保険の法人新規開拓で成功する営業話法、人材不足トークで法人契約が獲れる

人材不足を語れば法人新規開拓が
簡単になることをご存知でしたか?
                
多くのプロのダンサーは
舞台に立って踊る自分の姿を
ビデオに撮影して
                
後で見て自分の技を
チェックして技術の向上に努めます。
                
これが常識であり、プロとして当たり前の
行為だと思いませんか?
                
一方、先日テレビに出演していた
アメリカで成功する日本人パフォーマー
(ダンサー)は
                
まるで逆のことをします。
                
踊っている姿を撮影するのではなく
自分を見ている観客をビデオで撮るの
です。
                
そしてお客様の反応をチェックし
勉強します。
                
どんなダンスでお客様は喜ぶのか?
どんな技の反応がいいのか?
                
自分がテクニックを向上させて
お客様をがんばって喜ばすという
発想ではなく
                
お客様が喜ぶダンスだけをするという
スタンス。
                
主語が自分ではなくお客様なのです!
                
彼はこの考え方で競争が厳しいアメリカで
成功を続けています。
                
                
この話は法人保険営業にも通じます。
                
                
多くの保険営業パーソンは
主語が自分ではないでしょうか。
                
自分がいい提案やいい情報提供をして
お客様を満足させようとします。
                
間違いではありませんが
差別化するため
競争を勝ち抜くためには
                
発想の転換が必要です。
                
主語を自分からお客様に変えるのです。
                
今回紹介するCDでインタビューした
COT9回の中瀬氏は
                
面談相手である社長を主語にして
大きな成果を出し続けています。
                
その成功例の1つが
人材不足でアプローチするノウハウです。
                
「自分」が話したいことではなく
「社長」が聴きたい人材の話をするの
です。
                
聴きたい話をすれば当然アプローチは
うまくいきます。
                
もちろん人材の話題を保険に繋げる
方法を中瀬氏は確立しています。
                
もう無理に保険の話をする必要は
ないわけです。
                 
まだ法人新規開拓の主語は自分ですか?
                 
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をお読みください。
                
人材採用、教育を切り口に
法人新規開拓する方法








関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ