【保険営業紹介入手ノウハウ】依頼ではなく許可

【保険営業紹介入手ノウハウ】
依頼ではなく許可
                
「ご都合はいつがよろしいでしょうか?」
より
                
「○曜日と▽曜日ならどちらが
よろしいですか?」
                
と聞くことがアポイントを取る時の
基本です。
                
ほんの少し選択肢を変えることで
話が進むことがあります。
                
誰もが知っていて実践していることでしょう。
                
一方、お客様を紹介を入手する場合は
どうでしょうか?
                
「ご友人をご紹介ください」
                
こんなトークも決して悪いとは言えませんが
以前インタビューした
トップセールスパーソンは
                
紹介を依頼しません。
                
依頼をするのではなく
予め作っておいたメールを知人や友人に
送る許可をもらうのです。
                
このメールがきっかけになって
最終的に紹介入手と同じことになります。
                
いきなり紹介を依頼するよりも
メールを送る許可をもらう方が成功率が
断然アップすると彼はいいます。
                
依頼よりも許可。
                
考えてみてはいかがでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント

内田拓男

アイブライト有限会社代表取締役。


立教大→保険会社→代理店で独立→複数の保険代理店M&A→事業拡大も仲間割れで失敗→保険営業コンサルで再独立。2005年より保険営業トップセールスが売れる秘訣を語るインタビュー音声を販売(約75%の購入者がリピート購入しています)セミナーや動画ではなく、音声を聴く事が売れる人になる近道と確信。新日本保険新聞に連載11年。


プロフィールの詳細はこちら


メールの無料アイコンその8
お問い合わせはこちらから

月別アーカイブ

ブログ内検索