ラスベガストークで大型生命保険が簡単に売れる営業方法

ラスベガスをこう語ると大型保険が
簡単に売れてしまう方法
                
「シリーズが変わる度に孫に新しい
おもちゃをねだられるので大変だ!」
                
先日話した、あるおじいちゃんの言葉です。
                
テレビで長年放送されている5人の戦隊
ヒーローものは毎年新しいシリーズになり
                
その都度関連したグッズが発売される
そうです。
                
通常テレビ番組はスポンサーからの
CM料で成り立っていますが
                
この手の番組の本当の儲けはグッズ
販売と予測できます。
                
ビジネスモデル的に言えば
プリンターと同じではないでしょうか。
                
スキャナやコピーなどもできる高性能な
カラープリンターが数千円で買うことが
できます。
                
メーカーの本当の儲けは利用者が
継続的に購入するインクです。
                
グッズもインクも売りたいものを最初から
アピールするやり方ではありません。
                
売りたいものが
「後から売れてしまう仕組み」
があると言っていいはずです。
                
                
この話は富裕層マーケットの
新規開拓に通じます。
                
                
保険を売りたいから保険を
アピールするやり方は
                
有効でなくなってきているとは
感じませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏のノウハウは
                
グッズやインクに似ています。
                
「後から売れてしまう仕組み」があるのです。
                 
保険とはまるで関係ないと思われる話を
していくと
                 
最後になぜか?保険に行きついてしまう
ノウハウを大田氏を確立しています
                 
大田氏がアプローチでお客様に語るのは
                 
ラスベガス
                 
為替
                 
旅費規程
                 
米国不動産
                 
コンテナ事業など
                 
保険とはほど遠い話題ばかりです。
                 
しかし
                 
「ある方法」でこれらを語ると
                 
最後に大型保険が売れてしまうのです。
                 
売り込みなしで大型の保険契約を手に
できる方法があなたの目の前にあります。
                 
高度で難解なノウハウではありません。
                 
知っているか知らないかだけの差なのです。
                 
それでもあなたは保険をうまく売ろうと
しますか?
                 
それともラスベガスを語り大型保険を簡単に
手にしますか?
                 
詳しくは↓
                 
ラスベガスをこう語ると大型保険が
簡単に売れてしまう方法



関連記事

コメント

非公開コメント

月別アーカイブ