■営業の導入部分をこう変えなさい

■営業の導入部分をこう変えなさい

種のまき方、育て方、収穫の仕方

これを完璧に勉強してパーフェクトに実践しても
美味しい果実を手にできるとは限らない。

そもそも種をまく土地がいいものでなければ
すべては台無しになる。

昨日までたくさん人が歩いて何十年も何もしなかった
カチカチの土地にいきなり穴を掘って種をまいても
いい植物はまず育たない。

どんなにうまい育て方をしても結果は同じだ。

植物の育てるよりまずその土台となる土地を育て
なければならない。

掘り起こし、肥料をやって植物が育つ土壌に整備
することが必要だ。

これは保険営業でも同じだ。

土地を整備する前に、種の巻き方や植物の育て方
・・・つまり提案ノウハウや営業トークの習得
ばかりを先行させるからうまくいかない。

まずあなたが営業でやるべきことは土地を育てる
ことだ。これが営業の導入部分では重要。

保険営業において土地を育てるとは・・・・・
お客様との関係を育てるということだ。

すばらしい提案書やパンフレット、保険の最新情報を
話しても永遠にお客様との関係は育たない。
不毛な土地のまま、種をまくことになる。

大切なのは雑談、会話なのだ。

これらから関係を育てる強力な武器があいづち・仕草。

具体的に何をどうすればお客様との関係を育てることが
できるのか?

CDを聴けば理解できる。

特殊な能力はいらない。普段あなたが当たり前に毎日
やっていることをほんの少し「カイゼン」すれば
いいだけだ。

もっと詳しいノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法



内容の一部を挙げると

・4つの「あいづち」でお客様の反応は劇的に変化する!

・訪問件数・仕事量を全く増やさずに売上は3倍にするノウハウ

・仕草・あいづちを変えれば週休4日が可能になる

・断りや拒絶が契約に変わる「罵倒マーケティング」とは?

・「要約あいづち」でお客様からの信頼感を100倍にする方法

・「聞く」ではない「聴く」で保険は売れる

・時空を飛ばす・・・タイムトリップ話法で成約率は劇的にアップする

・保険が売れないトーク第1位は「なぜですか?」

・仕草を変えるだけで信頼をアップさせる方法

・お客様との距離を変えればコミッションは激増する

・桂三枝から学ぶ仕草ノウハウ

・100回の訪問効果を10分で得る技術とは?

・アイミツで100%ライバルに勝てる必勝ノウハウ

・多くの見込み客が契約者にならない最大の原因とは?

・第一印象が大切!というのは大間違い!!

・この言葉をお客様に言わせれば「紹介」は確実にゲットできる

・紹介依頼なしの紹介獲得ノウハウ

・要約=変換・・・この武器でライバルに勝てる

・感情をのせる「あいづち」が突破口になる

・トップセールスパーソンのトークを真似しても成功しない理由

・「きっかけ」を質問すれば大きなチャンスが生まれる

・お客様の本音を契約に変えるプロセスとは?

・もう話を聴いてくれる社長を探すな!

・売れる人の仕草とテンションを真似せよ

・失敗する質問、成功する質問・・・その決定的な違いとは?

・解約率を極限まで低くする営業戦略とは?

・初回訪問では話す内容はどうでもいい理由

・声のトーンを変えれば、お客様は話を聞きたくなる

・「間」の取り方を間違えると失敗する

・お客様の感情表現がでたら本当の営業のスタートだ!

・契約単価をアップさせる話法


CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法




関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ