■忠臣蔵的営業ノウハウ

■忠臣蔵的営業ノウハウ

年末になるとテレビでよく見る「忠臣蔵」。

今までに様々な俳優が出演し何度もリメイクされて
きたと言っていいだろう。

最近では・・・
キアヌリーブス主演のハリウッド映画「47RONIN」は
忠臣蔵をモチーフにしているという。

「忠臣蔵」はいろいろなバージョンで何度も放送されて
いるが、基本的なシナリオはみんな同じだ。

浅野内匠頭の仇を打つために大石内蔵助をはじめとする
47名の赤穂浪士が吉良上野介宅に討ち入りする内容。

このシナリオは変わらず、違うのは出演者や演技の仕方
カメラワークなどを含めた「演出」ではないか。

シナリオを変えるのではなく演出を変える!

これは忠臣蔵ではなく保険営業でも成功のポイントに
なると私は考えている。

多くの人はトップセールスパーソンが売れる理由を
営業の「シナリオ」だと考える。

しかし同行してみると気づくことだが、トップセール
パーソンの営業のやり方はみんなと大差はない。

大きな流れや営業の展開、話す内容は普通の営業
パーソンと大きく変わらないのだ。

違いは・・・「演出」なのだ!

同じ設定で同じセリフであっても演ずる俳優や
演出の仕方によって、まるで別のものになる。

保険営業も同じなのだ!

さあ今こそトップセールスパーソンの演出を学ぼう。

今回紹介するCDを聴けば、小さな小さな演出の差が
大きな大きな結果の差になることをあなたは知ることに
なるだろう。

詳しいノウハウを勉強したいなら
まずはこちらを読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法





内容の一部を挙げると

・4つの「あいづち」でお客様の反応は劇的に変化する!

・訪問件数・仕事量を全く増やさずに売上は3倍にするノウハウ

・仕草・あいづちを変えれば週休4日が可能になる

・断りや拒絶が契約に変わる「罵倒マーケティング」とは?

・「要約あいづち」でお客様からの信頼感を100倍にする方法

・「聞く」ではない「聴く」で保険は売れる

・時空を飛ばす・・・タイムトリップ話法で成約率は劇的にアップする

・保険が売れないトーク第1位は「なぜですか?」

・仕草を変えるだけで信頼をアップさせる方法

・お客様との距離を変えればコミッションは激増する

・桂三枝から学ぶ仕草ノウハウ

・100回の訪問効果を10分で得る技術とは?

・アイミツで100%ライバルに勝てる必勝ノウハウ

・多くの見込み客が契約者にならない最大の原因とは?

・第一印象が大切!というのは大間違い!!

・この言葉をお客様に言わせれば「紹介」は確実にゲットできる

・紹介依頼なしの紹介獲得ノウハウ

・要約=変換・・・この武器でライバルに勝てる

・感情をのせる「あいづち」が突破口になる

・トップセールスパーソンのトークを真似しても成功しない理由

・「きっかけ」を質問すれば大きなチャンスが生まれる

・お客様の本音を契約に変えるプロセスとは?

・もう話を聴いてくれる社長を探すな!

・売れる人の仕草とテンションを真似せよ

・失敗する質問、成功する質問・・・その決定的な違いとは?

・解約率を極限まで低くする営業戦略とは?

・初回訪問では話す内容はどうでもいい理由

・声のトーンを変えれば、お客様は話を聞きたくなる

・「間」の取り方を間違えると失敗する

・お客様の感情表現がでたら本当の営業のスタートだ!

・契約単価をアップさせる話法


CDゼミナール(約2時間2分)
“あいづちと仕草”を変えれば生命保険は売れる!
お客様の話をただ「聴く」だけで簡単に契約を獲る方法









関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ