■今アンパンマン保険が売れます

■今アンパンマン保険が売れます

少し考えてください。

あなたはリフォーム会社の社長です。

素晴らしい技術を持っていて
古びた家であっても新築と
見違える程きれいにリフォームできる
自信があります。

それをどうやってお客様にアピールしますか?


「新築と見違えるほどきれいに
リフォームできます」
と何度もアピールする。

リフォーム番組のようにリフォーム前と
後の映像や写真を見せて説明する。

既にリフォームしたお客様の喜び声を
紹介する。


こんな宣伝が普通です。

一方、先日目にしたリフォーム会社の
看板はこんな言葉が使われていました。


「新築そっくりさん」



素晴らしい言葉です。

たった8文字の短い言葉ですが
リフォーム会社の言いたいことが
的確にお客様に伝わるでしょう。

この話は法人新規開拓にも
通じます。

新規開拓の現場では
長々と保険のよさや提案するプランの
すぐれた機能を説明する時間が
与えられないことが多いものです。

社長はみんな忙しいし
残念なことですが

保険の話を聞きたい
という経営者はほとんどいません。

保険営業パーソンに与えられる
時間は本当に短いものです。

その短い時間を
「きっかけ」「チャンス」に変えるためには

短い言葉やネーミングで強烈に社長に
インパクトを与えることが大切なはずです。

「新築そっくりさん」のように・・・

強力な武器となるノウハウが
今回紹介するCDで語られています。

「アンパンマン保険」

8文字の言葉ですが
CDでインタビューした亀甲氏は

社長に関心を持ってもらう
大きな「きっかけ」として大きな成果を
上げています。

相続対策、退職金、節税、
万が一、保障、保険のリストラなど
という言葉は

社長は耳にタコができるくらい
何度も何度も聴いています。

今時
「保険で退職金対策ができるの!」と
驚く社長は存在しないに違いありません。

一方、アンパンマン保険なら
どうでしょうか?

「先日も同じ話を聞いたよ」という
断り文句はまずもらわないと
予想できます。


勉強会などで学べるのは
売るためのノウハウばかりだとは
感じませんか?

大切なことですが
売る前に関心を持ってもらわなければ
何も始まりません。

それでもあなたは
売りたい保険ばかりを提案しますか?

詳しくはこちら

-------------------
-------------------
■退職金保険が簡単に売れるホリエモン式

ホリエモンがニッポン放送の株を
買い占めた出来事を
きっとあなたも覚えているはずです。

連日マスコミが報道し
このニュース一色だったと
記憶しています。

そもそもホリエモンはニッポン放送を
手に入れたいわけではありませんでした。

インターネットとテレビの融合を目指し
当時ニッポン放送の子会社だった

フジテレビを手中におさめたかったのです。

本来の目的を達成するために
まず周りを片付けていくという戦術
と言っていいでしょう。

まさに故事成語の

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」。

この考え方は法人新規開拓にも
応用できます。

保険営業パーソンにとって
退職金対策の契約は欲しいに違い
ありません。

何といっても単価が大きくなります。

相続対策も自社株対策も同様に
契約したいはずです。

しかしだからと言って

設計書を片手に「話を聞いてください」
と売り込むのはあまりにも策がなさ
過ぎるとは思いませんか?

「何度も聞いたよ」と社長に
断られることが目に見えています。


ホリエモンのようにまず馬を狙うのです。


それが今回紹介するCDで語られている

「金銭消費貸借契約で自社株・退職・
相続対策すべての保険を総取りする
方法 」

という部分です。

保険とはまるで関係のない後継者が
自社株を買い取る方法を金銭消費貸
借契約を活用する策を提案します。

これ自体は保険契約に繋がりませんが

ニッポン放送を手に入れればフジテレビが
付いてくるように

実は退職金・自社株・相続対策を
一気に総取りするチャンスが生まれます。

研修会などで学べるのは
大抵、お得で有利な保険提案の
ノウハウです。

こちらも大事ですが

あなたはホリエモンが実践したやり方を
保険営業に応用できることを
ご存知でしたか?


あなたはまだがんばって契約を獲りに
いきますか?

保険以外の提案をすると
契約になってしまう方法が
ここにあるにもかかわらず・・・・

詳しくはこちら
-------------------
-------------------
■組み合わせで法人新規開拓

万が一の地震や災害などに備えて
ヘルメットを用意している
オフィスは少なくありません。

最近は防災意識の高まりで準備している
一般家庭もあります。

しかし折角備えていても
倉庫や押入れなどにしまってしまい

いざという時にすぐに取り出すことが
できないというケースが少なくないそうです。

こんな現状を打破するアイデアを
商品化した会社があります。

すぐにヘルメット変わる椅子を
開発したのです。

毎日仕事でも家庭でも使う椅子。

これがヘルメットになれば
もうしまい忘れることはないし
急な災害時も安心です。

この会社は

椅子+ヘルメットという

他がしない「組み合わせのアイデア」
で差別化したといっていいでしょう。

世の中にない全く新しいもの
作り出すという発想も

もちろん悪くはありませんが

今既にあるものを組み合わせる
だけで違いを出すことができるもの
です。

ある小さなレストランがありました。

店に客は入り繁盛していましたが
席数が非常に少なかったので

売上はある程度で頭打ちになって
しまいました。

お金を掛けて大きな店舗に
引っ越すという選択肢もありますが
これではリスクが高すぎます。

この店主は「組み合わせ」を
考えました。

まずはレストラン+通販をスタート
しました。

お店で人気のメニューを通信販売で
売りだしたのです。

またレストラン+料理教室も始めました。

店の厨房を使って主婦向けに
料理を教え始めました。

またレストラン+英会話も試みました。

店主の奥様がバイリンガルだったので
料理を作りながら子供に英会話を
教えてたのです。

これら2つの話は保険営業に通じます。

「組合わせのアイデア」で差別化する
ことは実は保険営業でも有効です。

今回紹介するCDでそれを学ぶことが
できます。

CDで語られている
「金銭消費貸借契約で自社株・退職
・相続対策すべての保険を総取りす
る方法 」

「設備投資を生命保険に繋げる提案
ノウハウ」

という部分はその典型です。

金銭貸借契約と自社株・退職金対策
の組み合わせ

そして設備投資と生命保険の
組み合わせのアイデアです。

セミナーなどで学べることの多くは
保険の売り方だとは思いませんか?

これも重要なことなのですが
トップセールスパーソンは

組み合わせが秀逸なのです。

今まで何度も提案してるプランが
組み合わせ次第で

まだまだ売れることをあなたは
知ることになります。

詳しくはこちら

関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ