■芋づる式保険営業

■芋づる式保険営業

大物芸能人が覚せい剤使用で逮捕され世間を騒がせた。
覚せい剤をその芸能人に売ったいわゆる”売人”も逮捕。

今後はその売人が覚せい剤を売った他の芸能人や元プロ
野球選手が捕まるのではないかと噂されている。

まさに「芋づる式」だ。

ネットのgoo辞書で「芋づる式」を調べると
「蔓をたぐると芋が次々に出てくるように、多くの出来事が
関連して続くこと。」とある。

今回の事件のようにあまりいい意味で使われることがないが
「芋づる式」は法人開拓を効率的かつ楽にするキーワード
だと私は考えている。

法人新規開拓が大変なのは1つの法人が契約に至ると
そこで一旦流れが完了してしまうからではないか。

また新しい見込み法人を1から見つけなければならない。

一方、今回インタビューした大田氏のノウハウは全く違う。

法人新規開拓を「芋づる式」にすることに成功しているのだ。

税理士と提携して顧問先そして顧問先の取引先を開拓・・・
顧問先の取引先にはまた取引先があるのだからここも開拓。

そしてその税理士と提携している弁護士や社会保険労務士の
顧問先も開拓、さらに税理士の顧問先のメインバンクの取引先も
開拓というように。

このノウハウを十数年掛けて確立している。

確立しているというのは、地域や時間を関係ないし「繰り返し」
できるということ。

つまりあなたもすぐにマネできるのだ。

想像して欲しい。

1つの芋を取り上げると次々と芋を収穫できるように
1つの提携をきっかけにつぎつぎ法人契約を獲得できたら
あなたの保険営業は大きく変わるとは思わないか?

勇気を持って一歩を踏み出そう。

詳しいノウハウを一から学びたいなら
こちらをまずは読むことからスタートして欲しい↓
CDゼミナール(2時間1分)
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法



インタビューの内容の1部を紹介すると

・初対面の税理士でも必ずYESという提案はこれだ!

・お願いや依頼なしで税理士から法人を紹介してもらうノウハウとは?

・顧問先だけではなく顧問先の取引先まで自分の見込み客にする方法

・パワーポイントで税理士の断りを切り返すノウハウ

・海外投資が税理士の関心を集めるキーワードになる

・税理士の力を活用して弁護士、銀行などから紹介を獲りまくろう!

・相続の話題を切り口に税理士を新規開拓する方法とは?

・期末の決算より期首に大きなチャンスあり

・役員報酬のコントロールが税理士から顧客先の紹介を生む

・Facebookを活用すれば誰でも簡単に税理士と提携できる!

・他の営業パーソンとは違うと思わせるブランディング戦術とは?

・税理士が苦手なこの部分が新規開拓の大きな武器になる!

・法人見込み客紹介の切り札は「新規顧客」と「継続性」

・税理士との共同セミナーは絶対うまくいくと私が断言する理由

・終身保険に加入しながら毎年3~5%の配当を受け取る秘策とは?

・社長が自己破産しても取られない資金を確保する方法とは?

・満期のこない福利厚生対策の養老保険の掛け方とは?


CDゼミナール(2時間1分)
もう法人見込み客を自分で探すな
今からでも遅くない!コネ・人脈不要!
税理士からの継続的な紹介で法人新規開拓に成功する方法




関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索