■逆算の科学

■逆算の科学

先日見たボクシングの試合で、あるボクサーの戦術は
自分からパンチを出して攻めるのではなく、相手に
わざと打たせてそれを交わしてカウンターパンチを
出すものだった。

意気込む対戦相手のパンチを交わし、効果的な攻撃
する作戦は見事当たり、そのボクサーはノックアウト
で勝利していた。

自分が攻めるだけではなく相手に攻めさせて勝つ!
これは保険営業でも有効な戦術だ。

私が保険を販売していた頃、どんなトークを使えば
契約になるかばかり考えていた。言い方や表現の仕方を
工夫してお客様を何とか説得しようとしていた。

間違いではないが、今回インタビューした竹下氏の
考え方は全く逆だ。

いわば自分からどんどんパンチを出すのではなく
相手にパンチを出させる作戦をとっている。

「保険の話を聞いてください」
「見直しをしませんか?」という攻撃はしない。

お客様に「相談にのってください」「お願いします」
と言わせるためにはどうすればいいのかを考え
実践しているのだ。

思い描いたお客様の言葉をもらうためには
どんな話からスタートすればいいか逆算していると
表現できるだろう。

あなたの営業を少しの変えてみないか。
少しの変化が大きな結果を生み出すはずだ。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
干ばつや消費税の話をすれば保険は売れてしまう!
世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック




■コミュニティーで成果は出る!

今回インタビューした竹下氏が主催するセミナーに来た人に
参加した理由を尋ねると「主婦の友達を作りにきた」と
答えることがあるという。

想像した欲しい。保険代理店が開くお金や金融に関しての
セミナーにこんな考えの主婦が来たら、あなたが主催者なら
どう思うだろうか?

私なら「ふざけるな!」「遊びじゃない」と感じてしまう
かもしれない。

しかし竹下氏は「これでいい」・・・「これがいい」
と断言する。

そもそも竹下氏のセミナーの目的は保険を売ることでは
ない。コミュニティーを作ることがセミナーのコンセプトだ。

セミナーを楽しみに来る、遊びに来るでもいい全然OKなのだ。

成果が出ないのでは?と心配になった方もいるはずだ。

しかしコミュニティーを作れば最終的に成果はでるという。

実際に9割以上の参加者が個別相談に繋がるのだ。
10人のうち9人が個別のコンサルに進むという奇跡としか
言えない結果が継続的に出ている。

友達を作りに来た主婦がなぜ個別相談に進んでしまうのか?

CDを聴けば答えは明らかになる。

またセミナーの集客・運営の仕方もまさに掟破り。

超特別で高度なノウハウはない。「本当にそれでいいの?」と
思ってしまうような誰でも実践できる方法で成功している。

まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール
干ばつや消費税の話をすれば保険は売れてしまう!
世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック



インタビューの内容の一部を挙げると

・消費税を切り口に保険を売るトークとは

・干ばつの話はお金になる!

・誰でもできる「雑談」法人新規開拓ノウハウ

・10分で社長の心をつかむ世間話とは

・なぜビジネス対談本は法人開拓のヒントの山なのか?

・お客様の既契約や年収より「大切なもの」を聞け!

・竹下流「変換」トークが契約を引き寄せる!

・売り込み不要の奇跡のEQセールスとは

・ワンちゃん(飼い犬)の話を契約に繋げるトーク術

・参加者の91.87%が個別相談に殺到するセミナーテクニック

・椅子の並べ方でセミナーの成功が決まる!

・節約の話を契約単価アップに繋げるミラクルトークとは

・子供夢を聞けば、保険は後からついてくる

・保険を提案するな、ライフプランを売れ

・主婦が殺到する超満員のセミナーを開催するノウハウとは

・メディア・マスコミを活用したブランディング戦術とは

・お客様に「お願いします」と言わせる方法とは?

・なぜ今保険が売れない営業パーソンが多いのか?

・雑談を高額コミッションに変える裏技とは

・逆算の科学、私が保険の話からスタートしない秘密

CDゼミナール
干ばつや消費税の話をすれば保険は売れてしまう!
世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック





関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ