保険営業マーケティング「自動振替貸付を活用した奇跡の提案」

■自動振替貸付を活用した奇跡の提案
                
テレビを見ていると
                
ある韓国人グループのコンサート
DVD発売の告知がされていました。
                
この商品を購入すると特典として
メイキング映像が収録された
DVDがもう1枚付いてきます。
                
その中身はコンサート前のメイクを
している姿やリハーサルの様子です。
                
この手の特典は
今は珍しくありませんが・・・
                
かつてのコンサートが商品
メイクやリハーサルは準備という常識を
見事に覆すものではないでしょうか。
                
今まで見過ごしていたものも
「お客様への届け方次第で」
                
差別化の武器になるのです。
                
                
お菓子メーカーの工場が見学できて
冬休みや夏休みに子供が多く訪れて
いるという話を聞きました。
                
「お客様への届け方次第で」
                
生産工程である工場でさえも
1つの武器になってしまうわけです。
                
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
                
法人新規開拓で折角提案をしても
ライバルや既契約となかなか差別化
できないと感じた経験はありませんか?
                
一方今回紹介するCDで
インタビューした奥田氏は
                
今持っているものを
                
「お客様の届け方次第で」
                
差別化の強力な武器に変えて
しまう達人です。
                
CDの中の
「APL(自動振替貸付)を
活用した奇跡の提案」
                
「掟破りの2段階名義変更提案」
                
は特に注目です。
                
差別化の武器がないのではなく
                
「お客様への届け方」を
知らないだけということに
気づくはずです。
                
知っているか、知らないかだけで
結果は大きく変わると考えています。
                
詳しくは↓
教科書に載らない
法人保険提案の裏ワザ 






関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索