富裕層・資産家から高単価生命保険契約を獲得できる簡単な営業方法

富裕層から高単価契約を獲得できる
簡単な方法
                
先日、100円ショップで新幹線の
おもちゃを見かけました。
                
新幹線の先頭車両が100円。
                
クオリティがいいし100円は安いと
感じました。
                
電池で動くタイプのおもちゃですが
実は新幹線の先頭車両だけを購入しても
動きません。
                
電池を入れ、モーターがついているのは
別売りの2両目の車両なのです。
                
電車を動かしたいなら先頭車両、2両目
をセットで購入しなければなりません。
                
さらに2両目の横を見ると、後尾車も
別売り。
                
3両セットで購入する人が多いと予測
できます。
                
さらにさらに同じ陳列棚には
電車の座席に乗せられる専用の人形や
電車を走らせるための線路や鉄橋
                
そして新幹線以外の車両(ドクター
イエローや成田エクスプレスなど)も
売られていました。
                
電車に興味のある人、欲しいと思った人が
買い物かごに、どんどん商品を入れてしまう
秀逸な「仕組み」があると感じました。
                
                
コンビニにお弁当と飲み物を買いに行って
思わずデザートも手に取ってしまったという
経験を私は何度もしたことがあります。
                
もちろんコンビニの店員に
「お弁当と一緒にデザートはいかがですか?」
と売り込みはされていません。
                
思わず、デザートを買ってしまう「仕組み」が
あると考えられます。
                
                
これら2つの話は相続対策保険を売る
場合に通じます。
                
                
今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は
                
富裕層から相続対策保険を獲得する
達人です。
                
しかも契約単価が驚くほど高いのです。
                
といっても
                
高い保険料の提案を流暢に売り込む
スタイルではありません。
                
電車のおもちゃとコンビニの話と同じで
                
高単価契約になってしまう
                
「仕組み」を
                
確立しているのです。
                
高い保険をがんばって売るのではなく
                
この「仕組み」で
                
高い保険が無理なく自然に売れてしまう
ようになると言っていいでしょう。
                
高度で真似できないノウハウでは
ありません。
                
知っているか知らないかだけの差なのです。
                
もっと詳しく知りたい方は
こちら↓をお読みください。
                
富裕層から高単価契約を獲得できる
簡単な方法




関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索