に至りませんでした)

ですから相当自信をなくしたし落ち込みました・・・


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
しかし今は違います。


私が大きな間違い、大きな勘違いをしていたことに気づいたからです!


それはクロージングの方法、クロージングの考え方。


以前の私は自分がよいと思った、最高だと考えた保険のプランをうまく説得し契約をいただくことが保険営業の醍醐味だと考えていましたが、これが違うのです。

これは押し付け以外のなにものではありません。


選ぶのはお客様。

決めるのはお客様。


ある意味、私の意見は関係ありません。


私がいいと思ったプランを勧めてクロージングしていくのではなく・・・

お客様が選んだ、決めた内容を積み上げていくと結果的にお客様がベストだと考えるプランができるのです。


お客様がすべて選んだプランにクロージングは必要でしょうか?


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
八百屋でお客様が「トマトとキャベツと人参をちょうだい!!」と言った後、店主は「お買い上げいただけますか?」と絶対に質問しません。


これと保険営業も全く同じなのです。


お客様が選んでいただくような質問を繰り返す・・・
そしてお客様に選んでもらうこれ自体が「クロージング」なのです!!!

もっと詳しいノウハウが知りたい方はこちらをお読みください。


あなたのクロージング方法を見直すきっかけにしてはいかがでしょうか?

この音声を聴けば押しが強くないと保険営業は成功しない・・・といわれたことが、いかにナンセンスか!!

あなたは理解することになります。

無理なクロージングをしないストレスのない楽しい営業活動があなたを待っているのです!!
関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ