■喋らなくても保険が売れる技術

■喋らなくても保険が売れる技術

食事をする時、よく噛むという行為は非常にいい
ということに異論を唱える人はいないだろう。

特に子供にとって噛むことは脳の発達に繋がる
という。

しかし親や先生の「よく噛んで食べなさい」という
助言を子供がなかなか実践できないことも現実だ。

そこである幼稚園では昼食の時、最初の一口を
100回みんなで号令をかけながら噛むことを
している。

こうすることで2口目以降もよく噛むようになるのだ。

また某料理研究家は子供が大好きなカレーなどの具材を
わざと大きく切ることを勧めている。

人参、じゃがいも、肉などが大きいと子供は嫌でも
よく噛むようになる。

よく噛んで食べるという「わかっちゃいるけど、
なかなかできない」ことを無理なく実践できる例を
2つ紹介した。

これらは保険営業でも参考になる。

保険営業パーソンが一方的に売り込みのではなく
お客様の話をじっくり聴くことが成功への近道と
いうことが間違いと言う人はいない。

しかしどうしても設計書を出したいので保険の話に
つなげようとしてしまい、お客様の話をじっくり
聴けていないというのが現実ではないか。

わかっちゃいるけど聴けていないのだ。

お客様の話を聴ければ、無理に設計書を出そうと
しなくても、最終的に設計書を出すチャンスは
訪れる。

では無理なく「聴く」にはどうすればいいのか?

その答えは今回紹介するCDの中にある。

100回号令をかけたり、具材を大きく切るように
保険営業パーソンが無理しないで聴けるノウハウを
CDのインタビューで学ぶことができる。

もう売り込まなくてもいい!ことをあたは理解し
気持ちがぐっと楽になるに違いない。

少し極端な言い方かもしれないが・・・・
もう無理に喋らなくていい!のだ。

詳しいノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法




内容の一部を挙げると

・4つの「あいづち」でお客様の反応は劇的に変化する!

・訪問件数・仕事量を全く増やさずに売上は3倍にするノウハウ

・仕草・あいづちを変えれば週休4日が可能になる

・断りや拒絶が契約に変わる「罵倒マーケティング」とは?

・「要約あいづち」でお客様からの信頼感を100倍にする方法

・「聞く」ではない「聴く」で保険は売れる

・時空を飛ばす・・・タイムトリップ話法で成約率は劇的にアップする

・保険が売れないトーク第1位は「なぜですか?」

・仕草を変えるだけで信頼をアップさせる方法

・お客様との距離を変えればコミッションは激増する

・桂三枝から学ぶ仕草ノウハウ

・100回の訪問効果を10分で得る技術とは?

・アイミツで100%ライバルに勝てる必勝ノウハウ

・多くの見込み客が契約者にならない最大の原因とは?

・第一印象が大切!というのは大間違い!!

・この言葉をお客様に言わせれば「紹介」は確実にゲットできる

・紹介依頼なしの紹介獲得ノウハウ

・要約=変換・・・この武器でライバルに勝てる

・感情をのせる「あいづち」が突破口になる

・トップセールスパーソンのトークを真似しても成功しない理由

・「きっかけ」を質問すれば大きなチャンスが生まれる

・お客様の本音を契約に変えるプロセスとは?

・もう話を聴いてくれる社長を探すな!

・売れる人の仕草とテンションを真似せよ

・失敗する質問、成功する質問・・・その決定的な違いとは?

・解約率を極限まで低くする営業戦略とは?

・初回訪問では話す内容はどうでもいい理由

・声のトーンを変えれば、お客様は話を聞きたくなる

・「間」の取り方を間違えると失敗する

・お客様の感情表現がでたら本当の営業のスタートだ!

・契約単価をアップさせる話法


CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法




関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ