保険営業奇跡のトーク術■20年間全く同じ話で法人に売れています

■20年間全く同じ話で法人に売れています
                   
「DHC」という会社名を1度も聞いたことが
ない人はおそらくほとんどいないはずです。
                   
化粧品・サプリメントを中心とする大手メーカー
です。
                   
売上一千億円以上の巨大企業ですが
実は創業当時は現在とは全く違う事業で
スタートしました。
                   
大学の研究室を相手に洋書の翻訳委託業を
行っていたといいます。
                   
「DHC」とは「大学翻訳センター」の略です。
                   
ちなみにルイヴィトンは馬具のメーカーで
スタートしましたし、ソフトバンクはPCソフトの
卸売業で創業しました。
                   
こんな例を見ると「変える」事をしないと
ビジネスで生き残れないと思ってしまうかも
しれません。
                   
一方で、全く「変えない」ことで成功している
企業もあります。
                   
先日テレビで取材されていた和菓子店は
昔と「変えない」味と製法で100年以上
多くのファンから支持を得ているそうです。
                   
私がよく行く鰻屋さんの”たれ”は創業時から
何十年間も全く「変えていない」そうです。
                   
少なくなったら継ぎ足して同じ”たれ”を
使用しています。
                   
大切なことは
                   
「変える」ことと「変えない」ことの見極め
ではないでしょうか。
                   
                   
                   
この話は法人保険営業に通じます。
                   
                   
                   
経営者やドクターにアプローチする際
時代の流れとともに
                   
また法律や税制の変化に応じて
                   
やり方を「変える」ことが必須だと
私はずっと考えていました。
                   
しかし今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は違います。
                   
「変えない」話で成功しています。
                   
驚くことに
                   
20年以上
                   
法人・ドクターへのアプローチ話法が同じなのです。
                   
20年前と同じ話で
驚くような高単価契約次々決まり
MDRT21回なのです。
                   
保険を語りません。税金も語りません。
財務も相続も事業継承の話をするわけでも
ありません。
                   
小林氏は今後もこのやり方を続けるとの
ことです。
                   
多くの保険営業パーソンは変化を捉え
「変える」努力ばかりを一生懸命しています。
                   
正しいことですが
トップセールスパーソンは「変えない」
アプローチで次々法人を新規開拓することに
成功し続けています。
                   
どんな話でアプローチしているのか
知りたくはないですか?
                   
※もっと詳しく知りたい方は
こちらを今すぐクリック↓
私は20年間同じアプローチで
経営者・ドクターに保険を売り続けています!






関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ