保険は絶対勧めるな!

ハワイとバリ旅行を迷うお客様が目の前にいる。


あなたは旅行代理店の店員。

本音ではハワイ旅行に行ってもらいたいと内心

考えているとする。




あなたならどうやって営業をするだろうか??






ここでは2つのパターンを挙げる。





パターン1.




店員「お客様!!今行くなら絶対にハワイがお勧めです。

   ナント言っても景色が最高ですし、気候がいいです。

   バリは蒸し暑いですよ。

   それにハワイは日本語も通じますから、買い物を

   するとき、食事をするとき便利ですよ。

   絶対ハワイがいいですよ!!!」


お客様 「それじゃ、そうするか!!ハワイで。」







パターン2.


店員「ビーチリゾートをお好みのようですね!!

   夜など風がすがすがしく湿度の低い場所と

   日本のようにどちらかというと蒸し暑い場所なら

   どちらがお好きですか?」


お客様「そうだな~

    どうせ行くなら、日本とは違う湿度の低い

    気候がいいかな」



店員 「はい。

    食事や買い物のとき日本語が比較的通じる場所と

    そうでない場所でしたら、どちらがよいですか?」



お客様 「実は、英語が苦手なんだよ。

     できれば・・・何でも日本が通じる場所が

     いいかな。」



店員  「お客様が選んだ条件にぴったりなのはハワイですね」


お客様 「それでお願いします」





パターン1も2も


結果は・・・ハワイ旅行に行くということは同じ。


しかし



そのプロセスが全く違うのだ!!





パターン1は・・・店員の説得。


パターン2は・・・お客様が選んだ結果。






これでお客様の満足度は大きく変わってくる。


考えて欲しい。


あなたが自分で選んだ商品と

誰かに勧められて買った商品なら




どちらが気分がいいか?

どちらが満足するか??




実は保険の営業も同じなのだ!!!



少なくても私は長い間、パターン1の店員のように

自分がいいと思った保険を勧める、説得することこそが

保険営業のすべてだと大きな勘違いをしていた。


でも・・・これでは


お客様に満足を与えることはできないのだ。


結果として



成約率も上がらず

契約単価も上がらず

紹介も出にくいのだ!!!



そう、保険営業も、パターン2のように

お客様に選ばせることが

重要なのだ!!


そのノウハウのヒントが今無料公開されている↓



保険を勧めずに

選ばせることができたなら




あなたの成約率は飛躍的に上がり

契約単価も驚くほど上がり

そして

紹介の連鎖を経験することができる


と私は確信している。



関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ