100%獲れる!相続対策保険

先日、みのもんたの番組で

道路特定財源の「ムダ遣い」に関する報道を見ました。




道路などを管理する全国の事務所で

到底必要とは思えない

クラウンなどの高級車ばかりを

1426台を保有しているとのこと。



しかも、各事務所には、民間から派遣された専門の運転手

いわゆる“お抱え運転手”が存在するのです。




取材をした山口の事務所では

職員百名前後にもかかわらず

ナント公用車は高級車ばかり10台!!!




しかもその大半の車が、ほとんど使われていない状態なのです。





我々からはムダとしか思えないこれらは




すべて

道路特定財源



つまり


我々の税金から


負担されているのです。







あなたはこの報道をどのように思われますか???



あなたは、こんなムダ遣いの実態を知って

税金を喜んで払いたいと感じますか???









冗談じゃない!!!






きっとあなたも同じような考えではないでしょうか???





今話題になっているガソリン税金もそうですが・・・



あなたが汗水たらして

作り上げた財産にかかる税金に関してはどうでしょうか???



・・・・続く・・・・







今回は

相続対策保険のアプローチ例を書いてみました。





たまたま今話題になっているガソリン税や道路特定財源を

切り口にしたケースです。




ここでのポイントは


「相続税を節税しましょう」

とか

「相続対策しましょう」


というような直接的な切り口を使わないことです。






相手の感情を考えればわかることなのですが・・・・




こんな言葉を投げかけられたお客様(通常はある程度年配の方)は


「俺が(私が)死ぬことが前提かよ」


「早く死ねって言われているみたい・・・」



と思われても不思議ではありません。





これが、相続対策保険がなかなか獲れないと言われる

最大の原因と私は確信しています。






ポイントは

何気ない話題から

税金に関してのお客様の考えを聞くこと。





先程の例でいうと

公用車のムダ遣いに関しての意見を問いかけた部分です。




ムダ遣いの実態を知れば


「自分たちの血税をそんなムダに使って、ふざけるな!」


と思うのが、普通です。






これを踏まえて

自分の築き上げた財産にかかる税金


すなわち


相続税に対するお客様の考えを聞きだすことが重要です。





お客様の考えをしっかり聞き出したら・・・




あとはもう簡単です。





「○○ということが、もしできたら、どうでしょうか??」



と投げかければいいのです。






もちろん


この投げかけ(質問)は



お客様から



「そんな都合のいいことできるの?!



「そんなことができるなら、詳しく知りたい」


と言わせるものでなければ


相続対策保険は売れません。




しかし・・・


そこさえ注意すれば


笑ってしまうほど


簡単に相続対策保険は売れてしまうのです。






あなたがお願いして

相続対策保険を提案させてもらうのではありません。





会話の中から

相手の相続税に対する希望、考えを聞きだし


それを満たす方法があることを提示するだけなのです。





相手が知りたいと言ったから、提案を持っていく・・・・

たったこれだけのことなのです。




説得も

小難しい

説明や知識も不要なのです。





相続対策保険は


切り口、導入部、アプローチで決まると言っても

過言ではありません。



ある程度の年配になって

将来のこと

自分が亡くなった時のことを


全く考えない人はまずいないでしょう。





特に

ある程度の資産を持っている人は

相続税が高いという情報は100%理解している

と言っていいのです。



みんな心の奥底では何とかしないと

思っていながら・・・何もしてない




これが現状です。



しつこいようですが、あなたが保険を勧めてはいけません。


売りたい気持ち

契約してほしい感情を


ぐっと抑えて


お客様から


”教えて欲しい”

”資料を持ってきて欲しい”


と言われるようにすることが大切なのです。



もちろん、今回例で挙げたトークはほんの一例。

投げかけるトークや方法はまだまだたくさんありますし

お客様のタイプや考えによって変えなくてはなりません。



これからますます少子高齢化が進む日本。

それに比例して


ますます相続対策保険の必要性や需要が高まるとは

思いませんか???



チャンスなのです。


さあ、今日からスタートを切りましょう。


今日訪問するお客様に

あれを投げかけてみましょう。


「相続対策保険を提案させてください」は

禁句ですよ。

また別の機会でこの話は深く掘り下げて語りたいと

思います。




相続対策保険営業についてもっと詳しく知りたい
 人より早くノウハウをゲットしたい方















関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ