保険営業の企業開拓で成功する秘訣

保険営業の企業開拓で成功する秘訣
                
少し想像してください。
                
あなたは比較的高額な絵画や骨董品を
売る営業パーソンです。
                
社長または法人にこれらを売る場合
あなたならどんな売り方を考えますか?
                
絵の良さや素晴らしさ・・・
そして値段のお得さをアピールする!
                
悪くありませんが
私なら全く別の切り口にします。
                
例えば通貨の話をするのはどうでしょうか。
                
日本の財政やEUの現状そして
アメリカの未来などを語っていけば
                
この通貨なら今後も絶対に安心
ということは断言できないはずです。
                
未来はどうなるか誰もわからないの
ですから。
                
主要通貨であっても暴落する可能性は
十分有り得るわけです。
                
ならば会社資産の保全の1つとして
通貨とは別に絵画や骨董品を所有する
ことを提案するのはどうでしょうか?
                
要するに絵画や骨董品自体を売り込む
のではなく
                
資産保全という会社の戦略を提案する
のです。
                
外国でスラム街の子供に楽器を習わせて
非行などから救った例を聴いたことが
あります。
                
芸術には人の気持ちや心を変える力が
あるとすれば・・・
                
絵画や骨董品が会社スタッフの
モチベーションを上げる役割の1つに
なることを提案するのも面白いと
私は考えます。
                
この場合もただ売り込むのではなく
                
従業員のモチベーションアップという
重要な会社の戦略を提案するイメージ
です。
                
この話は保険営業の企業開拓に通じる
と考えています。
                
保険営業のトップセールスパーソンで
ストレートに保険を売り込んで成功して
いる人はほぼいないと言えます。
                
会社に戦略を提案して・・・
                
最後に保険が売れる仕組みを構築して
います。
                
あなたが提案しているのは保険だけですか?
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


✅ニュースレターの執筆を月3万円でアウトソーシングしませんか?詳しい資料をお送りします。下記メールまたは記事内のお問合せからで「資料希望」とご連絡ください。

プロフィールの詳細はこちら


執筆・コンサルティングのご依頼はこちらまで↓
eyebright1612@gmail.com

月別アーカイブ

ブログ内検索