お客様ごとに営業スタイルを変えよう

先日のことだが、家の玄関ドアの調子が悪かった。


原因はネジの緩み。


ネジを閉めようとプラスのドライバーを用意したが


ネジの大きさと


ドライバーの大きさが


合っていなかったらしく・・・力任せに閉めたネジ山は

見事に無くなってしまった。

(結局、修理業者に頼み、ネジを交換する羽目になって
 しまったのだ)


やはりネジにあったドライバーを使わないとうまくいかないもの。




実は、これは保険営業に関しても全く同じ。




ネジの大きさ=お客様のタイプ、性格、考え。


ドライバーの大きさ=保険営業スタイル。



ネジにあっていないドライバーで力任せにネジを回そうとするように・・・




あなたの営業スタイル、考え、価値観をお客様に無理やり

押し付けているということはないだろうか???



私は以前「私の契約者は、自分と同じようなタイプの人が

多い!!」ということを自慢していたが・・・



これは大きな大きな間違いなのだ!!

自分のタイプに似たお客様しかいないとうことは・・・


単に自分の営業スタイルにあったお客様しか契約できていない

という裏返し。



自分のドライバーの大きさにあったネジしか回さないということ。



これでは、多くの契約を獲得することはできない。



様々なタイプの方を自分の契約者とすることはできない。





でもお客様のタイプ・・・ネジの大きさなんて、無限にあるのでは??

と思われた方は心配はいらない。




ネジのサイズも・・・

お客様のタイプも・・・

ある程度に分類することができるのだ。




その方法・・・そしてタイプ別の営業スタイルのノウハウはこちら↓


あなたがネジに合わせたドライバーのセレクトができるようになった時

すなわち

お客様に合わせた営業スタイルを選べるようになった時


あなたの契約は驚くほど、増えることと確信している。




何事も遅すぎることはない。

変わる、スタートするなら今だ。

思い立ったが吉日という言葉があるように、


今日をあなたの保険営業の吉日と


しようではないか。


決して難しいノウハウではない。


このノウハウももともとは、


思ったような成果が出せず、悩み苦しんだ状況から

生まれたものなのだから・・・

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ