■こうすれば保険料で負けても契約が獲れます!

■こうすれば保険料で負けても契約が獲れます!

健康に関してのテレビ番組に
日本ではまだ珍しい外来を
行う病院の医師が出演していました。

実は

「枕外来」

枕専門の医師なのです。

枕の高さや素材などによって
眠りの質が大きく左右するそうです。

眠りの質が向上すれば
健康になるといいう考え方です。

その医師は枕の「選び方」を
丁寧にわかりやすく解説。

自分に合った枕を選ぶ重要さを
よく理解できました。


番組終了後、その外来には
視聴者が殺到したと予測できます。

また外来とは別に自分に合った
オーダーメイドの枕が作れる部署も
あるそうなので

注文が相次いだに違いありません。

もちろんその医師は
「病院に来てください」とか
「枕をうちで作ってください」とは
言っていません。

枕の「選び方」を伝えただけです。


この話は保険営業に通じます。

多くの保険営業パーソンは
商品や提案したプラン自体を
一生懸命アピールする傾向が
強いと言えるでしょう。

間違いではありませんが
商品やプランの条件が
他より劣った場合

負けてしまうことが多いはずです。


一方今回紹介するCDで
インタビューした杉山氏は

枕外来の医師と同じで

単なる商品の売込みのではなく
「選び方」を上手に伝え
契約に繋げるプロなのです。

特にCDで詳しく語られている

「何を買うか」より「誰から買うか」が
重要であるかを伝えるトークは
必聴です。

このテクニックがあなたのスキルに
なれば

ライバルや既契約と比較して
保険料や返戻率で負けても

逆転できる可能性が高くなります。


セミナーなどで勉強できることは
有利でお得なプランを流暢に
売り込むノウハウが多いものです。

あなたは「選び方」を伝え
契約を導く方法を学んだことが
ありますか?

詳しくは↓
CDゼミナール
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!


CDの内容の一部を紹介すると

・年収300万円の人から
月額10万円の契約を獲る方法

・売れる人は名刺にこの情報を入れる

・受取人変更手続きを100%
お金に変えるトークとは?

・リビングニーズは新規開拓の
最高の武器です

・紹介+職業=MDRT 
これが勝利の方程式

・奨学金に注目すれば追加契約を
自動化できる

・名刺の渡し方が悪い人は
見込み客に困ります

・トップセールスパーソンは
自己紹介で差別化します

・今この職業によく保険が売れます

・平日昼間のスケジュールを埋める戦術

・売れない人はLINE、売れる人は電話

・がんばるんじゃない、完全コピーで保険が売れる!

・無限の紹介連鎖はあきらめろ!


CDゼミナール
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!




関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ