これで法人損保獲得できる

病気になって病院に行くことを想像してほしい。

病院の待合室で結構長い時間を待ってやっとあなたの診察の順番。

あなたは医者に症状を告げると医者は「風邪ですね。お薬を出して
おきましょう」と告げた。

誰にでもよくあること。きっとあなたも一度や二度こんな経験はあるのでは。

診察が終わって部屋を出る時あなたはナント言うだろうか?

私はこの状況なら間違いなく「ありがとうございました」と医者や看護師に
向かってと言う。

「ありがとうございました」確かにすばらしい言葉だがよく考えてみると
長時間待たされた上に、ほんの数分の診察時間。

あなたは一言「風邪」と診断され、薬の処方箋をもらっただけ。

しかもちゃんとそのサービスに対するお金も払っている。

それなのになぜ「ありがとう」なのだろうか?

それはあなたが困っていること、あなたが問題にしていることを
やわらげてくれる、解決してくれる商行為だからだ。

医者は問題解決型ビジネスと言っていいかもしれない。

損保営業も実は全く同じことができる。

見積もりや設計書を持って行って損保の話を聞いてもらうだけが
すべてではないのだ。

他社より有利でお得な保険でないと売れないわけではないのだ。

相手が問題にしていること、困っていることを解決するような提案が
できればあなたは「ありがとう」と言われながらしかも契約をもらうことができる!

もちろん法人の契約も!

こめつきバッタのようにぺこぺこしたり社長をおだてる必要はもうないのだ。

では法人が今一番困っていることは何なのか?それに対する解決策とは
どんなものなのか?どうやって保険契約に繋がるのか?

これを一から解説したものが
CDゼミナール
こうすれば従業員30名以上の法人損保を獲得できる!
~銀行窓販時代に勝ち残るための新規契約増収術~
だ。

売り込まなくても保険は獲れる。

しかも今までは考えられなかったような大きさの企業の保険を獲れる
ビッグウェイブが今来ているのだ。

あなたはこのチャンスをみすみす見逃すのだろうか?

今企業は本当にある問題で頭を抱えているのだ。
社会問題にもなったあの問題。あなたもきっと聞いたことがあるあの問題。

この解決策を提案すればいいだけなのだ。

難しいことがない。

専門の業者や専門家をうまく使えばいいだけなのだから。

さあ、思い切って一歩を踏み出そうではないか!!!

損保は獲れない特に法人損保は獲れない!なんていう常識がいかに
間違いであったかあなたは実感することであろう。

CDゼミナール
こうすれば従業員30名以上の法人損保を獲得できる!
~銀行窓販時代に勝ち残るための新規契約増収術~



関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

月別アーカイブ