終身保険=葬儀代・・・この発想が保険営業をだめにする!

私はお客様に自分が作った提案書を見せながら

よくこんな説明をした。


「終身保険を300万円で設計しました。

 これは葬儀代をカバーするものです」



何の疑いもなく、これがベストだとずっとずっと信じていた。



ある大きな間違いに気づくまでは・・・



実は終身保険=葬儀代=300万円というのは

極端に販売者側の論理であるに気づく。


終身保険を・・・いつか必ず起こりうるリスクに対する備えと

して活用するのは間違いではない。


しかし「いつか必ず起こりうるリスク」=葬儀代と決め付けてしまう

のは、かなり疑問だ。


「いつか必ず起こりうるリスク」=「死後の整理資金」というのが

正しいであろう。


「死後の整理資金」という葬儀代だけではない。


例えば、入院して病院で亡くなるケースが多いと考えると・・・

「死後の整理資金」は葬儀代だけではなく、亡くなった時に病院に

払う精算金もあるとは考えられないだろうか??


「死後の整理資金」=葬儀代=300万円と勝手に決め付けるのでは

なく、このことを伝えただけではお客様の反応や選択は違ってくる

かもしれないのだ。


つまり、お客様が300万円では「死後の整理資金」が足らないと

考えられれば、当然もっと大きな保障となり、結果的に(営業的に

見れば)単価は上がってしまうことになる。



販売側、保険会社側の論理で

保険プランに終身保険300万円程度を設計しないといけないから

300万円=葬儀代としよう!!というような後付的発想が

あったのではないだろか???


そこにはお客様の希望やニーズはない。


「安ければお客様は満足する」

「保険料を削減すれば契約はもらえる」

という世間一般にまかり通っている偏ったFP的視点が

結果的に我々自身の首を絞めていることに早く気づいてほしいのだ。


もちろん、こんな例は終身保険=300万以外にもこういった

例はたくさんある。


どんな例があるのか??

どんな部分が問題なのか?

何をどう変えればいいのか?


その答えがここにある↓





安くすればお客様は喜び契約が獲れるというのは

全くの幻想であることにこの動画を見れば気づくであろう。



がんばってお客様からたくさんの保険をいただこうとするのではなく

偏ったFP的視点を捨てて、お客様のニーズに応えていくと・・・

たくさん保険がもらえてしまう、単価が上がってしまう事実も

あなたは知ることになる。


あなたのFP的考え、視点は大丈夫ですか??


関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ