TOTのノウハウ。法人新規開拓で保険ではなく「これ」を売る!

               
適度な食事制限そして適度な運動。
                
適切なダイエットを続け、15キロの
減量に成功した友人がいます。
                
健康診断の数値も改善して大喜び
ですが、1つだけ喜べないことがあると
いいます。
                
洋服、スーツをすべて買いなおさなければ
ないないことです。
                
サイズが合わなくなったのです。
                
少し驚いたことですが、ビジネスで使う
皮靴もサイズが合わなくなったといいます。
                
足のサイズ自体は以前と変わりませんが
足の肉が無くなり、今までの靴はぶかぶか
だといいます。
                
これも買いなおし。
                
今回の事をビジネスの視点で見ると・・・
                
友人は洋服や靴を売り込まれたわけでは
ありませんが、かなりの商品を購入する
ことになりました。
                
売りたい洋服や靴をある場合
ストレートにアピールするだけがすべてでは
ないことに気づきます。
                
時にはダイエットを売ることが最終的に
商品の販売に繋がることもあるわけです。
                
売るものを変えてみる発想が時には
重要です。
                
紳士服店の看板で下取りセールの宣伝を
よく見かけます。
                
着古したスーツでも結構な金額で買い
取ってくれる仕組みです。
                
古いスーツがなくなり、クローゼットに
スペースが生まれれば、新しい商品が
売れるという発想だと聞いたことがあります。
                
売りたいスーツを直接売り込むのではなく
ある意味、スペースを売っているとも
考えられます。
                
これも売るものを変えて成功している例
と言っていいでしょう。
                
今回紹介するCDでインタビューした
小林氏も
                
売るものを変えて成功を続けています。
                
小林氏は法人新規開拓で保険を売り
ません。
                
正確に言えば、売り込むことはありません。
                
これでMDRT21回です。
(うちCOT13回、TOT3回)
                
では何を売っているのか?
                
靴やスーツの例と似ていて
                
小林氏は
                
保険を直接売り込むのではなく
                
社長に
                
未来そして未来予想を売っているのです。
                
これを売ると
                
法人契約が簡単になってしまうのです。
                
保険をうまく売り込んで売れた時代は
終わったときっとあなたも感じている
はずです。
                
未来、未来予想を語り
法人保険を売るノウハウを知りたくは
ないですか?
                
詳しくはこちらをクリック

関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。

保険営業パーソンを応援しています。新卒で保険会社→代理店で独立→複数の代理店M&A→事業を成長させるも仲間割れで失敗→保険営業コンサル&教育業で再度独立。トップセールスへのインタビュー経験多数。新日本保険新聞に連載10年。趣味はハワイロングステイ。東京→千葉外房移住。

プロフィールの詳細はこちら


コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索