法人保険提案で差別化するコツ、逓増はまだ法人契約ですか?

逓増の提案はまだ法人契約だけですか?
                
大手メーカーの工場での大量生産の
仕組み。
                
一昔前までこれを見るのはメーカーの
取引関係などに限られていたはずです。
                
一般の消費者は商品ができる仕組み
すなわち製造過程ではなく
                
完成した商品だけに関心があるとされて
いたでしょう。
                
しかし近年、これが変わったと言えます。
                
消費者が工場を見学できるツアーは
人気を集めているし
                
テレビ番組では頻繁に工場での
大量生産の様子が映し出され
それが商品のプロモーションに使われて
います。
                
工場の様子=法人関係者が見るもの
という常識を
                
「工場の様子=個人も見るもの」と
置き換えて
                
売上アップに繋げているとも考えられます。
                
                
下請け工場が長年培ってきた
ハンダゴテの技術を
                
一般消費者に教えてビジネスにしたり
検定にして成功しているという話を聴いた
ことがあります。
                
お客様=元請け法人を
                
お客様=個人に置き換えて成功した
のです。
                
                
これら2つの話は法人保険営業にも
通じます。
                
                
法人契約が当たり前。
個人で契約して当然。
                
こんな常識をもう1度見直すことで
新たなマーケットを掘り起こし
大きな結果に繋げているのが
                
今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏です。
                
例えば逓増定期保険。
                
法人契約が一般的だがこれを
個人にするだけで
                
新しい未開拓な市場が
浮かび上がります。
                
厳しい競争に勝つという発想も間違い
ではありませんが
                
法人と個人を置き換えることで
                
みんなが狙わない巨大なマーケットで
活躍することが可能になります。
                
社長のがん保険や医療保険は
個人で契約するものという常識も
一度見直すべきでしょう。
                
亀甲氏は個人が常識のものを法人に
置き換えることで
                
数多くの新規開拓を成功に導いて
います。
                
詳しくはこちら↓をお読みください
                
逓増定期保険を
個人契約で提案しよう





関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ