保険契約単価を劇的にアップさせる質問、トップセールスのテクニック

「この質問」をするだけで契約単価を
劇的にアップさせることができます!
                
私の知人にフェラーリオーナーがいます。
                
一般的にフェラーリオーナーというと
社長や資産家をイメージするかも
しれませんが
                
彼は普通のサラリーマン。
                
家やお酒・・・他のことには関心がなく
給料の大半を車につぎ込んでいます。
                
同じような人の話ですが
以前海外の旅行先で出会った日本人は
運賃が100万円以上すると言われる
                
飛行機のファーストクラスで旅をすることが
趣味でした。
                
ファーストクラスといえば
政治家や企業家、有名人しか利用しない
と私は考えていました。
                
しかし彼は警備の仕事をする
普通のおじさんです。
                
ファーストクラスに乗ることが一番の
趣味で、そのために働いているといいます。
                
将来の不安でお金を使わない人が
増えているとよく耳にしますが
                
人は本当に自分が大事にすること
にはお金を使うのです。
                
今回紹介した2人は
かなり極端な例かもしれませんが
                
ほとんどの人は大事にしたい事や
夢や目標を持っています。
                
みんなそれを持っていても
曖昧だったり、自分で気づいていなかったり
することが多いことが事実なのです。
                
それを聞き出す!引き出す!明確にする!
これが保険営業パーソンの役目だと
                
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏が言います。。
                
人生における優先順位
自分が本当に大切にした事
                
これを聞き出すことができたら
実は契約は簡単になります。
                
多くの保険営業パーソンは
お客様の既契約を聴きだすことに注力し
                
それができたら
よりお得でより有利なプランを
提案する努力をします。
                
もちろんこれは間違いではありませんが
竹下氏は全く別の発想です。
                
大事にしていること
優先順位1位を聴きだし
                
それを効率的にスムーズに保険契約に
変えてしまうノウハウを確立しています。
                
しかも最終的に獲得する契約の
単価は驚く程高く
                
既契約の何倍にもなることが少なく
ありません。
                
それでもあなたは既契約の質問を
続けますか?
                
詳しくはこちら







関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索