役員賞与で法人保険の新規開拓できる営業ノウハウ

役員賞与で法人新規開拓できる
                
日本の農業問題が報道番組で
語られてることは多いです。
                
食料自給率の低下、農家の後継者
問題、TPPで受ける影響など。
                
どちらかというと後ろ向きの話題が多いと
言えるでしょう。
                
一方で先日書店で見た本のタイトルは
衝撃的なもので私は思わずその書籍を
手に取ってしまいました。
                
「日本は世界5位の農業大国 
大嘘だらけの食料自給率」
                
「思わず」手に取ってしまった・・・
ビジネス側(本を出版する側)から
すれば
                
こんな行動を顧客に起こさせる本の
タイトルの付け方が、本の売上を
上げるポイントになるはずです。
                
常識的なことすなわちこのケースで言えば
農業の危機を示すようなタイトルで
あれば
                
私の「思わず」は起こらなかったに違い
ありません。
                
常識とはまるで逆のことを語るような
タイトルだからこそ私は行動を起こして
しまったのです。
                
同じ日にやはり「思わず」手に取って
しまった本があります。
                
そのタイトルは
「ギャンブルには
ビジネスの知恵が詰まっている」。
                
ギャンブルとビジネス。
                
普通は同じ土俵で考えることはないと
私は認識しています。
                
この固定概念を崩すタイトル
だからこそ「思わず」なのです。
                
これらの話は保険営業
特に法人新規開拓に通じます。
                
今まで何度も聞いたことがある話をして
社長の「思わず」を起こすことは難しいです。
                
それにもかかわらず
多くの営業パーソンは
常識的な話題でアプローチします。
                
今回紹介するCDでインタビューした
染宮氏のノウハウは一線を画します。
                
インタビューでは非常識、固定概念を
崩す話題で
                
社長の関心をひき
                
社長の「思わず」を起こす方法が満載
です。
                
例えば「役員賞与」を切り口に
法人新規開拓するノウハウ。
                
今までにはない斬新な切り口と
言っていいでしょう。
                
また「役員報酬をアップさせる提案」を
突破口にする法人開拓も注目の方法
です。
                
多くの営業パーソンは報酬を下げて
退職金にまわす提案というのが常識。
                
非常識だからこそアプローチが
うまくいく確率がアップします。
                
詳しくは↓
役員賞与で法人新規開拓できる
----------------
----------------
社長に大型終身保険を売る技術
                
少し考えて欲しい。
                
あなたが古本屋を経営していたとします。

ブックオフやアマゾンなど並み居る
競合に勝つために
どんな戦略を立てるでしょうか?
                
扱う本のカテゴリーを絞って専門店化する
                
新刊本を豊富に揃える
                
古く珍しい本ばかりを売る
                
他店よりも安く売る
                
仕入れを工夫して利益率を上げる
                
私ならこんな普通の考えしかできない
でしょう。
                
一方、先日テレビに出演していた
古本店の店主は
                
全く違う方法でお客様にアプローチ
していました。
                
インテリア。
                
インテリアとして古本をお客様に
売っているのです。
                
外国の古書で装丁がオシャレなものを
中心に仕入れ販売しています。
                
例えばロシア語の古本。
                
これを読むために買う人は非常に
限られます。
                
ロシア語を勉強し読める人しか
買わないからです。
                
一方、ロシア語の本をインテリアとして
売れば、客層は劇的に広がるとは
思いませんか?
                
部屋をおしゃれにしたい女性
                
カフェやレストランの経営者
                
海外の家具を販売している店にも
売れるかもしれません。
                
ロシア語を一文字も知らない人で
あってもビジネスのターゲットに変えて
しまうことができるわけです。
                
お客様へのアプローチ次第で
売上は変わります!
                
これは保険営業でも同じです。
                
今回紹介するCDでインタビューした
染宮氏はアプローチノウハウの達人です。
                
例えば終身保険を売る場合。
                
お葬式代や死後の整理資金の
準備のため、または返戻率の話を
中心するのが一般的です。
                
一方、染宮氏は全く違うアプローチを
インタビューで語ってくれたのです。
                
今でも売れる。
いや今からでも売れる。
                
これがその方法を学んだ率直な感想です。
                
得か損か、有利か不利かでアプローチする
売り方ももちろん悪くありません。
                
しかしロシア語の本を読むものではなく
インテリアとして売るアプローチと同じ
ように・・・
                
工夫次第でライバルに勝てることを
CDであなたは知るに違いありません。
                
詳しくは↓

社長に大型終身保険を売る技術




関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ