ドクターマーケット新規開拓で生命保険が売れる営業方法「医師との初回訪問術はこれだ!」

初対面のドクターが大歓迎する秘密
                
法人の経費削減をコンサルティングする
会社の経営者が知人にいます。
                
彼の新規開拓手法はDMです。
                
スタート時は
                
経費削減をすると・・・
会社にこんなにメリットがあります!
得になります!
                
という切り口の内容でした。
                
思ったようなレスポンスは
得られなかったといいます。
                
そこでDMを変更。
                
経費を見直さないだけで
会社にこんなデメリットがあります!
大きな損を垂れ流しすることになります!
                
という切り口にしました。
                
するとレスポンスは劇的にアップした
のです。
                
「得」を切り口にするか
「損」を切り口にするか
                
たったこれだけのことで
伝える内容は同じでも
相手の反応は大きく変わるのです。
                
                
「少し痩せた方がいいんじゃない?」
                
奥様や周りの人からのこんなアドバイスに
全く耳をかさずに、不摂生を続ける
友人がいました。
                
しかし
                
今はお酒を抑え
規則正しい生活を心がけ
週に何回かウォーキングもして
ダイエットに成功しています。
                
きっかけは健康診断で
”このままの生活を続けていたら
近い将来、病気にかかる可能性が高い”
ことを指摘されたことです。
                
痩せた方が「得」ではなく
痩せないと大きな「損」になることを知り
                
行動を起こした例だと私は考えます。
                
                
これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に通じます。
                
                
今回紹介するCDでインタビューした
中瀬氏は
                
飛込みオンリーで
                
効率的にドクターマーケットの新規開拓に
成功し続けています。
                
大きなポイントは初回面談。
                
初回面談の最初の投げ掛けが
違うのです。
                
多くの保険営業パーソンは
「得」を切り口にドクターに面談を訴えます。
                
一方、中瀬氏の切り口は「損」。
                
自分と話をするとメリットが得られる
のではなく
                
自分と話をしないとデメリットになる
ことをうまく伝え
                
難なく病院の受付を突破して
                
ほぼ100%の確率でドクターとの
面談に成功しています。
                
コネや紹介ではありません。
飛込みオンリーでこの数字です!
                
研修やセミナーで学べるのは
ドクターの目の前に座れてからの
ノウハウが中心です。
                
これも大切ですが
                
現場でもっと重要なのは
                
ドクターの前に座るノウハウだとは
感じませんか?
                
CDを聴けば、それがあなたのスキル
になるのです。
                
いい話、メリットをアピールして
門前払いをされても
ドクターを訪問し続けますか?
                
それとも「損」を切り口にして
面談率を劇的にアップさせますか?
                
詳しくは↓
この飛込み訪問で 今、ドクターに
生命保険が売れています!






関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ