税理士から法人を紹介され相続対策保険を今の10倍売る方法

元トップテニスプレイヤー杉山愛選手の
インタビューをテレビで見ました。
                
世界を転戦するテニス選手にとって
”英語”は必須だと語っていました。
                
移動手段や試合先で泊まるホテルの
予約そして試合前の練習相手の確保
まで
                
すべて選手自身がやらなくてはならない
そうです。
                
それらをすべて英語を使って行います。
                
必然的に選手は英語を流暢に
話さなければなりません。
                
学生時代の成績は全く別で
英語を習うことが目的ではなく
                
テニスをすることが目的で
その手段が英語ですから
                
テニス選手は
みんな英語が話せるようになります。
                
一方で英語が不得意科目だという
日本の学生は多いものです。
                
これは英語を習うことがが目的になって
しまっていることが大きな原因ではない
でしょうか。
                
目的と手段
                
これは相続対策保険を売る場合も
重要です。
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は
                
税理士から資産家や会社経営者を
紹介され
                
驚くほどの数のに相続保険を販売して
います。
                
しかし
「資産家や相続対策が必要な社長を
紹介してください」
                
というお願いや依頼を税理士に全く
しません。
                
あなたも気づいている通り
これをしてもまずうまくいきません。
                
大田氏のやり方は
相続対策保険を売ることを目的に
しません。
                
相続対策保険を手段化して
成功を続けています。
                
税理士の顧問契約を継続させること
税理士の新規顧客を増やすこと
                
これらが目的。
                
その目的と達成するための手段が
相続対策保険という流れを
見事に確立しています。
                
多くの保険営業パーソンは
相続保険契約を獲得することを
「目的」としてしまいます。
                
間違いではありませんが
                
トップセールスパーソンは「目的」が
全く違います。
                
知れば誰でもいつからでも実践できる
ノウハウです。
                
それでも保険を「目的」にしますか?
                
詳しくはこちらをクリック



関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索