絶対失敗しない社長へアプローチ術稼ぐ保険営業パーソンは訪問前にこれをやっている!

野球で優秀なキャッチャーはバッターと
対戦する前に
                
相手の弱点がわかると聞いたことが
あります。
                
バッターボックスに入る前の素振りや
バッターの構え方、バッターボックスでの
立ち位置などから
                
弱点を「読み取る」のです。
                
心理学者は、相手の心理を掴む時
仕草や目の動きまばたきの回数などから
「読み取る」そうです。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
法人新規開拓のアプローチ
                
特に社長との初回面談が思うように
進まない、うまくいかないという経験は
ありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は
                
法人初回面談の達人です。
                
飛込みで訪問しても
難なく社長との対話を成功させて
しまいます。
                
みんなとの違いは
「読み取る」ノウハウです。
                
社長が今関心を持っている話題や
悩んでいることを
                
会社のホームページから見事に
「読み取る」方法を確立しています。
                
残念なことですが
毎日保険の事を考えている社長は
いません。
                
ですから保険でアプローチしても
撃沈するわけです。
                
しかし社長の興味のある事、問題と
考えている事でアプローチしたら
                
どんな結果が得られるか
説明するまでもありません。
                
決して高度で難解なノウハウでは
ありません。
                
知っているか知らないかだけで
最後に手にするコミッションは
大きく変わると考えています。
                
それでも保険で社長にアプローチ
しますか?
                
それとも社長の関心のある事を
ホームページから「読み取り」
                
アプローチしますか?
                
詳しくはこちらをクリック


関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索