保険営業のトップセールスパーソンが重視している事

トップセールスパーソンが重視している事
                
自転車を趣味にしている人が私の周りに
増えています。
                
通勤や仕事の移動で活用している
経営者も少なくありません。
                
自転車が増ればそれに比例して
増えるのが盗難です。
                
外国製の結構値の張る自転車を
盗まれた経験がある友人がいますが
                
彼は今自転車を停める時に
長いチェーン式の鍵をいくつも用意して
ぐるぐるに巻きつけます。
                
盗まれないようにロックを強化する!
                
正しい判断でしょう。
                
一方で先日、テレビで紹介されていた
盗難防止のやり方は全く発想が違います。
                
実際に売られている商品ですが
                
鳥のフンそっくりな取り外し可能な
シールなのです。
                
白く見た目は鳥のフンそのもののシールを
サドルの部分に貼ると
                
自転車を盗もうとした人は座るのが
嫌だと感じて
                
結果的に盗難の防止に繋がります。
                
盗む人の心理にスポットを当てた戦術
と言っていいでしょう。
                
ガチガチにロックするという理屈も間違い
ではありませんが
                
心理を考えるとシールを貼るという
簡単な方法でより効果を出すことも
できるわけです。
                
この話は保険営業に通じます。
                
いい提案、有利で得なプランを提案して
差別化しようとすることももちろん間違い
ではありません。
                
これはいわざガチガチのロックです。
                
売れる人の戦術は鳥のフンシールに
似ていると感じます。
                
トップセールスパーソンの多くは理屈以上に
顧客の心理、感情を重視しているのです。
                
あなたの営業は理屈だけを重視して
いませんか?

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索