生命保険TOTの法人新規開拓術、保険を語らず契約を獲るテクニック

もう保険を語るな!未来を予想せよ!
TOTの法人新規開拓術
                
お弁当の売上を上げたいお店が
ありました。
                
弁当のおいしさを追究したり
値段を安くしたりして工夫をしましたが
                
思ったような売上にはなりませんでした。
                
そこで全く別の部分を変えたのです。
                
お弁当自体を変えるのではなく
                
お弁当を買ってすぐ食べられるイートイン
スペースを作ったのです。
                
すると売上がアップしたのです。
                
お弁当を売りたいから、お弁当を変える!
これが全てではないわけです。
                
                
あるドラッグストアが
売りたい洗剤の売上を
                
目立つように陳列したり
ポップを貼ってアピールするを全くしないで
                
伸ばした話を聞いたことがあります。
                
実は
普通に陳列棚に並べただけです。
                
しかし並べ方を工夫しました。
                
内容量がほぼ同じで
値段の高い別の商品を
                
売りたい洗剤の隣に置いたのです。
                
多くのお客様は2つの商品を比較して
店が売りたい洗剤を手にしたそうです。
                
売りたいものを直接アピールするだけが
すべてではないわけです。
                
                
この話は法人保険営業に通じます。
                
                
今回紹介する音声セミナーでインタビュー
した小林氏は
                
法人新規開拓に成功し続け
MDRT21回(うちCOT13回
TOT3回)です。
                
しかし社長に保険の話をしようとしません。
                
保険を売りたいから、保険を語るわけ
ではないのです。
                
小林氏が積極的に社長と語るのは
保険ではなく「未来」についてです。
                
保険とは関係ないとも思える
「未来」を語れば
                
実は簡単に法人契約にたどり着くことが
できるのです。
                
残念ながことですが、保険に興味がある
社長はほとんどいません。
                
それにもかかわらず、保険を直接
売り込もうとするから、撃沈するのです。
                
一方「未来」についてならどうでしょうか?
                
事業の将来、業界の未来、
10年後の社会・・・
                
これらに興味がない社長はいないと
言っていいはずです。
                
今回、小林氏が語るノウハウが
あなたのスキルになれば
                
社長に興味がある話をするだけで
法人新規開拓ができてしまうようになる
と言っても過言ではありません。
                
あなたはまだ保険を売りたいから
保険を語りますか?
                
それとも未来を語り楽に法人契約を
手にしたいですか?
                
詳しくはこちら↓をお読みください。
                
1社から58件の法人契約が獲れた
「未来話法」とは?








関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索